INDEX

鼻の下が長くなってしまう理由

生まれつきの骨格だけではない

鏡を見つめる女性

最近の美女の新条件として挙げられているのは「鼻の下が短い」こと。テレビや雑誌に出ているモデルや美人女優の顔を見てみると皆、鼻の下が短いのです。これには顔の黄金比という物が関係しており、鼻先から顎までの長さを三分割した時に、鼻先~上唇、上唇~下唇、下唇~顎先が1:1:1であれば美しいと言われています。

鼻の下が長いとお悩みの方、自分の鼻の下が長いのは骨格のせいだから整形しか方法はない…と諦めていませんか?実は鼻の下が長いのは、生まれ持っての骨格以外にも原因があるんです。

表情筋の衰えや老化が原因

パソコンを見つめる女性

誰かと会話をするよりもパソコンやスマホを見ている時間が長いという方は要注意!パソコンを見つめている時、私たちは大抵真顔でいると思います。このように顔の筋肉を動かさずにいると使われない表情筋がどんどんと衰えていきます。これが、鼻の下が長いという悩みの根源になっている可能性があるのです。

鼻の下の筋肉が衰えると鼻下を支える力が弱くなり、鼻の下が長くなってしまいます。元々長い方だった人も長くなかった人も、以前より鼻の下が長いと感じたなら表情筋が衰えている可能性があります。

パソコンやスマホはあまり見ないのに鼻の下が長くなってきた気がする、という方もいるかもしれません。実は鼻の下が長くなってしまう理由にはもう一つあります。なんと老化によって筋肉量が減ると鼻の下の筋肉も同様に衰えてしまい、結果的に鼻の下が伸びてしまうのです。

鼻の下を短くする方法はある

草原を走る女性

そうは言っても現代の生活にパソコンやスマホは欠かせませんし、歳をとるのを止められるはずもありませんよね。しかし鼻の下が長いのは、しっかりと対策をとれば短くできるのです!

鼻の下を短くするのは即効性のある方法や持続する事が大事な方法がいくつか存在します。今回はその鼻の下を短くするための方法を6つご紹介します!是非試してみて、黄金バランスの美女に近づきましょう!

長い鼻の下を短くするトレーニング方法

割り箸トレーニング

鼻の下が長い理由の最たる物は表情筋の衰え。つまり鼻の下を短くするには鼻の下の筋肉を鍛えることが重要です。その方法の一つとして、口で割り箸をくわえたまま口角を上げるというトレーニングがあります。

トレーニング方法
  1. 割り箸を口と平行になるよう持ち、歯でしっかりくわえます。
  2. 口角を限界まで上に上げます。
  3. 30秒間そのままキープ!
  4. 10秒間休憩です。
  5. 2~4で1セット。これを最低3セット行ないます。

トレーニング方法の1~2を行なってみると、口の周りの筋肉が刺激されているのが分かると思います。鼻の下の筋肉は普段私たちが使わない場所なので、トレーニングしている人としていない人の差は歴然です。動画を参考にして、是非空いた時間にやってみてください。

さらに、ご紹介した割り箸トレーニングは表情筋を鍛えて鼻の下を短くするだけでなく滑舌も良くなります。滑舌がよく聞き取りやすい話し方をする女性は美人度が1.5割増しに!継続していきましょう!

ヒヨコ体操

鼻の下の筋肉を鍛えるトレーニングをもう一つご紹介します。口を尖らせてヒヨコが鳴くようにピヨピヨと動かすトレーニングは、鼻の下や口周りの筋肉に効果があります。ここの筋肉を鍛えると口元がぐっと引き上がり、鼻の下が短くなります。

普段口の周りの筋肉を使っていない方は試しに5回ほどピヨピヨとやってみてください。そんなに早く動かしていなくてもしっかり効いているのが分かると思います。鼻の下が短くなるだけでなく、この運動はほうれい線にも効果があるので、お顔の老け対策にはもってこいなのです。

この運動は道具もいらずマスクの下やトイレの中などでも出来るので、いつでもどこでも実践可能なのも強みです。エクササイズの時間が確保しにくいOLの方もマスクの下で、休憩中や通勤中などに是非試してみてください!

