INDEX

美味しい塩サバの作り方とアレンジ方法

定番の塩サバの作り方

サバは年間を通して手に入りやすく、安価なので食事のメニューに使われることが多い魚です。サバには「生サバ」と「塩サバ」の2種類が販売されていることはご存知でしょうか?2種類の大きな違いは水揚げ後の加工方法です。生サバは水揚げ後に処理して店頭に並ぶので、冷凍されずに生で販売されることが特徴的です。

一方の「塩サバ」は水揚げ後に処理し、塩水に漬けた物です。冷凍して販売されていることが多く、すでに塩気がついているので焼くだけで美味しく食べることが出来ます。生サバを買ってしまったが、塩サバを食べたいときは塩をふりかければOKです。焼く数時間前に塩をふって味を馴染ませておくと美味しく仕上がります。

定番の塩サバの材料(2人分)
  • 生サバ 半身2切れ
  • 塩   小さじ2
定番の塩サバの作り方
  1. 身の厚い部分には多めに、薄い部分は少なめに塩をふりかける。
  2. 皮の面にも塩をふる。
  3. ラップをかけずに冷蔵庫で寝かせる。5時間以上おくと味がよく染み込みます。
  4. 焼く前に余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。
  5. グリルかフライパンで両面焼けば完成です。

美味しい塩サバのアレンジ方法・種類|塩サバの炊き込みご飯

美味しい塩サバのアレンジ方法・種類は、塩サバの炊き込みご飯です。焼いた塩サバが残ってしまったら炊き込みご飯の具にすると良いですよ。塩サバに塩分が含まれているので、調味料の量は他の炊き込みご飯のレシピに比べると少なめです。炊飯器で炊くことでサバの身がふっくらとし、焼いた時とは違う味わいを楽しめます。

炊き込みご飯だけでも十分美味しいのですが、細切りにしたシソやミョウガ、ショウガなどの薬味を乗せても良いです。またお茶をかけて、お茶漬け風にしても美味しいので色々とアレンジを楽しんでください。

塩サバに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【定番編】

塩サバに合うおかず・付け合わせ【定番編】①天ぷら

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の1つ目は、天ぷらです。塩サバは脂がのっている魚ですが、おかずとしては物足りなく感じる方もいます。天ぷらはサクッとした衣が美味しく、誰にでも好まれる料理なので塩サバの付け合わせにはぴったりですよ。ご家庭の好みに合った具材を選んでくださいね。

下記の記事では天ぷらの具材や材料のおすすめを紹介しています。天ぷらの具材と言えばエビやナス、さつまいもなどが挙げられますが、ご家庭の好みが反映される料理です。珍しい具材や変わったネタなども紹介されており、読んでいて面白い記事です。ランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

Small thumb shutterstock 323107886
関連記事 天ぷらの具材・材料のおすすめランキング19選|人気な魚・野菜のネタは?

天ぷらの具材はなにがお好きですか?ご家庭によっても、こんなものも天ぷら

塩サバに合うおかず・付け合わせ【定番編】②肉じゃが

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の2つ目は、肉じゃがです。幅広い世代に人気のある煮物料理で、ホクホクとしたじゃがいもの美味しさを味わえます。肉じゃがに使う肉はご家庭によって牛肉と豚肉に分かれますが、どちらのお肉にもそれぞれの良さがあります。

牛肉を使った場合はコクが出てしっかりとした味わいの肉じゃがになります。肉じゃがに使う牛肉の種類は小間切れ肉がおすすめです。脂加減が丁度良いので、具材にも味が染み込み美味しさがグンとアップします。

豚肉は部位によって脂の量に差があります。しつこくなく、あっさりとした味わいの肉じゃがが好みでしたらロース肉がおすすめです。豚のロース肉はヘルシーなので、ダイエット中やカロリーが気になる方にもおすすめです。コクを出したい場合はバラ肉が良いですよ。脂が多い部位なので、味わい深い肉じゃがに仕上がります。

塩サバに合うおかず・付け合わせ料理【定番編】③八宝菜

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の3つ目は、八宝菜です。八宝菜は野菜だけでなくシーフードやお肉も摂ることが出来るので、栄養バランスの良いメニューです。見た目にもカラフルで美しいので食欲をそそりますよ。

八宝菜に使う具材は白菜やニンジン、玉ねぎ、豚肉、エビ、イカ、椎茸などが定番ですが、名前に合わせて具材を8種類にする必要はありません。冷蔵庫にある野菜をうまく活用して作ってくださいね。豚肉やエビ、イカは炒める前に片栗粉を軽くまぶしておくと、プリっとした食感になり美味しいです。

八宝菜が残ってしまったら、醤油とオイスターソースを少々足してください。五目餡になるのでご飯にかけて中華丼にしたり、焼きそばの上にかけてあんかけ焼きそばにアレンジすることが出来ますよ。

