Large thumb shutterstock 590730254

涙袋が似合わない人の特徴は?そんな悩みを持つ人向けのメイク方法もご紹介!

更新:2021.05.25

自分の顔立ちに、涙袋が似合うのか知っていますか?この記事では、涙袋が似合わない人の特徴をご紹介しています。涙袋が似合う人の特徴や、似合わない人向けのメイク方法についても知ることができますよ。自分の顔立ちに合ったメイクをする参考になりますので、ぜひご覧ください。

【目】涙袋が似合わない人の特徴は?

①目が小さい

腕組みする女性

1つ目の特徴は、目が小さいことです。目が小さい人が、ぱっちりした目元に見せようとして涙袋を作ると悪目立ちしてしまいます。目の大きさに対して涙袋が合わないため、不自然に見えるのです。特に、目の縦幅が狭い人が涙袋を作ると、目元が小さく見えてしまいます。

以下の記事では、小さい目でも美人になれるメイクをご紹介しています。アーモンドアイや、パッチリした目に魅せる方法についても知ることができますよ。目が小さくて涙袋が似合わない人の参考になりますので、ぜひご覧ください。

②一重や奥二重

サングラスをかけた女性

2つ目の特徴は、一重や奥二重であることです。涼しげな目元の女性が涙袋を作ると、違和感が出てしまいます。切れ長な目の形には涙袋が馴染みにくいため、似合わないと感じるのです。

③奥目

赤い花と女性

3つ目の特徴は、奥目であることです。奥に引っ込んだ目元のことを、奥目と言います。奥目の人は目元が暗く見えやすいので、涙袋が綺麗に映えず似合わないのです。涙袋の立体感により影ができてしまい、疲れたような表情になります。

生まれつき奥目の人もいますが、生活習慣により目元が落ちくぼむ場合があります。スマホやパソコンで目元を酷使すると、奥目になりやすいと言われているので気を付けましょう。

【顔】涙袋が似合わない人の特徴は?

①輪郭が面長

ピンクの花と女性

1つ目の特徴は、輪郭が面長なことです。輪郭が面長な女性は、目の下からアゴにかけての縦長の距離がやや長めです。そのため、涙袋を作ってしまうと、顔の縦ラインの余白が悪目立ちしてしまいます。顔が縦に大きく見えたり、締まりのない顔立ちに見えたりするので似合いません。

以下の記事では、面長に似合う・カバーできるメイク方法をご紹介しています。小顔美人にグッと近づける、メイクのポイントについても知ることができますよ。面長を魅力的に魅せるための参考になりますので、ぜひご覧ください。

②美人系の顔立ち

肘を付く女性

2つ目の特徴は、美人系の顔立ちであることです。可愛らしい印象に仕上がる涙袋は、クールビューティーな女性に馴染みにくくなっています。特に、すっきりとした美人顔の女性だと、涙袋と顔立ちが合わずバランスが悪く見えてしまうのです。

③大人顔

下を見る女性

3つ目の特徴は、大人顔であることです。涙袋は、眼輪筋という目元の筋肉です。そのため、もともと涙袋がある人でも、年齢と共に消えやすくなっています。なぜなら、加齢により少しずつ筋肉が落ちてくるからです。

涙袋には顔を若々しく見せる効果がありますが、大人顔の女性だと不自然に見えてしまうのです。特に、涙袋を強調するようなメイクをすると、他のパーツとのバランスが悪くなってしまいます。若作りしているような印象になり、老けて見えやすいので気を付けましょう。

④平たんな顔立ち

不機嫌な女性

4つ目の特徴は、平たんな顔立ちであることです。アジアンビューティ―な女性は、顔立ちが平たんな傾向にあります。涙袋はぷっくりしているので、平たんな顔立ちに馴染みません。平たんな顔立ちの女性が涙袋を作ると、悪目立ちして似合わないと感じるのです。

涙袋が似合う人の特徴

ここまで、涙袋が似合わない人の目や顔の特徴をご紹介しました。涙袋には目元を大きく見せたり、柔らかい顔立ちを演出する効果があります。涙袋が似合うタイプなのか、自分の目や顔立ちと比べてみましょう。

①目の形が丸くて大きい

女性の目元

1つ目の特徴は、目の形が丸くて大きいことです。涙袋は、ぱっちりとした丸い目元によく似合います。また、涙袋は筋肉なので、目が大きな人の方が発達しやすいです。そのため、目が丸くて大きな女性に涙袋があると、自然に見えます。

②丸顔

黒いトップスの女性

2つ目の特徴は、丸顔です。丸顔の女性は、顔の縦幅の余白があまりありません。そのため、涙袋とのバランスが良く見えてかわいく仕上がります。

③マツエクが映える目元

マツエクを付けた目元

3つ目の特徴は、マツエクが映える目元です。涙袋が似合う女性は、長さや毛量のあるマツエクを付けた時に美しく映える傾向にあります。目元にインパクトを付けても、悪目立ちせずバランスよく仕上がるからです。そのため、涙袋を作っても自然に馴染み、かわいく見せることができます。

④童顔

童顔の女性

4つ目の特徴は、童顔です。子供っぽい顔立ちや、実際の年齢よりも若く見られることが多い女性は涙袋が似合います。自然な涙袋は、年齢と共に少しずつ目立たなくなるからです。そのため、若々しく見える童顔の女性が涙袋を作っても、ナチュラルに馴染みます。

