Large thumb shutterstock 618265361

長い鼻の下を短くする方法!メイクやトレーニングで改善して理想の美人に♪

更新:2020.12.24

鼻の下が短いと、美人に見えるという事をご存知ですか?今回は、鼻の下を短くするためのメイク方法や、トレーニングについてご紹介します。鼻の下を短くする事で、美人に近づく事ができますよ。気軽にできる方法も多いので、是非チェックしてみてください!



鼻の下の人中とは?

①鼻と口の間

フェイス

人中とは、鼻と口の間の溝の事です。人によって長さは様々ですが、人中の距離が短いと美人に見えると言われています。鼻から下のバランスが綺麗だと顔全体が美しく見えると言われているので、人中を短くすると美人顔に近づきますよ。

人中がある理由は、進化の過程で残ったという説が有力です。本来人中は、口から鼻に水分を運ぶための物でした。しかし、人間の進化の過程によっていらなくなったとされており、今は痕跡器官として残っています。

②深さも関係する

口紅

人中は長さだけでなく、深さも関係します。そもそも人中とは、鼻と縦の間に真っ直ぐ伸びている溝の事です。そのため、深さも重要なポイントになります。人中の深さが深いと鼻の下を強調させてしまうので、バランスが悪く見えがちです。

鼻の下が長い原因とは?

①遺伝

遺伝子

鼻の下の長さの原因には、遺伝があります。遺伝的に鼻と唇の間が長いと、生まれつき人中が長くなりがちです。また、遺伝とは同様に骨格的に鼻の下が長いケースもあります。どちらも先天性の問題なので、生活習慣などで鼻の下が長くなったわけではありません。


遺伝や骨格的に鼻の下が長い場合でも、改善する余地はあります。鼻の下が生まれつき長いと悩みを持っている方も、メイクやトレーニングで改善できるので諦めないでください。

②歯並びの問題

歯

歯並びによって、鼻の下が長くなっている可能性もあります。特に出っ歯や口ゴボの方は、鼻の下が長く見えがちです。出っ歯や口ゴボの場合歯が前に出てしまっているので、口を閉じようとすると人中が伸びてしまいます。メイクでも改善できますが、歯並びを直せば人中が短く見えますよ。

ただ、歯並びのせいで人中が長い方は、鼻の下の皮膚が伸びてしまっています。そのため、歯並びを直すと同時に、トレーニングで伸びてしまった皮膚を元に戻しましょう。マッサージをしたり筋肉を鍛えたりする事で、人中を短くする事ができます。

③筋力の衰え

スモーキーメイク

筋力の衰えが、鼻の下の長さに関係している可能性もあります。年齢を重ねていくと筋肉が衰えて下がり、鼻の下が長く見えてしまいます。特に、顔の下半分が垂れ下がっていると人中も長く見えがちです。

筋力の衰えが原因で鼻の下が長い場合、トレーニングで改善する事ができますよ。鼻の下や口周りを鍛える事で筋肉を締めて、人中を短くしましょう。また、筋力の衰えで顔が垂れ下がると、老け顔に見えてしまいます。人中短縮トレーニングは、アンチエイジングにもなるのでおすすめですよ。

④舌が正しい位置に無い

舌

舌が間違った位置にあると、鼻の下が長く見えてしまいます。人間は本来、前歯の後ろに舌がついている状態が望ましく、口を閉じた時にベロの先端が下顎に付く方は、正常な位置にありません。舌が正常な位置に無いと鼻の下が伸びてしまって、人中が長く見えます。

舌の位置を正しい場所に戻す事で、自然と人中の長さが改善されていきますよ。舌の位置を日々気をつけるだけなので、気軽に人中を短くする事ができます。人中が長いという悩みがある方は、一度自分の舌がどこにあるのか確認してみてください。

メイク編|鼻の下を短くする方法

①鼻の下にシェーディングを入れる

鼻の下にシェーディングを入れる事で、人中を短く見せる事ができます。鼻の中央の下に陰を描き足すイメージで入れましょう。シェーディングで鼻下に陰を作ると、簡単に人中が短くなりますよ。シェーディングはパウダータイプでもペンシルでも問題ないので、使いやすいものを選びましょう。

