Large thumb shutterstock 72942013

今っぽいナチュラルなギャルメイクのやり方を紹介【2020年最新版】

更新:2020.01.15

時には気分を変えて、ギャルメイクにチャレンジしてみませんか?やり方によっては時代遅れになりがちなギャルメイクですが、ポイントをつかめば今風のトレンドを生かしたメイクになります。2020年最新のトレンドメイクを取り入れたギャルメイクを紹介します!

【ベースメイク編】ギャルメイクのやり方

①下地

クリームを塗る女性

最初に下地を塗ってベースメイクを作っていきます。指定の下地は特にありませんが、目的や自分の肌質に合わせるのがおすすめです。皮脂をカットしてサラサラにするタイプや保湿タイプなど、自分の肌に合わせて選びましょう!

やり方は下地を顔の額、両目の下、あご先、鼻筋の5点に乗せていきます。顔の内側から外側に向かって伸ばすように、満遍なく塗っていきます。小鼻の周辺などヨレやすい部分は、厚塗りにならないよう丁寧に馴染ませましょう。

②ファンデーション

ファンデを塗る女性

次に、ファンデーションを塗ってツヤ肌に仕上げていきます。トレンドのギャルメイクはツヤ感が大事なので、リキッドやクリーム、クッションファンデなどがおすすめです。色は自分の肌色に合ったものを選びましょう。

ギャルにはこんがり焼けた色黒や美白などがありますが、自分の肌色に合わないと浮いてしまいます。肌色に馴染むファンデーションを使い、ムラにならないようツヤ肌を目指して塗りましょう!

③フェイスパウダー

パウダーとブラシ

最後にフェイスパウダーを使い、表面をサラサラに仕上げていきます。おすすめは、色が付いていないクリアなパウダーのフェイスパウダーです。ふんわりと柔らかく、ナチュラルに仕上がるので今風のベースになりますよ。

やり方は顔全体を軽くはたくように乗せるだけです。いきなりたっぷり乗せるとムラになるので、余計な粉を落としつつ満遍なく塗りましょう。表面にツヤとツルンとした滑らかさが生まれたら、ベースメイクの完成です。

【アイメイク編】ギャルメイクのやり方

①一重や奥二重の人は二重を作る

鏡を見る女性

最初に、一重や奥二重の人は二重にするところから始めます。ギャルメイクはアイシャドウやアイラインなどアイメイクが重要なので、一重の人は必ず二重にしてから行いましょう。アイプチやシールなど、お好みのアイテムを使い一重から二重にしてくださいね。

また、一重ではなく奥二重の場合も二重幅が広いと奇麗なアイメイクになります。くっきりとした自然な二重のラインが出るように、アイプチなどを使って癖をつけておきましょう。

アイメイク前にアイプチを使うのが面倒な場合は、寝ている間に二重にできるグッズがおすすめです。別の記事で詳しく紹介しているので、一重の方はぜひチェックしてみてくださいね!

②アイシャドウ

アイシャドウパレット

次に、ラメ入りアイシャドウで目元をキラキラにしていきます。ギャルメイクに使うアイシャドウの色は、ゴールドブラウンがトレンドです。2色以上がセットになったアイシャドウパレットを使いましょう。

まず、アイホール全体に一番明るいラメのアイシャドウを塗ります。次に暗い色のアイシャドウを、目尻と目頭が濃くなるようなグラデーションに塗ります。この時、目の際を暗くする縦のグラデーションにするのがやり方のポイントです。

目の両脇を濃くすることで、より目が大きく見えますよ!下まぶたにも一番明るい色のラメを塗り、目の下の涙袋に塗りハイライトにします。一重だとアイシャドウが綺麗に盛れないので、必ず前の段階で二重にしておいてくださいね。

③アイライン

女性の目

アイシャドウの次は、アイラインを引いていきます。ギャルメイクの場合は、黒い筆ペンタイプのアイラインがおすすめです。ポイントは、キャットラインを意識して目尻が長めのアイラインを描くことです。

細めの線を意識して、目尻から飛び出すように眺めのキャットラインを引きします。この時、つり目気味にすればクールな目元に、たれ目気味にすれば流行の可愛い目元になりますが、そこは好みで調節してくださいね。

なお、カラコンを使う場合は黒目の真上に太いアイラインを引くのがポイントです。黒目の上にしっかりとアイラインを入れると、ぱっちりとした目が強調されますよ!カラコンなしの場合は、太さを変えず細めのアイラインを引きましょう。

④つけまつ毛

目を閉じた女性

最後につけまつ毛でまつ毛を盛っていきます。ギャルメイクで最もポイントのアイメイクがつけまつ毛です。つけまつ毛のタイプは、目尻だけなど部分的なものではなくまぶた全体を覆うようなスタンダードなつけまつ毛を使います。

この時、買ったままのつけまつ毛をそのまま付けるのではなく、自分の目の幅に合わせてカットするのがポイントです。一度まぶたにつけまつ毛を当ててみて、幅を揃えるようにハサミでカットしましょう。

市販のつけまつ毛は少し大きめにできているので、カットすることで盛りつつもナチュラルなまつ毛に仕上がります。特に一重の人はつけまつ毛を付けると目がぱっちり見えるので、必ずつけまつ毛で仕上げましょう!

