Large thumb shutterstock 242605918

蛙化現象とは?好きな人に好意を持たれると気持ち悪い原因と治し方も

更新:2020.07.11

【蛙化現象】という言葉の意味や読み方を知っていますか?片思い中は好きな人をあんなに素敵に思えたのに、両思いになり自分に好意があるとわかった途端に、その男が「なんだか気持ち悪い」と感じたことははありませんか?実はそれ【蛙化現象】と言うんです。今回は【蛙化現象】の原因と対処法蛙化現象になりやすいかの診断について紹介します!

蛙化現象とは?読み方・由来・意味は?

蛙化現象とは?読み方と由来は『蛙の王様』の逆転現象?

拒絶する女性

蛙化現象と言う言葉の読み方や由来についてご存知ですか?蛙化現象とは「かえるかげんしょう」と読みます。恋と蛙という言葉を組み合わせたときに思い浮かぶのは、『蛙の王様』という人は多いと思いますが、この『蛙の王子様』が蛙化現象の由来とされています。

『蛙の王様』というのは、点態的な童話の一つで、蛙に変えられてしまった王子様が、お姫様のキスで元に戻るという内容です。有名なので知っている方も多いでしょう。

ですが、蛙に変えられていた王子様がお姫様のキスで人間に戻る童話とは違います。お姫様がキスを許した相手が蛙に変わってしまうという、いわば『蛙の王様』の逆転現象が、現代、そして現実世界における蛙化現象なのです。

好意を抱かれた瞬間にカエル化して相手の男性を気持ち悪いと感じる

口元を覆う女性

もう少し具体的に蛙化現象について見てみることにしましょう。蛙化現象と言うのは、端的に説明すると「好きな人が自分に好意を抱いてくれた瞬間に相手のことを気持ち悪いと感じる」現象のことです。相手からの好意が、相手の「カエル化」を招いてしまい、気持ち悪く感じるということなのです。

基本的に蛙化現象が起こるのは女性の方で、好きになってくれた男性のことを気持ち悪いと感じることがほとんどです。男性が、自分に好意を抱いてくれた女性のことを気持ち悪く思うケースは少ないようですね。一般的には蛙化現象が起こるのは女性から男性に対してのケースと言われています。

燃え上がった片恋であるほど落差が激しく気持ち悪い

拒絶する女性

蛙化現象が起こって、好意を抱いてくれた男性を気持ち悪く感じてしまうのは、それまでの気持ちの大きさとは関係ありません。好きだという気持ちが小さいことが原因で、気持ち悪いと感じる現象が起こるわけではないのです。むしろ、燃え上がった片想いであるほど、蛙化現象は大きくなってしまう可能性があります。

燃え上がっていても蛙化現象を避けることはできないので、むしろ、相手のことを猛烈に好きな片想いだと、その落差を激しく感じてしまいます。落差が激しいと落胆の気持ちも大きくなりますし、ショックも大きくなります。その瞬間に、まさに「百年の恋も冷めた」状態になってしまうのです。

蛙化現象は、好きな人に好意を持ってもらえた瞬間に、相手のことが気持ち悪くなってしまう現象のことです。以下の関連記事でも、男性の行為を気持ち悪いと感じてしまう女性の特徴について紹介しています。ぜひ、こちらも合わせてご覧くださいね。

蛙化現象を起こしてしまう女性の特徴は?

