INDEX

一人の時間ぐらいゆっくりさせて!LINEが嫌いな人の特徴

人とのつきあいに対して慎重

慎重・心配

LINEが嫌いな人の言い分は、顔が見えない相手とのコミュニケーションに対して慎重になる傾向があるようです。もともとなかなか人に心を開かないタイプであるかもしれません。LINEが嫌いな人のい言い分からしたら、何でよくわからない人から知り合いじゃないですか?なtどと聞かれたくないと思うようです。

一人でいることが平気

一人で笑顔

LINEが嫌いな人や苦手な人は、一人でいることが平気なハートが強いタイプであることが多いようです。グループラインなどで、一つのグループにに入って毎日たわいもないやりとりをすることを楽しいと思わないのです。誰かと常にコンタクトしてつながっていないと不安になるタイプではなく、一人でいても平気ななのでです

自分の時間を大切にしたい

趣味

LINEが嫌いな人の言い分としては、LINEのやり取りに時間を使うよりは、自分の趣味や好きなことに時間を使いたいと思っているのです。それなのに、勝手にメッセージが送られてくることがうっとうしいのです。返事をしないのも大人気ないの?といったことに気を遣うこともできればしたくありません。

通知が面倒くさい

LINEは通知が来るから嫌だ

LINEが嫌いな人の特徴に通知が来るのが嫌だ、ということがあります。色々なグループに入っていると、スマホで別のアプリやゲームをしていても通知がきて確認するのがメンドウになるのです。

LINEの既読機能はいらない!

LINEの既読機能は嫌い!

LINEといえば既読機能があるのが特徴的です。LINEが嫌いな理由として、一番あげられるのがこの既読機能です。読んだら返さないといけない、という心理を相手に与えるので自分の時間を奪われている感覚になります。

返信する時間がないから後で返そうと思っても、既読が相手に表示されるので「なんで既読スルーするの?」なんてことを聞かれることも。こうした心理的負担がLINEが嫌いな人が多い理由にもなっています。

LINE嫌い・苦手な人の心理

LINEをしている人を自己アピールているように感じている

自慢

LINEに熱中している人は、たくさんメッセージがくること自体が嬉しいと感じているようです。LINEが嫌いな人の言い分は、それでリア充な私に満足しているような嘘くささを感じとってしまうのです。そんな偽りの世界が嫌いといえます。時々、自分がキレイに撮れているいる写真を送りつけてくる人にもうんざり。

プロフィールの画像や「ひとこと」がうっとうしい

やめて

プロフィールの画像を頻繁に変えて、「可愛い自分」や「こんな所に行ってきた」ということも自分ってイケてるでしょ?というアピールだとLINEが嫌いな人の言い分があります。LINEに書き込むことができる「ひとこと」も目に入ってしまうと、その人の内面のいやらしさを感じとってしまうこともあるようです。

どこかでLINEをしている人を見下している

軽蔑

LINEが嫌いな人の言い分の中には、どこかでLINEをしている人を見下しているところがあるようです。LINEばかりやってないで事をちゃんとしろ!とか、LINEばかりに頼っているんじゃない!という腹立たしい気持ももっているようです。大人ならもう少し考えてLINEを使うようにしたらどう?と思っています。

自分のLINEメッセージは見てもらえないと思っている

さみしい

また反対にどこかでLINEに対して消極的な人もいます。LINEが嫌いな人の言い分として「どうせ私のメッセージなんて見ないでしょ?」というネガティブ思いがあったりするのです。グループラインなどで、自分のメッセージだけ返信されなかった経験や、自分に自信がないタイプはそんな風に思うこともあるようです。

以前はやっていたがLINEで痛い目や嫌な思い出がある

スマホ嫌い

他にもLINがE嫌いな人の言い分として、使っていて「ひどい目にあった」ということもあります。たまたまLINEを教えた男性からつきまとわたり、知らないうちに勝手に自分のIDをさらされた場合です。また、つきあっていた彼とLINEが原因で別れてしまうことになった経験もLINE嫌いになりそうです

Small thumb shutterstock 315931391
関連記事 あまり話したことないけど好きな人のLINEをきく方法|男女別/高校生

話したことない人を好きになってしまうと、話しかけるまで、仲良くなるまで

LINEが嫌いな人の言い分10個!

