Large thumb shutterstock 245218063

疲れたが口癖になると友達がへる?スピリチュアルな意味や対処法も

更新:2020.02.16

無意識に疲れたと言ってしまう、疲れたとアピールしてくる人がいてしんどい…そんな悩みを抱えている人は意外と多いものです。口癖をやめたいけれど方法がわからない!という方のために、疲れたと言うスピリチュアルな意味や心理、疲れたと言わないようにする方法をご紹介します。

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味6選!

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味①前世で労働ばかりしていた

労働する男性

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味1つ目として、前世で労働ばかりしていた、ということがあります。特に動いていないのに「疲れた」と言ってしまう人は、前世で過酷な労働をしていた可能性があります。魂が労働を強いられていたことを覚えているのです。そのため、現世で「疲れた」と言ってしまいます。

運動していないはずなのに体が疲れる、無意識に疲れたと口にしてしまう人は、一度自身の過去世を調べてみましょう。魂は過去未来関係なく受け継がれるものです。重労働を強いられていた過去を解き放つことができれば、魂の疲れがとれます。こうすれば、現世で「疲れた」と言うことはなくなるでしょう。

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味②オーラが負の状態である

負のオーラ

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味2つ目として、オーラが負の状態である、ということがあります。オーラとは人体を纏う霊的な力です。オーラが負の状態だと精神が落ち込みやる気がなくなります。ネガティブな感情に引っ張られ、疲れがたまりやすい状態になります。

負のオーラをまとっている場合、自分の感情が原因となっていることがあります。自分が何に対して落ち込んでいるのか考えてみましょう。自分の感情を整理し、精神状態を整えてみてください。そうすることで、負の感情の原因を断ち切ることができます。

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味③人生の方向を見失っている

悩んでいる女性

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味3つ目として、人生の方向を見失っている、ということがあります。自分に合わない生き方をしていませんか?無理な生活は心を追い込みます。心が追い込まれると、自分の人生がわからなくなり、目標を見失ってしまいます。

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味④人のエネルギーに疲れている

オーラ

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味4つ目として、人のエネルギーに疲れている、ということがあります。人は誰でもオーラを放ちます。オーラには良い効果もありますが、悪い効果のオーラも多いです。暗い感情から生まれるオーラのエネルギーは強く、周囲の人を巻き込む力を持ちます。

「疲れた」と言う人は、悪いエネルギーに触れすぎている可能性があります。常にイライラしている人がそばにいたり、悪い思念が飛び交う場所に行くと、エネルギーに疲弊してしまいます。たまには一人でリフレッシュする時間を作りましょう。

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味⑤悪い言霊に触れている

言霊

「疲れた」という口癖のスピリチュアルな意味5つ目として、悪い言霊に触れている、ということがあります。言霊とは、言葉が持つ霊的なエネルギーです。ポジティブな言霊は明るい未来を呼び、ネガティブな言霊は不幸な運命を呼びます。

近くに愚痴ばかり言う人がいると、愚痴から成る悪い言霊が疲れや疲労をつれてきます。人の悪口や汚い言葉を使う人とは距離を置き、悪い言霊に触れないようにしましょう。また自分が発する言霊にも気をつけなくてはいけません。ネガティブな言葉を言うのは、疲れの原因となるので厳禁です。

「疲れた」と言う独り言をやめたい!言わないようにする対処法は?

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツ①ペース配分を大切にする

自分のペースで歩く女性

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツの1つ目として、ペース配分を大切にする、ということがあります。人生は思い通りにならないものです。計画通りいかないこともたくさんあるでしょう。そんなときでも、自分のペースをないがしろにしてはいけません。

相手のことを考えて無理をする人は多いです。しかし、自分のペース配分を崩すと途端に疲れが襲ってきます。相手のことを思いやるのは大切ですが、疲れをためないためには自分を優先させてください。ペース配分に気をつけるだけで疲れがぐんと減るはずです。

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツ②忙しくても休息をとる

寝る女性

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツの2つ目として、忙しくても休息をとる、ということがあります。仕事に追われている時、寝る間も惜しんで作業していませんか?仕事が終わらず焦る気持ちはあるでしょう。しかしこの行為は体を壊す原因になります。どんなに忙しくても休息だけはきちんと取らなくてはいけません。

疲れている状態で作業をしても、大抵の場合うまくいきません。作業が思うように進まず、睡眠も足りておらず、イライラは加速します。疲れがたまっているのでミスも増え、更に疲労がたまります。これでは逆効果ですよね。

忙しいときこそ、しっかり睡眠をとりましょう。寝ている間に頭が整理され、昨日まで浮かばなかった解決策を思いつくかもしれません。そうすれば仕事に対してイライラすることもなくなります。休息は肉体的な疲れだけでなく、精神的な疲労の予防にもなるのです。

