Large thumb shutterstock 329814443

「痛い婚活女子」特徴6選。素敵な男性をGETする為の改善策もご紹介。

更新:2022.04.14

「婚活中だけどもしかして痛い女子って思われてるかも」と心配になっていませんか?今回は周りから引かれる婚活女子の特徴を内面編と外見編、年齢別に分けてご紹介していきます。また、良い男性を捕まえるための改善策もまとめているので、婚活女子はぜひ参考にしてください。



【内面編】痛い婚活女子の特徴3選

①結婚したい圧が強い

男性の手を握る女性

痛い婚活女子の特徴として、付き合う前から強い結婚欲が出ていることが挙げられます。婚活の目標は「素敵な人の奥さんになること」なので、結婚欲があるのは当然です。しかし、付き合う前や出会った時に、結婚の条件や希望する子どもの数などを伝えるのはやめましょう。

「結婚したい」「良い相手と出会いたい」とグイグイ来られると、逆に引いてしまう男性は少なくありません。結婚欲を心に抑えて、相手のペースに合わせるようにしましょう。

②理想が高すぎる

男性から目を背ける女性

男性に求める条件が多すぎるのも、痛い婚活女子の特徴です。自分の見た目は平均なのにもかかわらず、男性に求める年収が高すぎると周囲から痛いと思われてしまいます。また、年収以外にも、「医者と結婚したい」「離婚経験者は嫌」などと職種や経歴にこだわる女性もいます。

しかし、理想が高すぎてしまうと、良い男性を見つけようにも見つけられません。独身を卒業するためにも理想アピールをしたり、条件に固執したりせずに謙虚な姿勢を心掛けましょう。

③ネガティブ思考

考える女性

痛い婚活女子の特徴として、なかなか良い人に出会えずにネガティブ思考になっているのも挙げられます。「どうせ私なんか無理」「結婚できない」というマイナスな発言は、せっかくの雰囲気を台無しにしてしまいかねません。


自分を蔑んでばかりだとネガティブオーラに包まれ、なおさら良い男性と出会いにくくなってしまいます。婚活をスタートしてすぐに良い人と出会えるケースは稀なので、失敗続きでも落ち込む必要はありません。逆に、ポジティブ思考の方が素敵な出会いを引き寄せるでしょう。

【外見編】痛い婚活女子の特徴3選

①痛い若作り

パーマをあてる女性

年齢に適していないファッションやメイクは、無理な若作りをする痛い婚活女子だと思われてしまいます。確かに若さは婚活の武器になりますが、「若作り」と「若見え」は異なります。年相応ではないアイテムを取り入れるよりも、年齢に見合った服を着こなす方が魅力的です。

また、ファッションやメイクだけでなく、話し方やLINEの文面でも同様です。無理をして若者言葉を使ったり、気取った話し方をしたりすると「痛い婚活女子」のレッテルを貼られてしまいます。

②色気アピールが強い

ベッドに横たわるセクシーな女性

色気を前面に押し出すのは、痛い婚活女子の特徴です。確かにセクシーな外見の女性は目を惹きますが、結婚相手として真剣に考えると対象外になる場合があります。

セクシーさをアピールするために、胸元が開いたトップスや下着が見えそうなショート丈のスカートを履くのはやりすぎだといえます。色気を出すのは交際がスタートした後にしましょう。

③時代遅れのファッション


ハンガーにかけられた服

痛い婚活女子の特徴として、昔に買ったモテる服や可愛い服を着ていることが挙げられます。物持ちが良いのは素敵ですが、婚活の場で時代遅れの服は避けるべきです。服の流行は驚くほどに早いため、他の婚活女子のファッションと比較されてさらにダサく見えてしまうでしょう。

かといって、全身を最新ブランドでまとめる必要はありません。男性に好印象を与えられるように、上品で清潔感のあるファッションを心掛けるのがポイントです。靴やバッグにも気を抜かず、デート前には全身鏡でチェックしましょう。