塩サバに合うおかず・付け合わせ料理【定番編】④揚げ出し豆腐

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の4つ目は、揚げ出し豆腐です。外側はカリッと、中は豆腐のふんわりとした食感が楽しめる美味しいおかずです。豆腐は水切りしてから使いますが、柔らかいのでそっと扱ってください。揚げ出し豆腐に使う豆腐は絹ごしでも、木綿でもどちらでも構いません。

揚げ出し豆腐をあまり作ったことのない方は、崩れにくい木綿がおすすめです。絹ごしの方は火を通すと食感がよくなります。味わいを重視したいかたは、絹ごしがおすすめです。もしくは絹ごしと木綿の中間タイプの豆腐である「ソフト木綿」を選んでも良いでしょう。

塩サバに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【簡単に作れるおかず編】

塩サバの付け合わせ【おかず編】①玉子焼き

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の1つ目は、玉子焼きです。玉子焼きは付け合わせのおかずとしても、お弁当のおかずにしても定番の一品です。ふんわりと優しい味わいなので年代に関係なく人気があり、食べるとホッとするメニューです。

いつも作り方がマンネリ化していると感じたら、細かく刻んだほうれん草や紅ショウガ、または粉チーズを混ぜて焼くと美味しいですよ。いつもとは違う見た目と味わいになるので、お箸が進むおかずになります。

塩サバの付け合わせメニュー【おかず編】②冷奴

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の2つ目は、冷奴です。豆腐のパッケージから取り出し、器に盛り付ければ完成です。もう一品欲しいときにはぴったりのおかずなので、冷蔵庫に常備しておくと便利ですよ。冷奴にはネギやかつお節、シソなど薬味をプラスすると美味しさがアップします。

冷奴のトッピングには納豆もおすすめです。豆腐も納豆も大豆から作られているので、低カロリーでタンパク質を豊富に摂ることが出来ますよ。さらに温泉卵も乗せれば副菜ではなく、食べ応えのある立派なおかずになります。ご飯にかけても美味しく、冷蔵庫にある材料パパっと作れることも魅力の1つです。ぜひお試しください。

塩サバの付け合わせメニュー【おかず編】③ほうれん草のバター炒め

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の3つ目は、ほうれん草のバター炒めです。ほうれん草は数ある野菜の中でも、非常に高いビタミンと鉄分を含んでいます。クセがなく食べやすいので、お味噌汁やお浸しにしたりと毎日食べるようにしたい食品です。

バターの香りが食欲をそそるほうれん草のバター炒めは、簡単に出来る美味しいおかずです。コーンをプラスすれば彩りが美しくなりますし、ベーコンやキノコを加えればボリュームもアップします。カップに小分けにして冷凍保存しておくと、お弁当のもう一品になり便利ですよ。

塩サバの付け合わせメニュー【おかず編】④よだれ鶏

塩サバに合うおかず・付け合わせの定番編の4つ目は、よだれ鶏です。よだれ鶏とは中国の四川地方でよく食べられており、名前の通りよだれが出るほど美味しい料理です。手の込んだ料理に見えますが、電子レンジで調理するので簡単に出来上がります。急にお客さんが見えて、もう一品おかずが欲しいという時にぴったりです!

電子レンジで上手に作るコツは、鶏肉にフォークで穴を開けておくことです。下味がしっかりとお肉の中に染み込み、加熱中に破裂することも防げます。ご紹介しているレシピのタレはピリッとした辛さがあります。お好みでラー油の量は加減してください。

塩サバに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【汁物・スープ編】

塩サバに合うおかず・付き合わせ【汁物編】①味噌汁

塩サバに合うおかず・付き合わせの汁物の1つ目は、味噌汁です。和食には欠かせない味噌汁は具材や味噌の種類を変えれば、毎日飲んでも飽きることがありません。味噌汁の具材は豆腐やワカメが定番ですが、旬の野菜を使うと栄養価がアップしますよ。

塩サバに合うおかず・付き合わせ【汁物編】②豚汁

塩サバに合うおかず・付き合わせの汁物の2つ目は、豚汁です。塩サバは美味しいですがボリューム感に欠けるので、具だくさんの豚汁を用意すると家族に喜ばれますよ。

下記の記事では、豚汁尾おすすめ具材を紹介しています。豚汁に使う具材はマンネリ化しがち…という方は多いのではないでしょうか?おすすめの具材を定番から変わり種まで43選も紹介しています。読み応えのある記事なので、ぜひ豚汁を作る際の参考にしてください。

Small thumb shutterstock 288277301
関連記事 豚汁のおすすめ具材43選|定番&変わり種のレシピ・材料は?

