INDEX

自立できない人の特徴7選!

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴①人に依存する

男性にもたれかかる女性

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の1つ目は、『人に依存する』ということです。「自分のことは自分でしよう」という気持ちがあまりありません。「誰かにやってもらえるのなら、自分がしなくても良い」という考え方の特徴があります。この為、自分でできることでも他の人にためらうことなくお願いします。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴②親離れできていない

仲良し家族

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の2つ目は、『親離れできていない』ということです。ここでの「親離れできていない」とは、「親と同居している」ということです。親と同居していると、家事全般は親がやってくれます。自分が生きていく上で必要な生活面に関することはすべて親に頼って生きている、ということです。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴③自分の意見がない

相談する三人

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の3つ目は、『自分の意見がない』ということです。自分の意見を持たなくて良いからです。「誰かの意見に乗っかっていれば楽」という考え方の特徴があります。自分の意見を持ってしまうと、違っていた時にいろいろ支障が出ます。そのような面倒なことになるのは嫌なのです。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴④自己決断力がない

迷う人

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の4つ目は、『自己決断力がない』ということです。自分のことを自分で決めません。「決められない」のではなく、「決めない」のです。その方が自分で考えなくて済むからです。何かについて考えること自体が面倒だと感じています。それは自分に対することも含まれているのです。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴⑤責任転嫁する

バツ印を作る人

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の5つ目は、『責任転嫁する』ということです。悪い事が起こった時は、自分の責任だとは思っていません。誰かが邪魔をしたからという考え方です。また、大きな責任を伴うようなことは極力引き受けないようにしています。責任が伴うと、面倒ごとに巻き込まれる可能性が高いからです。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴⑥喜怒哀楽が激しい

怒る人

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の6つ目は、『喜怒哀楽が激しい』ということです。感情のコントロールはあまり得意ではありません。何故なら、これまでずっと自分の思い通りになってきたからです。両親がそのようにしてきたのでしょう。その為、感情のコントロールをしなくて済む環境だったのです。

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴⑦自己中心的

耳を塞ぐ男性

精神的に独り立ち・自立できない人の特徴の7つ目は、『自己中心的』ということです。ずっと、自分のお城の中だけで生活してきました。それは現在も続いているでしょう。周囲の人たちは全員自分の言うことを聞くのが当たり前、という考え方が培われてしまっています。自己中心的になるのは当然と言えるでしょう。

自己中心的な人や自分の保身に走る人は、一緒にいると疲れますよね。そういう人たちには共通した特徴があります。知りたいと思われた方は、こちらもご覧になってみてください。

Small thumb shutterstock 678594811
関連記事 自己中な人の特徴は我慢ができない人?自己中な人の特徴15選をご紹介!

自己中な人の特徴は、自分中心に物事を考え、我慢ができない人です。誰にも

Small thumb shutterstock 680916895
関連記事 自己保身に走る人の女性心理4つ|自己中心の特徴と直す方法は?

自己保身をしたい気持ちは誰でもありますが、いきすぎてしまうと自己中心な

自立できない原因・理由は?独り立ちできない大人の心理は?

独り立ち・自立できない心理的原因・理由①自分が嫌い

自分が嫌いな女性

独り立ち・自立できない心理的原因・理由の1つは、『自分が嫌い』ということです。自分の悪いところばかりに意識や気持ちが向いている、という原因です。自分を支えるのは自分自身ですが、嫌いな人間を支えることは誰でも極力避けようとします。自分が嫌いなので自分を支えたくない、というわけです。

独り立ち・自立できない心理的原因・理由②自分を知らない

たくさんのはてなマーク

独り立ち・自立できない心理的原因・理由の2つ目は、『自分を知らない』ということです。本当の自分を知る方法がわからない、という原因が挙げられます。この為、自分の本当に良いところを知ることができず、自分が嫌いになってしまっています。嫌いな自分は支えたくないということです。

独り立ち・自立できない心理的原因・理由③自信がない

自信がない男性

独り立ち・自立できない心理的原因・理由の3つ目は、『自信がない』ということです。自分に自信がないと、自分の足で立って歩いていくことは難しくなります。常に誰かに頼っていないと不安になる、という心理的原因が挙げられます。

独り立ち・自立できない心理的原因・理由④苦労したくない

バカンスを楽しむ男性

独り立ち・自立できない心理的原因・理由の4つ目は、『苦労したくない』ということです。自分の足で立って生きていくと、さまざまな苦労も背負うことになります。そんな苦労は背負いたくない、という心理的原因があります。

独り立ち・自立できない心理的原因・理由⑤家庭環境

母親と子供

独り立ち・自立できない心理的原因・理由の5つ目は、『家庭環境』という原因です。幼少期から両親に過剰に干渉されて育つと、「自分の力で生きて行こう」という気持ちは培われません。なんでも両親がやってくれるからです。それが当たり前になっていると、大人になってもその感覚が抜けなくなってしまいます。

自立している人の特徴は?自立できない人との違いは?