トレーニング方法
  1. 唇を「う」の形で尖らせる
  2. ピヨピヨとヒヨコが鳴くように動かす

長い鼻の下を短く見せるためのメイク方法

オーバーリップ

口紅を塗る女性

即効性がある対策といえばメイク。鼻の下が長い人は上唇より少し上にはみ出すようにリップメイクをしましょう。すると物理的に鼻と唇の距離が短くなりますので、視覚的な効果は抜群です。

やり方は簡単。リップライナーで上唇を1mmほどオーバー気味に書き、線をぼかすように口紅を塗れば完成です。こうするだけで、鼻の下が長い事が目立たなくなります。

1mmで本当にいいの?と思われるかもしれませんが、顔はパーツや配置がほんの1mm変わるだけで印象がグッと変わります。なので実際の唇よりはみ出す範囲はほんの1mm程度でいいのです。はみ出しすぎると悪い方向に唇の印象が強くなってしまうので、やり過ぎは禁物ですよ。

鼻の下にチークを入れる

メイク道具

リップメイクの次に、鼻の下にチークを入れる事もプラスすると効果が倍増します。やり方は簡単で、いつものように頬にチークを入れた後、ブラシに余った分をほんの少しさっと塗るだけでOK。これは鼻の下が長い人だけでなく顔が長いと悩んでいる方にも効果があります。

チークの色は自分の肌に合った物をチョイスしてくださいね。そしてラメのチークを使用するのは避けましょう。ラメ入りのチークを使用すると、鼻の下がキラキラ光ってかえって目立ってしまいます。

画像はアイブロウパウダーの一番薄いカラーを使用しているようです。シェーディングでも効果はあるようですが、なんだか肌に合わず汚くなってしまったとの声が上がっているのでチークを使用するのがベストです。なお、こちらも塗りすぎには注意!

長い鼻の下を短くする裏技

舌の位置を意識する

実は、メイク以外にも即効性のある方法があります。それは舌の位置を直す事!鼻の下が長い人は舌の位置が下がっている傾向にあるのです。正しい舌の位置は、前歯の裏から少し後ろの上あご。ここにぴったりとくっつける事が大事なのです。

図のように舌の位置を直す事で歯の食いしばり防止にもなり、小顔効果も期待できます。普段生活していて舌の位置を気にする事はないと思いますが、これを機に意識していきましょう。

笑顔でいること

草原に寝転ぶ女性

鏡を見ながら口角を上げて微笑んでみてください。仏頂面でいる時よりも鼻の下が短くなっていませんか?笑顔でいる事を心がけると見た目にも鼻の下は短くなります。そしてずっと笑顔でいると口角が上がり表情筋が鍛えられるのでトレーニングにもなるのです。

更には笑顔でいる事で周囲に好印象を与えます。いつも笑顔でいる人ってなんだか美人に見えますよね。周りの人も鼻の下が長いという事に目は向かなくなり、あの人はいつもニコニコしていてキレイだという印象を与えることができます。

悩み過ぎないことも大事!

鼻の下が長い事に悩みすぎると表情が暗くなり、あなた本来の美しさが霞んでしまいます。あまり深く悩まずに笑顔でいれば自分の気持ちや表情も明るくなっていきますし、鼻の下が長いというコンプレックス解消の為のトレーニングにもなるので、まさに一石二鳥なのです。

それに鼻の下が長いというコンプレックスも決して治せないものではありません。メイクや裏技は即効性がありますし、トレーニングも継続して努力を積み重ねれば結果は必ず出ます。ポジティブに笑顔も努力も欠かさず頑張って、外見も中身も美しい女性を目指しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。