INDEX

美味しい牛タンの食べ方とアレンジ料理

美味しい牛タンの食べ方は焼くこと

まず、最初に定番の美味しい牛タンの食べ方をご紹介します。牛タンは家庭で食べる機会が多いとは言えないので、どのように食べるのがいいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。牛タンのおいしい食べ方はシンプルに焼くことです。牛タンのおいしい焼き方についてご紹介します。

美味しい牛タンの食べ方
  1. 冷凍の牛タンの場合、常温で自然解凍する。
  2. フライパンを強火で熱する。煙が出るくらいまで熱するのが理想。
  3. フライパンから煙が出てきたら、油を少しだけ引く。
  4. 強火でじっくりと牛タンを焼く。この時、ひっくり返さない。
  5. 焼き面がキツネ色になったら、裏返して強火でサッ焼く。
  6. 塩コショウや焼き肉のたれで味付けして完成。

美味しい牛タンのアレンジ料理はシチューなどの煮込み料理

美味しい牛タンのアレンジ方法は様々なものがあります。特におすすめはタンシチューです。タンシチューと言えば、固まりの牛タンを煮込んだものをイメージする方も多いと思いますが、スーパーで売っている薄切りの牛タンでも美味しく作ることができます。

また、牛タンシチュー以外にも牛タンをカレーにして食べるのもおすすめの料理です。コリコリとした食感がクセになります。カレーは子どもにも人気ですし、牛タンを長く煮込めば噛む力が弱まった方でもおいしく召し上がることができます。

牛タンの献立|付け合わせや副菜・おかず【定番編】

牛タンの献立・付け合わせ【定番編】①とろろ

牛タンの定番の献立・付け合わせの1つ目はとろろです。牛タンは味が濃く、油っぽく感じる方も多いと思いますが、とろろはあっさりとしているので牛タンとの付け合わせとしてピッタリの一品です。牛タン定食などにもとろろがついてくることが多いため、定番中の定番の付け合わせのおかずといえるでしょう。

とろろはすりおろすのが面倒で用意したくないと思う方もいると思いますが、現在、とろろは冷凍食品コーナーで購入することができます。解凍するだけで美味しく食べることができるので、すりおろすといった面倒な手間がありません。そのため、食卓が物足りない時の一品料理としても優秀な付け合わせです。

牛タンの献立・付け合わせ【定番編】②もずく酢

牛タンの定番の献立・付け合わせの2つ目はもずく酢です。もずく酢はあっさりとしているので、油っぽい牛タンとの相性は抜群です。油っぽくなってしまった口の中もお酢の力でサッパリさせることができます。また、牛タンのコリコリとした食感と違い、つるつると柔らかいので、食事のアクセントにぴったりの付け合わせです。

もずく酢はほとんどが市販品なので、料理が苦手な方や料理が面倒という人にもおすすめできます。また、酢はお肉料理と相性がいいので、お肉料理の時は酢を使った料理やおかずをどんどん食べましょう。

牛タンの献立・付け合わせ【定番編】③キムチ

牛タンの定番の献立・付け合わせの3つ目はキムチです。キムチの唐辛子とニンニクの辛さと発酵による酸味がお肉にとてもよく合う人気のメニューです。また、キムチに含まれる唐辛子や乳酸期の効果によりとお肉を食べても太り辛くなる効果も期待できるので、ダイエット中の方にとっても嬉しい組み合わせです。

キムチと言えば白菜キムチが定番ですが、白菜以外にも大根で作ったカクテキや海鮮キムチもあります。様々なキムチがあるので、お好みのキムチを牛タンの付け合わせにしてください。辛みが苦手な方や辛みに慣れていないお子様にはマイルドタイプのものを選んであげると食べやすいでしょう。

牛タンの献立・付け合わせ【定番編】④温泉卵

牛タンの定番の献立・付け合わせの4つ目は温泉卵です。コリコリとした牛タンにとろりとした温泉卵がよく合うのでとてもおすすめのおかずになります。そのままタレをつけて食べてもおいしいですが、牛タンに温泉卵の黄身をつけるという食べ方もおいしいです。

温泉卵は作るのが面倒くさいというイメージを持たれる方も多いと思います。買うのもいいですが、レンジで簡単に作ることができます。湯飲み茶わんに卵を1つ割り入れ、大さじ2の水を入れます。その後、ラップをふんわりとかけ、500ワットで30秒レンチンし、3分間放置し手完成です。

電子レンジの機種によって細かい秒数が変わるので、最適な温度を見つける必要があります。続けて作る場合、2回目以降は電子レンジの中が温まっているので、短めにレンチンするのがコツです。