【ポイントメイク編】ギャルメイクのやり方

①アイブロウ

眉を描く女性

アイブロウは、トレンドのナチュラルな平行眉がおすすめです。細く剃ったへの字の吊り上がった眉は、時代遅れの印象になる為避けましょう。やり方は、ブラウン系のアイブロウを使い自眉毛の形に添って描いていきます。

この時、眉頭はアイブロウパウダーを使いぼかすように、眉尻はペンシルで縁取るように描いて、最後にぼかすとナチュラル眉になりますよ!くっきり描いた眉ではなく、ブラウンでぼかす感じがトレンドです。

②リップ

口紅

ギャルメイクにおすすめのリップは、派手な色のマットなリップです。グロスを使ってツヤツヤに仕上げるリップは、2020年のトレンドではありません。今風を意識するなら、ツヤのないマットなリップがおすすめです。

トレンドのカラーはマットなレッドで、唇を目立たせるように大胆な色を使うのがおすすめです。また、レッドが似合わない場合はピンクやオレンジもおすすめです。どの色でも、ツヤ無しのマットなタイプを選びましょう。

なお、プチプラなマットリップを使いたい場合は、別の記事で紹介しているアイテムも参考にしてくださいね。プチプラ価格でもおしゃれなマットリップがたくさんありますよ。

③チーク

チーク

チークはリップの色と合わせるのがポイントです。赤いリップなら赤系、ピンクのリップならピンク系のチークを入れて、メイクに統一感を出しましょう。また、チークは濃くならないよう、ほんのり血色を足す程度なのがトレンドです。

チークは頬の高い位置から外側に向かうように乗せていくのがポイントです。また、血色感を出したくない場合はチークなしでも構いません。その場合は、ベースメイクでシェーディングをすると立体的な顔になります。

【ヘアメイク編】ギャルメイクのやり方

①ショート

ショートの女性

ギャルメイクに似合う髪型は、長さによって異なります。ショートの場合はパーマをかけず、ストレートがおすすめです。この時、髪色は金髪などブリーチをした明るめの髪色にすると、よりギャルらしくなりますよ!

黒髪の場合はエクステなどで派手な色をプラスすると、華やかになります。ストレートのぱっつん前髪、前下がりショートボブ、アシメントリーなどのスタイルがおすすめです。

②ミディアム

赤い帽子の女性

ミディアムの長さになると、巻き髪が楽しめるようになりますよね。ギャルメイクに合うといえばやはり巻き髪なので、ミディアムくらい長い場合はパーマをかけたヘアスタイルがおすすめです。

前髪なしでセンター分けにした巻き髪や、分け目を斜めにした大人っぽい巻き髪がおすすめです。色は明るめの茶髪や金髪の他、インナーカラーやグラデーションにしてもおしゃれになりますよ!

③ロング

ロングヘアの女性

ロングヘアになると、かなりヘアスタイルのバリエーションが増えてきます。おすすめは分け目を片側寄せにして、髪の量が多い方を前に出し、少ない方を耳にかけた片側寄せスタイルです。セクシーなスタイルに仕上がりますよ。

ロングもギャルらしく巻き髪がおすすめですが、金髪など明るい色のストレートでも可愛くなります。黒髪の場合は重くなりがちなので、メッシュを入れたり明るい色のエクステを付けたりするとギャルっぽい雰囲気になります。

黒髪でもナチュラルなギャルメイクをするポイントは?

①ブルーやグレーのカラコンを使う

アイラインを引く目

黒髪がギャルメイクをするポイントは、ギャルらしく盛りつつもナチュラルに仕上げることです。特に黒髪の場合はアイメイクに気を付けると、暗く地味にならないナチュラルギャルメイクに仕上がりますよ!

アイメイクだけでなくカラコンを使うと、黒髪を生かしたギャルメイクになります。色はブルーやグレーなど、寒色系かモノトーン系がおすすめです。クールな黒髪の印象がより高まります。

②アイシャドウは単色を使う

アイシャドウを塗る目

黒髪に合わせたアイメイクでは、アイシャドウを単色にするのがおすすめです。グラデーションのアイメイクではなく、あえて単色のみで仕上げることで、黒髪とバランスのいいアイメイクになります。

カラーはゴールドブラウンかブラウンにパールの入ったものを選び、一重の人は二重を作っておきます。あとは二重幅の部分が濃い目になるようアイホール全体に塗れば、ナチュラル感のあるアイメイクに仕上がりますよ!

なお、アイラインはブラックを使い細く長めに引いていきます。この時、キャットラインの長さが短くなるほどナチュラルになるので、はみ出す長さは調節してくださいね。

③リップは赤みピンクを使う

輪に置かれたリップ

黒髪にも似合うギャルメイクをするには、赤みピンクのリップがおすすめです。ちょうどレッドとピンクの中間色のような、血色のいい濃いめのピンクを選びましょう。レッドもおすすめですが、黒髪に合わせるときつくなりすぎる場合もあります。

反対にピンクのリップを使うと、唇の印象がぼやけがちです。中間色である赤みピンクを使えば、派手過ぎず地味すぎないナチュラルで今風のギャルメイクになりますよ!

トレンドのギャルメイクに挑戦してみよう!

トレンドのやり方を覚えれば、今風になるので時代遅れ感のないギャルメイクが楽しめます。派手な印象のギャルメイクも、ナチュラルなやり方にすればバランスのいいメイクになりますよ。流行のメイク法を取り入れ、最新のギャルメイクに挑戦しましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。