Large thumb shutterstock 341745068

ダイソー・セリアのカラーサンドで作るオシャレDIYアイデア20選【100均】

更新:2020.10.14

100均のカラーサンドでどのようなDIYができるのか、気になりませんか?今回は、100均のカラーサンドで作るオシャレDIYアイデアと、商品のラインナップを紹介します。アレンジ次第でオシャレなインテリアにも仕上がるので、参考にしてくださいね。

【インテリア】100均カラーサンドのおしゃれなDIYアイデア8選

①アロマインテリア

カラーサンドと芳香消臭剤を使ったDIYアイデアです。見た目も可愛らしく、良い香りもするので目立つ場所に置きたくなる作品に仕上がります。玄関やお手洗いなど、場所ごとにDIYするのもおすすめです。芳香消臭剤は、透明のビーズ型の物を使えば、カラーサンドとの相性もよく、綺麗に仕上がりますよ。

②ミニチュアアート

海

キッチントレーに、カラーサンドを使ったミニチュアの世界を作るのも1つのアイデアです。カラーサンドを敷き詰めた上に、お好みの世界を作ることができますよ。例えば、海と砂浜のようにカラーサンドを敷いて、貝殻をセットすれば素敵なインテリアが完成します。冬には、雪の世界を演出するのもおすすめです。

③海のオブジェ

キャンドルグラスの中にカラーサンドを積み重ねていくと、小さな海のオブジェが完成します。グラデーションになるようにカラーサンドを積み重ねれば、どの角度から見ても美しいインテリアになりますよ。表面に、貝殻やアクリルストーンを置けば水面を表現することも可能です。

④コルク瓶のインテリア

コルクつきの瓶

カラーサンドをコルク付きの瓶に詰めるだけで、素敵なインテリアが完成します。詰めるだけの簡単作業なので、不器用さんにもおすすめのアイデアです。おすすめは、複数色のカラーサンドを重ねて作る方法です。100均各店には様々な種類の瓶が販売されているので、カラーサンドと合わせて探してみてくださいね。

⑤メモリーグラス風

瓶の中に思い出を詰め込むメモリーグラスも、カラーサンドを使えばおしゃれに仕上がります。旅行先や、好きな場所をイメージしたデザインにすれば、見るたびに思い出が蘇るアイテムになりますよ。ブルー系のカラーサンドをガラス瓶の中に詰めて、旅先の貝殻を詰めるなど、オリジナルのインテリアをDIYしましょう。

⑥カラーサンドのディフーザー

ディフューザー

瓶やキャンドルグラスにカラーサンドを詰めたものに、専用の棒を添えればオリジナルのディフューザーをDIYできます。既製品のディフューザーの瓶を使うよりもオシャレに仕上がりますよ。玄関やリビングに置いて、インテリアのポイントにしましょう。

⑦ジェルキャンドル

カラーサンドの作品に、ダイソーなどにあるゼリーキャンドルを流し込むと、キャンドルを手作りできます。そのままでも素敵なカラーサンドのオブジェに透明感が出て、さらにオシャレなインテリアになるのでおすすめです。ジェルキャンドルは固まる前に色を混ぜると、色が混ざってしまいます。慎重にDIYしましょう。

⑧カラーサンドを棚に敷く

棚

カラーサンドを容器に詰めずに、棚に敷くのもおすすめのアイデアです。棚の一角が額縁のようになって、1つのアート空間に変身します。カラーサンドを敷いた上にテーブルヤシや貝殻を置いて、棚の一角に海を演出してみてはいかがでしょうか。直接敷くのに抵抗があれば、布やアクリル板の上に敷くのもおすすめです。

【観葉植物】100均カラーサンドのおしゃれなDIYアイデア8選

①エアプランツのオブジェ

エアプランツのような観葉植物は、カラーサンドと飾るのがおすすめです。見た目がおしゃれになる上に、保水性も良いので観葉植物にとっても嬉しいインテリアになります。ダイソーでは豊富な種類のエアプランツが販売されています。店舗によっても品揃えが異なるので、確認してから出かけましょう。

