Large thumb shutterstock 1217691724

【丈別】スカートが似合わない理由17選!私にスカートが似合わないのはなぜ…?

更新:2020.11.24

デザインが気に入ってスカートを選んだのに、しっくりこない時ってありますよね。この記事では、丈別でスカートが似合わない理由をご紹介しています。膝下・ミモレ・ロング・ワンピース別で、似合わない理由を知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

【膝下丈】スカートが似合わない理由3選

①足が太い

足が太いと、膝下丈のスカートが似合いません。膝下丈だと、足の太さが目立ちやすいからです。シャープなシルエットに見せようとして細身の膝丈スカートを穿くと、足の太さがくっきりしてしまいます。また、ふんわりとした膝下丈のスカートを穿くと、足元が膨張して見えるため全体のバランスが悪くなるのです。

②膝下が短い

海辺に立つ女性

膝から下の長さが短いと、膝下丈のスカートが似合わない傾向にあります。膝下が余計に短く見えてしまうため、綺麗な着こなしができません。

以下の記事では、女性の膝下の長さについてご紹介しています。自分の膝下の長さが、平均以上か以下なのか知ることができますよ。正しい測り方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

③ヒップが大きい

膝下丈のスカートは、ヒップが大きい女性に似合いません。特に、ニット素材やタイトな膝下スカートだと、ヒップの大きさが目立ってしまいます。また、淡いカラーの膝下丈スカートは、ヒップラインが膨張して見えるため全体のバランスが悪くなるのです。

【ミモレ丈】スカートが似合わない理由3選

①肩幅が広い

緑のトップス

1つ目の理由は、肩幅が広いことです。肩のがっちりとした女性がミモレ丈のスカートを穿くと、肩幅の広さが強調されてしまいます。また、ミモレ丈のスカートにタイトなトップスを合わせると、全体のバランスが悪くなります。

以下の記事では、身長別で肩幅の平均サイズをご紹介しています。肩幅を正しく測る方法や、広い肩幅を狭くする方法についても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

②くびれが無い

黄緑のスカート

2つ目の理由は、くびれが無いことです。特にミモレ丈のフレアスカートは、横幅が強調して見えるため全体のバランスが悪くなります。また、スッキリ見せようとしてトップスをミモレ丈のスカートにインしても、くびれの無さが悪目立ちするため似合いません。

③ふくらはぎが太い

赤いスカートの女性

3つ目の理由は、ふくらはぎが太いことです。ミモレ丈のスカートは、ふくらはぎの真ん中ほどの長さとなっています。ミモレ丈を履いてもふくらはぎが半分見えた状態になるため、太さをカバーしきれないのです。そのため、ミモレ丈のスカートを穿くと、ふくらはぎの太さが悪目立ちして似合いません。

【ロング丈】スカートが似合わない理由7選

①身長が高い

黄色いスカートの女性

1つ目の理由は、身長が高いことです。背が高い人がロング丈のスカートを穿くと、全体的に大柄な印象になってしまいます。特に、裾が広がったスカートだと、身長の高さが悪目立ちするので似合いません。

②小柄な体型

小柄な女性

2つ目の理由は、小柄な体型なことです。華奢や低身長の女性がロングスカートを穿くと、身長の低さが悪目立ちしてしまいます。そのため、全体のバランスが悪く見えてしまい、似合いません。

③骨格に合っていない

細身の女性

3つ目の理由は、骨格に合っていないことです。骨格のコンプレックスを強調してしまうようなスカートを穿くと、全体のバランスが悪くなってしまいます。腰骨が張った人がタイトなロングスカートを穿くと、下半身に視線が向いてしまうためスタイルが悪く見えやすいです。

実際よりもがっちりとした骨格に見えてしまい、似合わないのです。また、腰張りな骨格の人がデザイン性のあるウエストラインのスカートを穿くと、悪目立ちしてしまいます。

④髪型と合っていない

白いスカートの女性

4つ目の理由は、髪型と合っていないことです。ロングスカートは、ボディの大半を覆うデザインとなっています。全体のバランスを考えてスタイリングしないと、野暮ったく見えて似合いません。

⑤靴と合っていない

スニーカーとスカート

5つ目の理由は、靴と合っていないことです。ロングスカートは足元がすっぽりと隠れますが、意外と靴に視線が向きやすくなっています。スカートに合っていない靴を履くと、垢抜けない印象になり似合いません。

以下の記事では、ロングスカートの色・柄・素材別で似合う靴のコーデをご紹介しています。ロングスカートの足元を、おしゃれに決めるコツについても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

⑥トップスと合っていない

ボーダー柄のトップス

6つ目の理由は、トップスと合っていないことです。ロングスカートを穿くと、視線が下に向きやすくなります。重心が下になりがちなので、トップスを上手に合わせないと全体のバランスが悪くなってしまうのです。せっかく綺麗なスカートを穿いても、トップスとの相性が悪ければ似合わない原因になります。

⑦アウターとのバランスが悪い

ベージュのカーデガン

7つ目の理由は、アウターとのバランスが悪いことです。アウターはロングスカートと同様に、ボディを覆う面積が多いアイテムとなっています。ロングスカートに似合わないアウターを羽織ると、ちぐはぐに見えて似合いません。

