Large thumb shutterstock 626925365

鼻の下の長さ平均は何センチ?美人と言われる理想の基準や測り方も合わせてチェック!

更新:2020.09.16

鼻の下の長さは平均で何センチかご存じですか?ここでは美人と言われる理想的な鼻の下の長さが、どれくらいなのかを紹介します。また、鼻の下の長さが長い原因や、長く見えるのを解消する方法も合わせて紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

鼻の下の長さや人中が長い原因とは?

①生まれつき

怒り顔の女性

1つ目の原因は生まれつきです。子供の頃からずっと鼻の下にある人中が長い場合は、生まれつきの特徴といえます。つまり、後天的に長くなったのではなく、先天的なものです。

人間の顔のバランスは生まれた時から個人差があるため、鼻の下の長さにも影響が出ます。骨格的に鼻の下が長い特徴を持つ場合もあるので、生まれつき長いタイプの人もいます。

②表情筋の衰え

悩む女性

2つ目の原因は表情筋の衰えです。人間は加齢とともに表情筋が衰えてしまい、シワやたるみの原因となります。このように表情筋が老化すると、鼻の下も下がってしまい、結果的に長く見えてしまいます。

若い頃は鼻の下がそこまで長くなかったのに、年齢とともに伸びてきた場合は、要注意です。表情筋が衰えることで顔全体がたるみ、下がって見えている可能性があります。

③舌の位置が悪い

女性の口

3つ目の原因は舌の位置が悪いことです。普段口を閉じている時は、口の中に舌が入った状態ですよね。この時、上の前歯の後ろに舌が付いた状態、つまり舌が上がっている状態が理想的と言われています。

しかし、口を閉じた時に舌が下の前歯に当たる位置になっている人は、舌の位置が悪い証拠です。いわゆる「舌下がり」の状態になっていると、鼻の下が伸びてしまい長く見える原因になってしまいます。

正しい舌の位置については、別の記事でも詳しく紹介しています。正しい舌の位置になれば鼻の下が伸びるのを防止できて、小顔や滑舌の改善が期待できますすよ!気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

④前歯が出ている

チョコを食べる女性

4つ目の原因は前歯が出ていることです。上の前歯が極端に前に飛び出してしまっている、いわゆる出っ歯の状態です。出っ歯の人は前歯に覆いかぶさるように唇がありますよね。

飛び出している分唇で覆う範囲も増えてしまうため、結果的に鼻の下も長く見えてしまいます。もし前歯が出ているという場合は、矯正をするなど歯並びの改善も意識してみましょう。

鼻の下の長さの平均とは?

①平均は1.5センチ

女性の顔

日本人の場合、鼻の下の長さは1.5センチが平均になります。自分の鼻の下が長いか短いかをチェックしたいときは、1.5センチを基準にして測りましょう。

あくまでも平均値なので、この数値を基準に、多少前後しても平均に含まれます。また、その人の顔の大きさそのものや、他のパーツとのバランスによって、平均値であっても印象が変わって見えます。

②1.7センチまでなら平均の長さ内

女性の目元

平均値は1.5センチですが、鼻の下の長さは1.7センチまでなら、平均的な数値といえます。もし測ってみて1.5センチ以上だった場合でも、1.7センチくらいの長さなら長すぎるというわけではありません。

また、1.5センチより短かった場合でも、誤差2~3ミリ程度であれば、平均値内です。平均を1.5センチとして、誤差は2~3ミリ程度までが基準値だと考えましょう。

③2センチだと長く1センチだと短い

鏡を見る女性

平均が1.5センチという数値を基準とすると、鼻の下の長さが2センチだと長い傾向になります。また、反対に1センチだと、鼻の下が短い傾向になります。

鼻の下の長さは平均よりも短い方が美人と言われていますが、他のパーツとのバランスも重要です。一概に長いから悪い、短いからいいとは言い切れないので、パーツの黄金比と合わせてチェックしましょう!

鼻の下の長さの理想的な数値とは?

①鼻と唇の長さの割合でチェックする

女性の口元

美人と言われる鼻の下の長さは、何センチというより他のパーツとの割合で決まります。具体的には鼻から上唇までの長さと、下唇から顎までの長さが1対2のバランスになります。

例えば鼻から上唇にかけてが1.5センチだった場合、下唇から顎にかけてが3センチの長さが理想となります。つまり、鼻の下の長さだけでなく、下唇から顎までの長さも美人の基準となります。

②顔を3等分した比率でチェックする

メイクをする女性

顔のバランスは鼻の下の長さだけでなく、全体の比率も重要です。より美人顔の比率を知りたい方は、鼻の下だけでなく顔全体のバランスもチェックしましょう。まずは、顔を横に3等分します。

髪の生え際から眉頭の下、眉頭の下から鼻の下、鼻の下から顎先に、顔を3等分しましょう。この長さが、1対1対1とすべて同じ比率なら、バランスのいい黄金比です。なお、3等分した時の長さは6~7センチが平均です。

③唇と顎の比率でチェックする

ハートに囲まれた女性

顔のバランスは唇と顎の比率でもチェックできます。鼻下から唇の1番下までにかけての長さと、唇の下から顎先にかけての長さが同じだと、理想的なバランスになります。

更に美人と言われる長さは3センチから3.5センチと言われているので、鼻の下以外にこの部分も測ってみましょう。どちらも3センチから3.5センチで同じ長さだった場合は、理想のバランスです。

なお、鼻の下の長さだけでなく顔全体の黄金比については、別の記事で詳しく紹介しています。美人顔と言われるバランスの条件に付いて紹介しているので、こちらの記事も参考にしてくださいね。

鼻の下の長さの正しい測り方とは?

