INDEX

18畳の縦長リビングの特徴は?

18畳の縦長リビングは家族住まいでも使いやすいリビングダイニングの広さ

18畳の縦長リビングの特徴は、マンションや戸建てなどでも多い間取りの一つです。例えば、キッチン4畳+ダイニング6畳+リビング8畳や、キッチン3畳+ダイニング5畳+リビング10畳などの間取りが一般的なようですね。

18畳のリビングダイニングは、4人用のダイニングテーブルと2〜3人がけのソファーを置けるくらいの広さの余裕があり、家族住まいの方でも広すぎず狭すぎずで使いやすい広さのようです。しかしそうはいっても、広々とした空間にしたい場合には、家具の配置やレイアウトバランスの工夫も取り入れることをおすすめします。

18畳の縦長リビングはインテリア次第でより快適に広々と

18畳の縦長リビングは、家具のレイアウトもしやすく人気の間取りですが、一人暮らしや二人暮らしならまだしも、3〜4人などの家族住まいの場合には、余裕がある広さとまでは言えないですよね。しかし、インテリア次第ではより快適に広々と感じることも可能です。

家具の配置やインテリアコーディネートなど、視覚効果を有効活用することで、マンションなどの狭いリビングもより快適にアレンジ可能です。狭いリビングのレイアウト例など、おしゃれなマンションインテリアについては、以下の記事でご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 600408062
関連記事 おしゃれなマンションインテリアは?狭いリビングレイアウト実例10個

狭いリビングでも諦めない!おしゃれなマンションインテリアのコツや家具選

18畳のリビングのレイアウトのコツ5選

18畳のリビングのレイアウトのコツ①リビングダイニングの間取りの分配

18畳のリビングのレイアウトのコツ

18畳のリビングのレイアウトのコツ1つ目は、リビングダイニングの間取りの分配です。ダイニングをコンパクトにまとめることで、リビングを広々とスペースを確保したり、生活スタイルに応じて間取りの取り方をアレンジするのもおすすめです。

18畳のリビングのレイアウトのコツ②家具は壁際配置で窓への動線確保

18畳のリビングのレイアウトのコツ2つ目は、家具を壁際に配置することで、窓へ抜ける動線を確保したレイアウトです。特に、縦長な間取りの場合には、家具を壁際に配置することで、部屋の中央にゆとりが生まれておすすめです。

18畳のリビングのレイアウトのコツ③キッチンの配置に応じた動線

18畳のリビングのレイアウトのコツ3つ目は、キッチンの配置に応じた動線を重視したレイアウトです。キッチンとダイニングを近づけて配置することで、食事を運ぶ際などもスムーズですよね。

リビングダイニングの家具の配置例や、縦長のLDKにおすすめなレイアウトについては、以下の記事でもご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 671160535
関連記事 リビングとダイニングの家具配置例19選|縦長・横長LDKのレイアウトも

家の中で、家族が多くの時を共にする場所がリビングを主としたLDKです。

18畳のリビングのレイアウトのコツ④ソファダイニングやベンチタイプ

18畳のリビングのレイアウトのコツ4つ目は、ソファダイニングやベンチタイプのダイニングセットを取り入れたインテリアです。ダイニングテーブルとソファを合わせて使用するソファダイニングを取り入れれば、その分リビングスペースにはソファを置かないで済むので、空間を広々と活用することが出来ますね。

また、背もたれのないベンチタイプの椅子をダイニングに取り入れることで、背もたれで視界を遮られることもなく、空間に広がりを感じることもできますね。

18畳のリビングのレイアウトのコツ⑤二人掛けダイニングならリビング広々

18畳のリビングのレイアウトのコツ5つ目は、二人掛けダイニングテーブルでリビングを広々と確保したインテリアです。18畳のリビングは、家族暮らしでも過ごしやすい広さですが、ダイニングのスペースを圧縮するようにコンパクトな家具を取り入れれば、その分、リビングを広々とした空間として活用できますね。

18畳のリビングのレイアウト実例5選

18畳のリビングのレイアウト実例①ダイニングに背を向けた独立型リビング

18畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例1つ目は、ダイニングに背を向けた独立型リビングインテリアです。ダイニングに背を向けるようにソファを配置することで、視線が交差しないので、ダイニングとリビングで各々作業をしたり、プライベートな時間を確保したいという方におすすめです。