②サボテンを植える

カラーサンドにサボテンを植えると、ポップで可愛い観葉植物になります。土を使うよりもオシャレに仕上がるので、モダンな部屋にも飾りやすいです。植える容器と、サボテンの組み合わせ次第で雰囲気が変わります。関連記事では、100均のサボテンの種類を紹介しているので、店舗の売り場で探してみてください。

③マグネットケースに多肉植物を植える

マグネットケースにカラーサンドを入れると、観葉植物の映えるインテリアになります。マグネットで貼れるので、冷蔵庫に飾ることも可能です。DIYするときは、観葉植物が空気に触れるようにマグネットケースの蓋部分を半分程度切り取りましょう。マグネットケースは、ダイソー、セリア、キャンドゥ各店で販売しています。

④ワイングラスに観葉植物を植える

少し個性的な飾り方ができるのが、ワイングラスを使ったアイデアです。ワイングラスにカラーサンドを入れて観葉植物を植えれば、大人なインテリアになりますよ。おすすめは、カクテルグラスやシャンパングラスを使う方法です。スタイリッシュな見た目になるので、モダンなお部屋にも馴染みます。

⑤エアプランツでテラリウムを作る

テラリウム

エアプランツとカラーサンドを使ったテラリウムは、土や苔を使わないのでお世話が簡単です。オシャレかつ、水やりも楽な作品に仕上がります。関連記事では、100均グッズでできるテラリウムの自作アイデアを紹介しています。DIYの参考にしてください。

⑥ミニ枯山水風オブジェ

100均の木箱などの小物入れを使って、ミニ枯山水風の作品を作るのもおすすめです。エアプランツを使えば、洋風な枯山水に仕上がるので洋室にも飾りやすいですよ。ダイソー、セリア、キャンドゥ各店の園芸洋品売り場には、小石などの飾りも種類豊富に揃っています。エアプランツと組み合わせて、作品を仕上げましょう。

⑦ドライフラワーを飾る

カラーサンドを土台にして、ドライフラワーを飾るのも素敵です。ガラス瓶もドライフラワーも100均で揃うので、コスパ良くおしゃれなインテリアを作ることができます。なお、ドライフラワーはネイルコーナーにも種類豊富にっ揃っているので、ダイソーやセリア、キャンドゥ各店で探してみてください。

⑧苔アート

カラーサンドを使えば、和風なアートをDIYすることも可能です。簡単なのに、情緒のあるインテリアが完成しますよ。作り方は、100均の和食器にカラーサンドを敷いて、苔を乗せるだけです。関連記事では100均の苔玉を紹介しているので、商品の種類を確認してDIYの材料の参考にしてください。

【砂絵】100均カラーサンドのおしゃれなDIYアイデア4選

①額縁に飾る

額縁アート

完成した砂絵を額縁に飾ると、アート作品に仕上がります。額縁に入れれば砂絵の表面を保護できる上に、100均で作ったとは思えないような高級感も演出できますよ。額縁は、ダイソー、セリア、キャンドゥ各店舗でたくさんの種類が販売されているので、砂絵に合うアイテムを探しましょう。

②カッティングボードに描く

木製のインテリア

カッティングボード上に砂絵を施すアイデアは、手作り雑貨好きの方におすすめです。ペイントして文字入れする代わりに、カラーサンドで装飾をすると味のある木製のインテリアボードに仕上がりますよ。カッティングボードをキャンバス代わりにして、オリジナルのインテリア雑貨をDIYしましょう!

