Large thumb shutterstock 397973650

アイコンタクトの恋愛のサインは?脈ありの視線や社内でのやり方も

更新:2021.06.03

アイコンタクトに秘められた恋愛のサインを、アイコンタクトをする心理や効果から紐解いていきます。さらに好きな人にアイコンタクトでアピールするためのやり方や、社内でアイコンタクトする方法も併せて紹介します!脈ありの視線を習得したい人は必読です!

アイコンタクトの基本的な心理

アイコンタクトの基本的な心理①自分をアピール

アピール

まずはアイコンタクトの基本的な心理を2つ紹介します。まず1つ目は「自分をアピール」です。アイコンタクトをする人には、自分をアピールするという心理が働いています。目を合わせることで、自分の存在を相手に見て欲しいという思いがあるのです。

アイコンタクトの基本的な心理②伝えたいことがある

アイコンタクト

アイコンタクトの基本的な心理2つ目は「伝えたいことがある」です。相手に視線を送りアイコンタクトをするときには、伝えたいことがあるという心理が働くこともあります。アイコンタクトをしたままジェスチャーで伝えたり、アイコンタクトをきっかけに話しかけたりと、何かを伝えようという意志が働きます。

アイコンタクトをされると、思わず脈ありサインかと思ってしまいがちですが、残念ながらそうじゃない場合もあります。下の記事には、目が合っても脈ありじゃない瞬間を紹介していますので、こちらもぜひ読んでみてください。目が合う心理をより様々な観点から知ることができるはずです。

アイコンタクトする恋愛心理・効果も

アイコンタクトする恋愛心理と効果①相手のことが気になる

気になる

ここからは、アイコンタクトする恋愛心理と効果を紹介します。まず1つ目は「相手のことが気になる」です。好きな人、気になる人がいると思わず目で追ってしまいますよね。目で追っていたら、目が合ってしまったというのがこの心理と言えます。

相手のことが気になってアイコンタクトをすると、相手に自分を意識させることができるという効果があります。気になるからと頻繁に目で追っていれば、目が合う回数も自ずと増えてきますよね。そうすると「よく目が合うな」と相手に自分のことを意識させることが期待できるのです。

さらに、目が合う回数が多いことで相手が自分を意識してくれるようになれば、相手も目で追ってしまうことが増え「もしかしたら好きかも」と知らず知らずのうちに好意を抱きやすくなるのも効果の一つと言えます。

アイコンタクトする恋愛心理と効果②関心を持たれたい

関心

アイコンタクトする恋愛心理と効果2つ目は「関心を持たれたい」です。アイコンタクトをすることで、好きな人に自分に感心を持ってほしいという心理があります。目が合う回数が増えれば、相手に意識してもらうことができて、関心を持たれやすくなるという効果があるのです。

アイコンタクトを何度か続けると、視線を送っていないときでも相手が自分を見てくれる可能性がアップします。アイコンタクトを続けた効果で、関心をもってもらえるようになれば、相手も自ずと目で追ってくれるようになります。頑張っている姿や可愛らしい姿など、相手に見て欲しい自分を見せやすくなります。

アイコンタクトする恋愛心理と効果③話したい

話したい

アイコンタクトする恋愛心理と効果3つ目は「話したい」です。脈ありな人にアイコンタクトをするときには「話したい」という心理が働くこともあります。好意がある人と話したいと思うのは当然と言えますよね。話したいという思いは、アイコンタクトを続けることで話しかけてもらえるという効果を生み出します。

頻繁に目が合うと「何か話したいことがあるのかな?」と相手が感じてくれるのです。アイコンタクトをしていると相手の方から「どうした?」などと話しかけてもらえる可能性が高くなるのです。気になる人に話しかけられないようなシャイな人でも、アイコンタクトで話すきっかけが手に入りやすくなります。

下の記事には、男女別に好きな人を見つめる心理を紹介しています。アイコンタクトの恋愛心理をさらに理解したい人は、ぜひこちらも参考にしてみてください。アイコンタクトを恋愛テクニックとして使いたいときはもちろん、気になる人にアイコンタクトをされている人にも役立つはずです。

