INDEX

こんなにあった!!おしゃれロングスカートの種類

シンプルマキシタイプ

ロングスカートと言えば、まずこの形が思い浮かぶのではないでしょうか。スカートの基本的な形であり、どんなコーディネートにでもあわせられるのが特徴です。カジュアルからエレガントまで応用の幅が広いため、まずは一着シンプルなストレートタイプを持っておきたいもの。

この形状のロングスカートは見た目がすっきりしていてシンプルなため、ちょっと色で遊んだとしても浮きません。普段着ないような色にも挑戦できるのがシンプルマキシスカートコーディネートの大きなメリットです。

テールカットタイプ

フィッシュテールとも呼ばれるこのロングスカートは、まさにお魚の尾びれのような可愛らしさを秘めています。前と後ろで変化があり、マキシ丈なのに軽さが出るため身長が低くても着こなせるのがポイント。

デザインによっては前後ではなくサイドに変化がついているタイプもあります。柄ありなら可愛く、無地ならエレガントに決まります。ヒールとあわせないと全体的なバランスが取りづらいデメリットがあり、スニーカーやぺたんこ靴コーディネートとはあまり相性がよくありません。

普段ヒールをよく履くならチャレンジしてみる価値がありますよ。マキシスカートを着ると重たくなってしまう真夏のコーディネートに重宝するシェルエットです。

フレアタイプ

裾に向かって広がる形になっていて、Aラインが強調される女性らしいデザインのロングスカート。エレガントに見えるためニット素材や大人っぽいパンプスとマッチするのがポイントです。

横幅が強調されるため、ある程度の身長がないとコーディネートのバランスが取りにくいのがデメリット。「可愛いロングスカートが似合わない」と悩むことの多い、160cm以上あるスラッとしたシルエットの女性にはよく似合います。

デザインの印象が強いためカラーは控えめなものが多いのが特徴で、比較的落ち着いた印象を与えることのできる種類のロングスカートです。

ロングスカートコーディネートは身長別に攻略するのが肝!!

身長別に考える必要ってあるの?

考える様子の女性""'

ロングスカートは全体のコーディネートバランスを取るのがポイントになる服。同じ丈のものをはいても身長が違うだけで全く印象が変わるんですよ

筆者は大学時代165cmあるすらっとした女の子と仲がよく、一緒に買い物に出かけることがよくありました。同じロングスカートを鏡の前で二人で合わせると「着る人によって全然変わるんやね」と友人はつぶやいていた記憶があります。

着丈が何cmかによって変わりますし、身長が与える印象に違いがありますのでマッチしたものを選ぶ必要があるんです。身長別の特徴を知っておくことで「買ったはいいけど、なんだか違う…」というミスマッチを防ぐことができますよ。

140~150cmの人の選び方

小さめな女性""'

小さめな女性はロングスカートを着ると幼く見えてしまうのがネック。それがコンプレックスでマキシスカートをあきらめている方も多いのではないでしょうか。

それなら、目線を上に引き上げるようにトップスに工夫を加えるといいですよ。ストライプやボーダーのトップスを着て、ウエストラインを高めに持ってくるコーディネートで縦長に見せると大人っぽさをゲットすることができます。

すこし涼しい季節なら、羽織物を短い丈のものにするともっとバランスがよくなるでしょう。可愛らしさが前面に出てしまう特徴がありますので、ダークトーンで落ち着いた感じを演出するとパーフェクトです。

150~160cmの人の選び方

エレガントな女性""'

もうちょっと身長があったらいいのにな…と自信を持てない方が多いのですが、意外とマキシスカートが似合うんですよ!!平均的な身長のため、150cm~160cmに合わせやすいスカートがたくさん出回っています。

コーディネートしやすいのでおしゃれに興味があるならどんどんチャレンジしてOK!!ただし、ロングヘアの場合は髪を下ろすと重たい印象になってしまうので注意しましょう。

