Large thumb shutterstock 250745083

足首につけるミサンガの効果は?左右の意味の違いと結び方も

更新:2020.06.19

おまじないの一つとして大人気のミサンガ。学業や仕事をされている方でもひもが切れるまでずっとつけていられるということで足首の位置につける方も大勢いると思います。そこで足にミサンガをつけたときの効果や便利な結び方、またそれぞれの色にまつわる意味をご紹介します。

ミサンガを足首につける効果とは?

ミサンガを足首の位置につけると①友情アップ

親友が欲しいとき、または交友関係を広げたいときは、利き足につけると効果があると言われています。今までの人間関係が悪くなってしまったときもつけるといいとされています。利き足とは、ボールを蹴る方の足やあぐらをかいたときに自然と上にくる足のことです。

ミサンガを足首の位置につけると②金運アップ

金運を上げたいときは、利き足とは逆の軸足につけると効果があると言われています。旅行の計画をしたときなど貯まったお金が必要なときはこちらの足につけるといいですね。また、予期せぬところからお金が入ってくると言う意味もあるそうです。お金で困ったときはこちらの足につけるといいですね。

金運は誰でも上げたいと思うもの。さらに金運を上げたいと言う方は、金運がUPする風水も一緒に試してみてはいかがでしょうか?下にサイトを貼っているので興味のある方はどうぞ!

ミサンガを足首につける時の左右の違いは?

左足につけたときの効果

左の足首の位置にミサンガをつけると、「恋人がいる」または「結婚している」と言う意味があるそうです。古代エジプトでは奴隷の左足に鉄環がはめられていたことから、左足首につけると「誰かの所有物」であると言うジンクスを持つようになったそうです。

右足につけたときの効果

恋人

ミサンガを右足首の位置につけると、「恋人募集中」と言う意味があります。また、恋人がいる場合に右足につけると「浮気相手募集中」と言う意味にもなるそうなので、足首にミサンガをつけるときはくれぐれも注意してくださいね。

ミサンガを両足首の位置につけるもアリ

友情運と金運どっちもUPさせたいという方は両足につけてみるのもアリですよ。両方つけることで逆効果になったり効果が半減するといったことはないそうです。

ただ、左足首は「結婚している」右足首は「恋人募集中」という捉え方をされてしまうと「不倫相手募集中」という意味にもなってしまうので、どういう理由でこの位置につけているのかをしっかりと分かった上でつけてくださいね。

ミサンガを足首につける時の結び方は?

足首につける時の結び方①とれない結び方

固結びは、常に身につけておきたいときの結び方です。この結び方をすると自分で切るか、自然と切れるまでは取れないので、願掛けの意味を込めてつけるときはこちらの結び方がおすすめです。固結びの方法はこちらの動画をご覧ください。

足首につける時の結び方②取り外しできる結び方

学校や職場につけていけない時、またはその日の気分によってつけたり外したりしたい時は、この結び方をするといいでしょう。こちらは片方が輪っかになっているタイプの結び方です。結び方が少しだけ複雑なので下の動画を見ながら実際に結んでみてください。

こちらは片方が輪っかになっていないタイプのつけ外し可能な結び方です。長さも自由に調節できるので、足首のちょうどつけたい位置に長さを調節でき、つけ外しもとっても簡単です。ミサンガに自分で手を加えるのでひと手間かかりますが、お店で購入したものでも自分だけのオリジナルミサンガにすることができます。

お店で売っているものではなく自分でミサンガを作りたいと言う方のために、ぶきっちょさんでも簡単にできるミサンガの作り方の記事を下に貼っておきますので、合わせてご覧ください。

ミサンガの色の意味は?