アイコンタクトの恋愛サインのポイント

アイコンタクトの脈ありポイント①見つめる時間が長い

アイコンタクト

次にアイコンタクトの脈ありポイントを紹介します。まず1つ目は「見つめる時間が長い」です。一瞬目が合ったという程度では、脈ありとは言いにくいものがあります。相手に好意がない場合は、たった5秒でも目を合わせていられないそうです。逆を言えば、5秒以上のアイコンタクトは脈ありのサインと言えるのです。

5秒以上と言われると短いように感じる人もいるかもしれませんが、人と5秒以上見つめ合うというのは意外に難しいとされているので、気になる人は友人などで試してみると良いかもしれません。そして長いアイコンタクトは、”長く見つめていられる存在”であることを相手にアピールしているとも言えます。

「あなたのことが気になる」「あなたのことが好き」など、長い時間をかけて気になる人に伝えていると言えます。さらに、長い時間目が合っていると、相手にも「もしかして好かれてる?」と意識させることもできます。

アイコンタクトの脈ありポイント②笑顔でアイコンタクト

笑顔

アイコンタクトの脈ありポイント2つ目は「笑顔でアイコンタクト」です。笑顔でアイコンタクトをするのは、相手に好意がある証拠と言えます。好意がない人に笑顔でアイコンタクトをするのは至難の業でもあります。一瞬の笑顔ではなく、目が合っている間ずっと笑顔を見せているのは、脈ありサインと言えます。

笑顔を相手に見せるのは、相手に良い印象をもってもらいたいという心理が働いていることが大半です。目が合って笑顔を見せるというのは、目が合った相手に好意があるから良い印象を残したいという気持ちの表れなのです。口もとだけがにやけているような場合は、照れているという可能性も考えられます。

アイコンタクトの脈ありポイント③目が合う回数が多い

アイコンタクト

アイコンタクトの脈ありポイント3つ目は「目が合う回数が多い」です。目が合う回数が多いのは、それだけ目で追っているからと言えます。そのため同じ人と何度も目が合う場合は、脈ありのサインと考えられます。気になる相手じゃなければ、何度も視線を送るようなことはほとんどしないでしょう。

好意がある相手と一度目が合うと、もっと目を合わせたいという思いが芽生えてきがちです。そういった思いが何度も視線を送ることに繋がり、目が合う回数が増えてくるとも言えます。さらには、何度もアイコンタクトをすることで、相手に自分を意識して欲しいという心理も隠されています。

アイコンタクトの脈ありポイント④遠くからでも視線を送る

アイコンタクト

アイコンタクトの脈ありポイント4つ目は「遠くからでも視線を送る」です。近い距離にいるときだけではなく、遠くにいても視線を送ってきて目が合うというのも、脈ありポイントの一つです。遠くから視線を送るのは、距離が近いときは恥ずかしい気持ちがあったり、恋心に気づかれたくないという思いがあるからと言えます。

距離が離れていても相手に視線を送るのは、純粋に好きな人を見ていたいという思いがあったり、離れている自分に気づいて欲しいという気持ちの表れと言えます。離れた場所から視線を送りアイコンタクトをすることは、表向きは隠しながらも強い恋心があると考えられます。

アイコンタクトの恋愛サインのやり方

アイコンタクトの恋愛サインのやり方①とりあえず視線を送る

視線

最後にアイコンタクトの恋愛サインのやり方を紹介します。1つ目は「とりあえず視線を送る」です。アイコンタクトをするには、相手に自分を見てもらわないと始まりませんよね。目が合うまではとにかく視線を送る必要があります。目が合うまでは、何度も視線を送りましょう。

ただ他のことに見向きもせずに視線を送り続けると、相手に恐怖を感じさせてしまうことがあります。状況に応じた視線の送り方で、相手を意識させるようにしましょう。目が合ったら笑顔を見せることを忘れないようにしてください。

下の記事では、恋愛心理学に基づいた心を操る視線送るテクニックを紹介しています。好きな人に振り向いてもらうための視線テクニックをマスターしたい人は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

アイコンタクトの恋愛サインのやり方②メンタリズムを駆使

アイコンタクト

アイコンタクトの恋愛サインのやり方2つ目は「メンタリズムを駆使」です。メンタリズムを駆使することは、アイコンタクトを恋のテクニックとして有効な方法にすることができます。たとえば、アイコンタクトで一目惚れと錯覚させるという方法があります。