暗い色はもったりした重い感じになってしまうので、基本的に明るい色で調節するのがポイント。ダークオレンジやマスタード色、明るいグリーンやピンク系がおすすめです。150cm前半ならヒールを合わせるとマキシスカートとのバランスが取れやすくなるでしょう。

160~170cmの人の選び方

買い物する女性たち""'

誰もがうらやむモデルのような身長。160cm以上だとすらっと見えて周囲から羨ましいといわれることも多いでしょう。マキシスカートを着るとエレガントさが引き立つのが特徴です。

すらっとシャープな印象をもともと持っているため、かわいらしいデザインのロングスカートがマッチしにくいのが難点。かわいさはメイクやアクセサリーで取り入れ、スカートは大人っぽいものを選ぶのがいいでしょう。

小さめさんだとうまく着こなせない黒やグレー・ネイビーなどのダークカラーでコーディネートするのがおすすめ。暗い色のマキシを着ても重たくならず、むしろエレガントが際立つようになりますよ。

身長別のロングスカートコーディネートの特徴を簡単に表にまとめておきますので、参考にしてみてください。

ロングスカート
身長 メリット デメリット コーディネートのポイント
140~150cm 可愛く見えて男性受けがいい 子供っぽくなってしまう ストライプ・ボーダーを合わせる
150~160cm バランスが取りやすい 暗い色は重くなる ライトなカラーを選ぶ
160~170cm エレガントに見える かわいいデザインがマッチしにくい 暗い色で重さを出す

似合うロングスカートがわかるコーディネート【140~150cm編】

意外といける!!ペールトーンを逆手にとって

コーディネートのポイントは先ほどお伝えしたとおり、トップスで目線をそらし重さを出さないこと。こちらの実例では軽さと大人っぽさを両立したベージュカラーを選ぶことで絶妙なバランスを取っています

また、身長が低いとヒールで高さを出さないといけないから、歩くときに疲れる…そう思っていませんか?でも意外とスニーカースタイルでマキシスカートを着こなせますよ。肌が見える面積を減らすように、ハイカットをチョイスするのはいい案ですね。

ブラウンでも重くならないコーディネート

もしダークトーンに挑戦したいなら、縦線が強調されるラインが入ったスカートにボーダーをあわせてみるといいでしょう。ボーダーのおかげで自然と上半身に注目が集まりますので、150cm未満の女性でも上手に着こなすことができます。大き目のプリーツが入っていると縦長効果もゲットできますよ!!

涼しげな素材で軽さを演出

真夏の暑い季節なら、ちょっぴりリゾート風な柄で勝負してみるのもおしゃれ。縦にラインが入っていることでスマートに見え、おしゃれ度がアップします。

大人っぽいニットトップスを合わせることで幼い印象にならないように調節されているのもポイント。アクセサリーや時計などの小物にこだわると上級者な雰囲気が出せますよ。

モノトーンだって着こなせます

シンプルにモノクロで決めたい、そんな時は飾らずにいるのが一番。小さい女性だと黒って着づらいと感じてしまいますが、トップスとのコントラストを考えれば意外とイケちゃいます。スニーカーコーディネートだと重たくなってしまうので、黒系のロングスカートを着る時はヒールで高さを出しましょう。

似合うロングスカートがわかるコーディネート【150~160cm編】

ストライプでアクセント

色んなマキシの表情が楽しめるのが特徴の150~160cm。アクセントをつけるなら柄が目立つロングスカートに挑戦してみてください!!

