Large thumb shutterstock 395227735

【嫌い避けと好き避けのポイント】本音を見通すサインと見極め方15個!

更新:2021.06.01

嫌い避けと好き避けという言葉を聞いたことはありませんか?どちらも「対象がいる」「避ける」ことが共通点です。しかし相手の気持ちや目的は全く異なります。嫌い避けも好き避けもサインやポイントを理解すれば恋愛チャンスを見逃す羽目にならなくて済むでしょう。嫌い避けや好き避けの見極め方15個をご紹介します。



嫌い避けや好き避けとは具体的に何なの?

嫌い避けとは?

離れる

嫌い避けは単純です。嫌いだから避けたい気持ちが行動や言動に出ていると考えれば良いでしょう。あなたは嫌いな相手と積極的に話をしたいと思いますか?多くの人は避ける方向に行くのではないでしょうか。

しかし人間関係を考えて露骨に避けることはできません。相手が上司や先輩ならなおさらです。だから多くの人は「嫌い」という態度や言動を表に出すことは少ないですが、それでも見極め方やポイント、サインを知っておけば相手の「本音」を知ることができるのです。

好き避けとは?

シャイ

好き避けという行動は心理学で言うところの「反動形成」と考えられています。簡単に言えば「好きな子にいじわるをしてしまう」というものです。相手に好意を持っているなら「あなたが好き」という言動や態度をすれば良いですが、なぜか逆のことをしてしまいます。

好き避けかどうかの見極め方についてですが、嫌い避けと同じようにポイントは「態度」や「言動」に滲み出ると言えるでしょう。好き避けや嫌い避けと分かるサインなど15個ご紹介しますので、充実した恋愛と良好な人間関係を作るために役立ててください。

POINT

嫌い避けと好き避けの見極め方とは

嫌い避けも好き避けも両方気持ちが態度や言動に出て来ます。

反動形成とは?

嫌い避け&好き避けサイン15個「嫌い避けの態度」

睨むと言った不愉快そうな表情を向けてくる

嫌い

嫌い避けをする人の心では「嫌い」という不快感が大きくなっている状態です。普通の会話をしていても、表情には不愉快という気持ちが滲み出ていることが少なくありません。

具体的に言えば口角が下がっている、眉間にしわが寄りにらみつけて来る、緊張して強張っている表情などが挙げられます。口では「いやいや〇〇さんはとても良い人ですね」と言っても、本音では「けっ!おまえなんて嫌いだ」と感じている可能性があるのです。

逆に冷たい無表情で対応する人も居る

無表情

嫌い避けは露骨に表情へ出る場合もありますが、中にはまったく出さない人も居ます。見極め方のポイントとしては「笑顔も、不愉快な表情もない」ことでしょう。相手に対しかなり冷めている可能性があります。

一般的には同性でも異性でも自分が好意を持つ相手が話しかけてきたらついつい笑顔になるものです。しかし嫌い避けだと表情が変わりません。退屈そう、あるいはまったく興味がない表情を浮かべる人も多いのです。

目を合わせないことが多い

喧嘩

相手はあなたと目を合わせてくれますか?例えば複数人と話をしている時、あなたが話しかけたとします。どんなにシャイな人でも普通は何度か相手と目を合わせるものです。しかし嫌い避けをしている人の場合、一向に目を合わせません。

あなたがじっと見つめたとします。それでもまったく目を合わせようとしません。目を合わせないだけではなく怒りや不愉快そうな表情を浮かべているなら嫌い避けの可能性が高いと言えるでしょう。

嫌いな人には近づかない・背中を向ける

離れる

嫌い避けサインとして、嫌な相手の視界へ徹底的に入らないことが挙げられます。例えばあなたが座っていて隣には空席があります。嫌い避けをしている人はまずあなたの隣に座ることはないでしょう。それはあなたの視界に入ってしまうからです。

座るにしてもあなたと離れた席に座ることが多く、もっと露骨な場合、あなたに顔を向けず背を向けるのもポイントの一つと言えるでしょう。いつもある特定の人を見ないなら相手が嫌い避けをしている可能性が考えられるのです。

POINT

嫌い避けは離れたい気持ちが出る

嫌い避けでは相手から逃げようとする傾向があります。

嫌い避け&好き避けサイン15個「嫌い避けの言動」

感情がこもらずそっけない冷たい口調

冷たい

「ああそうですかそれでいいと思いますまだなにかありますかないなら用事があるのでさようなら」という風に嫌い避けをしている人は基本的に、声の抑揚がありません。まるでマシンになったかのように口調を一定に保つ人もいるのです。

