INDEX

餃子を冷凍するメリット

餃子を冷凍するメリット①作り置きで時短になる

瓶に入った野菜

餃子を冷凍するメリット1つ目は、作り置きで時短になることです。餃子を手作りする時は、材料を細かく刻んで餡を作ったり、皮で一つ一つ包んでいったりと、たくさんの作業があって時間がかかりますよね。餃子をたくさん作り置きして冷凍すれば、刻んだり包んだりする手間が省けて、短い時間で仕上げることができます。

冷凍した餃子は解凍する必要もありませんし、正しい冷凍保存ができていれば、作りたてと変わらない美味しさを保てます。忙しい時やちょっと手抜きしたい時にも、冷凍した餃子があればとても便利です。手作りの餃子を、食べたい時に手軽に焼けるのは嬉しいですよね。

餃子を冷凍するメリット②色々なアレンジをしやすい

皿に入った料理

餃子を冷凍するメリット2つ目は、色々なアレンジをしやすいことです。冷凍した餃子をそのまま焼くのもよいですが、焼き餃子に飽きてしまうこともあるでしょう。そんなときでも、色々とアレンジできるのが餃子の便利なところです。

例えば、水餃子や揚げ餃子にもできますし、スープにしたりお鍋に入れたりとアレンジ方法は多彩です。バラバラに冷凍しておけば、必要な量だけすぐ取り出せるのも良いところですね。餃子ならその時によって様々な料理の仕方ができますから、たくさん作り置きしてしまっても安心です。

餃子の冷凍保存のポイント・保存期間も

作り置き餃子の冷凍保存のポイント①焼く前に冷凍する

冷蔵庫を開ける女性

作り置き餃子の冷凍保存のポイント1つ目は、焼く前に冷凍することです。手作りの餃子を大量に作り置きしたなら、その日に使う分以外は、焼く前に冷凍してしまいましょう。

焼いた餃子を冷凍すると、解凍したときにどうしても、餃子のパリパリ感がなくなってしまいます。焼く前に冷凍しておけば、美味しい状態で保存できますし、別の料理にアレンジすることもできますよ。

作り置き餃子の冷凍保存のポイント②バラバラにして冷凍する

キッチン

作り置き餃子の冷凍保存のポイント2つ目は、バラバラにして冷凍することです。餃子を冷凍するときに、固まったまま冷凍すると剥がすのが大変です。剥がすときに皮が破れてしまうこともあるでしょう。餃子をバラバラに冷凍しておけば、使いたい量だけを取り出せます。お弁当などでちょっとだけ使いたいときに便利ですよね。

餃子をバラバラに冷凍すると、皮のヒダの部分が割れてしまうことがあります。バラバラに冷凍する時は、冷凍保存袋ではなく浅型のタッパーなどを使えば、ヒダが割れるのを防ぐことができるでしょう。

冷凍用のタッパーには、100均のタッパーがオススメです。ダイソーやセリアではどんなタッパーがあるか、下の関連記事で探してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 609739646
関連記事 100均のタッパー12選!ダイソー・セリア別!おすすめ断熱容器も

100均のタッパーはとても種類が多く実用性があると言われています。ダイ

餃子の保存期間①焼く前の餃子の場合

まな板に乗った食材

餃子の保存期間1つ目は、焼く前の餃子の場合です。手作りした餃子をすぐに焼かないならば、常温ではなく冷蔵庫で保存しましょう。その場合、保存期間は約1日です。冷蔵庫で保存すると、餡から出た水分で皮が柔らかくなってしまうことがありますので、具材の水分を十分切っておいてください。

作り置きして長期間保存するなら、冷凍保存にしましょう。冷凍の保存期間は約1ヶ月ですが、美味しく食べたいなら、できるだけ早めに食べることをオススメします。早めに食べたほうが、美味しさも保てますし、焼き上がりもきれいに仕上がります。

餃子の保存期間②餃子の餡の場合

料理をしている人

餃子の保存期間2つ目は、餃子の餡の場合です。餃子の餡が余ってしまったら、皮に包まずに保存することもできます。餡を冷蔵庫で保存できる期間は、約1日です。調理済みの材料は日持ちがしませんので、早目に消費するようにしましょう。