上下のバランスが取れるようにアウターで引き締め&丈の調節をすればバッチリ。上着の袖はロールアップすると軽さが出せるようになりますよ。

広がりのあるシルエットでバランスアップ

もっとラフなスタイルをしたいのなら、ぺたんこサンダルとリュックに合わせてみましょう。ふんわり広がる裾のタイプを選べば、女性らしさとカジュアルさがどちらも手に入ります。ウエスト部分で絞りを出せば、150cm前半の方でもバランスよく見えますよ。

プリーツ×白シャツでエレガントに



白×カーキは黄金コンビですが、もう少しリュクスに着こなしたいならこんな選び方もあり。同じカラーの掛け合わせなのに、全く違って見えますよね。

ポイントはシャツのデザインとスカートのライン。大人っぽいゆるさが特徴の白シャツをトップスに持ってくることで一気にエレガントな雰囲気に。

さらに、プリーツがかかったようなデザインのスカートを選ぶことで女性らしさが強調されます。大人っぽさをゲットしたい時には形状にこだわるとグッドです。

純粋ホワイトコーデもお手の物

白を基調にした純粋コーデをしたいのなら、小物でアクセントをつけてきゅっと引き締めるとグッド。靴・バッグを黒にすることでコントラストが生まれ、白でもぼやけないコーディネートが完成します。髪はまとめて軽く見せることでロングスカートのよさが一層引き立つようになりますよ。

似合うロングスカートがわかるコーディネート【160~170cm編】

ボリューム袖で女性らしさアップ

スマートに見える身長なら、ある程度ボリュームのあるトップスやスカートでも大丈夫。袖が膨らんだブラウスなどを合わせると、縦長感がやわらぎふんわりとした印象にすることができます。スカートはウエストでポイントをつけ、裾に向かって少し広がるタイプがよく似合いますよ。

すっきり腕見せはネイビーとともに

夏のコーデをするなら、ネイビーで決まり!!ダークな色を着てもすっきり見えるため、身長のよさを活かせるカラーをどんどん選んでみてください。

腕周りがすっきり見えるニットを着ると、こなれ感が出てますますおしゃれ度アップ。ヒールでもスニーカーでもマッチするネイビーはマストハブです

高身長ならダークトーンがばっちりキマる!!

トップスに暗い色を持ってきて大人っぽさを強調したいなら、こんなコーデがおすすめです。足元は足の甲をすっきりと見せることで全体的に重くなりすぎないように上級テクニックが盛り込まれています。首元をすっきりさせるボートネックのトップスなら、ダークトーンでも失敗しません。

ゆるふわラインでリラックススタイルをゲット

縦長感を自然にカバーするのがゆるめのトップス。前後で長さが違うデザインのものを合わせると、身長が高くてもナチュラルにおしゃれにマキシスカートを着こなすことができますよ。

肩から足元までストレートなラインが特徴的なコーディネートですが、ゆるいひらひら感が女性らしさを引き立ててくれています。足元にポイントを入れると印象が変わるので不思議!!靴やハットのテイストを変えれば、エレガントにアレンジすることも可能です。

2017年~2018年のコーディネート!上級者向けロングスカート4選

サッシュベルトは根強い人気

トップスとロングスカートの切り返し部分を強調し、おしゃれ感をアップさせるのにサッシュベルトがあるとバッチリ。

ベルトを使ったコーディネートテクニックが流行っているので、ロングスカートにベルトがついているタイプもありますよ。どんなサッシュベルトを合わせていいのかわからないなら、スカートとベルトが一体型のものを選ぶのが正解。

もしロングスカートを何着も持っているなら、好きなブランドの店員さんに聞いてサッシュベルトを1本買ってみましょう。

サテン生地で軽さをプラス

ロングスカートの重さがあまり好きじゃないし、なんだか似合わない…と悩んでいるならサテン生地のスカートを選んでみるとコーディネートの概念が変わるかも!!