好きな人に対してはそのようなことがありません。「そうなんだ!へーそれ良いね!じゃーこれからしようよ!私も手伝うから!」とテンションが高めになるものです。嫌い避けの相手に対し、このような口調にはなりません。口調と同じく表情も暗くなっていることが多いのです。

誘いを断り続ける

断る

嫌い避けの場合、相手の誘いに乗ることはありません。「暇ならこれから遊ぼうよ!」と言っても「あー、今これから用事があるんだ」「ごめんね、遊んでいる時間がないぐらい忙しい」とまず断るのです。

好意を持っている相手に対してそんなことはしません。本当に用事があったとしても「今週乗り切ったらちょっと時間できるから来週の祝日でも大丈夫?」と代替案を出すものです。それもなくどんなに誘っても「いやちょっと用事が」と言われて断られ、一切代わりの案を出さないなら嫌い避けの可能性が高いでしょう。

嫌いな相手の名前を口にしない

口にしない

嫌い避けサインの一つに「嫌いな相手の名前を避ける」ことがポイントとして挙げられます。本気の本気で嫌いになったら、その人の名前が出た瞬間、悪口さえ言わず黙りこくることも多いです。

また、どうしても嫌いな相手に話かけなければならない時は名前を出しません。「◯◯君、さん」と言わず「ちょっといい?」と言う感じです。これは嫌いな相手と関わるのを意識的にも無意識的にも避けている可能性が考えられるのです。

下記関連記事でも嫌い避けかどうか見抜く方法やサインを紹介しています。嫌い避けをする男性のタイプや行動もご紹介していますのでチェックしてみてください。

POINT

嫌いなので会話をしたくない。

嫌い避けではできるだけ会話を避ける短くする傾向が見られます。

嫌い避け&好き避けサイン15個「好き避けの態度」

好き避けでは視線が合いやすい

見つめる

「嫌い避け」ではなく「好き避け」についてまず態度の見極め方をご紹介します。好き避けの場合、嫌い避けと同じく二人きりで話をしている時、視線をなかなか合わないことがポイントとして挙げられるでしょう。

しかし好き避けサインはそれだけで終わらないのです。例えば相手がちょっと離れた場所に居るとします。あなたが相手に顔を向けると良く視線が合うのでしたら嫌い避けではない可能性が考えられるのです。

二人きりになった時ずっと視線を外すのではなくときおりチラチラと見て視線を合わせして来ます。「ずっと見ていたいけれど見つめていることが恥ずかしい」と考えている可能性があるでしょう。

頼み事を断らない


願う

嫌い避けサインでは「頼み事を嫌がる、引き受けてくれない」ことが見極め方のポイントとして挙げました。しかし好き避けだと、普段は憎まれ口を叩いていても相手は多くの頼み事を引き受けてくれるでしょう。

その時も相手は「面倒だな」とか「他の人に頼めば良いじゃん」と断る素振りを見せることも少なくありません。しかし笑顔を浮かべたり、面倒そうな態度を見せながらも「しょうがないなぁ」と結局引き受けてくれることが多いのです。

顔が赤くなる

赤

好き避けをしている人の見極め方の一つに顔の色がポイントとして挙げられます。普段ぶっきらぼうな口調や態度を見せたとしても、好きな相手を前にすれば多少は顔が赤くなるものです。

俳優など特別な訓練をしている人ならともかく普通の人にとって顔が赤くなるのを止めるのは至難のワザと言えるでしょう。これは好きな相手を前にするとドーパミンという神経伝達物質が分泌されることが理由として考えられています。このドーパミンは「快楽ホルモン」「恋愛ホルモン」と呼ばれる物質です。

分泌されると交感神経に作用し血管を広げて血流に影響し起こると考えられています。好きな人を意識してドーパミンが分泌されて緊張や幸せなどが生じ、血流も増加することで顔が赤くなるという訳です。そのため好き避けの見極め方として相手の表情が赤いかどうかチェックするのもポイントの一つと言えるでしょう。

好き避けは体を向けて来て距離も近い

距離

好き避け男性は体の向きや距離感から見極められます。例えば会話をしている時、相手に体の前面を向けているかどうかが見極め方のポイントの一つです。嫌いな相手に対しては顔も体も向けません。返事をちょっとするだけで終わり離れていきます。