1.人と人のコミュニケーションは対面がベスト

コミュニケーション

人と付き合う時に、一番よいのは面と向かって話をすることが一番なのです。LINEが嫌いな人の言い分は相手がどんな顔をしてメッセージを受け取っているのかわかりません。顔をみながらコミュニケーションをとることで、返信を待つぐらいなら直接顔を合わせて話した方が楽だしわかりやすいと思っているのです。

2.LINEのメッセージでは言いたいことが伝わらない

誤解

LINEが苦手な人は、文字では言いたいことが伝わらないことが多いと思うよです。送ったメッセージを違う意味でとらえて、相手に気分を害されてしまったり、自分も相手から届いたメッセージの意味を取り違えてどうしたらいいのかわからないということがあります。そのためLINEに対して苦手意識を持ってしまいます

3.勝手に送られてくるのが嫌い

スマホうざい嫌

LINEが嫌いな人の言い分には「好きな時間に勝手に送ってほしくない」という気持ちがあるようです。LINEはいつでもメッセージを送るところがよいところでもあるのですが、明らかに寝ているとわかるような時間に、返事がいるようなメッセージを送ってきたりするような勝手に送られてくるメッセージは苦手なようです。

Small thumb shutterstock 388903783
関連記事 え、好きなの?好き避け男子のLINE・メールの特徴5つ&対応法2選

あなたの周りに、メールやLINEの返事が素っ気ないのに、好意を抱いてい

4.どうでもいい内容が送られてきて困る

可愛いケーキ

女性同士だと特にありがちですが、「今日いったCafeの美味しいケーキ」や「うちのペットに可愛い姿」などの写真を送られても、内心どうでもイイわと思う女性もいます。また好き勝手に適当なメッセージを送ることは止めてほしいというのが、LINEが嫌いな人の言い分です。

5.返信メッセージを考えるのが面倒くさい

面倒

LINEのメッセージでスクロールしないとならないメッセージが届くことがあります。いつでも送ることができるのがlLINEのよいところでもあるのですが、あまりの相手から長文メッセージが送られてくると、LINEが嫌いな人の言い分としては返信を考えるだけでうんざりしてしまうようです。

6.未読スルーや既読時間などに振り回されるのが嫌い

未読既読

LINEの嫌いな人の言い分ととしては、「未読だったり既読スルーしたからといってせっつかないで!」という気持があります。勝手に送られくるメッセージに対して、返信をするかどうかは自分で判断したいのです。そのため返信がないと、さらにメッセージが送らるようなことがあるとどんどんLINE嫌いになっていきます。

7.グループラインのやり取りに巻き込まれたくない

グループ

グループラインが盛り上がっていると、朝の「おはよう」が何通も届きます。LINE嫌いな人はそんなメッセージを送る必要が本当にある?と思っています。LINEで「私達仲良しだよね」ということを確認しあっても意味がないと思うのです。そんなグループラインならやめれば?と思うのがLINEが嫌いな人の言い分です。

8.スタンプ送信の意味がわからない

きゃー

人によっては、LINEのスタンプが大好きな人がいて、メッセージ代わりにスタンプを送りつけてきたりします。意味が伝わるものもありますが、メッセージもなく理解不能な場合もあります。スタンプだけの送信で、LINEのコミュニケーションをするのが苦手というのがLINE嫌いな人の言い分です。

9.いつメッセージのやり取りを終わらせたらいいのかわからない

はてな

一度ラインのやり取りをはじめてしまうと、チャットのようになってしまいメッセージをいつ終わらせたらよいのかわからない時があります。人に気をつかう性格の人程、自分から「今日はもう終わりに」となかなか言い出せずに続いてしまうことがあります。そんな時間を無駄と感じるのがLINEが嫌いな人の言い分です。

10.LINEのセキュリティー自体に不安を感じている

不安

LINEが嫌いな人は、ラインのセキュリティー自体に不安を持っていたりしがます。個人情報は大丈夫なのか勝手にスマホが乗っ取られることはないのか、ウィルスでスマホが壊れたら?などと色々な心配をしがちです。人とのやり取り以前にラインを信頼することができないためLINEを使うことに抵抗がありそうです。

Small thumb shutterstock 468113480
関連記事 好きな人からLINEでイイ感じの連絡がくる「超強力おまじない」3選

好きな人に向けて、一生懸命作ったメッセージに返事が無かったり、既読スル

LINEが嫌いな人の対処法は?

