INDEX

目立ちたくない人の心理12つ

1.他人と密接に関わりたくない

距離を置く

目立ちたくない人は、あまり人づき合いが得意ではない人がかなり存在します。コミュニケーションをとるのも億劫なので、他人とは密接に関わりたくないと考えています。無駄に目立てば、他人と関わるきっかけができてしまいます。

そうならないように、職場や学校、またはプライベートにおいても人と関わる場所では、目立たないように地味に過ごすことに力を注ぎます。

2.群れたい

集団

目立ちたくない人は、派手な集団や女性のグループなどにきちんと所属します。目立ちたくないくせにどうして集団に所属するのかといえば、集団の中に埋もれて目立たないようにすることが目的です。派手な女性や群れている女性の中で、地味にしているのが特徴です。

3.平穏無事が好き

平穏無事

目立ちたくない人の中には、とにかく平穏無事な毎日が過ぎることを望んでいる人が多く見られます。平穏無事であれば、自分に注目が集まることも、自分が話題に上がることもないため、努力して平穏無事な毎日を慎ましくすごしています。

4.トラブルは避けたい心理

トラブル

目立ちたくない人の特徴で、最も多いのがトラブル回避の心理です。とにかく揉め事を起こすことや、トラブルに巻き込まれることを避けたくて仕方ありません。面倒くさいことは苦手ですし、暴力的な言動であったり、人を責めるような言動は好きにはなれないところがあります。大人しい人に特に多いでしょう。

5.目立ちたくないから空気になる

空気

目立ちたくない人は、会社の中では空気になりたいと考えています。空気のようになれば、誰かに構われたりしません。地味に扱われたい、あまり他人に相手にされたくないと考える人もいます。

6.人のネタになるので目立ちたくない

通勤

会社勤めをしている場合、何か会社で目立つことをしたり、そんなつもりはないのに目立ってしまえば、社内の多くの人のネタになります。ネタになれば、よく知らない人にまで勝手に噂話をされてしまいます。他人に噂話をされたりネタにされるのは、あまり嬉しいことではありません。

また、会社だけではなく、プライベートでも目立つことをすれば周りの友人のネタになります。ネタにされても気にならないほど親しければ問題ありませんが、あまり親しくなかったり、嫌っている友人知人にまでネタにされることは我慢ならない時があります。そうならないためにも、目立つことは避ける心理が働いてしまいます。

7.会社では仕事だけしたい心理

仕事

会社に派手な格好をしてきたり、お喋りばかりしている女性もいます。また、男性社員に媚びたりと、異性の視線を気にする女性も少なくありません。目立ちたくない人は、会社では他のことに気を取られるのではなく、仕事だけに打ち込みたいといった心理を持っている人もいます。

仕事が楽しくて仕方ない人や、生真面目で会社は仕事をしに行くところだと考えている人は、服装や社交性は会社では気にする必要はないと考えてしまいます。

8.出る杭にはなりたくない

出る杭

仕事で特段目立つことをしたりすれば、必ずやっかむ人が出てきます。やっかむだけならば無視すればいいのですが、中には悪口を言ったり、貶めるようなことをしたりする人も現れます。諺にあるように、出る杭は打たれます。

そんな出る杭にはなりたくないといった心理が働く人は、目立ちたくない、目立つことは極力控えたいと考えます。がんがん出る杭になって、叩かれても頑張って出る杭になる人が、出世をしたりリーダー的ポジションを獲得するような人です。自分はそんなタイプではない、と考える人も多く存在します。

9.周囲になじみたい

地味

少し人と違うことをしたり目立つことをすれば、浮いてしまうことがあります。周囲から浮かないように、なじむことを第一に考える人は、目立ちたくないと考える心理が非常に働きます。服装や化粧も派手にならないように気をつけ、言動もはめを外さないように細心の注意を払うなど心がけます。

10.詮索されるのが嫌いだから目立ちたくない

一人でゆっくり

詮索されるのが嫌いな人は、会社においてもプライベートにおいても、必要異常な情報を他人に出したいと考えていません。自分が信頼している人以外には、できれば関わりを少なくしたくてしかたない人も多くいます。また、詮索する人を鬱陶しいと感じているので、自分のテリトリーに入らせたがりません。

詮索されるのが嫌いな人の特徴は、実は非常に確固とした自分を確立していることです。誰かの意見に左右されることもありませんし、自分がどうしたいとか何を望んでいるのかを明確に認識できています。そのため外野にとやかく言われることを避けたいと考えていて、根ほり葉ほり自分について聞かれるのも好きではありません。

詮索嫌いな人で、うまくかわせない、対処法がわからないという方は対処法を身につけておけば困りません。詮索好きな人をうまくあしらえるように、参考にしてみましょう。

11.自意識過剰

自意識過剰

目立ちたくないと考える人は、イコール自分は目立ちかもしれないと考えていることが多く、自意識過剰な心理状態の人が少なくありません。周囲はそれほど注目していないかもしれないとは考えられないので、目立たないように気をつけようとか地味にいっておこうという心理になってしまいます。

12.目立つことに疲れた

疲れる

目立ちたくない人の中には、今までの人生において目立ちすぎたために疲れてしまい、もうこれ以上目立ちたくないといった心理の人もいます。親が良くも悪くも有名人であったり、自分が他人より美人であったり優秀で有名であったりと、子供の頃から目立つことばかりで「もういい」と疲れてしまいます。

目立ちたくない人の性格と特徴は?

