INDEX

人気のおでんダイエットに期待できる効果3選

①体重が減る効果

体重計で体重を量る様子

おでんダイエットでは、1食を低カロリーのおでんに置き換えるため、もちろん体重が減る効果が期待できます。口コミやテレビなどのおでんダイエットの成功例のコメントでよくあるのが、「ダイエットしている自覚がないのに体重が減る」というものです。

確かに、おでんダイエットは1日3食摂取する食事のうちの1食をおでんに置き換えるだけで、特に運動や食事制限などはする必要はありません。したがって、普通に食事をしている感覚が強く、置き換えダイエット独特の辛さがなく、テレビなどでも多くの成功例が紹介されています。

おでんダイエットで体重を減らしたいというのであれば、おでんの具材を選ぶときにカロリーを意識することが成功への近道です。おでんを1食とするときのカロリーを下げることが、体重を減らす効果へと繋がります。

②お肌の調子が良くなる効果

笑顔で化粧をする女性

おでんでは動物性タンパク質を摂取しますが、その多くが肉ではなく魚となりますので美肌効果が期待できるためテレビでも注目されています。また、おでんのお出汁には色々な具材から染み出た栄養分が含まれています。そのなかには、美容効果の高いものが多いため、出汁まで呑むとお肌の調子が良くなる可能性が高まるります。

③お通じが良くなる効果

清々しい気持ちの女性

おでんの具材には、食物繊維が豊富なものが多いため、お通じが良くなる効果が期待できます。しかも、食物繊維の多い具材は人気の大根から普段は料理に使いにくい練り物やこんにゃくなどと幅広く揃っています。したがって、おでんの具材を選ぶなかで、お通じを良くしようと意識しなくても自ずと食物繊維を摂取できるのです。

おでんと相乗効果でお通じを良くしようと思ったら、おでんに不足しがちなビタミンが豊富なヨーグルトを合わせるのがおすすめです。ヨーグルトを取り入れようとお考えの方は、下記の「便秘に効くヨーグルトを徹底調査!おすすめランキング15選!」の記事をチェックして、気になるヨーグルトを見つけてみましょう。

Small thumb shutterstock 540453118
関連記事 便秘に効くヨーグルトを徹底調査!おすすめランキング15選!

便秘に効くヨーグルトはどう取り入れるのが効果的なのでしょうか?種類が多

人気のおでんダイエット!おすすめのやり方3選

やり方①3食中1食をおでんに変える

美味しそうなおでん

おでんダイエットのやり方は非常に簡単で、1日3食摂っている食事のうちの1食をおでんに変えるだけです。つまり、おでんダイエットというのはよくある置きかえダイエットの1つなのです。

しかも、他の置きかえダイエットと違って、おでんには色々な具材がありますので置き換えダイエットにもかかわらず食べるものを選ぶ楽しみを奪われることがありません。

またおでんといえば寒い季節になると、どのコンビニにも置いている人気商品です。ですから一度にいっぱい作って作り置きしておくだけではなく、色々なコンビニで買うこともできます。したがって、おでんダイエットは自宅だけではなく、会社などの出先でも実践しやすいため、テレビなどでも取り上げられているのです。

やり方②おでんの具材を3~5つにする

想像を膨らませる女性

低カロリーのおでんを食べることでダイエットするおでんダイエットですが、1食に食べるおでんは3~5品にとどめておくのがおすすめのやり方です。基本的なおでんダイエットのやり方では、テレビなどでも紹介されているように1食に食べる品数に決まりはありません。

しかし、いくら低カロリーだといっても1食にたくさんのおでんを食べてしまえば、当然ですが摂取カロリーはたかくなりダイエットには不向きな食事となってしまいます。したがって、1食に3~5品おでんを食べるという自作の決まりを作るやり方をおすすめします。

やり方③おでん以外におかずをつける

サラダを食べる女性

おでんダイエットは、他の置き換えダイエットとは違い、おでん以外のご飯やサラダを食べても問題ありません。むしろ、栄養バランスをとるという観点から、おでんに不足しがちなビタミンを摂取するためにサラダを一緒に食べるというのは得策だといえます。

また、ダイエットの天敵だとされているご飯ですが、炭水化物を摂取すると消化や吸収にエネルギーを多く使うため、代謝が高くなるというダイエットに嬉しい効果が期待できます。したがって、おでんでカロリーを減らした分、ご飯を食べるというのであればダイエットに繋がります。

おでんダイエットのメリット

①具材に低カロリーのものが多い

おでんの代表的具材の大根

おでんダイエットのメリットとして、具材の多くのカロリーが低いから成功しやすいことがあげられます。おでんの具材の多くは、1品で100kcal以内です。したがって、3品食べても1食のカロリーが300kcal以内におさえられます。1食のカロリーが300kcal以内であれば、ダイエット食として十分でしょう。

主なおでんの具材のカロリー一覧
こんにゃく 3kcal
こんぶ 3kcal
大根 18kcal
たこ 20kcal
焼豆腐 22kcal
じゃがいも 29kcal
牛すじ 47kcal
はんぺん 47kcal
ちくわ 48kcal
油揚げ 58kcal
ソーセージ 64kcal
ちくわぶ 68kcal
ゆでたまご 76kcal
さつま揚げ 83kcal
がんもどき 91kcal

せっかくおでんダイエットで1食を低カロリーにおさえたのですから、おやつも低カロリーにおさえてダイエットの成功に向けて勧めたいですよね。下記の「低カロリーなおやつおすすめ17選!腹持ちのいいおやつが女性に人気!」の記事で、お気に入りの低カロリーなおやつを探してみましょう。

Small thumb shutterstock 243188278
関連記事 低カロリーなおやつおすすめ17選!腹持ちのいいおやつが女性に人気!