蛙化現象を起こす特徴➀熱しやすい性格

恋をする女性

蛙化現象を起こす女性の特徴の一つ目は、熱しやすい性格であるというものです。自分の気持ちが盛り上がりやすい、つまり熱しやすい性格だと、その分だけ、前が見えなくなってしまうのです。人間は熱くなっているときには冷静になることができません。冷静に目の前のものを見ることができなくなってしまうのです。

目の前の相手に恋をしているはずなのに、その相手のことが見えないというのは不思議ですよね。一気に燃え上がったせいで目の前の彼の詳細が目に入っておらず、自分の理想に恋をしてしまう可能性が高いのが熱しやすい人です。片恋に一区切りがつくと、急に目の前が見えるようになって、相手が気持ち悪くなります。

蛙化現象を起こす特徴②飽きっぽい性格

飽きてしまった女性

蛙化現象を起こす女性の特徴の二つ目は、飽きっぽい性格であるというものです。何に対しても情熱を傾け続けることができないので、恋愛に対しても情熱を注ぎ続けるようなことができません。その人のことに飽きてしまったり、自分の恋心に飽きてしまったときには、すぐに自分の気持ちが冷めていくのを感じるでしょう。

飽きっぽい性格の女性は、飽きてしまえば、もうそこで終わりなのです。好きな人が自分のことを好きになってくれるというのは、恋愛の中では一区切りです。普通はそこから恋の第二段階が始まるのですが、飽きっぽい人はそこで終わってしまう可能性が高いので、急に相手のことが気持ち悪く感じるのです。

蛙化現象を起こす特徴③恋に対して夢見がち

夢を見る女性

恋に対して夢見がちであるというのも、蛙化現象を起こす女性の特徴の三つ目であると言えるでしょう。女性の中には一定数、恋に対して夢を見てしまう人がいます。少女漫画やドラマの中では素敵な恋愛がたくさんありますから、それらになじみがあると、「自分の中での恋の理想」が作られてしまうのです。

両想いでは、理想の恋の中では素敵だった諸々がすべて現実のものとなるのですから、失望することの方が多いでしょう。片想いの間は自分の好きなようにできますが、両想いになると、否応なく現実の恋が始まります。「現実の恋」が始まると考えると、げんなりして、急に好きな人のことも気持ち悪いと思ってしまうのです。

蛙化現象を起こす特徴④仕事や私生活ではシビアなものの見方

仕事中の女性

仕事や私生活ではシビアなものの見方をしている人も、蛙化現象を起こしやすいタイプの女性だと言えますね。片想いと言うのは、夢の世界の中での出来事です。プライベートで現実的に起こっている現象だとしても、片想いが現実になるか分からない以上、フワフワ夢を見て幸せな気分になっている状態と考えられるでしょう。

ですが、好きな人が好意を抱いてくれると、そこから恋は現実のものとなります。いわば、生活の一部となるのです。仕事や私生活の中でシビアに物事を見てしまう人は、片恋ではなくなった瞬間に、好きな人を「現実」のカテゴリに入れます。急に、彼にかけるフィルターが変わるのです。それによって気持ち悪く見えるのです。

蛙化現象を起こす特徴⑤大した恋愛経験がない

失恋する女性

恋愛経験がないというのも、蛙化現象を起こしやすい女性の特徴の一つになるのではないでしょうか。恋愛経験がないので、どんなことが起こるか分からずに怖くなってしまうのが、相手への気持ち悪さの原因です。自分がどうなってしまうか分からないので、恋愛自体から逃げたくなってしまっているのです。

恋愛が怖いと思ってしまった場合には、相手に対する恋愛感情をなくせば良い話ですよね。目の前にいるのは、自分の不安の原因となる男性です。自分に好意を抱いてくれた男性で、さらに言えば自分の好きな人だったはずなのに、好きと言ってくれた瞬間から、その相手は不安を運んでくる人になります。それが気持ち悪いのです。

恋愛経験が少ない人の特徴に関しては、以下の関連記事も参考にしてみましょう。関連記事では、恋愛記事が「ゼロ」の女性の特徴についてまとめています。恋愛経験がないという女性、恋愛経験がない女性を落としたい男性には特におすすめですよ。

好きな人に好意を持たれると気持ち悪い蛙化現象の原因は?