ものぐさな性格

詮索嫌い

目立ちたくない人の中には、とにかく他人に気を遣うのが面倒くさいと考えている人も多くいるのが特徴です。性格がものぐさなため、隅から隅まで気を遣ったり目を行き届かせるのが苦手な人です。そういう人は、できる限り接点を持つ人数を減らして楽をしようと考えています。

マイペースが特徴

マイペース

マイペースな人は、自分のペースを乱されることを嫌います。無駄に集団の中で目立つと、人気者になったり逆に嫌われ者になったりと、自分の与り知らぬ所で物事や感情が動き、自分のペースで動くことができなくなってしまいます。それが嫌なので、ペースを守り、周囲の感情の動きや興味の変動に巻き込まれないようにします。

人の目を気にしすぎる

噂話

目立ちたくないと感じる人は、人の目を気にしすぎる人にも多くみられます。他人にどう見られているかが気になって、悪く言われないように事前に気をつけることを考えるなど、周囲のことばかりを優先しがちです。当然疲れやすくなってしまいますし、ときどきは人の目を気にする自分に嫌気がさしたりします。

そんな人の目を気にしすぎる人になっていないか、確認をしてみましょう。人の目を気にしすぎる人になっている場合は、少し休養をとって疲れを癒してみてください。

目立ちたくない人と人見知りとの違いは?

人見知りは自分の殻が固い

人見知り

人見知りの人は、自分の内側をなかなか他人にさらけ出せません。加えて緊張をしやすい人なので、誰か新しい人と会うと緊張をして、軽口を叩けずあいさつ程度の絡みしかできません。基本的に受動的になりがちな人に多いでしょう。本当は色々な人とフレンドリーに関わりたい人もいます。心底内気な性格をしていると言えます。

人と接するのに問題がある、本当は上手く人付き合いがしたいのに上手くいかないと悩む場合は、克服方法を勉強してみてください。少し考え方や自分への認識を変えれば、もっと楽に他人との関わりを持てるようになります。次の記事に克服方法が優しく説明されています。是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 351784493
関連記事 人付き合いが苦手な原因11選!苦痛を感じる瞬間や怖いのを克服するには?

人付き合いが苦手や下手な人の原因とは何でしょうか。人と会うのが苦痛だと

目立ちたくない人は意志で地味になる

地味なスーツ

目立ちたくない人は、自分の意志で目立たないように気をつけています。あくまで能動的に、他人との関係を希薄にしたり接点を少なくしたりと、他人からあまり認知されないようにしていると考えられます。本当は上手く関係を持ちたいなどと考えておらず、自分の現状に満足している目立ちたくない人が多いでしょう。

目立ちたくない人が気をつけたい言動・行動・服装とは?

控えめな言動を心がける

控えめな人

目立ちたくない人は、普段の言動に細心の注意を払うことが必要になってきます。人に反応されやすいことを言ったり、評価がついて回る行動をさけたりとできる限り控えめな言動をするのがいいでしょう。とかく今の時代はちょっと口が滑っただけでも大事になります。口や体を動かす前に、しっかり頭で考えましょう。

感情を抑えて行動する

素の自分

目立つ人間になりたくない場合は、人前では自分の負の感情を抑えましょう。怒ったり愚痴ったりの負の感情は、悪目立ちをさせます。笑ったり楽しそうにするのは、他の人に混ざってしまえば目立ちたにくくなります。その代り、自宅に帰ったら思い切り負の感情を何らかの方法で吐き出してください。溜めこむのは体に悪いです。

派手な服装は避ける

シックな服装

流行最先端の服を着こなしたり、派手なネイルをしたり、髪色を目立つ色にしたりするのは避けましょう。会社に行く場合は、できる限り地味目な服装を心がけます。その代り目立っても大丈夫な場所では、自分のお洒落を楽しんでください。

しかし会社であまりにもダサいと思われるのは嫌だという人は、見えない所のお洒落にこだわってみてはいかがでしょうか。下着や靴下など、自分の好みでお洒落をしてみましょう。特に靴下は目立たない、けれどもセンスが出る箇所です。参考に靴下のお洒落の方法をみてみましょう。

目立ちたくない人になるには努力が必要

隠れる

目立ちたい女性と、目立ちたくないと考える女性双方がいますが、いずれにせよ努力が必要です。生まれつき地味であれば少しは存在感を消すことも楽ですが、それほど簡単に目立たないように生きていくことはできません。目立ちたい女性が毎日絶え間ない努力をしているように、目立たない人になるために必要なこともあります。

存在感のある人は、自分の存在感を消さなければなりません。。自分の存在感を逆にしてしまえば、存在感を薄くすることも可能になります。「あなたの存在感チェック」で自分に備わっているものを確認し、それを逆にすることを考えてみてください。

目立たなくても仕事とプライベートに全力投球!

全力投球

目立つことだけが人生ではありません。目立っても中身のない人は、魅力のない女性です。目立たないスタイルを選んでも、中身を充実させていれば、素敵な人間だとわかる人にはわかります。仕事にもプライベートにも、全力投球で向かっていってみましょう。魅力的な女性になるために、自分磨きに励んでみてください。

Small thumb shutterstock 427071115
関連記事 純粋な女性の特徴・性格10選|純粋・ピュアな女性の魅力・恋愛傾向は?

今回は、「純粋な女性の特徴や性格、ピュアな女性の魅力や恋愛傾向」などを

良い出会いを見つけたいなら相席屋がおすすめ!

相席屋は「婚活応援酒場」というコンセプトのお店なので、真剣に出会いを求めに来ている男性・女性が多いです!以下の記事では相席屋での攻略方法について紹介しているので、チェックして素敵な恋人を見つけに行きましょう!

Small thumb shutterstock 641260342
関連記事 相席屋の攻略方法はこれ!おすすめの時間帯やシステム・ルールも紹介!

今「異性と出会える場所」として人気を集めている相席屋。しかし、ただ店を

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。