INDEX

ワンピースの形の種類【シルエット別】

ワンピースの形の種類①タイト(ストレート)

ワンピースの形の種類1つ目は、タイトやストレートです。タイトワンピースは上半身も下半身もぴったりとしているので、スタイルに自信のある女性におすすめです。ストレートワンピースは、タイトよりもゆとりがありスタイルがよく見えます。

ワンピースの形の種類②Aライン

ワンピースの形の種類2つ目は、Aラインです。スカートの裾を広げると、Aのシルエットになるのが特徴です。Aラインワンピースは、トレンドのナチュラルコーデにも人気となっており、リラックス感がありながらフェミニンさやレトロな雰囲気も感じられます。

ワンピースの形の種類③コクーン

ワンピースの形の種類3つ目は、コクーンです。コクーンとは繭のことで、全体的にふんわりと丸みのあるシルエットが特徴です。コクーンワンピースは他のワンピースと違い、裾がすぼまっており可愛らしい印象も受けます。

ワンピースの形の種類④ベルライン

ワンピースの形の種類4つ目は、ベルラインです。ベルラインワンピースは、ウエストの切り替えから、スカートが釣られた鐘のような三角の形をしています。スカートにボリュームがあり、ウェディングドレスに使われているシルエットです。

ワンピースの形の種類⑤カシュクール

ワンピースの形の種類5つ目は、カシュクールです。カシュクールとは、前身頃が重なっているデザインのものです。カシュクールワンピースは、全体的にストレートな印象で胸元に目が惹かれセクシーな印象を受けるワンピースです。

カシュクールワンピースの多くはウエストがキュット締まっているので、スタイルが良く綺麗なシルエットに見えるデザインです。パーティードレスにも多いデザインで、大人の女性らしさを演出してくれます。

ワンピースの形の種類【長さ別】

ワンピースの長さの種類①ミニ丈

ワンピースの長さの種類1つ目は、ミニ丈です。膝よりもかなり丈が短く、太ももが見える丈をミニ丈と呼びます。ミニ丈ワンピースは、足を長く見せてくれる効果があるので、背の低い人にもおすすめです。

ミニ丈ワンピースは、女性にしかないセクシーな魅力を引き出してくれます。フリルやレースなどが付いた可愛らしいフレアタイプや、清楚な雰囲気のプリーツタイプ、大人セクシーなタイトタイプなど、種類も豊富です。

ワンピースの長さの種類②膝丈

ワンピースの長さの種類2つ目は、膝丈です。膝の丁度真ん中から、膝頭が隠れるくらや丈を膝丈と呼びます。膝丈ワンピースは幅広い年齢層に人気の丈感で、可愛らしさの中に清楚も感じられるアイテムです。

膝丈ワンピースはシルエットやカラーによって、色々な雰囲気のファッションが楽しめます。ワンピースは丈が短い程子供っぽい印象になってしまいますが、膝丈は若さも大人っぽさも演出できるのでおすすめです。

ワンピースの長さの種類③ミモレ丈

ワンピースの長さの種類3つ目は、ミモレ丈です。ひざ下の半端な丈をミモレ丈と呼び、1番太いふくらはぎが隠れる程度の丈となります。大人コーデからカジュアルコーデまで、どんなスタイルとも合わせやすく使いやすい丈感です。

ミモレ丈ワンピースは、足の中でも1番細い足首が綺麗に見える丈感で、スタイルアップにも繋がります。30代や40代の大人な女性に人気で、結婚式やパーティーのドレスにもぴったりです。

ワンピースの長さの種類④ロング丈

ワンピースの長さの種類4つ目は、ロング丈です。ミモレ丈よりも長く足首までは届かない丈ですが、ミモレ丈もロング丈と呼ばれることもあります。きっちりとした長さの決まりがなく、着用する人の身長によっても長さが変わるので、購入の際には注意が必要です。

カジュアルなロングワンピースは、動きやすく楽で体型カバーもできることから若者にも人気となっています。ドレスタイプなどのロング丈ワンピースは、女性らしい優雅なシルエットで大人の魅力を引き立ててくれます。

