Large thumb shutterstock 380872402

頑張って言い換えは?頑張って以外の励ましの言葉・応援の言葉16選!

更新:2019.07.16

「頑張って!」は、便利な言葉ですがワンパターンになりがちです。また、頑張っている人には、頑張って以外の励ましの言葉をかけたいですよね。「頑張って」の他の言い方、気の利いた言い換え、メールやSNSでも使える応援のメッセージを集めてみました。

頑張っての言い換えが必要な理由

頑張っての言い換えが必要な理由①ワンパターンの回避

座り込んでいる子供

頑張っての言い換えが必要な理由の一つは、ワンパターンになりがちだからです。「頑張って」や「頑張れ」は、日本の代表的な励ましの言葉で、誰かを応援したい時によく使います。適切な声掛けの言葉が見つからない時にも、つい「頑張って下さい」と言いますが、もっといい言い方はないかと思うこともありますよね。

頑張っての言い換えが必要な理由②目上には失礼になる

握手するビジネスマン

頑張っての言い換えが必要な二つ目の理由は、目上の人にそのまま言うには失礼な場合があるからです。年長の方でも親しい人や、プライベートな付き合いの中で使うには問題ありません。仕事上の付き合いや、まだそれほど親しくない方に励ましの気持ちを伝えたい時には、頑張って以外の励ましの言葉に言い換えるといいですね。

頑張っての言い換えが必要な理由③頑張ってが負担になる

塞ぎこむ女性

頑張っての言い換えが必要な3つ目の理由は、「頑張って」と言われることが心の負担になるケースがあるからです。精神的に追い詰められている人に言うと、これ以上頑張れないとよけいに滅入らせてしまいます。

また、十分すぎるほど頑張ってきた人も同じように感じてしまうでしょう。頑張っている人にガンバレれと言うのは、僭越であったりします。どちらも、頑張って以外の応援の言葉で、さりげなく励ましの気持ちを伝えたいですね。

頑張っての丁寧な他の言い方3選

頑張っての丁寧な他の言い方①健闘を祈る

出発する人

頑張ってのていねいな言い換え言葉1つ目は、「御健闘をお祈りしております」です。固い言い方ですが、まだ距離感のある人に使える無難な言葉です。形式的にならないように、文章なら文脈で、会話なら表情や言い方で、気持ちを伝えるようにしょう。心がこもっていれば通じます。

頑張っての丁寧な他の言い方②応援している

チアガール

頑張ってのていねいな言い換え言葉2つ目は、「応援しております」です。「陰ながら応援しています」や「いつも応援しています」もOKです。目上の人には相手の頑張りを促すことばよりも、自分が応援している気持ちを伝ることで、結果的にそれが励ましになればいいですね。

頑張っての丁寧な他の言い方③活躍を祈る

忙しい人

頑張ってのていねいな他の言い換え言葉3つ目は、「ご活躍をお祈りしております」です。相手との距離感や応援する事柄によって、「ご活躍を期待しております」「活躍を期待しています!」など、丁寧さを微調整します。

頑張って以外の励ましの言葉|メールメッセージ編3選

頑張って以外の励ましの言葉|メールメッセージ編①元気だして

オッケーサインの「女性

メールやSNSで使える頑張って以外の励ましのことば1つ目は、「元気出して」です。落ち込んでいる人に何か声をかけて励ましたい時がありますよね。具体的なアドバイスでなくても、ひとこと「元気だしてね」の声掛けに救われることがあります。

頑張って以外の励ましの言葉|メールメッセージ編②しっかり!

つかまり立ちする子供

メールやSNSで使える頑張って以外の励ましのことば2つ目は、「しっかり!」です。これから何かしようとしている時や、少し弱ってる気配を感じた時に使うといいですね。

状況や親しさの密度によっては「しっかりね」と、やわらかな言い方をしたり、「しっかりしろ!」と語調を強めてもかまいません。どちらも絵文字を添えると応援の気持ちが伝わりやすくなります。もちろん、ネット以外でも使える励ましのことばです。

頑張っての言い換え|メールメッセージ編③グッドラック!

四つ葉のクローバー

メールやSNSで使える頑張って以外の励ましのことば3つ目は、「グッドドラック!」です。「Good luck!」は、英語圏では日本語の頑張れの感覚でも使われています。「グッドラック!」と言ってもいいし、「幸運を!」でもいいですね。語感が明るいので、気持ちが高らかになります。頑張れそうですよね。

頑張って以外の励ましの言葉3選

頑張って以外の励ましの言葉①きっと出来る

子供サッカー

頑張って以外の励ましのことば1つ目は、「きっと出来る」です。自信がなさそうだったり、あと一押しの励ましが必要なケースに使うといいでしょう。弱気な人は力強い励ましの声を当てにしていることがあります。

英語の「You can do it!」に当たる日本語です。有名な言葉になっていますから、そのまま使ってもいいですね。「きっと出来るよ!」「出来るよ、自信を持って」と後押ししてあげましょう。

頑張って以外の励ましの言葉②上手くいきますように

風船と女性

頑張って以外の励ましのことば2つ目は「上手くいきますように」です。他力部分も含め、状況が首尾よく整い、力をだせるようにとの願いが含まれます。活躍を期待する場合にも、落ち込んでいる人を励ますケースにも使えます。

また、事情が良くわからないけれど何か声をかけてあげたい時にも、頑張れと言うより安心を与えます。「上手くいくといいね」「上手くいくように祈っています」など、相手との関係に合わせた使い方をするといいでしょう。

頑張って以外の励ましの言葉③焦らずいこう

くつろぐ人

頑張って以外の励ましの言葉3つ目は、「焦らずいこう」です。状況を見失っていたり、停滞している時に使うといいでしょう。あたふたしているように見える時に、「頑張れ」はあまり役に立ちません。言われてもどうしていいかわからないからです。「じっくりかまえよう」「焦らなくてもも大丈夫」と声をかけてあげましょう。

頑張って以外の応援の言葉|スポーツ編3選

頑張って以外の応援の言葉|スポーツ編①行け!

