INDEX

「悪目立ち」の意味や語源・使い方!

「悪目立ち」の意味:人から悪く思われる目立ち方

嫌悪

「悪目立ち」の意味は、人から悪く思われる目立ち方です。例えば、常識的でない言動や行動、理解を得られないファッションやメイク、髪型などで目立っていることです。人の目を悪い意味で引いてしまうような人を指す言葉で、一般的には悪い意味で使われることが多いです。

「悪目立ち」の語源:「悪い意味で目立つこと」

本

悪目立ちの語源は、漢字の通り「悪い意味で目立つこと」です。元々は「目立つ」という言葉の中に「良い意味で目立つこと」と「悪い意味で目立つこと」の2通りの意味がありました。この「悪い意味で目立つこと」を取り上げて作られたのが、「悪目立ち」という言葉の語源です。

悪目立ちは正式な日本語ではなく、若い人が造語として使い始めたことが語源とも言われています。正式な語源などははっきりしておらず、一昔前までは「悪目立ち」と言っても理解されないことが多かったようです。ただし現在はこの言葉が浸透しており、日本語として一般的に使われるようになっています。

このように、悪目立ちは本来悪い意味が語源です。しかし最近、悪い意味だけでは使われないことも増えてきています。例えば、「今は認められていないけれど最先端である」というニュアンスで「悪目立ち」が使われるのです。語源とは異なる使い方がされることもあると覚えておきましょう。

悪目立ちの使い方①「彼女のファッションセンスは悪目立ちしている」

ファッション

悪目立ちの使い方1つ目は、「彼女のファッションセンスは悪目立ちしている」です。奇抜なファッションは悪目立ちする要因の一つです。派手な色・デザインの服や、普通の人なら着ないようなコーディネートなどをしている人を指しています。また、場の空気に合わないファッションを指す場合にもこのような使い方ができます。

悪目立ちの使い方②「彼の空気を読まない行動は職場で悪目立ちしている」

バカにしている女性

悪目立ちの使い方2つ目は、「彼の空気を読まない行動は職場で悪目立ちしている」です。これは、空気を読まない発言や行動などで、職場の空気を乱している状態を表します。独りよがりな行動や無責任な発言などが「悪目立ち」と言われてしまうのです。

悪目立ちの使い方③「彼女の積極性は時に悪目立ちの原因になっている」

笑う人たち

悪目立ちの使い方3つ目は、「彼女の積極性は時に悪目立ちの原因になっている」です。積極的に行動することは基本的には良いことですよね。しかし、過剰に出しゃばったり求められていないことまでやろうとするのは、悪目立ちの原因になってしまいます。積極的な行動が、時と場合によっては悪目立ちの原因になるのです。

悪目立ちする人の心理5選!

悪目立ちする人の心理①他人と同じことをしたくない

目立つ女性

悪目立ちする人の心理1つ目は、他人と同じことをしたくないことです。「人と同じはつまらない」という考えを持ち、わざと人とは違う行動や発言をします。自分の考えを持って行動しているわけではなく、ただ周りと違うことをしたいと考えている場合がほとんどです。

自分の考えの軸がないので、発言や行動にも矛盾が生じます。また人の意見に合わせるということをしないので、周りから疎まれてしまいやすいです。しかし当の本人は全く気にしないでしょう。

悪目立ちする人の心理②人から注目されたい

視線

悪目立ちする人の心理2つ目は、人から注目されたいことです。どんなことでも良いからとにかく注目されたい!という考え方です。人から視線を集めることだけが目的ですので、目立ち方そのものにはこだわりません。

また、良い意味で目立つことよりも悪い意味で目立った方が注目を集めやすいです。ですので、注目を集めるために悪い意味での目立ち方を選択する人も少なくありません。目立ちたいという思いがマイナスの方向に働き、悪目立ちの原因になっているのです。

悪目立ちする人の心理③自信がある

自信

悪目立ちする人の心理3つ目は、自信があることです。自分の容姿や性格、学歴などに過剰な自信を持っている人を指します。このような人タイプは、無神経な発言や自分中心の行動を取ります。そのため周りから疎まれやすく、敬遠されていくのです。

自分に自信を持つことは大切ですが、その気持ちを表に出しすぎると悪目立ちしてしまうでしょう。また謙遜することを良しとする考えの中では、更に目をつけられてしまいます。自分が自信家だと思う人は、態度に出さないようにするか自信家が多い集団に身を置くと良いでしょう。

悪目立ちする人の心理④目立ちたくないと考えている

嫌

悪目立ちする人の心理4つ目は、目立ちたくないと考えていることです。目立ちたくないと思うあまりオドオドしたり無口を貫くことで、逆に注目を集めてしまうタイプです。目立ちたくないと考えているにも関わらず目立ってしまうのは、女性よりも男性に多いと言われています。

悪目立ちする人の心理⑤異性にモテたい

内緒話

悪目立ちする人の心理5つ目は、異性にモテたいことです。モテようと異性の気に入るような行動を取ったり、同性をないがしろにする人は悪目立ちしてしまいます。これは特に女性の悪目立ちとして多い原因だと言われています。女性は、男性に媚を売る女性のことを嫌い、非難するからです。

異性を優先しすぎると同性からの評価を落とし、結果的に男女両方から嫌われてしまうでしょう。恋愛で悪目立ちしないためには同性との付き合いも適度に行うことが大切なのです。

悪目立ちする人の特徴5選!

