INDEX

腕まくりする男性心理・理由6選|①〜③

腕まくりする男性心理・理由①自分を格好良く見せたい気持ち

腕がたくましい男性

腕まくりする男性心理と理由1つ目は、自分を格好良く見せたい気持ちが考えられます。腕まくりをすると前腕の血管や筋肉がバッチリと周りに見えます。とくに、体を鍛えている男性なら自分の鍛えた筋肉を周囲に見せびらかしたい意識があります。俺の筋肉はすごいだろ!とワイルドでかっこいい自分をアピールしているのです。

ワイルド感をアピールしたい男性は、女性の前ではもちろん男性の仲間の前でも腕まくりをしています。ジムに通ったり自宅で体を鍛えているため、太くてたくましい手首や前腕のムキムキ度合いを見せびらかしたいのです。季節や場所を問わずいつでも腕まくりをして、自分のかっこよさをアピールして褒めてもらいたいのです。

腕まくりする男性心理・理由②やる気がみなぎっている状態

腕組みをする仲間たち

腕まくりする男性心理と理由2つ目は、やる気がみなぎっている状態と言えます。普段は腕まくりをしない人が腕まくりをしていたとしたら、仕事や勉強などへの前向きな姿勢を示しています。徹底的に集中して片付けたい!という意識が自然に腕まくりに現れるのです。よし、やってやるか!というやる気が高まっている状態です。

また、本当は苦手なことを頑張ってやらなければならない時にも、男性は腕まくりをする傾向があります。掃除や片付けが苦手だけれど、引っ越しするからやらなければいけない!受験のために苦手な勉強に取り組まなければいけない!など、腕まくりをして自分の気持ちを奮い立たせているのです。

腕まくりする男性心理・理由③相手に気持ちを許している状態

彼女にプレゼントをする男性

腕まくりする男性心理と理由3つ目は、相手に気持ちを許している状態と言えます。ビジネスなどで初めて会う人の前ではとても緊張しているため、しっかりとシャツのボタンを止めて腕まくりをすることは決してありません。しかし、心を許している相手の前では、腕まくりをして自分の素の部分を見せたいと思っているのです。

もし付き合っている彼氏が腕まくりをするようになったら、彼女に完全に気持ちを許している状態と言えます。自分の前で男性が腕まくりをすることは、二人の信頼関係がうまく築けている証拠なのです。

腕まくりする男性心理・理由6選|④〜⑥

腕まくりする男性心理・理由④おしゃれに着こなしたい気持ち

ペアルックの男女

腕まくりする男性心理と理由4つ目は、おしゃれに着こなしたい気持ちが考えられます。ファッションが好きでおしゃれに敏感な男性であれば、カチッとしがちなシャツを腕まくりすることが多いです。腕まくりをすることで着崩しをして、自分流のスタイルを楽しんでいるのです。また手首を見せることで、着痩せ効果もあります。

おしゃれ意識の高い男性は、どういう着こなしをしたら格好良く見えるのか、ボタンの止め方一つでスタイルをよく見せる方法などを熟知しています。おしゃれ男子にとって腕まくりは、あくまでもファッションの一部として捉えているので、相手に対して深い意味は特に持っていないことがあります。

腕まくりする男性心理・理由⑤気持ちを切り替えたい状態

ドライブする男女

腕まくりする男性心理と理由5つ目は、気持ちを切り替えたい状態になっています。ストレスや疲れが溜まっていて、リフレッシュしたい時に腕まくりをすることがあります。旅行やドライブなど新しい環境に身をおいた時によく見られます。また、仕事中に腕まくりした時には疲れやストレスが溜まってきている状態とも言えます。

職場で同僚が腕まくりをしていたら、仕事がバタバタして忙しくて余裕がない状態かもしれません。そんな時には声をかけて優しくフォローしてあげましょう。できることなら仕事を少し手伝ってあげたり、あったかいコーヒーを入れて男性の気分転換を促してあげるのがおすすめです。

腕まくりする男性心理・理由⑥女性にモテたい気持ち

女性を狙っている男性

腕まくりする男性心理と理由6つ目は、女性にモテたい気持ちがあります。腕まくりをするとワイルドな自分の魅力を引き立ててくれると思っているので、女性の前で腕まくりをするのです。男らしい部分を感じさせて、女性を誘惑したいと思っています。とくに合コンで腕まくりをしている男性は、モテたい意識が高いと言えます。

自分のことを口説こうとしているだけではなく、女性全般に対してモテたいという意識が高いことがあるので、アプローチされた時には注意しましょう。いつも腕まくりをする男性は、浮気をしたり女性にルーズな場合があるので、真面目な付き合いをしたい場合には気をつけなければいけません。

腕まくりをよくする人の性格は?