牛タンの献立・付け合わせ【定番編】⑤焼き野菜のマリネ

牛タンの定番の献立・付け合わせの5つ目は焼き野菜のマリネです。野菜を焼いてマリネをすることで、マリネ液が野菜の中によく染みます。酸味のきいたマリネとあっさりとした野菜は口の中をサッパリさせてくれるので、付け合わせに最適なおかずです。

作り方ですが、かぼちゃやズッキーニ、ピーマンなどのお好みの野菜を焼きます。野菜が熱いうちにマリネ液に入れて完成です。マリネ液は市販のものを使うと簡単にできます。手作りする場合はサラダ油やオリーブオイル、塩コショウ、酢をお好みの量混ぜ合わせます。塩の代わりに麺つゆやしょうゆを使うと和風味になります。

牛タンの献立|付け合わせや副菜・おかず【簡単に作れるおかず編】

牛タンの献立【簡単に作れるおかず編】①冷ややっこ

牛タンの献立・簡単に作れるおかずの1つ目は冷ややっこです。牛タンを食べて口の中が油っぽくなってしまっても冷ややっこがさっぱりさせてくれます。定番は薬味に醤油ですが、冷ややっこはシンプルな料理なのでアレンジも豊富で、様々な食べ方があります。

絹ごし豆腐に塩昆布と大葉を乗せて食べる、豆腐に塩とごま油を乗せる、オリーブオイルと塩をかける、納豆とコチュジャン、ラー油をかける、ナンプラーとスイートチリソースで東南アジア風にアレンジなどシンプルな豆腐ならではのアレンジです。お好みの味付けをした冷ややっこと一緒に牛タンを食べましょう。

牛タンの献立【簡単に作れるおかず編】②大根おろし

牛タンの献立・簡単に作れるおかずの2つ目は大根おろしです。大根おろしはお肉との相性がバッチリの食べ合わせになります。大根おろしは消化酵素が豊富で、消化不良や胸やけの予防になるといわれています。お肉を食べると胸やけしやすいという人は積極的に食べるのがおすすめです。

大根をわざわざすりおろすのが面倒くさいという方も市販の大根おろしを使えば、簡単に食卓に一品メニューを増やすことができます。大根おろしをする時、唐辛子を差し込んでおろすと簡単にもみじおろしを作ることができるので、辛いのが好きという方は大根おろしをもみじおろしにするのがおすすめです。

牛タンの献立【簡単に作れるおかず編】③ナムル

牛タンの献立・簡単に作れるおかずの3つ目はナムルです。ナムルは茹でてしっかりと水切りをした野菜を塩とごま油などで合えただけというシンプルな料理で、韓国の定番家庭料理になります。合える野菜はほうれん草やもやし、ぜんまいが多いです。作り方がシンプルなので、料理が苦手な方でも簡単に作れます。

ナムルは韓国の定番家庭料理ですが、最近は韓国発のグルメが日本で大流行しています。そのうちの一つがチーズダッカルビです。チーズダッカルビの作り方などが気になる方には以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 513248413
関連記事 チーズタッカルビのおすすめ具材23選|定番&変わり種のレシピ・材料は?

チーズタッカルビに入れるおすすめの具材を紹介します!旨辛い具材がチーズ

牛タンの献立【簡単に作れるおかず編】④ほうれんそうのお浸し

牛タンの献立・簡単に作れるおかずの4つ目はほうれんそうのお浸しです。クセがない味わいなので、牛タンに合います。ポン酢や麺つゆ、醤油に鰹節をかけて食べることが多いですが、鶏ガラのだし、ごま油をかけてもおいしくいただくことができます。また、しらすやごまをトッピングするのもおすすめです。

口の中に牛タンの油が残ってしまっても、あっさりとしたほうれんそうのお浸しを食べることでスッキリさせることができます。また、ほうれん草は鮮やかな緑色なので、食卓も華やかになります。

牛タンの献立【簡単に作れるおかず編】⑤きゅうりの浅漬け

牛タンの献立・簡単に作れるおかずの5つ目はきゅうりの浅漬けです。きゅうりのパリパリとした食感が食事のいいアクセントになります。切ったきゅうりに塩を振るだけでも作れますが、塩昆布や白だしで作ってもおいしいです。

朝に作っておくと夜には食べ頃になるので、キュウリを1本や2本など食べる分だけ仕込んでおくのがおすすめです。時間がないという人はきゅうりを切らずに、ジップロックの中に市販の浅漬けの素や白だしを入れるだけで構いません。