ワンピースの長さの種類⑤マキシ丈

ワンピースの長さの種類5つ目は、マキシ丈です。ロング丈よりもさらに長く、くるぶしや足首が全て隠れる程の丈の長さです。足が全て隠れてしまいますが、ワンピースの裾の揺れがエレガントさやセクシーさを演出してくれます。パーティードレスとしても大人の女性に人気のある丈感です。

マキシ丈ワンピースやスカートは夏のトレンドアイテムとなっており、カジュアルアイテムとしても人気となっています。ロングスカートやマキシ丈スカートは体型カバーもできるので、幅広い年齢層に人気です。失敗しない長い丈のスカートよ選び方を紹介している記事がありますので、合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 289040627
関連記事 ロングスカートコーディネート集!!失敗しないマキシスカートの選び方とは?

おしゃれな人は絶対持っているロングスカート。でもバランス取りが難しくコ

骨格に合わせたワンピースの形の選び方と診断方法

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断①骨格診断(ストレート)

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断1つ目は、骨格診断がストレートタイプの人の場合です。ストレートタイプとは全体的にメリハリのあるボディーラインで、ウエストやヒップの位置が高いのが特徴です。

骨格がストレートタイプの人のシルエットが綺麗に見えるワンピースの形は、タイトタイプです。また派手な柄やカラーよりも、シンプルなデザインのワンピースの方が、体のラインが綺麗に見えるのでおすすめです。

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断②骨格診断(ナチュラル)

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断2つ目は、骨格診断がナチュラルタイプの人の場合です。ナチュラルタイプとは全体的に骨太で、ガッチリした四角いフォルムが特徴です。肩幅が広く、骨格がしっかりしています。

骨格がナチュラルタイプの人のシルエットが綺麗に見えるワンピースの形は、Aラインです。 Aラインの裾に向けて広がるシルエットが、肩幅やしっかりした骨格を柔らかな印象にしてくれます。ロングやマキシ丈なら、より女性らしく綺麗なシルエットになります。

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断③骨格診断(ウェーブ)

骨格が綺麗に見えるワンピースの形の選び方診断3つ目は、骨格診断がウェーブタイプの人の場合です。ウェーブタイプとは全体的に華奢で、女性らしい柔らかな印象が特徴です。横からみるとストンとしたシルエットで、ぽっちゃりの人に多いタイプです。

骨格がウェーブタイプの人のシルエットが綺麗に見えるワンピースの形は、フレアラインです。ウェーブタイプは、下半身にボリュームを持たせることで、上半身をスッキリとさせることができます。骨格診断についてまとめた記事がありますので、是非参考にしてください。

Small thumb shutterstock 484709755
関連記事 骨格診断で分かる似合うファッション21選|ストレート/ウェーブ/ナチュラル

骨格診断で分かる似合うファッション21選をご紹介します!骨格診断はスト

結婚式でおすすめのワンピースの形・おすすめ5選も

結婚式でおすすめのワンピースの形①タイトマーメイドドレス

結婚式でおすすめのワンピースの形1つ目は、タイトマーメイドドレスです。韓国ファッションで大人気のマーメイドドレスは、裾が人魚のヒレのようなデザインで可愛らしいと若い女性の間で人気となっています。

ピンクの柔らかなレース素材がフェミニンで、フレア袖や裾のフリル感が、動く度に色々な表情を見せてくれます。タイトでストレートなシルエットで結婚式やパーティーでも、目立ちすぎないおすすめのドレスです。

結婚式でおすすめのワンピースの形②Aライン総レースドレス

結婚式でおすすめのワンピースの形2つ目は、Aライン総レースドレスです。フラワーレースが可愛らしさの中に上品さをプラスしたデザインとなっています。透け感のある袖と透が肌を綺麗に見せてくれます。

上半身がスッキリと見えるAラインのシルエットに、ウエストのベルトがアクセントになりメリハリのある着こなしになります。上品なシルバーグレーは、結婚式やパーティーでも馴染みやすいカラーでおすすめです。