LINEでのメッセージのやり取りがOKかまず確認しておく

OK

上で見たように、LINEが嫌いな人の言い分は10個以上ありそうです。そのため対処法としては、まずはLINEでメッセージをやりとりしてもOKかどうかを確認することです。これだけ普及しているアプリでも、中には絶対にしたくない!という強い意思を持っている人います。

連絡を取る場合に一番よい方法は何かを優先させる

メール

LINEが嫌いな人の言い分は、LINEだけが当たり前の連絡手段じゃないと思っています。LINE嫌いな人には連絡をとる場合にはメールや電話などその他どんな連絡方法がいいか、一度聞いてみた方がよさそうです。そしてそれを優先して連絡をとるように心がけておいた方がよさそうです。

Small thumb shutterstock 73369957
関連記事 【夢占い】メール・LINEの夢は貴女の感情を映す?衝撃の夢診断15選

夢の中でメールやLINEを送ったり、反対にもらったりしたことはありませ

LINEメッセージを送る時には未読・既読は気にしない

気にしない

LINEが嫌いな人を見抜く方法N選

既読スルーをする

LINEが嫌いな人は既読スルーをやりがちです。基本的にやりとりをするのが面倒だと思っているので、返信が必要でないものに関しては既読スルーをしがちです。

「この人、既読スルーが多いな」と感じても、それはおそらくその人がLINEが嫌いな証拠です。間違っても、「なんで、既読つけてるのに返信してこないの?」なんてあおる文章を送るのはやめましょう。

返信が遅い

LINEが嫌いな人はLINEの通知設定をOFFにしている人が結構います。なので、返信が遅いことがほとんど。恋人の関係なら返信に時間をかけるのも納得ですが、そうでない関係で返信が遅いのはLINEが嫌いな証拠です。

すぐに返信してほしいこともなかなか返信してくれないので、こちらがイライラすることもありますが、気を長くして待ってあげましょう。

Small thumb shutterstock 583044775
関連記事 LINEでスタンプだけの返信してくる人の心理はなぜ?その理由15選

LINEでスタンプだけの返信をしてくる人がいますよね。そっけないのか迷

無料のスタンプしか使わない

無料のスタンプしか使わない人

LINEを頻繁に使用する人は、有料のスタンプをいくつか持っています。会話の中で相手が利用しているスタンプが無料のものばかりの場合、その人はLINEがあまり好きではない可能性があります。特にLINEの無料公式スタンプを多用している人なんかは要注意です。

グループであまり発言しない

グループラインで発言しない人もLINEが嫌いな人の可能性があります。「ネットでのコミュニケーションよりリアルでのコミュニケーションを。」と思っている人は、グループラインでの会話を無駄と思っている可能性があるので、こうした人も要注意です。

Small thumb shutterstock 569871211
関連記事 彼氏がLINEを未読無視する理由8選|未読スルー1日/2日/3日目の対処法

LINEを未読無視されると「まさかブロックされた?」と、驚いてしまいま

LINEが嫌いな人の言い分に耳を傾けこんな配慮をしてみよう!

一度に送るメッセージはできるだけ簡潔にする

グッド

LINEが嫌いな人の言い分としては、長文のメッセージは止めてほしいと思っています。そのため、送る側は一度に送るメッセージはできるだけ短く簡潔にするようにすると、相手への負担が少ないです。

返事が必要な内容のものだけLINEで送る

返信

LINEの便利な方法を活かすことと、LINEが嫌いな人の言い分をあわせると、「返事が必要」な時だけLINEを使ってメッセージを送るというのが一番よさそうです。その場合も返事がないからといって、せっつかないようにした方がベターですね。

どうでもいいメッセージは送らない

いやー

LINEが苦手な人に負担をかけないためには、あまり内容のないどうでもいいメッセージは送らないようにすることです。LINEが嫌いな人や苦手は人は意外に相手の気持に応えなくてはならないと思う繊細なところがありそうです。

グループラインに無理に招待しない

招待

LINEが苦手な人の言い分10個にもあったように、LINEが嫌いな人はグループラインの嘘っぽい「仲良し感」が好きじゃないようです。LINEのグループラインはに一度にメッセージが送ることができる便利な機能ですが、無理に招待するのは避けた方がよさそうです。

返信をせっつかない

急がせる

LINEが嫌いな人の言い分は10個以上あるように、LINEでのやり取りはかなり負担に感じるようです。そのため、メッセージを送っても返信が来なかったり、いつまでも未読のままだったりしても、返信を急がせるようなことはしない方がよいです。余計LINE嫌いに拍車がかかってしまいでそうです。

LINEが嫌いな人の気持ちをわかってあげよう!

これだけLINEアプリが広まっても、LINEが嫌いな人の言い分は10個以上もあるようです。もともと使っていたけれど嫌いになった人もいれば、初めから嫌いで使っていない人もいます。皆が便利だから使っているといって苦手な人もいることをわかってあげた方がよいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。