INDEX

誰かに必要とされたいと思う心理5選

誰かに必要とされたいと思う心理①自分に自信がない

自信がない様子

誰かに必要とされたいと思う人の心理には、自分に自信がないということが挙げられます。自分に自信がないときほど誰かに必要とされたいという思いが湧き出してくるの傾向にあります。必要とされている自分を実感することで、自分に自信を持とうとしているのです。実際、誰かに必要とされていれば自分に自信が持てますよね。

誰かに必要とされたいと思う心理②満たされたい

満たされている笑顔

充実感や幸福感をあまり感じていない人ほど、満たされたいという心理で誰かに必要とされたいと思う傾向があります。誰かに必要とされることで、充実感や幸福感を満たしたいと思っているのです。周りの目からは充実しているように見えても、実際充実しているかどうかは本人次第と言えます。

また、周りの人と自分を比較するが故に充実感や幸福感を感じていない人もいます。他人と自分を比較するからこそ、本来だったら充実感や幸福感を感じられるようなシーンでも、満たされたいないという思いの方が勝ってしまいがちです。そのため、満たされたい欲求はさらに強くなり、必要とされたいと強く思ってしまいます。

誰かに必要とされたいと思う心理③必要とされている自分に酔いたい

自分に酔う

誰かに必要とされたいと思う人には、必要とされている自分に酔いたいという心理があります。特にプライドの高い人やナルシストな性格の人に多い心理です。『誰かに必要とされている自分』というものが自分の中でブランド化している傾向にあります。ブランドを手に入れて自己陶酔に走るために必要とされたいと思うのです。

たとえば、『自分がいないと会社が回らない』と言うようなプライドの高い人は、自分がそれだけ価値のある人間だということを自分にも周囲にもアピールしたい人と言えるでしょう。周りから尊敬の目で見られたりすることも自分に酔える材料になりますよね。

誰かに必要とされたいと思う心理④愛されたい

愛を感じる

孤独を感じているときや、恋人や友人からの愛情が足りていないと感じているときなど、愛されたいという心理で誰かに必要とされたいと思うこともあります。この心理の場合、誰かに愛されることは自分が満足できるほど愛されていることを実感できるツールであると考えてしまいがちです。

実際は周りからきちんと愛情を注いでもらっているのに、自分が気づくことができていなかったりすることもあります。たとえば、たまたま彼氏にデートを断られただけでも『自分は愛されていない』と感じてしまい、誰かに必要とされたいと思って、必要としてくれる人を捜し求めてしまうということがあります。

誰かに必要とされたい心理⑤自分の必要性を実感したい

自分の居場所

自分の必要性を実感したいという心理で、誰かに必要とされたいと思うこともあります。自分の居場所が欲しい人のような自分を必要としてくれる人がいないと思っている人ほど、この心理が生まれやすいと言えます。自分を必要としてくれる人がいれば、そこは自分の居場所になり、自分の必要性が実感できるところになるのです。

家族と良い関係を築けていない人や、周りの顔色ばかりを窺っている人、一人でいることが多い人に多い心理です。孤独を感じているときは、自分が必要のない人間のように思えてくることがあります。だからこそ、誰かに必要とされて自分の必要性を実感し、自分の居場所を見つけたいと思っていると言えます。

誰かに必要とされたい!自分の必要性を実感できる仕事3選

自分の必要性を実感できる仕事①介護職

介護

自分の必要性を実感する仕事と言えば、まずは何といっても介護職でしょう。助けを必要としている人を介護するのですから、必要とされていることを実感するのにうってつけと言えるでしょう。しかも、介護職は人手不足と言われています。利用者だけではなく、職場からも必要とされる可能性があります。

未経験や資格がなくても始められる仕事ですし、働きながら資格を取ることを目指すこともできます。『ありがとう』と介護対象者やその家族にまで感謝の気持ちを伝えらえると、自分の必要性を強く実感できるようになるはずです。

自分の必要性を実感できる仕事②心理カウンセラー

カウンセリング

人の話を聞いたりアドバイスするのが得意な人は、自分の必要性を実感するのに心理カウンセラーが向いているかもしれませんね。カウンセリングを受けに来る人からすれば、心理カウンセラーは頼みの綱と言える存在なので、自分の必要性を実感できるはずです。

相手の話を聞いてあげることで、相手の心が軽くなったり、前を向く力が出てきたりすれば、自分の中で充実感も得られるでしょう。また、相手の話を聞いていくうちに、自分が本当は満たされていることに気づくこともあるかもしれません。

自分の必要性を実感できる仕事③セラピスト

セラピー

自分の手でお客様の疲れを癒すセラピストも自分の必要性を実感できる仕事の一つと言えます。施術後のお客様の表情を見て充実感を感じることができるでしょう。自分を指名して来店してくれるお客様が増えると、自分の必要性をさらに実感できるはずです。資格がなくてもできる仕事なのも魅力的ですね。