自立している人と自立できない人の特徴の違い①金銭感覚

瓶詰めされたお金

自立している人と自立できない人の特徴の違いの1つ目は、『金銭感覚』です。自立している人は、金銭感覚に大変優れています。本当に自分に必要なものしか購入しません。金額に踊らされるなどのような、無駄遣いをすることはありません。

できない人は、金銭感覚がかなりずれています。「欲しい」と思ったものは、どんなことをしても手に入れようとします。お金が足りなければ借金してでも手に入れようとします。金銭面での不安がないからです。

自立している人と自立できない人の特徴の違い②ポジティブさ

ポジティブな男性

自立している人と自立できない人の特徴の違いの2つ目は、『ポジティブさ』です。自立している人は、考え方が大変ポジティブです。それは、自分の足で人生を歩んでさまざまな経験をしているからです。これまでの経験から、「きっと大丈夫」という考え方ができています。

できない人は、あまりポジティブとは言えません。誰かに依存して生きているので、経験値が低いのです。「わからない」ということに人間は恐れの感情を抱きます。経験値が低いということは、それだけ「わからない」ということが多い為、ポジティブになりにくいのです。

自立できない特徴を変えないデメリットとは?

自立できない特徴を変えないデメリット①友達が少ない

犬と戯れる男性

自立できない特徴を変えないデメリットの1つ目は、『友達が少ない』ということです。何故なら、旅行や買い物に行くのも親と一緒になることが多いからです。また、特定の友達と一緒に行動することも多い為、交友関係が狭くなります。

自立できない特徴を変えないデメリット②恋愛対象から外される

振られた男性

自立できない特徴を変えないデメリットの2つ目は、『恋愛対象から外される』ということです。すべての人たちには、「自分の人生」があります。自分の人生を歩むことで忙しいのに、自分の人生をそのまま他人に丸投げするような人は、恋愛対象から外されるのです。

自立できない人が自立するには?自立したい人の独り立ち方法6選!

自立する方法①親離れする

大家族

方法は『自立するには親離れする』ということです。親と同居していては自立できません。生活面をすべて親に頼ってしまうからです。自分のことは自分でするという意志があっても、親がしてしまうこともあります。これでは自立したくてもできません。自立するには、まずは独り暮らしを始めましょう。

自立する方法②自信を持つ

自信がある男性

方法の2つ目は『自立するには自信を持つ』ということです。自分の力で自分の人生を歩むには、自信を持たなければなりません。自分の力を信じる心が不可欠になるからです。まずはできていることをリストアップしてみましょう。紙に書き出してみることで、自信が湧いてきます。自立するには自信を養いましょう。

自立する方法③チャレンジ精神を持つ

新しい仕事にチャレンジする男性

方法の3つ目は『自立するにはチャレンジ精神を持つ』ということです。新しいことにどんどんチャレンジしましょう。経験を積むことで、それはあなたの自信につながります。できることが増えていくからです。自立するには自信を育てる為に、チャレンジ精神を持ちましょう。

自立する方法④責任感を持つ

責任感が強い男性

方法の4つ目は『自立するには責任感を持つ』ということです。自分の足で自分の人生を歩むには、責任が伴います。自立するには、自分の人生に責任を持つ強さが必要なのです。「自分の人生に責任を持つ」と自分自身に宣言しましょう。宣言することで、そのように行動できるようになります。責任感を培っていきましょう。

自立する方法⑤金銭感覚を見直す

たくさんのコイン

方法の5つ目は、『自立するには金銭感覚を見直す』ということです。自分で生きて行く為には、お金が必要になります。自分の生活を自分で賄っていかなければならないからです。自立するには、正しい金銭感覚が必要になります。無駄遣いをなくし、自分にとって本当に必要なものだけを購入する習慣をつけましょう。

自立する方法⑥自立したいと思う

自立しようとしている男性

方法の6つ目は『自立するには自立したいと思う』ということです。自立したいと思う気持ちからすべては始まります。どんなことでも、あなた自身の意思が大切なのです。まずは「自立したい」と思いましょう。自立したいと強く思うことで、具体的な計画を立てたり、行動を起こしたりできるでしょう。

自立できない人は自分を知ることから始めよう

煉瓦の壁にもたれる男性

自立できない人は、自分に何かが足りないと思っているのでしょう。その足りない部分が明確になっていない為に不安なのです。不安になると誰かに頼りたくなります。まずは自分を知って何が足りないのかを知りましょう。足りないものがわかれば、それを補う努力をすることで、自立心は養われていくでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。