蛙化現象の原因➀恋が現実になったら相手の男の欠点が見えた

拒絶する女性

蛙化現象の原因の一つ目には、恋が現実になって、相手の男の欠点がまざまざと見えてしまったというものがあります。恋が一番燃え上がっているのは片想いの間です。その状態が終わって一区切りつくと、手に入った相手の存在をしっかりと見る機会にも恵まれるでしょう。

しっかりと相手のことを見られるようになってから見ると、とたんに相手の欠点が目に入るようになります。どうして今まで気づかなかったのだろうと思うほどに、相手の欠点があからさまになるのです。急に相手の嫌な部分がすべて見えてしまったときに、相手のことを気持ち悪いと思わない方がおかしいでしょう。

蛙化現象の原因②恋愛をできる心の準備が整っていなかった

壁にたたずむ女性

蛙化現象の二つ目の原因には、恋愛をできる心の準備が整っていなかったというものがあります。恋愛は心の余裕があるときでなければできません。また、心が疲れているとき、前回の恋愛の傷心から立ち直っていない時などは、新しい恋愛を楽しむ余裕はないのです。

少し誰かを良く思うことはできても、実際に「現実的な恋愛」が自分の前に来るのは違うと感じる人もいるでしょう。現実的に自分の目の前に来た恋愛は圧迫感があり、怖く感じます。その恋愛の象徴として、相手の男性のことが気持ち悪く感じるのです。「両想いの恋愛そのもの」への不安が背後にあるということでしょう。

蛙化現象の原因③自分が嫌いなので自分を好きな人も悪く見えた

頭を抱える女性

蛙化現象の一つの原因としては、「自分」と言う人間がそもそも嫌いであるというものも挙げられます。自分に自信がないというのが原因と言う意味です。自分のことが嫌いな人にとって、自分のことを好きになってくれた人は、理解不能な生物です。だからこそ、相手のことも気持ち悪く思えてしまうのです。

蛙化現象の原因④恋愛のゴールを「両想い」においてしまっていた

楽しそうな男女

蛙化現象では好きな人の好意が気持ち悪さを引き起こしますが、この現象の原因には、両想いを恋愛のゴールにおいてしまっているというものも挙げられます。恋愛のゴールを両想いだと思ってしまえば、好きな人が自分を好きになってくれたというのは、一つの恋愛の終わりを意味しているのです。

その「終わり」を意識していなかったとしても、心のどこかでは「両想い=終わり」だと感じてしまうのは問題ですよね。その構図が成り立っていると、要するに、目の前にいる男性は「終わった恋の相手」ということになります。これでは気持ち悪く感じてしまっても無理はありません。

蛙化現象の原因⑤性的に潔癖で好きな人が気持ち悪いと感じた

拒絶する女性

性的なことを避けてしまう性格も蛙化現象の原因の一つとなるでしょう。恋愛は、両想いになると性的なものも含むようになります。相手の好意は、性的な対象に自分が入っているということを意識させられるものとなります。性的に潔癖な人、経験があまりない人は、それを意識した瞬間に相手を気持ち悪いと思ってしまうのです。

蛙化現象になりやすいかの診断ポイント

蛙化現象になりやすいか診断①付き合うまでが楽しいと感じる

告白する女性

異性から好意を寄せられると気持ち悪いと感じるのが蛙化現象なので、片思いの相手の気持ちが分からない状態が一番楽しいと感じるタイプは蛙化現象になりやすいと診断できます。

蛙化現象になりやすいか診断②付き合いはじめると恋人に冷たくなる

恋人に冷たくする女性

交際期間が長いと付き合う前や付き合いたてより気持ちが落ち着くというのはよくありますが、恋人にヤキモチを焼かせようなどの気持ちもなく冷たくしたり当たってしまうことが多いのは、無意識のうちに恋人を気持ち悪いと感じているからかもしれません。付き合ってすぐ恋人に冷たくなったと言われやすい人は注意が必要です。

蛙化現象になりやすいか診断③付き合ってから後悔しやすい

悩むカップル

誰にでも分かるほど欠陥だらけだったのに交際前は上手く隠されていた、といった場合は付き合うことを後悔するのは普通です。しかし、蛙化現象になりやすい人は恋愛に対する理想が高いことが多く、「これほどの人と付き合いたくない」と悩むことも珍しくありません。

好きな人に好意を持たれると気持ち悪い蛙化現象の治し方は?