また好き避けでは相手との距離感が近くなるのもポイントでしょう。好き避けの場合、口ではそっけないことを言ったとしても相手が近づいて来ても嫌がりません。むしろ照れくさそうにしています。嫌いな相手からは遠ざかりたくなるので接近を受け入れることはないでしょう。

POINT

好き避けでは相手に近づきたい傾向があります。

相手と離れようとせずできるだけ近くに居たい見ていたいための行動が多くなります。

嫌い避け&好き避けサイン15個「好き避けの言動」

好きな人の前では話せなくなる

シャイ

好き避けでは言動にも見極め方のサインがにじみ出ます。例えば人と話をしている時「なんの話をしてるの?」と好きな相手が会話の和の中に入って来たとします。その場合、好き避けでは急に喋らなくなることがあるのです。

嫌い避けでも見られるサインであり、好き避けの場合でも返答が短文になりがちなのが特徴でしょう。そんな言動を見ると「嫌われている?」と考えがちですが、相手の表情に笑顔が浮かんでいたり赤面しているのならば好き避けの可能性も否定できないのです。

好きな人だからこそきつく当たる

喧嘩

好きな相手に対し、中にはきつく当たってしまう人が居ます。これは好き避けとは?でも解説した心理学の「反動形成」の可能性も考えられるのです。他の人に対してはそこまで言動や態度がきつくないのになぜか特定の人にだけきついのです。

もちろん嫌い避けによって嫌いな相手に対して罵詈雑言を並べる人も居るでしょう。しかし好き避けでは「私のこと嫌いなの?」と聞けば多くの人は「いやっそうじゃない」と本気で謝って来ることが多いのです。そのため反動形成による好き避けと考えられます。

好き避けだと声に変化がある

会話

嫌い避けでは明らかに不機嫌な声や気持ちのこもっていない暗い口調になりがちが、好き避けでも変化があります。しかし嫌い避けのように暗い敵意がこもった表情ではなく、声の質も高いものになりがちです。

それが極端に出て、ほとんど何を言っているのか分からないこともあります。これは好きという感情が強過ぎてしまい緊張することが理由の一つに挙げられるでしょう。


協調や同調する言動が多くなる

見つめ合う

好き避けの見極め方として、普段、どんなに嫌いと感じてしまう態度や言動だとしても、相手の言ったことに対し時に「共感」したり「同調」することも多いです。嫌いな相手に対してですと「否定のための否定」が多くなるでしょう。

心理学で「ミラーリング」というものがあります。好きな相手、親密な相手の行動について無意識的に同じ行動や言動をしてしまうというものです。ただ無意識にしているだけではなく意識的に行っている人も少なくありません。

恋愛だけではなくビジネスの現場でも行われているのです。ミラーリングでは同調や共感が多いとそれだけ人は相手に好意を持つと考えられているからと言えます。そのため好き避けでは「同調」や「共感」が多くなる傾向があるのです。下記関連記事でも好き避けの理由や対処法もご紹介していますので参考にしてみてください。

ミラーリングとは?

POINT

本音が言葉ににじみ出てきます

好きな相手を否定せず同調が自然と多くなったり赤面するかどうかがポイントです。

ごめん避けの見極め方ポイント

嫌い避けと好き避け以外に「ごめん避け」もある

話せない

嫌い避けと好き避けのサインや見極め方を15個ご紹介しました。しかしこの15個以外にもまだたくさんあります。また、嫌い避けや好き避けに当てはまらない「ごめん避け」という行動もあるのです。

ごめん避けは嫌い避けと好き避けの間と言えるでしょう。相手が自分に好意を持っているのは重々承知だけれどもその気持ちに応えられない場合、人は「ごめん避け」をしてしまうのです。ごめん避けをすることで遠回しに相手をふっていると言えるでしょう。

ごめん避けの見極め方

逃げる

ごめん避けの見極め方ですが嫌い避けと好き避けと同じく態度や言動に出るのがポイントと言えます。例えば相手が恋愛の話を積極的に行って来て暗に「あなたのことを意識しています」と言う言動や態度を取ったとします。

その場合「ごめん避け」では恋愛の話を避けてすぐ話題を変えたり「あ、ちょっと用事思い出した」と言ってその場から離れるのです。言動を見ると「あぁ」「へぇ」「そうなんだ」「うん」と返事をしたとしても短文が妙に多く表情も「興味がありません」というものになります。

そのため二人きりでは話が盛り上がりません。ごめん避けをするのは「付き合うつもりはないけれど嫌われたくはない」「はっきり振ると可哀想」「恋愛対象として見ていません」という気持ちの可能性が考えられるのです。下記関連記事でもごめん避けや好き避けの見分け方について解説していますのでチェックしましょう!