牛タンの献立|付け合わせや副菜・おかず【野菜編】

牛タンの献立【野菜編】①キャロットラぺ

牛タンの献立・野菜の1つ目はキャロットラぺです。キャロットラペとはフランス風の人参マリネサラダのことで、とてもさっぱりとした味わいが特徴で、牛タンと合います。酸っぱい料理なので食欲もそそります。

作り方も簡単で千切りにした人参にオリーブオイルを振り、電子レンジで加熱後、酢、塩コショウ、はちみつで味付けをして、よく混ぜて完成です。酢はお好みのものを使い、はちみつは砂糖でも代用可能です。

牛タンの献立【野菜編】②野菜炒め

牛タンの献立・野菜の2つ目は野菜炒めです。ニラやもやしなどを炒めた野菜炒めが牛タンとよく合います。牛タンの油に野菜炒めの油を重ねるので油好きの方におすすめの組み合わせで、ガッツリ食べたい時にも満足感が高まります。

野菜炒めなどの野菜料理を作った時に、野菜くずが出てしまいますよね。捨ててしまう人も多いと思いますが、捨てる部分に多くの栄養が含まれています。そのクズ野菜を有効利用するにはベジフロスがおすすめです。興味がある方は以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 553985692
関連記事 ベジブロスレシピ4選|野菜のくずで作るベジタブルスープの作り方は?

野菜を余すことなく利用できるベジブロスを知っていますか?料理の時に出る

牛タンの献立【野菜編】③蒸し野菜

牛タンの献立・野菜の3つ目は蒸し野菜です。牛タンだけでは栄養が偏ってしまうので、野菜も一緒に食べることでバランスもとても良くなります。また、蒸し野菜は茹で野菜に比べて栄養が残りやすいというメリットがあります。

牛タンの献立|付け合わせや副菜・おかず【サイドメニュー編】

牛タンの献立・付け合わせ・おかず【サイドメニュー編】①わかめスープ

牛タンの献立・サイドメニューの1つ目はわかめスープです。わかめスープのあっさりとした味が濃い味の牛タンととても合うので、人気のある付け合わせになります。牛タンの油もわかめスープのお陰ですっきりできるので、どんどん牛タンが進むことも間違いなしです。

牛タンの献立・付け合わせ・おかず【サイドメニュー編】②テールスープ

牛タンの献立・サイドメニューの2つ目はテールスープです。テールスープとは牛のしっぽを長い時間をかけて煮込んだスープになります。牛タンとテールは同じ牛なので、とても合い、味を引き立て合います。

わかめスープやテールスープといった温かいスープをご紹介しましたが、冷たいスープであるガスパチョもおいしいですよね。どのように作ればいいのか気になるという方は以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 379445158
関連記事 ガスパチョとは?簡単な作り方と本格冷製スープの人気アレンジは?

トマトのさっぱりした風味が美味しい冷製スープ、ガスパチョはご存知でしょ

牛タンの献立|付け合わせや副菜・おかず【人気編】

牛タンの献立・もう一品・サイドメニュー【人気編】①おでん

牛タンの献立・もう一品・サイドメニューとして人気のある料理はおでんです。コンビニなどでも簡単に買うことができるので、イチイチ作る必要がなく、食卓にもう一品増やしたいという時にも重宝します。大根やこんにゃくといった具もあっさりとしているので、牛タンにもとてもよく合います。

おでんは翌日まで残ってしまうことも少なくないですよね。飽きずに最後まで食べるためにはリメイクをするのがおすすめです。どのようにリメイクをすればいいのか気になる方は以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 609739646
関連記事 おでんの残りをリメイク!人気のアレンジレシピ17選!残り汁で炊き込みご飯

たくさん作ってしまったおでんはどうしていますか?リメイクすることで違っ

牛タンの献立・もう一品・サイドメニュー【人気編】②カルパッチョ

牛タンの献立・もう一品・サイドメニューとして人気のある料理2つ目はカルパッチョです。いつもの刺身を油、塩コショウ、酢でさっぱりと味付けするだけで、牛タンにあう一品が完成します。カルパッチョに合う刺身もまぐろやタイ、サーモン、エビと多いので、お好みの刺身で作ってみてください。

牛タンを付け合わせのおかずと一緒においしく食べよう

牛タンの付け合わせやおかずを紹介しましたがいかがだったでしょうか?牛タンは濃い味付けで食べることが多いので、あっさりとした料理がとてもよく合います。ぜひ付け合わせと一緒に牛タンを食べてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。