誰かに必要とされたい!必要としてくれる人の見つけ方3選

必要としてくれる人の見つけ方①自分の悪いところを隠さない

隠さず見せる

誰かに必要とされたい人が自分を必要としてくれる人を見つけるためには、まず自分の悪いところを隠さないということが大切と言えます。自分の良いところばかり見せようとしていても、本当に自分を必要としてくれる人は見つからないでしょう。さらに、自分の良いところばかり見せていては、自分自身も疲れてしまいます。

自覚している悪いところを隠し、自分の良いところだけで着飾っていても結局は必要としてくれる人を見つけることができないのです。だからこそ、自分の悪いところも隠さず、自分という人間すべてを受け入れてくれる人と出会うことが重要なのです。すべてを受け入れた上で必要としてもらうのがベストと言えます。

必要としてくれる人の見つけ方②どん底のときに一緒にいてくれる人

ツラいとき

本当に必要としてくれる人は、あなたがどん底のときに一緒にいてくれる人と言えます。どん底にいる人と一緒にいても大した得はないはずですよね。それでも一緒にいてくれるということは、本当のあなたの価値を見抜き、心から必要としてくれているからです。

最悪な状況でも見捨てずに一緒にいてくれる人こそが、自分を必要としてくれる人だと頭に入れておきましょう。楽しいときだけ一緒にいて、ツライときに離れていく人はその場だけのお付き合いに留めておくことをおすすめします。

必要としてくれる人の見つけ方③自分を愛する

自分を大切にする

誰かに必要とされたいと思うなら、まずは自分を愛するところから始めましょう。自分を愛することができれば、本当に自分を必要としてくれる人が自ずと見えてくるはずです。自分に自信を持ち、自分を労わってあげることができなければ、他人を気遣うこともできないので、必要としてくれる人が現れない可能性があります。

また、自分を愛することができなければ周りからの愛情にも気づきにくいことがあります。自分を愛することで、他人を気遣い、周りからの愛情に気づくことができれば、自分が必要とされていることにも気づけるでしょう。

自分を愛する方法は下の記事で紹介しています。どうして自分が自分を愛せないのか原因を追究し、自分を愛してあげられる道を見つけたい人は、ぜひ下の記事を参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 740168752
関連記事 自分を愛する方法5選|愛することの効果と自己肯定できない理由も

あなたは自分を愛することができていますか。自分を愛することが出来ると、

たくさんの人に必要とされる方法は?

たくさんの人に必要とされる方法①人の嫌がることをやる

嫌がられることを引き受ける

たくさんの人に必要とされたいのなら、人の嫌がることを率先してやると良いでしょう。人の嫌がることをやれば、周囲からの信頼も厚くなり、必要とされやすくなるでしょう。たとえば、みんなが嫌がる仕事を引き受けたり、誰もやりたがらない仕事に自ら手を上げたりすることが当てはまります。

人の嫌がることをする以外にも、信頼される人になることができればたくさんの人に必要とされるようになるでしょう。下の記事には信頼される人の特徴をまとめてあります。信頼される人になる方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 128367800
関連記事 信頼される人の特徴13選!信頼される人になる方法とは?

信頼される人の特徴とはどのようなものがあるでしょうか。今回は信頼される

たくさんの人に必要とされる方法②聞き上手

話を聞く

たくさんの人に必要とされる人ほど、聞き上手という特徴があるので、必要とされたいなら人の話を上手に聞く術を持ちましょう。聞き上手な人は、相談をされることも多いので、相談を受けるたびに必要とされていることを実感できるはずです。相談をしてもらえるようになるには、聞き上手であることは必要なスキルです。

聞き上手になる方法は、下の記事を参考にしてください。人の話を聞くコツや、聞き下手な人の特徴まで紹介していますので、聞き上手を目指す人にはおすすめです。

Small thumb shutterstock 533780047 1
関連記事 聞き上手になる方法やメリット14選!人の話を聞くコツは?聞き下手の特徴

聞き上手とはどういった人のことを言うのでしょうか。聞き上手になるには、

たくさんの人に必要とされる方法③周囲への気配りを欠かさない

同僚に気を配る

周囲への気配りを欠かさないことは、たくさんの人に必要とされることに繋がります。気配りができるということは、他の人の気持ちになって考えることができるということなので、周りからの信頼も得られて必要とされやすくなります。仕事はもちろんですが、恋愛や友人関係においても気配りは大切です。

気配り上手になりたい人は、ぜひ下の記事を読んでみてください。仕事で気配り・気遣いができるようになる方法を紹介していますが、仕事でできるようになれば、プライベートな人間関係の場でも気配りが上手になるはずです。

Small thumb shutterstock 124501291
関連記事 仕事で気配り・気遣いができる人になるには?気配り上手の自己PR例文も

仕事で気配りや気遣いができる人ってとても魅力的ですよね。どうしたらそん

必要とされたい思いは誰もが持つ心理

必要とされたいという思いは、大体の人が持っている心理と言えます。どんな人でも自分の必要性を感じていたいと思っているものなのです。必要とされたい思いが強いなら、その思いを生かした道に進みましょう!きっとたくさんの人に必要とされるようになるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。