結婚式でおすすめのワンピースの形③コクーンドレープドレス

結婚式でおすすめのワンピースの形3つ目は、コクーンドレープドレスです。裾がすぼまったタイプのコクーンドレスは、丸みがあり可愛らしい印象になります。短めの丈感で足が長く細く見えるデザインです。

上半身に施されたドレープのデザインが、可愛くなりすぎず大人フェミニンな雰囲気を演出してくれます。流れるようなデザインで、女性らしいエレガントさも感じられるドレスです。

結婚式でおすすめのワンピースの形④カシュクールフレアドレス

結婚式でおすすめのワンピースの形4つ目は、カシュクールフレアドレスです。胸元のクロス部分がスッキリとした印象にしてくれ、スタイルがよく見えるドレスです。ウエストから広がるフレアタイプで、上品で優雅な印象です。

裾の後ろが長いデザインなので、膝丈のワンピースですが幅広い年齢層におすすめです。シンプルなデザインで、女性らしい綺麗なシルエットが引き立ちます。結婚式やパーティーなどでは、小物を華やかなものにするとバランスのよい着こなしになります。

結婚式でおすすめのワンピースの形⑤レトロシースルーAラインドレス

結婚式でおすすめのワンピースの形5つ目は、レトロシースルーAラインドレスです。上半身がタイトでウエストから裾に向かって広がっている、レトロな雰囲気が感じられるドレスです。

落ち着いたグリーンに黒のシースルーとラインテープがシックでレトロな雰囲気です。胸元のシースルーがエレガントで、露出しすぎないデザインとなっています。結婚式やパーティーなどで活躍してくれるドレスです。

近年若い人でも結婚式やパーティーに着物を着用する人が増えています。ドレスと着物ではメイク方法も異なります。着物に合うメイク方法を紹介している記事がありますので、合わせて読んでみてください。

Small thumb shutterstock 201622223
関連記事 着物に合うメイク方法は?結婚式のお呼ばれで和装を着る年代別のコツも

日本の伝統衣装!着物について、季節や用途に応じた着物の選び方から、結婚

ワンピースの手作り方法

ワンピースの手作り方法①直線縫いのみでチュニックワンピースを作る

ワンピースの手作り方法1つ目は、直線縫いのみでチュニックワンピースを作る方法です。朝ドラで女優さん達が着ていたワンピースが話題となり、真似をしてハンドメイドする人が増えています。

好みのサイズの布を前身頃と後ろ身頃2枚準備します。布の端を全て三つ折りで処理します。首元を好みの開き具合でカットし、カーブをつけながら三つ折りで処理します。肩とサイドを直線縫いして完成です。ウエストにベルトなどを付ければ、Aラインワンピースにもなります。

ワンピースの手作り方法②古い洋服をカジュアルワンピースに変える

ワンピースの手作り方法2つ目は、古い洋服をカジュアルワンピースに変える方法です。お気に入りの柄だけど、形が古くて着られないような古い洋服をワンピースに変えると、意外とおしゃれなデザインのワンピースになります。

ロングスカートなら肩紐を付けるだけでもワンピースになりますし、Tシャツの裾とスカートを縫い合わせればおしゃれなドッキングワンピースになります。切りっぱなしデザインも流行っているので、いらない洋服がある人は是非試してみてください。

ワンピースの手作り方法③着物をリメイクしてレトロワンピースに変える

ワンピースの手作り方法3つ目は、着物をリメイクしてレトロワンピースに変える方法です。近年着物リメイクが流行っており、レトロチックな着物ワンピースも人気となっています。元々フォーマルで使われることの多い着物は、柄が綺麗でドレスにリメイクする人も多くなっています。

着物リメイクワンピースは難易度が高いですが、好きな柄の世界に1つだけのワンピースが作れるのでおすすめです。着物リメイクはまず、ほどくことから始めます。バラバラにしたら、好きなワンピースの型紙に合わせて縫い合わせればレトロワンピースの完成です。

自分の骨格に合った形のワンピースを見つけよう!

普段使いから結婚式やパーティーでも活躍するワンピースには、様々な種類があります。また、一人一人骨格も違うので、似合うワンピースも違ってきます。骨格診断を参考に、自分の骨格に合った形のワンピースを見つけておしゃれを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。