悪目立ちする人の特徴①空気が読めない

嫌い

悪目立ちする人の特徴1つ目は、空気が読めないことです。悪目立ちする人の大半は、場の空気を読むことができません。雰囲気にあった発言などができず、「何を言っているのか」と白い目で見られてしまいます。

空気を読めない人は悪目立ちしますが、空気を読める人はムードメーカーとして良い意味で目立つことができます。こちらにムードメーカーの意味や特徴についての記事を載せておきますので、気になる方は参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 558832264
関連記事 ムードメーカーの意味や特徴10選|類語や空気・雰囲気を変える人になるには?

「あなたってムードメーカーね!」こんな風に言われると嬉しくなりませんか

悪目立ちする人の特徴②発言が一言多い

嫌い

悪目立ちする人の特徴2つ目は、発言が一言多いことです。言わなくても良いことをいちいち言う「一言多いタイプ」は悪目立ちしやすいです。一言多い人は自覚がないことが多く、自分でも気づかないうちに周囲から嫌われてしまいます。自分の言葉で相手がどんな気持ちになるのか考えながら、発言するようにしてください。

悪目立ちする人の特徴③声が大きい

うるさい

悪目立ちする人の特徴3つ目は、声が大きいことです。静かにしなくてはいけない場面で大声を出したり、周りよりもワンランク上のボリュームで喋る人は、悪目立ちしていることが予想されます。悪気がなくても、声が大きいというだけで疎まれたり嫌われたいしてしまうのです。

悪目立ちする人の特徴④派手な装飾品を付けている

アクセサリー

悪目立ちする人の特徴4つ目は、派手な装飾品を付けていることです。アクセサリーや時計は、周りの目を引きます。さりげなくファッションに取り入れていれば悪目立ちすることはありませんが、派手な色合いの時計やブランド物のアクセサリーは、妬みの原因になります。

妬みの視線を集めることは、悪目立ちの原因になってしまいます。派手目な装飾品などをつける場合は、時や場面を選ぶようにしましょう。特に職場などにつけていくことはやめた方が良いでしょう。

悪目立ちする人の特徴⑤挙動不審である

挙動不審

悪目立ちする人の特徴5つ目は、挙動不審であることです。オドオドしている人、いつも何かにおびえている人は悪目立ちしやすい傾向にあります。特に男性は、オドオドしていると周りから浮いた存在になりやすく、いじめなどのターゲットになってしまいます。

悪目立ちしてしまうファッションとは?

悪目立ちしてしまうファッション①場の雰囲気に合わない服装

ファッション

悪目立ちしてしまうファッション1つ目は、場の雰囲気に合わない服装です。例えば、厳かな場面でギラギラとしたアクセサリーを身に着けたり、清楚な人が集う場面で露出の多いドレスを着たりといった、雰囲気に合わないファッションをすると悪目立ちしてしまいます。

悪目立ちしてしまうファッション②普通の人が着ないデザイン

ファッションセンス

悪目立ちしてしまうファッション2つ目は、普通の人が着ないデザインです。一般化していないデザインの服や、一昔前に流行したような服装は悪目立ちします。ファッションの最先端を意識しているのならば良いですが、そうでないのなら周りの人がしているコーディネートなどを行なったほうが良いでしょう。

職場などで悪目立ちしないためにはどうすれば良い?

職場などで悪目立ちしないための方法①周りに合わせる

協調

職場などで悪目立ちしないための方法1つ目は、周りに合わせることです。悪目立ちしてしまう人は、空気が読めなかったり周りと違うことをしたりと、協調性のない傾向にあります。悪目立ちしたくないのなら、行動や言動を周りにすり合わせることが大切です。

またこちらに、目立ちたくない人の心理や性格、特徴などをまとめた記事を載せておきます。目立ちたくない人について詳しく知りたい方は、是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 330079409
関連記事 目立ちたくない人の心理と性格・特徴12選|人見知りとの違いとは?

できるだけ目立ちたくない人がいますが、目立ちたくない人の心理はどういっ

職場などで悪目立ちしないための方法②謙遜の心を忘れない

禁止

職場などで悪目立ちしないための方法2つ目は、謙遜の心を忘れないことです。自信過剰になると態度が大きくなったり人をバカにするようになり、周りから嫌がられてしまいます。悪目立ちしたくないのならば、どんなときも謙遜の心を忘れないようにしましょう。自信を持っていても、態度に出さないようにすることが大切です。

悪目立ちする心理や特徴を理解しましょう!

悪目立ちする人には特殊な心理や特徴があります。なぜ悪目立ちしてしまうのか、何を考えているのか考え、適切に対処していくことが必要です。また、悪目立ちしてしまわないように気をつけるようにしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。