【年齢別】痛い婚活女子の勘違いポイント

20代の場合|何をしても許される

ハートのサングラスをかける女性

20代の痛い婚活女子は何をしても許されると思い、目の前の男性がタイプかどうかで態度を変える傾向があります。外見が普通でも20代というだけでモテる場合もあるほど、婚活市場では人気の世代です。そのため、中には「自分は選ぶ立場」だと勘違いして、興味のない人には冷たい態度をとったりする人もいるのです。

しかし、若いからと言って何をしても良いわけではありません。婚活期間が長くなればなるほど「若さ」は失われてき、良い人と出会えないまま時間が過ぎ去ってしまう恐れがあります。若さに甘えず、真剣に婚活を進めていきましょう。

30代の場合|まだまだ若い

化粧をする女性

30代婚活女子の中は、自分はまだまだ若いと思っている人もいます。しかし、20代の婚活女子は多く、一概に30代は若いとは言えません。30代ならまだ男性人気が高いと勘違いしていると、婚活が上手くいかずに独身期間が長くなる恐れもあります。謙虚な気持ちを持って、条件を求めすぎないようにしましょう。


下記記事では、女性が焦って結婚して離婚する理由をご紹介しています。他にも、急いで結婚してよかった点や婚活で気をつけるべきポイントについてもまとめています。離婚する理由が気になる婚活女子はぜひ参考にしてください。

痛い婚活女子が改善すべきこと4つ

①求める条件を考え直す

頭を抱える女性

痛い婚活女子だと言われないために、男性に求める条件を一度リセットしましょう。結婚を前提にすると、男性に求めるものが増えてしまうことはあります。しかし、条件が多ければ多いほど出会いを掴むのは容易ではありません。

婚活がうまくいかない理由として「高い条件ばかり提示していて、この人痛いな」と思われている可能性があります。なかなか良い男性に出会えないと悩んでいる人は、増えすぎてしまった条件を一度考え直しましょう。

②目立とうとしない

リップを塗る女性

痛い婚活女子にならないためには、出会いの場で目立とうとしないことです。婚活を成功させたい気持ちが大きすぎて、いつもよりも気合いが入ってしまうことはあります。その結果、自分では気づかないうちに、やりすぎメイクや痛い服装になってしまっているかもしれません。

真剣に婚活をするのなら、個性的な見た目で目立とうとするのではなく謙虚さや清楚さを前面に出すのがおすすめです。女性としての落ち着きを見せた方が男性から好印象を得られるでしょう。

③婚活が成功しない原因を考える

肘をついて考える女性

痛い婚活女子を脱するためには、婚活が成功しない原因を考えましょう。中には、婚活が上手くいかないのは男性や紹介してくれた側のせいだと決めつけてしまう女性がいます。しかし、本当の原因はあなたがした自分勝手な態度の可能性もあるのです。

態度が悪かったり、自分の話ばかりしていたりといった不快感を与える行動がなかったかを見直してください。どうしてもわからない場合は、友人に相談するのもおすすめです。第三者目線の意見を聞いて、気づくこともあるはずです。

④結婚欲は心に留める

外で会話をする男女

この男性いいなと思っても、結婚したいという気持ちは心の中にしまっておきましょう。婚活を早く成功させたいと思い、出会った時に将来像や求める条件を伝える女性は少なくありません。しかし、相手の気持ちがわからない段階で将来の話をしても困らせてしまうだけです。

結婚は最終的なゴールなので、まずは相手と仲良くなる必要があります。結婚に焦りすぎずに、一緒にいて楽しいと思ってもらえるような関係を築きあげましょう。

魅力的な婚活女子になって理想の男性をゲットしよう

抱き合うカップル

痛くない魅力的な女性になれば、婚活は成功するはずです。婚活女子の中には、良い男性に出会えないのは、自分の痛さが原因だと気づいていない人もいます。今回ご紹介した特徴を参考にして、自分が当てはまっていないかどうかをチェックしてみてください。男性受けの良い女性になって、素敵な相手を見つけましょう。

下記記事では、アラサー女性の婚活の実態についてご紹介しています。婚活を成功させるテクニックについてもまとめているので、進展せずに悩んでいる独身女子はぜひご一読ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。