①定規やメジャーを使う

文房具

鼻の下の長さを測る際は、定規やメジャーを使うのがおすすめです。ノギスのように長さを測る専用の器具もありますが、ご家庭にあるものではないので、定規かメジャーを使いましょう。

この時、目盛りが端から書かれているものの方が測りやすいので便利です。端の部分に余白があるタイプを使う場合は、誤差が出ないよう測り方で調節しましょう。

②鏡の前に座り真正面を向く

鏡の前でメイクする女性

定規やメジャーで測る際は、鏡台のように顔全体がしっかりと映る鏡の前に座って行いましょう。椅子にまっすぐ座り、鏡に向かって真正面になるように座ります。

メジャーや定規を当てる位置は、鼻の穴同士の間、ちょうどくぼみのある人中部分です。この部分からまっすぐ上唇の上まで当てて、長さを測りましょう。

③定規やメジャーに余白がある場合は事前に計算しておく

電卓

定規やメジャーの種類によっては、目盛りが端から書かれず両端に余白があるものもあります。そのようなものを使う場合は、事前にもう一つ定規やメジャーを用意して、余白部分が何ミリか測っておきます。

その後に鼻の下の長さを測り、最後に余白部分の誤差を引きましょう。こうすることで、鼻の下の長さが正しく測れます。また、メジャーを使う場合は浮いたり曲がったりしないよう、ピンと張って測ってくださいね。

鼻の下の長さが長い女性の解消方法とは?

①表情筋を鍛えるエクササイズ

サングラスの女性

1つ目は表情筋を鍛えるエクササイズです。老化により表情筋が衰えている人は、エクササイズをすると表情筋が鍛えられます。顔全体がリフトアップするので、鼻の下が長い人の解消にもつながりますよ!

口の周りにある口輪筋という筋肉を鍛えれば、鼻の下の長さや、口周りのシワも解消できます。一日1分毎日続けることで効果が得られるので、毎日の日課にしてみましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズのやり方

  1. 鼻から息を吸い、頬を膨らませます。
  2. 片手でこぶしを作り、こぶしの中に指一本分くらいの隙間を作ります。
  3. こぶしの中の隙間に10秒間息を吹き続けます。
  4. 同じ動作を1分間繰り返し行います。

②舌の位置を改善する

リップを塗る女性

2つ目は舌の位置を改善する方法です。鼻の下が長く見える原因に、舌の位置が下がっているというものがあります。まずは無意識の状態で、自分の舌がどこにあるかチェックしましょう。

舌が上あごや上の前歯に付いているなら、舌の位置は正常です。しかし、下あごや下の前歯に付いている場合は下がっているので、舌まわしをして位置を改善しましょう!

舌まわしのやり方

  1. 口を閉じます。
  2. 口を閉じた状態で、上の奥歯から一回転させるように、舌で歯の表面をなぞります。
  3. 隙間時間や寝る前など、ちょっとした時間に意識して行うと効果的です。

③鼻の下にシャドウを入れるメイクをする

シェーディング

3つ目は鼻の下にシャドウを入れるメイクをする方法です。鼻の下が長い人は、アイシャドウやシェーディングを使って鼻の下に影を入れると、目の錯覚で短い鼻の下に見せることができます。

ポイントは、パール感がなくファンデーションよりも暗めのカラーを選ぶことです。チップを使うと濃く塗り過ぎてしまうため、ブラシを使ってふんわり影を入れるのがポイントです。

なお、鼻の下を短く見せるメイクに使えるおすすめのシェーディングは、別の記事でも詳しく紹介しています。こちらのアイテムを使って、鼻の下を短く見せるメイクに挑戦してみてくださいね!

④オーバーリップにする

口紅

4つ目はオーバーリップにする方法です。鼻の下が長い場合は、口紅をオーバーリップ気味に塗ると、鼻と唇の距離が縮まり、鼻の下が短く見えます。リップライナーを使って、ややオーバー気味にリップラインを描きましょう。

唇と同じ色のリップライナーで、上唇から1ミリオーバーするようにリップラインを描くのがポイントです。鼻の穴の真下が唇の山になるよう輪郭を描くと、より効果的です。

更に、上唇の山の部分にハイライトを乗せると、より鼻の下を短く見せられます。パール感の強いクリーム状のグロスを、上唇の山部分にだけ塗るのがおすすめですよ!

⑤鼻の下にペンを挟む

ペン

5つ目は鼻の下にペンを挟む方法です。ペンが一本あれば簡単にできる方法で、ちょっとした空き時間にも試せますよ!用意するものは、ボールペンなどのペン一本だけです。

鼻の下に横向きにしたペンを置き、唇を尖らせてギュッと上に力を入れながら、ペンを挟んでキープします。この状態で5秒かそれ以上キープして離すのを繰り返すと、口周りの筋肉が鍛えられますよ!

理想的な鼻の下の長さについて覚えよう!

鼻の下の長さには理想的なバランスがあり、バランスがいいほど美人顔だと言われています。しかし、鼻の下が長い場合も、エクササイズやメイクで解消できることがあります。長さで悩んでいる方は、おすすめの解決法を試してみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。