POINT

ごめん避けの特徴

ごめん避けは相手を気づかいながらも「受けいられない」という確固たる自己主張があります。

嫌い避けする男性への対処ポイント

しつこくすると嫌われるだけ

しつこい

好き避けではなく明らかに嫌い避けやごめん避けをされていることが分かったら非常に悲しい気持ちになるのは当然と言えるでしょう。もし嫌い避けをされたらどう対処をすれば良いのでしょうか?

まず避けたいのは「嫌い避け」と分かって相手へ攻撃的になることです。「なんで私のことが嫌いなのよ!」と詰め寄る女性が好きな男性は特殊と考えてください。

嫌われているからこそ慎重に言葉を選んだり、態度についても考える必要があります。これはごめん避けにも言えるでしょう。明らかにごめん避けと分かったのにしつこくつきまとえば下手をすると相手が嫌い避けを始める可能性もあるので注意してください。

理由を知りたいなら知り合いや友達に協力要請を

友

嫌い避けをされた場合どうしても理由を知りたい、好きな相手なのであきらめられないのでしたら、共通の知り合いや友達に協力してもらうことも対策の一つとして挙げられるでしょう。

知り合いや友達に何気なく「◯◯さんのことどう思ってる?」とか「なんかあったの?」と聞いてもらうのです。相手があなたのどういう所を嫌っているのか分かったら、直したり謝ることで対策ができます。

しかし言動や態度を変えたからと言ってもすぐ相手があなたを好きになってくれる可能性は低いです。すぐ関係を修復できると過度な期待はせずにゆっくりと時間をかけましょう。下記関連記事でも嫌い避けや好き避けを紹介しています。嫌い避けにも好き避けの理由や対処法も紹介していますので参考にしてみてください!

POINT

ごめん避けをされたら辛いけど諦めることも考えて

ごめん避けを感じたらしつこくせず時間をかけて対策をしましょう。

好き避けをする男性の性格や心理

プライドが高い

自信

好き避けをする男性には見極め方のポイントがあります。その見極め方をきちんと理解すればより深く相手のことが分かるでしょう。まず好き避けをする男性に多いのは「プライドが高い」ことです。基本的に男性の多くはプライドを持っています。

しかしナルシストレベルで自分のことを優秀だと思っている、何をしなくても女性が周囲に集まって来る男性は、自分に大きな自信を持っていることが少なくありません。その自信を保つためにも、失敗は許されないのです。

そのため自分から動いて失敗することを非常に恐れる傾向があります。プライドが邪魔して素直に「あなたのことが好きです」と言いたくない男性が好き避けをしてしまうのです。

内気だから気持ちを上手く伝えられない人

悩む

好き避けで多いタイプの男性として「シャイ」が挙げられます。内気なタイプで自分の感情を表に出さない、言葉で伝えることを避ける男性に多いと言えるでしょう。好意を持ち自分でもその気持を伝えたいと考えているが、どう伝えればいまいち分からない、好きな人に対してどんな態度や表情をすれば良いか分からないのです。

だからこそ好きな人を目の前にしたらその状況や場から逃避してしまいます。また、気持ちを知られたくないことからつい憎まれ口を叩き本当の気持ちを悟られないようにするのです。

下記関連記事では好き避け男子との恋愛をどうすれば良いのかその方法のヒントが書かれています。好きになった男性が好き避けをする人でしたら参考にして、告白を成功させましょう!

POINT

自信家や逆にまったく自信がないタイプが居ます

自信があるからこそ失敗を避けたくなり無いから挙動不審になる人が多いです。

嫌い避けと好き避けの見極め方15個を知り素敵な恋愛

好き

嫌い避けも好き避けも人の感情が大きく影響していると言えるでしょう。嫌い避けをされたら悲しいことですが、その理由を知ることも大切と言えます。普段から人に嫌われるような言動や態度になっていないか自分を振り返り、もし問題を感じたら反省し、直すことを考えても良いでしょう。

また、好き避けをする男性にあなたが好意を持っているなら、温かく見守ってあげてください。「変な人」と単純に思わず、充実した恋愛をするためにも好き避けと嫌い避けの見極め方15個を参考にしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。