Large thumb shutterstock 66136882

元カノの話をする男性心理10選!彼氏が過去の女と比べる理由も

更新:2020.07.25

元カノの話題ばかりする男性は、どのような心理を持っているのでしょうか。この記事では、元カノの話をする男性心理を10選にしてご紹介します!彼氏が今の彼女を過去の女と比べる理由についてもまとめるので、昔の彼女の話ばかりする彼氏に悩むあなたは必見です。

元カノの話をする男性心理・理由10選

元カノの話をする男性心理・理由①未練が残っている

会話

元カノの話をする男性心理や理由一つ目は、未練が残っているからです。元カノに対して未練が残っている人は、いくら時間が経とうと元カノの話をしてしまいがちです。話し相手が今の彼女であろうと、昔の彼女の話をすることはやめられないでしょう。

元カノの話をする男性心理・理由②元カノのようになってほしい

話し合い

元カノの話をする男性心理や理由二つ目は、元カノのようになってほしいからです。今の彼女に足りないところがあったり元カノのほうが優れていた部分があるような場合、男性は元カノの話をすることによって、理想に近づいてもらおうとすることがあります。

元カノの話をする男性心理・理由③ヤキモチを妬かせたい

笑顔で話す

元カノの話をする男性心理や理由三つ目は、ヤキモチを妬かせたいというものです。今の彼女にヤキモチを妬いてほしいという一心で元カノの話をする男性もいます。特に普段から愛情表現をすることの少ない彼女と付き合っていると、この傾向が強く表れます。

元カノの話をする男性心理・理由④モテることをアピールしたい

話し合い

元カノの話をする男性心理や理由四つ目は、モテることをアピールしたいからです。自分がいかにモテるかということを証明するために、元カノの話を手段として用いる男性もいます。過去の話とはいえ彼女以外の女性に好かれていたことを話すことで、一目置かれようとしているのです。

元カノの話をする男性心理・理由⑤話のネタの一つで深い意味はない

喧嘩する

元カノの話をする男性心理や理由五つ目は、話のネタの一つで深い意味はないということです。男性によっては、元カノの話とはただの話のネタの一つに過ぎず、そこに深い意味はないということもあります。元カノの話をされたからといって、必ずしも彼氏に未練が残っていると決めつけるべきではないと言えるでしょう。

元カノの話をする男性心理・理由⑥仕返しがしたい

話す二人

元カノの話をする男性心理や理由六つ目は、仕返しがしたいからです。普段から元彼の話をしたり別の男性の話をする彼女をみて、嫉妬心を覚え仕返しとして元カノの話を持ち出す男性もいます。あなたも無意識のうちに元彼の話をしてしまっていないか注意しましょう。

元カノの話をする男性心理・理由⑦自分のことを知ってほしい

話し合う二人

元カノの話をする男性心理や理由七つ目は、自分のことを知ってほしいというものです。幼少期や学生時代の話をするのと同じように、過去の恋愛話をすることでより深くまで自分のことを知ってほしいと考えている男性もいます。無神経なようですが、人によって過去の恋愛話の捉え方は違うものなのです。

元カノの話をする男性心理・理由⑧罪悪感を感じている

会話する二人

元カノの話をする男性心理や理由八つ目は、罪悪感を感じているというものです。元カノに対して未練のある自分に多少なりとも罪悪感を感じていて、せめてもの償いとして話題にすることで、今の彼女に嘘をついていないという姿勢を保とうとする男性もいます。

心で思うだけで話題にしなければ、表面上は彼女に対して一途なように見せることになるため、そこに罪悪感を感じるのがこのタイプの人の特徴です。しかし、話をされる彼女からすると、ただ不快な気持ちになることから罪滅ぼしにはなっていないということができるでしょう。

元カノの話をする男性心理・理由⑨なんでも言い合える関係を理想としている

仲良し

元カノの話をする男性心理や理由九つ目は、なんでも言い合える関係を理想としているということです。付き合っている彼女に忖度をせずなんでも打ち明けられるような関係を目指している男性は、タブーとされる元カノの話を敢えてすることによって、その壁を打ち破ろうとすることがあります。

通常であれば嫌がられるような話題を続けることによって相手に慣れてもらい、徐々になんでも言い合うことのできる恋人関係を目指すのが彼らの最終目標なのです。

元カノの話をする男性心理・理由⑩彼女の反応を伺いたい

会話するカップル

元カノの話をする男性心理や理由十つ目は、彼女の反応を伺いたいというものです。元カノの話をすることによって彼女がどのような反応を示すのかで、これから付き合っていく上においてのおおよその目安を知ることができます。怒ったり不快感をあらわにするようなら、今後はそうした話題を避けるのが適切といった具合です。

