Large thumb shutterstock 248906611

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法|おすすめのアイシャドウは?

更新:2019.06.21

デカ目に見えるメイクには、濃いアイメイクが必要だと思っていませんか?ナチュラルメイクでもポイントを掴めば、デカ目に見せることができます。アイシャドウやアイラインを使って、目の下のメイクを変えるだけでデカ目に見せることもできます。一重や奥二重でもデカ目になるアイメイクがあるので、参考にしてください!

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法は?

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法①アイシャドウの塗り方は薄くが鉄則!

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法1つ目は、アイシャドウの塗り方は薄く塗ることです。アイシャドウは、ブラウン系やピンク系の肌馴染みがいいカラーを選んでください。アイシャドウ選びのポイントは、粗いラメやギラギラしすぎるラメが入っているアイシャドウは控えることです。

薄めのブラウン系やピンク系のアイシャドウをまぶたに塗ることで、目元を強調することができデカ目に見せることができます。濃いめのアイシャドウをまぶた全体に塗ってしまうと、黒目を引き立たすことができず目を小さく見せてしまいます。

下記の記事で、ナチュラルメイクにぴったりなブラウンアイシャドウを紹介しています。ぜひ、参考にしてください。下記の動画で、ブラウンアイシャドウだけで作れるデカ目アイメイクのやり方を紹介しています。こちらの記事と合わせてご覧ください。

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法②上まぶたのアイラインは細くが鉄則!

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法2つ目は、上まぶたのアイラインは細く引くことです。ナチュラルなデカ目になるアイメイクをするためには、二重幅が強調できるようにアイメイクをするのがポイントです。上まぶたにアイラインを引く時は、目の形に沿ってまつげギリギリを細く引きます。

まぶたの粘膜をリキッドやペンシルのアイライナーで塗ると、目元が引き締まってデカ目に見えます。ブラックのアイラインならくっきりとしたアイメイクに、ブラウンのアイラインなら優しい印象のアイメイクになります。下記の動画で、ナチュラルにデカ目になれるアイラインの引き方を紹介しているので参考にしてください。

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法③下まぶたのアイラインは黒目の下だけ

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法3つ目は、下まぶたのアイラインは黒目の下だけに引くことです。下まぶた全体にアイラインをしっかり引くと、目が小さく見える原因になってしまいます。アイラインを黒目の下だけに引くことで、デカ目効果が期待できます。

筆者もデカ目効果を期待して、黒目の下だけアイラインを引いていた時期があります。黒目の下にアイラインを引く時は、アイラインがにじみやすいので注意が必要です。黒目の下にアイラインを引く時は、黒目の下のまつげを埋めるように引くとパンダ目になりにくいですよ。

リキッドアイライナーで粘膜にアイラインを引くのが難しい人は、ペンシルアイライナーで引くのがおすすめです。アイライナーを引くと、アイラインが落ちてパンダ目にならないか不安になりますよね。下記の記事で、ペンシルとリキッドのにじまないアイライナーを紹介していますので参考にしてください。

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法④下まぶたはアイシャドウで抜け感を!

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法4つ目は、下まぶたはアイシャドウで抜け感を出すことです。下まぶたは、アイラインなしでもアイシャドウでナチュラルにデカ目に見せることができます。

下まぶたの抜け感が出るアイシャドウの塗り方は、アイシャドウの一番明るいベースとなる色を目頭から目尻に塗ります。アイシャドウの中間色となる二重幅に塗った色と同じ色を下まぶたに細く引きます。簡単ですが、手を加えすぎないことでナチュラルでデカ目に見えるアイメイクをすることができます。

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法⑤マスカラはロングタイプがおすすめ

ナチュラルなデカ目アイメイクの方法5つ目は、マスカラはロングタイプを使うことです。マスカラは、ボリュームタイプよりもロングタイプのほうがナチュラルなアイメイクに仕上げることができます。

マスカラを塗る時は、まつげが1本1本セパレートになるように綺麗に塗りましょう。下まぶたには、マスカラを塗りすぎないように注意してください。下記の記事で、ナチュラルメイクだけでなくおフェロ顔や垢抜けする顔にもなるブラウンマスカラを紹介しています。ブラウンマスカラで、ナチュラルな優しい顔になりましょう。

一重や奥二重のデカ目アイメイクの方法は?