美味しい豚汁のおすすめ具材を定番から変わり種までランキング形式で紹介し

塩サバに合うおかず・付き合わせ【汁物編】③ユッケジャンスープ

塩サバに合うおかず・付き合わせの汁物の3つ目は、ユッケジャンスープです。焼肉屋さんのメニューにあるユッケジャンスープは、ご家庭でも簡単に作ることが出来ます。牛肉から出るコクがスープの味をまろやかにし、食欲を刺激するスープです。コチュジャンの量はお好みで加減して作ってくださいね。

また辛い物が苦手という方は、溶き卵や粉チーズを加えてください。辛さがやわらぎ、食べやすくなりますよ。スープの中にご飯を入れて、おじや風にして食べるのもおすすめです。

塩サバに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【野菜・サラダ編】

塩サバに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】①豚しゃぶサラダ

塩サバに合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の1つ目は、豚しゃぶサラダです。男性や育ち盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭なら、ボリューム感のあるサラダメニューが喜ばれます。豚しゃぶは湯にくぐらせることで余分な脂が落ち、ヘルシーで食べ応えのあるサラダのトッピングになります。

豚しゃぶに使うお肉はロースでもバラ肉でもどちらでも構いません。ダイエット中の方や脂肪分が気になる方はロースがおすすめ、コクのある豚肉の旨味を味わいたい方はバラ肉がおすすめです。たっぷりの野菜と一緒に食べてくださいね。

塩サバに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】②チョレギサラダ

塩サバに合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の2つ目は、チョレギサラダです。たっぷりの野菜にごま油をベースにしたドレッシングを絡めた美味しいサラダです。野菜だけでなくワカメを加えれば、塩サバだけでは不足しがちなミネラルを摂ることが出来ます。

仕上げに韓国のりと糸唐辛子を振りかければ見た目が美しくなり、おもてなし料理にもおすすめですよ。あまりの美味しさに、箸が止まらなくなること間違いなしです!

下記の記事では、美味しい韓国のりを紹介しています。チョレギサラダのトッピングだけでなく、様々な料理に使える韓国のりはお土産にもらうと嬉しいですよね。ランキング形式で美味しい韓国のりを紹介しているので、分かりやすく面白い記事です。ぜひ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 614193587
関連記事 お土産におすすめの美味しい韓国のりの人気ランキングTOP10|食べ方も

こちらの記事では、お土産におすすめの美味しい韓国のりを紹介します。韓国

塩サバに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】③豆腐サラダ

塩サバに合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の3つ目は、豆腐サラダです。豆腐はもう一品欲しい時に助かるおかずですが、サラダの具としてもおすすめです。豆腐の水分で野菜がべチャっとならないように、軽く水切りをしておくと良いですよ。ヘルシーなサラダなのでダイエット中の方におすすめです。

塩サバに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】④カボチャサラダ

塩サバに合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の4つ目は、カボチャサラダです。小さなお子さんからご年配の方まで広く人気のあるサラダで、色合いも美しいので食卓がパッと明るくなりますね。

カボチャの甘みを活かすために、味付けはシンプルに塩コショウとマヨネーズで仕上げると美味しいですよ。カボチャ自体に甘みが少ない場合は、生クリームやハチミツを少量足すとほんのりとした甘みをプラスすることが出来ます。

カボチャサラダが残ってしまたら食パンに乗せて、かぼちゃトーストにしてはいかがでしょうか?カボチャは食物繊維やビタミン、カロテンが多く含まれており栄養バランスも良い食材です。朝ごはんやお子さんのおやつにおすすめのメニューですよ。

塩サバに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【肉編】

塩サバに合うおかず・もう一品の献立【肉編】①鶏の竜田揚げ

塩サバに合うおかず・もう一品の献立の肉編の1つ目は、鶏の竜田揚げです。下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶして揚げると、カリカリの衣になります。下味がしっかりついていれば冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもおすすめです。

竜田揚げに使う鶏肉は胸肉でもモモ肉でも構いません。ご家庭の好みに合わせて選んでくださいね。またレモンを添えると見た目も映えますよ。

塩サバに合うおかず・もう一品の献立【肉編】②サイコロステーキ

塩サバに合うおかず・もう一品の献立の肉編の2つ目は、サイコロステーキです。サイコロステーキは一口サイズで食べやすいので、塩サバ以外のおかずを食べたいときに丁度良いサイズです。ステーキだと切る手間がかかりますが、あらかじめカットしてあることでポンと口に運ぶことが出来ます。熱々のうちに食べてくださいね。

塩サバに合うおかずを知って献立を充実させよう!

塩サバに合うおかずの献立、副菜、もう一品のメニューを紹介しました。いかがでしたでしょうか?塩サバだけでは物足りなく感じますが、おかずや副菜を充実させると華やかな食卓になります。献立に困ったときはぜひ参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。