ミサンガの色の意味①赤色

赤色は、愛、情熱、スポーツ、挑戦、勝利、活気、勇気の意味があります。何か新しいことに挑戦するとき、元気をもらいたいとき、スポーツで結果を出したいときは、この色をつけると良いとされています。

ミサンガの色の意味②ピンク色

ピンク色は、恋愛、結婚、美容、女性らしさ、安らぎ、調和の意味があり女性におすすめの色です。異性からもてたいとき、心のゆとりがほしいときにつけると良いとされています。恋人・結婚相手がほしいときは、右足首の位置に赤とピンクのミサンガをつけると成就するかもしれませんね。

ミサンガの色の意味③オレンジ色

オレンジ色は、友情、笑顔、希望、対人運、社交的、力強い、親しみ、楽しい、陽気の意味があります。元気を出したいとき、友情を深めたいときはこの色が向いています。また、友達とおそろいで利き足につけるとさらに友情が深まります。

ミサンガの色の意味④黄色

黄色は、金運、仕事運、知識、向上、元気、集中、希望、明るさ、勉強、平和の意味があります。明るいパワーをもらいたいとき、集中力を高めたいとき、金運をあげたいときはこの色をつけると良いでしょう。金運をあげたいときは、ぜひ黄色のミサンガを軸足の位置につけてみてください。

ミサンガの色の意味⑤黄緑色

黄緑色は、友情、親しさを意味します。オレンジ色と同様、友情を深めたい場合はこちらの色を選ぶと良いとされています。黄緑色はオレンジ色よりも優しい色なのでパステル系の色が好きな方はこちらをつけてみてはいかがでしょうか?

ミサンガの色の意味⑥緑色

緑色は、健康運、対人運、金運、調和、優しさ、癒しを意味します。安らぎがほしいとき、リラックスしたいときはこの色をつけると心を落ち着かせることができるとされています。また黄色と同様に金運の効果もあるそうなので、黄色と緑色を組み合わせて軸足の位置につけるとより収入がUPするかもしれませんね。

ミサンガの色の意味⑦青色

青色は、仕事、勉強、運動、行動、浄化、さわやかさ、信頼感、癒し、直観力の意味があります。仕事や勉強、スポーツでいい成績を出したいときはこの色がおすすめです。また、情熱の赤、勉強・仕事運UPの黄色と青色を組み合わせることでより効果を得られるかもしれませんね。

そしてこの色は男性に人気の色なので、男性に渡すプレゼントで迷ったときはこの色のミサンガを贈るときっと喜ばれると思います。

ミサンガの色の意味⑧水色

水色は、美しさ、さわやかさ、笑顔を意味します。心をクリアにしたいときはこの色をつけるといいとされています。また、青色と組み合わせることでより心が穏やかになるかもしれませんね。

ミサンガの色の意味⑨紫色

紫色は、才能、芸術、忍耐力、思いやりを意味します。忍耐力をUPさせたい、才能を開花させたいときはこの色が良いとされています。美術などの芸術や音楽活動に力を入れている方には、情熱の赤と組み合わせてプレゼントすると喜ばれると思います。

ミサンガの色の意味⑩白色

白色は、浄化、健康、落ち着き、スタート、リセット、効率を意味します。勉強や仕事など新しいことにチャレンジしたいときはこの色をつけると良いでしょう。また、心を浄化したいときにもつけると良いとされています。勉強・仕事運を意味する黄色と青色と組み合わせるとよりクリアな気持ちで打ち込めるかもしれませんね。

ミサンガの色の意味⑪茶色

茶色は家庭を意味します。この色は家族の象徴とされているので、旦那様やお父さんへのプレゼントにはぜひこの色を取り入れてみてください。

ミサンガの色の意味⑫黒色

黒色は、好意、意志の強さ、魔除けの意味があります。この色は男性におすすめの色で、他の色に交じって少し黒を取り入れることでかっこいい雰囲気のデザインになります。

ミサンガの色の意味⑬灰色

灰色は、仕事運を意味します。キャリアウーマンに人気の色ですが、やりがいを持って仕事に打ち込んでいる男性にもぴったりの色です。環境に適応する能力を高めたいときにもつけると良いとされています。

ミサンガに願いを込めよう!

願掛けをしたから切れるまで外したくないときは、いざと言うとき隠すことができるので手よりも足につける方がいいですね。ただ、ミサンガをつけたから願い事が叶うのではなく、ミサンガを見るたびに願い事を思い出してそのために努力して行動することで願いが叶うのではないでしょうか?

おしゃれアイテムとしても、おまじないとしても幅広く活用できるミサンガ。これを機に新たな願いを込めて、誰にもばれないよう足にミサンガをつけてみませんか?

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。