付き合った当初は、相手のことをよく知らないことから、どこからどこまでが許されるのかわからない部分もあるでしょう。彼らはその目安を元カノの話をすることによって測ることで、今後の付き合いをスムーズに進めていこうとしているのです。

以下に関連記事として、元カノが忘れられない彼氏の特徴についてまとめられているものがあります。いつまで経っても元カノを忘れてくれない彼氏は、どのような心理をもっているのでしょうか。付き合っている彼氏に元カノのことを忘れられていない傾向が見られるというあなたはこの記事を読みながら心理に迫ってください。

男が元カノと今の彼女を比べる心理は?

男が昔の彼女の話をしたり今の彼女を比べる心理①今の彼女に不満がある

喧嘩

男が昔の彼女の話をしたり今の彼女を比べる心理一つ目は、今の彼女に不満があるということです。現在付き合っている彼女に不満を感じている男性は、つい元カノと比べてしまいがちです。少しでも嫌なところがあると、「前の彼女はそんなことなかったのに」と、過去の女性を持ち出してしまうのです。

男が昔の彼女の話をしたり今の彼女を比べる心理②思い出を美化している

会話

男が昔の彼女の話をしたり今の彼女を比べる心理二つ目は思い出を美化しているということです。過ぎ去ったことを美化してしまいがちな人は、今ある幸せを素直に喜ぶことができず、過去を持ち出して比べてしまいがちです。ただ、彼らは実際に過去の恋愛の方が幸せを感じていたというわけではなく、脳内変換しているだけです。

こうして男性は都合よく過去を美化してしまうことによって、いちいちいまの彼女と元カノのことを比べてしまうようになるのです。これは一種の思考の癖のようなもののため、いくら過去より今の恋愛の方が幸せになろうと比べる傾向がなおることはありません。

以下に関連記事として、元カノと今カノのどっちが良いかを男性が比べる瞬間についてまとめられているものがあります。男性は、どのような瞬間に元カノと今の彼女を比べるのでしょうか。彼氏に元カノと比べられる機会が多く不満を感じているあなたはぜひ一度読んで参考にしてみてください。

過去の女の話をされて不愉快な時の対処法は?

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法①正直に嫌と伝える

怒る女性

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法一つ目は、正直に嫌と伝えることです。昔の彼女の話をされることは、どんな女性にとっても不愉快極まりないことのはずです。そんな話をしてくる男性には、なるべく正直に不快な気持ちを伝えることで、やめてもらえるよう促しましょう。

それでも昔の彼女の話をやめてくれないというのであれば、単純にあなたへの愛情が不足していることを表していると考えるべきです。嫌がることをやめてくれない彼氏は、元カノの話にかかわらず様々な場面で無神経な発言を繰り返す恐れがあります。この機会に付き合い方を見直すべきでしょう。

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法②聞き流すようにする

喧嘩する二人

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法二つ目は聞き流すことです。過去の女の話をされたら、なるべく聞き流すようにして、気にしないようにしましょう。真正面から耳を傾けてしまうからこそ辛くなるという場合もあるものです。なんでもないことのように軽く聞き流し、嫌な気持ちになる機会を減らしましょう。

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法③過去の男の話をする

怒る人

彼氏に過去の女の話題を出されて不愉快な時の対処法三つ目は、自分も過去の男の話をすることです。過去の女の話をされることがどれほどまでに不快かということを伝えるには、自らも過去の男性の話をすることがおすすめです。ただし、この方法で相手の男性の元カノ話がより激化してしまう恐れもあるので注意も必要です。

元カノの話をする男性心理を知って上手に対処しよう!

元カノの話をする男性には様々な心理が隠されています。その心理ひとつひとつを詳しく知ることで、正しい対処法も見えてくることでしょう。付き合っている彼氏に過去の女性の話をされて嫌な気持ちになったら、まずはなぜ相手が元カノ話をするに至ったのかの原因を特定するべくこの記事を参考にしてみてください。

その心理が特定できたら、あとは元カノ話をやめてもらうべく、適切な措置をとるのみです。ただ、どんな方法を以ってしても元カノ話をやめてくれない彼氏とは、付き合いそのものを見直すことも必要であると考えておきましょう。元カノの話ばかりする男性に振り回されてしまわないように注意してくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。