18畳のリビングのレイアウト実例②キッチンとリビングを固めて動線重視

18畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例2つ目は、キッチンとリビングを固めて生活動線を重視したインテリアです。

【18畳のリビングのレイアウトのコツ③キッチンの配置に応じた動線】でもご紹介したように、キッチンから食事を運ぶ際にもスムーズで、また、ダイニングとリビングの距離を取ることもできるのでプライベートな時間を確保しやすく、仕事の都合などで食事の時間が異なり時間の過ごし方が異なってしまう方にもおすすめです。

18畳のリビングのレイアウト実例③カウンターテーブルで省スペース

18畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例3つ目は、カウンターテーブルで省スペースに仕上げたインテリアです。あえて、ダイニングテーブルを置かずに、カウンターテーブルを食卓として使用することで、ダイニングの空間を省スペースにすることができるので、縦長な間取りのLDKにもおすすめです。

18畳のリビングのレイアウト実例④あえてリビングはローテーブルなしで

18畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例4つ目は、あえてリビングはローテーブルなしで空間を広々とさせたレイアウトです。

1Kやワンルームの場合には、ソファ前のローテーブルで食事や作業などをする場合もありますが、ダイニングテーブルを置くことのできるLDKの場合には、意外にもリビングでのローテーブルは使用頻度が少ない場合もあるので、置かないという選択もおすすめです。

18畳のリビングのレイアウト実例⑤視覚効果で広々見える丸型ラグ

18畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例5つ目は、視覚効果で広々見える丸型ラグを取り入れたインテリアです。見える床の余白が増えることで、視覚的に広く感じることができるので、角のない丸型ラグもおすすめです。

丸型のラグはニトリなどでも購入することができるので、サイズやデザインなどでインテリアのアクセントにするのもおすすめです。ニトリやIKEA、無印良品で人気のおすすめのラグについては、以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 597168341
関連記事 おすすめのラグ15選!ニトリ・IKEA・無印で人気比較!選び方は?

ニトリやIKEA、無印良好は、お洒落で機能的なレパートリー豊富なおすす

18畳のリビングにおすすめの家具は?

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具①木目で揃えたウッド家具

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具1つ目は、木目で揃えたウッド家具です。フローリングや建具などと色合わせがしやすい木目などウッド系の家具は、空間を広々と感じたい、18畳のLDKのリビングにもおすすめです。

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具②省スペースな伸長テーブル

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具2つ目は、省スペースな伸長テーブルです。普段は2人用テーブルなどコンパクトにして置くことが出来、来客時などにはテーブルスペースを広げることが出来て便利と人気です。

IKEAなどでも販売されていて、デザインやサイズなど種類も豊富です。ニトリやIKEA、無印良品で人気のテーブルについては、以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 671160535
関連記事 おすすめのテーブル15選!ニトリ・IKEA・無印で人気比較!選び方は?

勉強や食事、コーヒーブレイクなどお家時間を充実させてくれるテーブルは選

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具③圧迫感のない丸型テーブル

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具3つ目は、圧迫感のない丸型テーブルです。角のない丸型テーブルも、圧迫感がないので、空間を広々とさせたいLDKのダイニングテーブルにおすすめです。

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具④圧迫感のないベンチソファ

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具4つ目は、圧迫感のないベンチソファです。圧迫感のない家具といえば、ベンチソファも人気です。背もたれ部分や肘置きに高さがなくすっきりとしているので、縦長リビングなどでも空間の広がりを感じることが出来ておすすめです。

ベンチソファは様々なメーカーやショップからも販売されていますが、中でも、無印良品のベンチソファは人気で評判が高いです。無印良品のソファについては、以下の記事でご紹介していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 597946574
関連記事 無印良品のソファ11選!おすすめ・評判・口コミは?一人暮らしにも

家でのくつろぎ時間に欠かせないソファはインテリアの主役の一つ!無印良品

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具⑤縦長間取りにはビーズソファも

18畳のLDKのリビングにおすすめの家具5つ目は、ビーズソファです。圧迫感のないビーズソファは、縦長な間取りのLDKにもおすすめです。

17畳・19畳・20畳のリビングのレイアウト実例6選

17畳のリビングのレイアウト実例①カウンターデスクでコンパクトな食卓

17畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例1つ目は、コンパクトな食卓スペースでリビングの広さを確保したインテリアです。

キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが15畳程度になる17畳リビングの場合には、ダイニングテーブルは小さなサイズのものにしないとかなり空間を圧迫してしまうこともあります。

ダイニングで過ごす時間は少なく、むしろリビングでの時間を重視したいという方の場合には、カウンターデスクなどでコンパクトな食卓にするのもおすすめです。

17畳のリビングのレイアウト実例②色使いを抑えてすっきり広々

17畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例2つ目は、色使いを抑えてすっきり広々とした視覚効果を叶えてくれるインテリアコーディネートです。

キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが15畳程度になる17畳リビングの場合には、少しでも空間が広く感じられるように、視覚効果を味方につけたインテリアがおすすめです。

部屋の中の色使いが原色や濃い色の場合には圧迫感が出るので、淡い色で床材や壁紙の色と馴染みの良いベージュやライトグレーなどを取り入れて、3色以内に抑えるインテリアコーディネートがおすすめです。

19畳のリビングのレイアウト実例①L字ソファもベンチソファなら開放感

19畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例1つ目は、圧迫感のないベンチソファタイプのソファを取り入れたインテリアです。【18畳のリビングにおすすめの家具は?】でもご紹介したように、背もたれの高さのないベンチソファは19畳のリビングにもおすすめです。

キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが16〜17畳程度になる19畳リビングの場合にも圧迫感は少しでも減らしたいですよね。

また、ゆったりと足を伸ばしたり寝転んでくつろげるL字ソファは、場所をとりがちなので、ある程度の部屋の広さが求められますが、ベンチソファタイプのL字ソファなら開放感があるので、19畳リビングなどにもおすすめです。

19畳のリビングのレイアウト実例②壁面収納で頭上の広がりを

19畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例2つ目は、壁面収納で頭上の広がりを意識したインテリアです。18畳よりやや広い19畳リビングの場合にも、さらに空間を広く感じられる家具選びやインテリアを取り入れたいですよね。

キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが16〜17畳程度になる19畳リビングの場合には、ある程度空間に余裕があるので、ついつい家具を増やしがちですが、やはりそこはアイテム数を増やしすぎて部屋が狭く感じてしまうこともあるので注意が必要です。

リビングダイニングに背の高い収納家具などを取り入れると圧迫感が生まれて部屋が狭く感じてしまうこともあるので、そんな時にはウォールシェルフなどの壁面収納を取り入れるのもおすすめです。

20畳のリビングのレイアウト実例①L字ソファでゾーニング

20畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例1つ目は、L字ソファでゾーニングする方法です。L字ソファはオットマンの向きなど、配置次第で空間を仕切り、ゾーニングするのにもおすすめです。

しかし、キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが15畳程度になる17畳リビングの場合や、18畳リビングの場合には、L字ソファを配置する向きによっては空間を狭く感じてしまうこともありますよね。

20畳リビングの場合には18畳に比べ空間に余裕があるので、あえて、リビングダイニングに繋がりを持たせない、空間ごとに独立して過ごしやすいインテリアもおすすめです。20畳あれば、かなりレイアウトの自由度もアップしますね。

20畳のリビングのレイアウト実例②ガラスシェルフなど家具で間仕切り

20畳リビングの間取りのレイアウト・インテリア実例2つ目は、ガラスシェルフなど家具でリビングダイニングを間仕切りしたレイアウトです。

キッチンをのぞいたリビングダイニングの広さが17〜18畳程度になる20畳リビングの場合には、家具の配置などレイアウトのレパートリーも広がるので、その分、好みのテイストのインテリアなども取り入れやすくなりますね。

広さに余裕のある20畳リビングの場合には、家具などの間仕切りでしっかりとゾーニングして、生活空間を棲み分けすることも可能です。また、家具の代わりに観葉植物で間仕切りをするのもおすすめです。

テクニックを駆使して18畳のリビングをもっと広々快適に!

マンションなどにも多い18畳の縦長リビングは、家族暮らしでも使いやすいちょうど良い広さとして人気ですよね。しかし家具選びやレイアウト、インテリアコーディネート次第ではもっと広々快適に感じることも可能です。そういったテクニックは17畳、19畳、20畳の間取りにも応用できるので、参考にしてみて下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。