涙袋が似合わない人向けのメイク方法

ここまで、涙袋が似合う人の特徴をご紹介しました。涙袋があると柔らかい印象になったり、艶っぽく見えたりするので憧れる女性も多いでしょう。たとえ、涙袋が似合わなくても、下まぶたのメイクを工夫すると魅力的な顔立ちになれますよ。

①下まぶたに影色を入れる

ブロンドヘアの女性

1つ目は、下まぶたに影色のアイシャドウを入れるメイク方法です。面長で涙袋が似合わない人は、明るいカラーやラメがしっかり入ったタイプのアイシャドウを避けましょう。なぜなら、下まぶたのトーンが明るくなると、目の下からアゴまでの顔の縦幅が強調されてしまうからです。

顔の余白が悪目立ちして涙袋が似合わない時は、下まぶたにダークカラーのアイシャドウを入れてください。下まぶたのトーンを抑えめにすると、バランス良く見せることができますよ。顔の縦幅の余白が目立たなくなり、小顔効果も期待できるのでおすすめです。

②肌馴染みの良い薄い色を使う

ピンクベージュ系のコスメ

2つ目は、肌馴染みの良い薄い色を使う方法です。涙袋が似合わない人は、下まぶたに真っ白なアイシャドウを入れないようにしましょう。明る過ぎる色味を入れると、下まぶたが悪目立ちして顔全体のバランスが悪く見えてしまうからです。ベージュやピンクベージュなど、肌色に馴染む薄いカラーを選んでください。

下まぶたに自然な立体感が出て、ナチュラルに盛ることができますよ。また、ラメ感の強いタイプよりも、上品なパール感のあるアイシャドウがおすすめです。下まぶたにアイシャドウを入れる前に肌色を整えると、より美しく仕上げることができますよ。

リキッドコンシーラーやしっとり系のファンデを使い、下まぶたにツヤを与えるのがポイントです。肌馴染みの良い薄い色のアイシャドウは、下準備をしたお肌に塗ることで発色が良くなります。以下の記事では、自然な涙袋の作り方をご紹介しています。目元の保湿や下準備についても知ることができるので、ぜひご覧ください。

③目尻から3分の1を彩る

アイシャドウを塗る様子

3つ目は、目尻から3分の1を彩る方法です。一重・奥二重・奥目などの目が小さい女性は、下まぶた全体にアイシャドウを塗らないようにしましょう。下まぶた全体にアイシャドウを入れると、目の小ささが強調されてしまうからです。下まぶたは、目尻側から3分の1のみアイシャドウを入れてください。

全体のバランスが整い、美しい目元に仕上がりますよ。ナチュラルな立体感を出したい時は、薄いオレンジ・ダークブラウンという順で塗るのがおすすめです。華やかさをプラスしたいなら、細かいラメが入ったアイシャドウを選びましょう。

アイシャドウを上まぶたに入れて、付け足さずに下まぶたに馴染ませるとよりナチュラルに盛れます。以下の記事では、涙袋がない理由や全くない人の作り方をご紹介しています。おすすめのコスメや、メイク方法についても知ることができますよ。涙袋が似合わない人が、魅力的な目元に魅せる参考になりますので、ご覧ください。

④暖色系で血色感を出す

パープルシャドウの女性

4つ目は、暖色系で血色感を出す方法です。涙袋が似合わない美人系や大人顔の女性は、下まぶたに血色感を出して艶っぽく仕上げましょう。細かいラメ感のある赤いアイシャドウにブラウンカラーを足すと、ナチュラルで色っぽい目元になりますよ。

アイシャドウブラシを使い、下まぶたの目尻側から目頭に向けて伸ばします。ポイントは、アイシャドウを少しずつ薄く細くしながら入れることです。血色が良く見えるだけでなく、目元にナチュラルなハリ感が出るので若見え効果も期待できます。

涙袋がある方がかわいいの?

ここまで、涙袋が似合わない人向けのメイク方法をご紹介しました。涙袋があると、小顔効果がアップしたり目元を大きく見せることができます。しかし、かわいく魅せるためには、涙袋が必ず必要なのでしょうか。

①涙袋がある方がかわいいとは限らない

ボブヘアの女性

涙袋がある方が、かわいいとは限らないです。丸顔でぱっちりとした目元の可愛らしい女性は、涙袋が似合う傾向にあります。そのため、「涙袋を作ればかわいくなれる」と思っていませんか。似合わない人が涙袋を作ると、全体のバランスが悪くなってしまいます。

②涙袋がなくても魅力的

赤い帽子の女性

涙袋がなくても、魅力的に見せることができます。涙袋が似合わない人は、下まぶたに入れるアイシャドウの色味やラメ感を変えましょう。涙袋とは一味違った、美しい目元に魅せることができますよ。目の形や顔立ちごとに、映えるメイクの仕方が違うのです。

涙袋が似合わない人の特徴を知って自分に合ったメイクをしよう

目元をより魅力的に見せたいと思い、涙袋に憧れる女性は多いです。しかし、涙袋が似合わない目元や、顔立ちの人もいます。けれども、涙袋が似合わなくても、化粧を変えるだけで綺麗な目元に仕上げることができますよ。

また、目元を魅力的に見せるには、お肌の弾力やツヤ感も大切です。日々のスキンケアを丁寧にして、下まぶたに保湿系のベースメイクを塗るのもポイントとなります。涙袋が似合わない人の特徴を知って、自分に合ったメイクをしましょう。

以下の記事では、整形なしの自然な涙袋の作り方をご紹介しています。ウィンクやピースサインでのトレーニング、マッサージについても知ることができますよ。涙袋を作りたい時の参考になりますので、ぜひご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。