うでまくりをよくする人の性格①プラス思考でポジティブな性格

パーティをする人たち

うでまくりをよくする人の性格1つ目は、プラス思考でポジティブな性格が考えられます。うでまくりをすることは、自分の気持ちを上向きに持っている証拠と言えます。つまり、エネルギーに溢れていたり元気であることが多いのです。明るくプラス思考なので、友達も多く周囲からも好かれている男性が多いでしょう。

うでまくりをよくするポジティブな性格の男性は、行動力もあるため友人たちと集まったりパーティを主催したりすることも多く、友達から頼られるのが特徴です。

うでまくりをよくする人の性格②自分に自信があるナルシスト

自信を持って笑う男性

うでまくりをよくする人の性格2つ目は、自分に自信があるナルシストの傾向があります。自分に自信があるので自分のことを良く見られたい、格好良く思われたい、おしゃれに見られたいという気持ちがあります。自信過剰な部分があるため、うでまくりをして周りと違う目立つ格好をすることで一目置かれたいと思っています。

うでまくりをよくする人の性格③おしゃれ意識が高い

洋服を選ぶ男性

うでまくりをよくする人の性格3つ目は、おしゃれ意識が高いと言えます。周りと同じ着こなしでは満足できない!とファッションにこだわりを持っている人が多いです。シャツはこういう風に折り返すと格好良く見える、ニットの袖はどこまでまくると抜け感が出るかなど、いつもおしゃれを意識しているのが特徴です。

うでまくりをよくする人の性格④ガツガツしている肉食男子

女性に寄り添う男性

うでまくりをよくする人の性格4つ目は、ガツガツしている肉食男子が考えられます。うでまくりをする人は、女性受けを狙っていることが多いです。男性のたくましい筋肉をみるのが好きな女性が多いため、わざと腕まくりをして女性の心を引きつけようとしています。ワンチャンあるかも!とエッチな下心を持っているのです。

行動心理学からみる仕草・癖に隠された心理は?

行動心理学からみる仕草・癖に隠された心理①両手を広げるのは受入れの姿勢

かっこつける男性

行動心理学からみる仕草と癖に隠された心理1つ目は、両手を広げるのは受入れの姿勢を示しています。腕まくりは相手に対して心を許している状態を意味していましたが、両手を広げるのはさらに相手を受け入れることを意味しています。男性が腕を組まず両手を広げていたら、付き合いのOKがもらえる可能性が高いと言えます。

行動心理学からみる仕草・癖に隠された心理②頬をつねるのはキスしたい

頬をつねる男性

行動心理学からみる仕草と癖に隠された心理2つ目は、頬をつねるのはキスしたい気持ちを表しています。男性が女性の頬をつねるのは、女性を可愛い!触れたい!と思っているからです。腕まくりをしている彼が頬をつねる時には、女性も男性の頬をつねり返して可愛くスキンシップを取って、キスをOKしてあげましょう。

行動心理学からみる仕草・癖に隠された心理③シャツをまくるのは口説きたい

口説いている男性

行動心理学からみる仕草と癖に隠された心理3つ目は、シャツをまくるのは口説きたい心理の現れです。二人で会話をしている時に男性が腕まくりの仕草を始めたら、男性は女性のことを誘いたい気持ちで溢れている状態といえます。どうやったら彼女を落とすことができるのか、彼女をモノにしたい!と頑張って考えているのです。

腕まくりする男性の気持ちを受け入れてあげよう!

手をつなぐ二人

ここまで腕まくりする男性の心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?女性の前で腕まくりする行動は、男らしいワイルドな部分をアピールしていたり、相手に好意を持っている心理なのがわかりました。また、おしゃれ男子は、ファッション性を重視して腕まくりするのもわかりましたね。

今回お伝えした腕まくりする男性の心理について以外にも、男女別に腕組みをする癖の心理を解説した記事や、二の腕を触るなどボディタッチの仕草をする男性心理について詳しく説明した記事がありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

ここまで腕まくりする男性の心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?女性の前で腕まくりする時には、男らしいワイルドな部分をアピールしていたり、相手に好意を持っている心理なのがわかりました。また、おしゃれ男子は、ファッション性を重視して腕まくりするのもわかりましたね。

Small thumb shutterstock 561827119 1
関連記事 男女別に腕組みをする癖の心理を解説!相手に後ろめたいことがあるかも?

気になる異性の気持ちや心理を知れたらいいと思いませんか? 腕組みをす

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。