人は一目惚れをしたときに、相手のことを5~7秒見つめるという科学的な研究結果があります。初めて目があったときに、5秒以上見つめ合うことができれば、相手に一目惚れしたと感じさせることができるのです。目が合ったときに、相手が逸らすまでは目を離さないようにすれば、相手が好意を抱きやすくなるでしょう。

他にも、何度も目が合うことは自分の存在を相手に強く印象づけることができるとされています。何度も目が合うと感じると、目が合うたびに相手を強く意識してしまうようになるのです。アイコンタクトを何度も続けることも、メンタリズムを駆使した恋愛サインのやり方と言えます。

アイコンタクトの恋愛サインのやり方③外国人みたいにウインク

ウインク

アイコンタクトの恋愛サインのやり方3つ目は「外国人みたいにウインク」です。目が合ったときに相手にウインクすることは、相手をドキッとさせる恋愛サインのやり方です。外国人のように堂々とウインクできれば、ウインクの習慣が薄い日本人には強い印象を与えることができるでしょう。

とは言え、ウインクはし慣れていないから恥ずかしいという人もいると思います。しかし恥ずかしながらウインクするのも、その恥ずかしがっている姿が好印象を与えることもあります。ウインクをして恋愛サインが伝わらないということは、ほとんどないでしょう。恋愛サインを出す最終手段として使うのもアリです。

ウインクをやったことがない人や、上手にできないという人、可愛いウインクで相手の心を掴みたいという人は、下の記事でウインクのやり方を学んでみると良いでしょう。練習方法も紹介しているので、きっと上手なウインクが習得できるようになるはずです。

【社内】アイコンタクトの恋愛サインのやり方④偶然感を演出する

社内

アイコンタクトの恋愛サインのやり方4つ目は、社内の場合の「偶然感を演出する」です。社内の気になる人にアイコンタクトで恋愛サインを出すときは、偶然を装ったアイコンタクトにすると良いでしょう。相手がパソコンから顔をあげた瞬間など、偶然目が合ったという状況を演出するのです。

あからさまに視線を送り続け、相手がその視線を感じて目が合ったという状況はなるべく避けた方が良いかもしれません。あなたがジーっと気になる人を見ている姿は、社内の他の人に見られている可能性があります。その姿は「あの人のことが好きなんだ」と周りにバレるきっかけになってしまいがちです。

さらには、好きな人を見るのに夢中で仕事が手についていないと社内での評価を落としてしまう原因にもなり得ます。社内に気になる人がいる場合、社内の仕事での評価も重要です。社内での評判を落とさないように、「何度も偶然目が合う」という状況を演出しましょう。

【社内】アイコンタクトの恋愛サインのやり方⑤見つめながら会話する

見つめる

アイコンタクトの恋愛サインのやり方5つ目は、社内の場合の「見つめながら会話する」です。気になる人と仕事の話をすることがあると思います。そういったときは、なるべく好きな人を見つめながら会話をするように心がけましょう。見つめ合う時間を稼ぐきっかけになるので、相手を意識させるのに有効です。

さらに相手の話を目を見て話すことは、話を真剣に聞いているという印象も与えます。社内の人が相手の場合は、仕事に真剣な姿を見せていることにも繋がるので、好印象を持たれるでしょう。真面目なときは真面目な表情で話をし、気が緩むような空気のときに笑顔を見せると恋愛サインとして良い効果を発揮するでしょう。

社内の人との恋愛は意外と多いですが、仕事仲間という関係が成立しているとアプローチの仕方に悩んでしまいますよね。下の記事には、社内恋愛のアプローチの仕方を紹介しています。社内に気になる人がいる人はぜひ参考にしてみてください。

アイコンタクトを恋愛成就のきっかけにしよう

アイコンタクトは、脈ありのサインを送ったり、相手に自分を意識させるという効果があります。アイコンタクトを駆使すれば、恋愛のきっかけになり得るのです。気になる人との恋愛を成就させるために、ぜひアイコンタクトを活用してください!目で伝える思いがきっと相手に届くはずです。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。