一重や奥二重のデカ目アイメイクの方法①アイシャドウで立体感を出す

一重や奥二重のデカ目アイメイクの方法1つ目は、アイシャドウで立体感を出すことです。一重や奥二重の人は、アイシャドウを使って立体的な目元を作りましょう。まず、アイホール全体にベースカラーを塗って目元を明るくします。次に、中間色を二重部分より少しオーバーぎみに塗ります。

最後に、濃いめの締め色を目尻に塗ります。アイシャドウを塗る時は、しっかりぼかすようにしましょう。目元を立体的にすることで、一重や奥二重の人でもデカ目にすることができます。下記の動画で、一重の人のナチュラルメイクを紹介しています。ベースメイクから紹介しているので、参考にしてください。

下記の記事で、一重や奥二重のアイシャドウ初心者のために基本のアイシャドウの塗り方を紹介しています。おすすめのアイシャドウも紹介していますので、こちらの記事と合わせてご覧ください。

一重や奥二重のデカ目アイメイクの方法②目尻のアイラインは長めに引く

一重や奥二重のデカ目アイメイクの方法2つ目は、目尻のアイラインは長めに引くことです。一重や奥二重の人は、目尻のアイメイクがポイントになります。奥二重の人は、二重幅が潰れないように目頭~目尻まで細くアイラインを引きます。目尻は跳ね上げず、2~3㎜程目の形に沿って長く引きます。

一重の人は、目を閉じた時アイラインが見えるのを意識しながらアイラインを引きます。黒目の上は、まぶたが分厚くなるので太めに引いたほうが良いです。奥二重の人と同じように、目尻は跳ね上げず2~3㎜程目の形に沿って長く引きます。

一重の人が目尻を細く引いてしまうと、まぶたでアイラインが消えてしまうのでアイラインは少し太めに引いたほうが良いと思います。鏡を見ながら慎重に、丁寧に引いていきましょう。下記の動画で、一重の人のアイラインの引き方を紹介していますので、参考にしてください。

デカ目アイメイクにおすすめのアイシャドウは?

デカ目アイメイクにおすすめのアイシャドウ①エクセル

デカ目アイメイクにおすすめのアイシャドウ1つ目は、エクセルです。エクセルのスキニーリッチシャドウは、ブラウン系のアイシャドウなのでナチュラルアイメイクにぴったりです。4色を順に重ねるだけで、グラデーションも綺麗に作ることができます。

エクセルのスキニーリッチシャドウは、微細なパールでギラギラしすぎないので上品に目元を明るくすることができます。また、まぶたにぴったりくっつくので粉飛びもしません。下記の記事で、エクセルの人気なアイシャドウを紹介していますので参考にしてください。

デカ目アイメイクにおすすめのアイシャドウ②ケイト

デカ目アイメイクにおすすめのアイシャドウ2つ目は、ケイトです。ケイトの新作のアイシャドウヴィンテージモードアイズで、抜け感のある囲みメイクをするとアイラインなしでもナチュラルなデカ目アイメイクができます。

下記の動画で、ヴィンテージモードアイズの塗り方を紹介しています。一重さんにもおすすめの塗り方なので、ぜひチャレンジしてみてください。

デカ目アイメイクにおすすめのアイラインは?

デカ目アイメイクにおすすめのアイライン①メイベリン

デカ目アイメイクにおすすめのアイライン1つ目は、メイベリンです。メイベリンのハイパーシャープライナーは、汗や水、涙に強くにじまないと評判のアイラインです。メイベリンのハイパーシャープライナーは、極細のアイラインが引けることでも人気なんですよ。

極細にアイラインが引けるので、二重幅の狭い奥二重さんにもおすすめです。絶妙なコシで手ぶれを吸収できるので、アイラインを引くのが苦手な人にもおすすめです。

デカ目アイメイクにおすすめのアイライン②ラブライナー

デカ目アイメイクにおすすめのアイライン2つ目は、ラブライナーです。ラブライナーは、美容成分が配合されているので肌に優しいアイライナーです。ラブライナーは、ファンデーションやアイシャドウの上に塗っても色あせにくいんですよ。カラー展開が豊富なのも魅力ですよね。

ナチュラルなデカ目アイメイクで可愛くなろう!

いかがでしたでしょうか?今回は、ナチュラルなデカ目アイメイクを紹介しました。ナチュラルなデカ目アイメイクをするには、目の形を活かしたアイメイクをすることが大切です。

アイシャドウは肌馴染みがいい色を取り入れて、アイラインは細く引くように心がけるだけでナチュラルなデカ目に見せることができるとわかりました。今回紹介したアイシャドウやアイラインを使って、ナチュラルなデカ目アイメイクで可愛くなりましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。