ふんわりとしたロングスカートにダボっとしたアウターを合わせると、太って見えやすいです。合わせるアウターによっては、スタイルが悪く見える原因になるので気を付けましょう。

【ワンピース】スカートが似合わない理由4選

①柄が合っていない

ワンピースを着た女性

1つ目の理由は、柄が合っていないことです。いくら素敵な柄のワンピースを着ても、顔立ちや雰囲気に合わないと浮いて見えるので似合いません。

また、体格ががっちりした人やふくよかな人が大柄を着ると、横幅が強調されて見えます。そして、小柄な人が大柄のワンピースを着ると、全体のバランスが悪く見えてスタイリッシュに着こなすことができません。体型や体格に合った柄を選ばないと、スタイルが悪く見えて似合わない原因になります。

②素材が合っていない

白いスカート

2つ目の理由は、素材が合っていないことです。20代後半~30代前半になると、若い頃と比べてボディラインが変化します。全体的に下垂したり、無駄な脂肪が付きやすくなるのです。加齢によるボディラインの崩れをカバーする時に、柔らかい素材のワンピースを着ると体型が悪目立ちしてしまいます。

なぜなら、柔らかい素材のワンピースだと、ボディラインにフィットしやすくなります。ふくよかなボディラインをカバーするには、ハリ感のある素材が適しています。自分の年代やボディラインに合った素材のワンピースを着ないと、似合いません。

③デザインが合っていない

帽子をかぶった女性

3つ目の理由は、デザインが合っていないことです。肩や腕ががっちりした人は、肩周りや袖筒がフィットするデザインのワンピースが似合わない傾向にあります。なぜなら、上半身の太さが悪目立ちしてしまいがちだからです。

また、腰の位置が低い人は、切り返しが下の方にあるデザインのワンピースが似合いません。視線が下に向くため、腰の位置が余計に引く見えてしまうのです。

④体型に合っていない

ラベンダーと女性

4つ目の理由は、体型に合っていないことです。ぽっちゃり体型の人がゆったりとしたワンピースを着ると、ボディラインが膨張して見えてしまいます。また、バストが小さな人が上半身にフィットしたシンプルなワンピースが似合いません。バストラインが目立ち、胸元が貧相に見えてしまい全体のバランスが悪く見えるのです。

それから、腰張り体型の人がタイトなワンピースを着ると、腰回りが悪目立ちして全体のバランスが悪くなってしまいます。以下の記事では、骨格別のワンピースの選び方についてご紹介しています。ワンピースが似合わない原因や、骨格診断についても知ることができますよ。参考になりますので、ぜひご覧ください。

スカートが似合うようにするコツは?

ここまで、スカートが似合わない理由を丈別にご紹介しました。スカートを美しく着こなすためには、骨格や顔立ちに似合うものを選ぶことが大切です。

①骨格に合うものを選ぶ

スカートを持つ女性

1つ目のコツは、骨格に似合うスカートを選ぶことです。骨格ががっちりしている人と華奢な人とでは、似合うスカートが違います。自分の骨格に合ったスカートを穿くと、ボディラインを美しく見せることができますよ。

以下の記事では、骨格診断を元に似合うファッションをご紹介しています。自分に似合うスカートを見つける参考になるので、ぜひご覧ください。

②顔立ちに合うデザインを選ぶ

洋服を選ぶ女性

2つ目のコツは、顔立ちに合うデザインを選ぶことです。好きなデザインを選ぶことも大切ですが、顔写りが良く見えるスカートを選ぶとしっくり馴染みますよ。鏡に向かってスカートを合わせた時に、顔色が明るく見えるスカートを選ぶのがコツです。

③トップスとのバランスを考える

白と水色のコーデ

3つ目のコツは、トップスとのバランスを考えることです。スカートと相性が良いトップスを選ぶと、綺麗に着こなすことができますよ。ふんわりとしたスカートには、ショート丈やフィットしたシルエットのトップスが似合うのでおすすめです。

④髪型やメイクを合わせる

メイクをする女性

4つ目のコツは、髪型やメイクを合わせることです。いつも同じ髪型や、メイクをしていませんか。スカートに合わせたヘアセットやメイクをすると、全体のバランスが良くなります。

また、スカートの色味をメイクに取り入れると、統一感が生まれてこなれた印象に着こなすことができますよ。ふんわりとしたスカートを穿く時は、ハーフアップやポニーテールなどのコンパクトなヘアスタイルが似合うのでおすすめです。

⑤小物でバランスをとる

アクセサリーや靴

5つ目のコツは、小物でバランスをとることです。メガネやアクセサリー・靴などを変えるだけで、スカートを穿いた時の印象が大きく変ります。背が低い人は、ネックレスや髪飾りなどを付けるのがおすすめです。視線が上に向くため、全体のバランスが良く見えて、スカートを穿いた時にスタイルアップできますよ。

スカートが似合わない理由を知って綺麗に着こなそう

スカートが似合わないのは、体型や骨格に合っていないのです。また、顔立ちや雰囲気にあったデザインや柄を選ばないと、浮いて見えてしまいます。

そして、スカートだけに捉われることなく、トップスやアウターなど全体のバランスを考えてコーディネートするのがコツです。小物やメイク・髪型などを変えるだけで、印象が大きく変りますよ。膝下・ミモレ・ロング・ワンピースなど、スカートが似合わない理由を知って綺麗に着こなしましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。