低カロリーのおやつは、ダイエット中の女性の強い味方です。オフィスや自宅

②買っても低価格でお財布に優しい

貯金箱をもって喜ぶ女性

おでんダイエットは、置き換えダイエットの中では非常に低価格でお財布にも優しいためテレビでもたびたび取り上げられています。一般的に置き換えダイエットといえば、高額なダイエット食品を購入する必要があります。

しかし、おでんは自分で作れば1品あたりの価格は非常に低く抑えられます。もし、作れなくてコンビニなどで買ったとしても、ダイエット食品に比べれば非常に低コストでおさえられます。これがテレビに取り上げられる人気のダイエットであり、成功例の多い要因だといえるでしょう。

③出汁を含んでいるので満腹感を得られる

出汁をたっぷりと含んだ大根

おでんの具材の多くは、出汁をいっぱい含んでいるため、食べると満腹感を得やすいのもメリットの1つです。置き換えダイエットの天敵といえば、満腹感が得られず、すぐ空腹を感じることです。しかし、おでんは固形である具材を食べると同時に出汁で水分も摂取できるため満腹感を非常に感じやすいのが特徴です。

④健康や美容によい成分を含んだ具材が豊富

健康的な目覚めを迎えた女性

おでんの具材の多くには、ビタミンやミネラルなどの健康や美容に良い成分が豊富に含まれています。大根には、酵素やビタミンAとCが含まれていますので免疫力を上げてくれます。昆布には、カリウムやマグネシウムといったミネラル分が含まれていますのでむくみ防止に効果的です。

おでんダイエットのデメリット

①人気具材の中には高カロリーのものもある

落ち込む女性

おでんダイエットでは、人気具材の中に高カロリーのものがあるという落とし穴が成功を阻んでくることもあります。昔ながらの具材は低カロリーのものが多いですが、ウィンナー巻や餅入り巾着などの変り種には高カロリーのものもあるので、おでんダイエットを成功させるためには注意が必要です。

②やり方によって飽きることがある

頬杖をついて悩む女性

おでんダイエットは、おでんの具材に好き嫌いが多い人などは飽きることがあるデメリットがテレビなどでも紹介されています。おでんの具材の数はたくさんありますが、人によっては食べられる具材が決まっている方もいます。このような方は、毎日同じものばかり食べてしまい、飽きてしまうということになる可能性もあります。

おでんダイエットの飽きないためのアレンジ自作レシピ

おすすめ①おでん味噌汁の自作レシピ

温かそうな味噌汁

おでんは、味噌汁に簡単にアレンジできます。作り方は、味噌汁の具にしたいおでんの具材を食べやすい大きさに切り、いつもと同じ要領で味噌汁を作るだけです。その際に、おでんの出しの残りがあれば混ぜて作ると美味しくなります。おでんに不足しがちな青物を入れると、見た目も栄養も整うでしょう。

おすすめ②おでん茶碗蒸しの自作レシピ

キレイに蒸しあがった茶碗蒸し

おでんは、茶碗蒸しにもアレンジ可能です。作り方は、まずおでんの出汁に適量の卵を割りいれて混ぜます。あとは、茶碗蒸しに入れるおでんの具材を小さく刻んで、茶碗蒸し器に先に作った卵駅と一緒に入れて蒸し上げるだけです。

おすすめ③おでん炊き込みご飯の自作レシピ

お出汁のきいた炊き込みご飯

おでんの具材や出汁を使って、炊き込みご飯を作ることもできます。作り方は、炊き込みご飯の具に使うおでんの具材を炊き込みご飯のサイズに切ります。あとは、お米を洗いおでんの出汁と切ったおでんの具材を炊飯器に入れて炊くだけです。彩りのためににんじんを入れたり、香り付けにごま油を入れるのもおすすめです。

おすすめ④おでんポトフの自作レシピ

美味しそうなポトフ

おでんに、鶏がらスープの素やスパイスを入れるだけでおでんとは全く違うスパイシーなポトフにアレンジすることもできます。下記のレシピでは、珍しいスパイスを使っていますが、家にあるバジルやカレー粉などのスパイスを入れても簡単にポトフが完成します。

おすすめ⑤おでんチヂミの自作レシピ

丸く焼き上げられたチヂミ

おでんに、片栗粉や薄力粉を混ぜてフライパンで焼くと、おでんとは全く食感の違ったチヂミアレンジすることができます。片栗粉と薄力粉を混ぜたところに、おでんの出汁を入れてチヂミの生地を作ります。そこに、おでんの具材を小さく切ったものを入れフライパンでお玉1杯程度ずつ焼いていきます。

両面をキツネ色にカリッと焼き上げれば、おでんチヂミの完成です。本来のチヂミと違い、おでんチヂミにはおでんの出汁で味がついているため、何もつけなくても美味しく食べられます。

テレビでも人気でおすすめのおでんダイエットを始めてみませんか?

いかがでしたでしょうか。おでんダイエットという名前から、よくある効果のないダイエットなのではないかと思っていた方も多いのではないでしょうか?

しかしおでんダイエットでは、おでんに置き換える1食のカロリーを確実に減らし、効果が期待できるダイエットです。また、1食をおでんに置き換えることによって、美容や健康の効果が出る可能性も秘めています。1粒で2度も3度も美味しい可能性の高いおでんダイエットを、この機会に始めてみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。