③木箱に描く

木箱

100均の浅型の木箱に砂絵を描くと、ナチュラルテイストなインテリア雑貨が完成します。額縁に飾るよりもカジュアルな雰囲気に仕上がるので、リビングに飾っておいても馴染みやすいですよ。おすすめの木箱は、ダイソーのウッドBOXやセリアの浅型の木箱です。

④砂絵キットを使う

100均には、カラーサンドと台紙がセットになった砂絵キットも販売されています。カラーサンドが数色入っているので、コスパが良いアイテムです。砂絵キットは、主にダイソーでの取り扱いで店舗によって品揃えが異なります。無地のタイプのほか、浮世絵や日本の昔話の絵柄の展開があります。

100均に売っているカラーサンドの種類

ここまで、100均カラーサンドのオシャレなDIYアイデアをご紹介しました。後半は、ダイソーとセリア、キャンドゥに売っているカラーサンドの種類と、模様の出し方をピックアップしていきます。DIYの参考にしてください。

ダイソー①カラーサンド(容器入り)

ダイソーのプラスチック容器入りのカラーサンドは、5色展開です。DIYにちょうど良い粒の大きさなので、グラスに詰めても、砂絵にしても使いやすいですよ。細かい粒の容器は約400グラムと大容量なので、コスパが良いのが嬉しいですね。また、粗めの粒の商品も販売されています。

ダイソー②カラーサンド(3色入り)

ダイソーには、3色セットのカラーサンドも展開されています。白、水色、青のような相性の良い組み合わせになっているので、カラーコーディネートを考えずに簡単にDIYに取り組めます。3袋で約60グラムの商品です。容器入りのカラーサンドに比べて容量が少ないので、使い切りたい方におすすめします。

ダイソー③カラーゼオライト

ダイソーには、カラーゼオライトという名称のカラーサンドが販売されています。通気性や保水性に優れているので、観葉植物を使ったDIYをする時におすすめですよ。少量なので、たくさん余らせてしまうことがないのも嬉しいポイントです。

セリア①カラーサンド(袋入り)

セリアのカラーサンドは、袋入りで販売されています。チャック付きなので、残った分を保存するのに便利なパッケージです。また、少量なのでカラーサンドを使ったDIYが初めての方にも使いやすいアイテムですよ。ホワイトやブルーなどのカラー展開で、一袋の容量は約230グラムになっています。

キャンドゥ①カラーサンド(個別包装)

キャンドゥのカラーサンドは2色セットのものと、単色のものの展開があります。どちらも40グラムですが、白などのよく使う色が単色販売になっているのが嬉しいポイントです。キャンドゥのカラーサンドは、多店舗と比べると濃い色が揃っています。濃い緑や青を使用したい場合は、キャンドゥに足を運んでみてください。

100均カラーサンドを使ったおすすめの模様の種類は?

①波模様

波

海や水を表現するのにおすすめなのが波模様です。細かくカラーサンドを詰めていくことで、初心者でも簡単に波模様を作ることができますよ。動画では波模様の出し方を説明しているので、参考にしてください。

②ハート柄

ハート

ポップなインテリアに仕上げたい方には、ハート柄がおすすめです。ハートを入れて作るだけで、可愛らしいサンドアートに仕上がりますよ。グラスに詰めたカラーサンドの中に、たくさんのハートを散りばめて仕上げてみてはいかがでしょうか?動画では、ハート柄の作り方を説明しているので、ご覧ください。

③幾何学模様

カラーサンドを少しずつ積み重ねることで、幾何学模様を作ることができます。細かい作業なので、少し手の込んだ模様を作りたいサンドアート上級者におすすめです。白と黒で仕上げれば、モノトーンのお部屋にも馴染みます。動画では、幾何学模様の作り方を説明しています。DIYに取り入れてみてください。

100均のカラーサンドでおしゃれなDIY小物を作ろう!

ダイソーやセリア、キャンドゥのカラーサンドを使えば、オシャレなインテリアをDIYできます。カラーサンドをグラデーションにしたり、小物をプラスしたりすればお部屋のインテリアのアクセントにもなりますよ。関連記事では、カラーサンドアートの作り方を紹介しています。DIYの参考にしてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。