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツ③雰囲気が悪い人と関わらない

男性を嫌う女性

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツの3つ目として、雰囲気が悪い人と関わらない、ということがあります。雰囲気が悪い人は負のオーラをまとっています。負のオーラに当てられると、何もしていないこちらまで疲れていきます。悪い雰囲気の中にいるだけで疲労が蓄積されるのです。

悪いオーラには、人の感情を捻じ曲げるパワーが宿っています。ネガティブで攻撃的な雰囲気の人には近づかないでおきましょう。優しい雰囲気の人の近くに行くことを心がけてください。

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツ④自分の感情を尊重する

自分の感情を表す女性

疲れたと言う独り言をやめたい・言わないコツの4つ目として、自分の感情を尊重する、ということがあります。相手に合わせることばかり意識していませんか?空気を読むことは大事です。しかし空気を読みすぎて自分の感情をないがしろにすると、心はどんどん疲弊していきます。

「疲れた」が口癖の人の心理は?どんなことをアピールしている?

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容①自分を構ってほしい

かまってちゃんの女性

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容1つ目として、自分を構ってほしいというものがあります。「こんなにしんどいのに頑張っている」とアピールして、他人の注目を集めようとしています。人から注目されたい、ちやほやされたいという心理です。

こちらに、疲れたを口癖としている女性の心理についての記事を載せておきます。「疲れた」と日常的に言う女性へ対処法などを詳しく知りたい場合は、是非参考にしてください。

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容②頑張りを認めてほしい

認めあう男女

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容2つ目として、頑張りを認めてほしいというものがあります。「こんなに頑張った」と直接言うのは気が引けるけど、誰かに認めてもらいたい…という心理です。「きついだろうに、あなたはすごいね!」と言ってもらうことを期待しています。

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容③誰かに甘えたい

甘える女性

「疲れた」が口癖の心理・アピール内容3つ目として、誰かに甘えたいということがあります。「疲れた」を切り口に愚痴を聞いてもらい、甘えようとする心理状態です。優しく話を聞くことでその欲求は解消されます。ただし一度相談にのると、付きまとわれることも危惧されるので注意してください。

「疲れた」が口癖だと友達が減る?嫌われてしまう理由とは?

「疲れた」が口癖の人が嫌われる理由①暗い感情が伝染するから

ネガティブな女性たち

「疲れた」が口癖の人が嫌われる理由の1つ目として、暗い感情が伝染するからということがあります。「疲れた」と聞くとこちらまで疲れた気分になりませんか?ネガティブな感情は言葉を通して伝染します。誰でも暗い気分になる人と一緒にいたくありません。そのため、疲れたが口癖の人は友人を失います。

「疲れた」が口癖の人が嫌われる理由②承認欲求が強すぎて面倒くさいから

面倒くさい女性

「疲れた」が口癖の人が嫌われる理由の2つ目として、承認欲求が強すぎて面倒くさいからということがあります。「疲れた」アピールをする人は大抵自己承認欲求が激しいです。自己中心的な態度に呆れられ、嫌われていきます。

またこちらに、褒められたい・認められたいと思う男女の心理についてまとめた記事を載せておきます。なぜ人は他人から承認されたいと思うのでしょうか。また自己承認欲求が強い人は、どんな特徴や性格の持ち主なのでしょう。気になる方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください!

疲れない人がしていることとは?

疲れない人がしていること①自分を大切にしている

大切

疲れない人がしていることの1つ目として、自分を大切にしているということがあります。自分を大切にしていれば感情の動きがわかります。感情のコントロールが上手くなり、結果疲れをためにくくなるのです。また人に気を使いすぎることもありません。人を大切にする気持ちは持ちつつ、自分を優先しています。

自分を優先すると言っても、わがままなわけではありません。親切な心や思いやりは常に持っています。ですが、自分の限界を超えた対応はしません。自分の容量を見極め、できる範囲で親切にしているのです。

疲れない人がしていること②意識的に良い言霊を使う

意識する女性

疲れない人がしていることの2つ目として、意識的に良い言霊を使うということがあります。言葉は人をつくります。良い言葉を使うようにすれば、感情が落ち着き周りにも恵まれます。良い言霊を口に出せば、疲れが貯まらない環境を作り出せるのです。

「疲れた」と言わないために心と体をいたわりましょう!

「疲れた」と言ってしまう人は、心か体、あるいは両方が疲弊している状態です。「疲れた」と口に出しても状況は悪化するだけです。この口癖はなるべくはやくなくす必要があります。休息をとり感情を上手く制御して、「疲れた」と言う心を改善していきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。