着た感じが軽いので真夏でも暑苦しく見えませんし、ツヤのある質感が女性らしさと軽さを引き立てます。光が反射して立体感を出すこともできますので、かなりおしゃれ感が出せる優秀な生地なんです。同系色の羽織物を合わせても地味にならないので、コーディネートの幅が増える素敵なサテン生地はとてもおすすめですよ。

プリーツ×ライトカラー

可愛らしさを演出してくれるプリーツスカートは、縦線の強調も一緒にできるため身長が低めの女性でも着こなせるのがポイントです。

膝丈のスカートでプリーツがブームになって以降、ロングスカートにもプリーツの大きな波が来ています。可愛さと大人っぽさが絶妙に両立できるコーディネートなので、どんな年齢層でも合わせやすく着回しができるんです

2017年~のブームはライトなパステルカラー。膝丈だと着こなすのが難しいラベンダーやからし色でも、エレガントな印象を与えてくれるロングスカートのシルエットなら無難にコーディネートできます。ナチュラルなテイストのシューズやバッグと合わせると、さらにふんわりとした雰囲気が引き立ちますよ。

巻きスカートで変化をプラス

普通のロングスカートでは満足できない、それならば巻きスカートがおすすめ。ちらっとはためく裾に男性の目線は釘付けです!!上品に見えて色っぽいので男性とのデートにおすすめ。愛おしいパートナーが巻きスカートを着ていたら、ひらひらする裾にときめいてしまうはずですよ。

デザインに変化がでにくいロングスカートコーディネートにちょっとした遊び心を取り入れたいのなら、巻きスカートにチャレンジしてみてください。

ロングスカートがもっと似合うようになる!!ヘアスタイル&メイクアップ

髪がロングなら断然アップがおすすめ

ショートヘアでない限り、マキシスカートを着る時はボリュームのあるアップスタイルをするのがおすすめ。編みこみやゆる巻きをふんわりまとめると、コーディネートの重心バランスが取れやすくなりどんな身長の女性でも着こなせるようになります。

ヘアバンドやクリップなどで目線を頭に持ってくるのもコツ。後れ毛やサイドを出すことでさらにゆるく可愛くなりますよ。シルバーやゴールドなど目立つ素材のクリップは特におすすめです!!

耳や首にアクセをつけて強調

胸から上に視線を持っていくテクニックは、ピアス・イヤリングでも手に入れることができます。アップスタイルにした上で大きめのアクセサリーを耳周辺につけると、コーディネートの華やかさがアップしますよ。

その日のテイストや気分によって替えることが簡単なアイテムですので、マキシスカートを着る時はアクセサリーにこだわるのが正解です!!

大きいイヤリングをつけると痛くなってしまう…と悩んでいるなら、目立つチャームのネックレスやロングタイプのネックレスを取り入れるようにしてみましょう!!

目線が上に行くことを狙えますし、縦長に見せる効果でマキシ丈独特の重さを軽減できます。特に身長が小さくてコンプレックスに思っているのなら、ネックレスで変化を持たせてみてください。

リップで目線を顔に持っていこう

湿布

メイクアップにもちょっとしたコツがあるのをご存知ですか?唇を華やかに見せてくれるリップグロスを使うと、自然と口元に目線が集まるのでロングスカートによく似合います。彼とのデートでロングスカートを着るのなら、色がはっきりしたリップグロスで目線そらしをするのがおすすめ!!

丈の長いスカートは落ち着いた印象を与えますので、メイクアップは逆に華やかにするといいですよ。立体感が出にくいコーディネートになりやすいので、メイクアップはツヤやラメでメリハリをつけるようにしてください。

まとめ

カジュアルにもエレガントにも着こなせるロングスカート。おしゃれに見えるのですが、身長や他のアイテムとの相性を見極めるのが難しく「買ったのに着れない」と悩む方が続出中。

自分の身長によるコーディネートのコツがわかれば、今までできなかったようなおしゃれが楽しめるようになりますよ。バランスの取り方、カラーの選び方。デザインごとの特徴を理解できれば完璧です。

女友達や大切なパートナーにほめられるようなロングスカートコーディネートの達人になって、おしゃれを極めましょう!!

今回はロングスカートでしたが、パンツルックにぴったりなロングカーディガンも併せてチェックしてみてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。