蛙化現象の治し方➀自然な恋愛をできるまで待つ

本を読む女性

蛙化現象の治し方の一つ目は、自然な恋愛をできるようになるまで待つというものがあります。蛙化現象が起こってしまうのは、自分の気持ちが恋愛に最適な状態ではないというものがあります。だからこそ、自然な恋愛をできるようになるまで、無理に誰かに恋をするのはやめましょう。恋愛を休んでしまうのです。

自分の気持ちをだましながら誰かのことを好きになっても、それは本当の「好き」ではありません。だから、好意を抱いてくれた相手が気持ち悪いと思ってしまうのです。自然に「あ、良いな」と思えるまで恋愛を自然に休んでいれば、今度は好きな人のことを気持ち悪いと思うこともなくなるでしょう。

蛙化現象の治し方②好意を抱いても妄想を控える

指でハートを作る女性

蛙化現象の治し方の二つ目には、好意を抱いていても妄想を控えるというものがあります。蛙化現象を起こす原因の一つには、頭の中で理想の恋と理想の相手を作り上げてしまい、現実が見えていないというものがあるのです。だからこそ、片想いの間に夢を抱きすぎないということが大切です。

特に、好きな相手のことを頭の中で完全に理想化するようなことはやめましょう。片思いをしているときには、ただでも相手のことが、現実よりも素敵に見えているものです。その上に頭の中で「理想の彼」を作ってしまったら、本当に相手が好意を抱いてくれた時に、その理想とのギャップに落胆しかねません。

蛙化現象の治し方③ゴールを両想いに置かない

抱きしめる男性

蛙化現象の治し方の一つには、ゴールに両想いを置かないという方法もあります。片思いの間には、確かに恋愛のゴールは両想いのように感じてしまうでしょう。確かに、好きな人に好意を抱いてもらうというのは、目標の一つであることは間違いありません。ですが、それを全てだと思ってしまうと、それ以上は望めません。

蛙化現象を起こるのは、片想いが実った段階でゴールに到達してしまうからです。だからこそ、片恋のゴールを両想いの「後」にすることが大切なのです。どんなカップルになりたいのか、どんな関係性を築きたいのか、そう言ったところに焦点を置きながら恋をすれば、蛙化現象は起こりにくいはずですよ。

蛙化現象の治し方④自分を認めてあげる

笑顔の女性

蛙化現象の治し方としては、自分を認めてあげることも大切な一つの方法となります。自分のことをきちんと認めてあげれば、自分のことを好きになってくれた人のことも、心の中で受け入れることができるでしょう。「自分なんて」と自分を卑下している以上、そんな自分を好きな人を気持ち悪いと感じる現象はなくなりません。

蛙化現象を治して「両想い後の恋愛」に前向きになろう!

好意を抱いてくれた人を気持ち悪いと思ってしまう蛙化現象について理解することはできましたでしょうか。蛙化現象は、両想いの後の恋愛に対する不安や自信のなさ、恋愛への経験不足が原因となっていることがほとんどです。治し方は人によりますが、カップルとしての恋愛にポジティブな気持ちがあれば、なくなるでしょう。

恋に対する気持ちの持ち方で蛙化現象も収まりますが、時には、自分に原因がないということもあります。完全に相手が「気持ち悪い」人であるということもあるのです。気持ち悪いと感じたときには無理に付き合う必要はありません。関連記事では別れた方が良い彼氏の特徴についてまとめています。ぜひご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。