野球する人

スポーツで使われる頑張って以外の応援の言葉1つ目は、「行け!」です。「行け行け!」「行け~!」などと使われます。「来い!」「さあ来い!」も、頑張って以外の応援の言葉です。応援だけでなく、選手自身が自分を鼓舞するために言うこともあります。

下のリストはスポーツ場面でよく見かける各国の「行け!」の言葉です。場面によって、「行け!」だけでなく、「来た来た!」「よっし!」「やったね!」「ガンバレ!」などのニュアンスを含みます。

東京オリンピックも開催予定ですので、覚えておいてその言葉で応援すると、選手は喜んでくれますよ。なお、※印は「行け!」の他に応援でよく聞く言葉です。

「行け」を意味する言葉 ※他の応援の言葉

  • 英語:Let's go!(レッツゴー)※Come on!(カモン)
  • フランス語:Allez!(アレ)
  • スペイン語:Vamos!(バモス)
  • ロシア語:Dabai!(ダバイ)
  • イタリア語:Vai! (ヴァーイ)※Forza!(フォルツァ)
  • クロアチア・セルビア語:Idemo!(イデモー)※Ajde!(アイデ)
  • 中国語:※加油!(ジャーヨ)
  • 韓国語:※파이팅!(パイティン)

頑張って以外の応援の言葉|スポーツ編②その調子!

ラグビー

スポーツで使われる頑張って以外の応援の言葉2つ目は、「その調子!」です。上手くいっている場合に、畳み掛けるように声掛けすると効果的です。英語では「「Keep it up!」と言います。

スポーツ以外でも、習い事や研修など人を導く時に励ましを与える言葉です。「その調子ですよ」と、言ってもらうと励みになりますよね。

頑張って以外の応援の言葉|スポーツ編③諦めないで!

ステップを上がるひと

スポーツで使われる頑張って以外の応援の言葉3つ目は、「諦めないで!」です。負けそうな時にかけることばです。最後の最後まで勝敗はわかりません。「まだまだ!」「まだわからないよ!」と別の言葉を添えて、応援してあげましょう。

「ネバーギブアップ!(Never give up!)」と英語で声をかけることもありますね。こちらも、スポーツ以外でも使える応援のことばです。

頑張っての類語・言い換え4選

頑張っての対語・言い換え①最善を!

勉強する人

頑張っての類語や言い換え1つ目は、「最善を!」です。出来ることを精一杯やろうという意味で、頑張ってに似た意味の励ましの言葉です。英語の「Do your best!」も日本語化していて通じますから、そのまま使えます。

力強く励ました方がいいなら「最善を尽くそう!」がいいですね。少しやわらかく「最善をつくせますように」「最善をつくせるといいね」など、相手や状況によって語尾などを言い換えるといいですね。

頑張っての類語・言い換え②ファイト!

手で結束

頑張っての類語や言い換え2つ目は、「ファイト!」です。力を出そう!と激励する意味のカタカナ言葉です。英語のfightから闘争心を意味する日本語が出来ました。有名なCMに使われたり、応援歌のタイトルにもなっています。部活などでもよく使われますね。

尚、英語の「fight!」は、シビアな「闘争をしろ」という意味になります。応援に使えるのは日本語としてのみですので注意が必要です。

頑張っての類語・言い換え③おきばりやす

京都の女性

頑張っての類語や言い換えの3つ目は、「おきばりやす」です。頑張れを意味する京都の方言です。青森や北海道では「けっぱれ」と言いますね。沖縄では「チバリヨ」です。

「おきばりやす」や「けっぱれ」「チバリヨ」などの良く知られた方言は、使い方次第で新鮮な励ましの言葉になります。また、長く話されてきた方言の方が地元の人にとっては力が沸いて来やすいでしょうね。

頑張っての類語・言い換え④踏ん張れ!

相撲

頑張っての類語や言い換えの4つ目は、「踏ん張れ」です。「頑張れ」とほぼ同じ意味ですが、こちらは現在の状況をしっかり維持する意味合いがより強くなります。地に足を付けて力を込め、巻き返せという励ましにもなります。

「火事場の馬鹿力」ということわざもあります。土俵際に追い込まれると信じられない力が出るものです。踏ん張れば、土壇場力が発揮できるかもしれませんよね。

頑張っての言い換えを覚えて励まし合いましょう!

「頑張って!」に替わる言葉は、ほとんどが普段使いの言葉です。「ガンバレ」と言っていいのか、別の言葉にした方がいいのか、相手を思うことが大切なのですね。いろいろな応援の言葉をつかいこなして、お互いに支え合いましょう!

下記の2つの記事も参考になさって下さい。1つ目は励ましの言葉をシチュエーション別に集めています。2つ目は、頑張りや努力に関する4字熟語集で、用例もついています。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。