やり過ぎると変な印象になってしまうので、ほどほどにするのがポイントです。ペンシルタイプのシェーディングだと、簡単に陰を描き足せますよ。また、アイブロウを使って、自然な陰影を作るのもおすすめです。自然な陰影を作る事で、美人顔に近づけられます。

人中の長さを解決する事で、顔全体のバランスを整える事ができます。以下の記事でも、人中に関する化粧やコスメを紹介しているので、チェックしてみましょう。意外と手軽な方法で人中の長さを改善する事ができるため、是非チャレンジしてみてください。

②唇の上にハイライトを入れる


唇の上にハイライトを入れると、鼻の下を短くする事ができます。ハイライトを細い筆に取って、唇の山の部分に入れましょう。ハイライトを入れると唇の山がぷっくりと大きく見えるので、鼻の下を短く感じさせる事ができます。簡単にできるメイク方法なので、手軽に人中を短く見せたい方におすすめです。

ハイライトは、肌に合った色を使いましょう。ただ、マットなハイライトではなく、ラメ感やツヤっぽさのあるタイプを使ってください。多少キラキラが強いハイライトの方が、唇をぷっくりと見せてくれます。

③オーバーリップにする

オーバーリップにする事で、鼻の下を短く見せる事ができます。リップラインを大きめに描けば、鼻の下と唇の距離を短くする事ができますよ。リプラインが大きいとぷっくりとした色っぽい唇になるので、大人っぽく見せたい方にもおすすめのアイデアです。

オーバーリップにする場合、リップライナーを使うと失敗しにくくなります。口紅を塗る前に、リップライナーで輪郭を決めておいてください。リップライナーを使うと輪郭がハッキリとするので、人中を短く見せる効果が期待できます。なるべく、口紅と色の近いリップライナーを選んでくださいね。

トレーニング編|鼻の下を短くする方法

①手でトレーニングする

顔を触る

手を使ったトレーニングで、手軽に鼻の下を短くしましょう。鼻の下だけでなく、鼻の横や顎周りも一緒にトレーニングするのがポイントです。顔には色々な筋肉があるので、鼻の下以外の周りも一緒にトレーニングすると効率的になりますよ。

1日数分でできるトレーニングなので、忙しい方でもスキンケアのついでなどにできます。また、手だけを使ったトレーニングなので、気軽に挑戦できますよ。毎日コツコツ続けていれば数ヶ月で効果が表れるので、挑戦してみてください。

②筋肉をほぐす

唇

筋肉をほぐすトレーニングで、人中を短くする事ができます。唇の上や鼻周りに指を当てて、筋肉を優しくほぐしてください。ほぐす事で固まった筋肉が柔らかくなり、効率的に動くようになります。鼻の下の筋肉がしっかり動けば、自然と人中は短くなるでしょう。

また、鼻の下の筋肉がほぐれることによって、人中の溝が薄くなります。鼻下の溝が薄くなると人中が目立ちにくくなるので、顔のバランスが良く見えますよ。暇な時に実践できるマッサージなので、空いた時間に挑戦してみてください。

③唇を上げる

紅い唇

鼻の下を短くするために、唇を上げるトレーニングもおすすめです。簡単にできるトレーニングなので、誰でもすぐに挑戦できますよ。唇を鼻に近づけるようにすると、人中の筋肉を鍛える事ができます。筋肉が付くと人中が短くなって、顔のバランスが整いやすくなるので試してみてください。

鼻の下を短くして美人顔に近づこう!

顔のバランスが悪いなと感じる方や、美人に近づきたいという悩みのある方は、人中に着目しましょう。鼻の下の人中というエリアが短いと、顔全体のバランスが良く見えます。鼻の下は、メイクやトレーニングで短くできるので、是非挑戦してみてください!

鼻の下を短くするための方法は、他にもたくさんあります。以下の記事では、今回紹介しきれなかった方法をまとめているので、是非チェックしてみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。