餡を長期保存したいなら、冷凍保存をしたほうがよいでしょう。冷凍での保存期間は約1ヶ月となります。冷凍した餡は、解凍して餃子にするほかに、麻婆豆腐に使ったり、肉団子にしたりと別の料理にアレンジすることもできます。小分けにして冷凍しておけば、さらに便利に使うことができるでしょう。

餃子の保存期間③餃子の皮の場合

料理する男性

餃子の保存期間3つ目は、餃子の皮の場合です。餃子の皮は、冷蔵で保存するなら袋に書いてある期限を参考にしましょう。一般的には、だいたい2週間程度のようです。袋から出してしまったなら、3日程度が期限となるでしょう。

餃子の皮も冷凍することで長期保存が可能です。冷凍の場合は、約1ヶ月が期限となります。ただし、あまり長期間冷凍していると、皮が冷凍焼けすることがあります。冷凍焼けすると、解凍したときにベタベタするようになって、扱いづらくなってしまいますから、早めに使うようにしましょう。

餃子の冷凍の仕方

手作り餃子の冷凍の仕方①バットを使う方法

料理する親子

手作り餃子の冷凍の仕方1つ目は、バットを使う方法です。冷凍するときにアルミ製のバットを使うと、熱伝導が良くなって急速に冷凍することができます。冷凍庫の急速冷凍機能を使えばさらに効果的です。

冷凍の仕方は、まずバットにラップを敷いて、作り置きした餃子同士がくっつかないように並べます。ラップが使いにくい場合は、クッキングシートを使っても良いでしょう。バットに餃子を並べたら、そのまま冷凍庫に入れます。完全に冷凍されたら取り出し、バラバラの餃子を冷凍できるタッパーなどに入れて保存します。

手作り餃子の冷凍の仕方②粉を使う方法

ボウルに入った粉

手作り餃子の冷凍の仕方2つ目は、粉を使う方法です。バットに皮がくっつくと、剥がす時に皮が破れて、焼き方によっては肉汁が流れ出てしまいます。片栗粉や小麦粉をまぶすことで、餃子がバットにくっついて剥がしづらくなるのを防げます。

冷凍の仕方は、まずバットに片栗粉か小麦粉をまぶします。その上に、作り置きした餃子をくっつかないように離して並べ、ラップをかけて冷凍庫に入れます。完全に冷凍が終わったら、餃子をバラバラにして、冷凍保存袋やタッパーに入れて保存しましょう。

手作り餃子の冷凍の仕方③餡の冷凍方法

料理する女性

手作り餃子の冷凍の仕方3つ目は、餡の冷凍方法です。餡をまとめて冷凍すると、少しだけ使いたい場合に取り出すのが大変になってしまいます。餡は使いたい分だけ解凍できるように、小分けにして冷凍する方法がオススメです。

餡の冷凍の仕方は、まず1回分ずつの小分けにしたら、密封できる容器(タッパーなど)に入れます。この時、できるだけ空気を抜くようにして入れてください。容器をアルミのバットに乗せたら、冷凍庫で完全に冷凍します。冷凍が終わったら、バットは片付けてしまいましょう。

手作り餃子の冷凍の仕方④皮の冷凍方法

料理する男性

手作り餃子の冷凍の仕方4つ目は、皮の冷凍方法です。餃子の皮は、市販・手作りどちらも同じように冷凍可能です。餃子の皮をまとめて冷凍してしまうと、皮同士がくっついてしまい取り出しにくくなります。包む時にも破れやすくなりますから、面倒がらずに丁寧に保存しましょう。

皮の冷凍方法は、まずラップやクッキングシートで、皮を一枚ずつ挟んでいきましょう。こうすることで、皮同士がくっつくのを防ぐことができます。皮とラップを交互に重ねたら、ラップで包んで冷凍保存袋に入れ、空気を抜いて密封します。あとはアルミバットに乗せて冷凍してください。

焼いた餃子の冷凍の仕方

料理するシェフ

餃子は焼く前に冷凍するのがオススメですが、焼いた餃子がたくさん余ってしまうこともありますよね。焼いた餃子をしばらく保存したいなら、冷凍保存することも可能です。この時の保存期間は、3週間〜1ヶ月となります。

冷凍の仕方は、まず焼いた餃子を常温でしばらく置き、粗熱をとりましょう。その後は2〜3個ずつラップで包み、冷凍保存袋に入れます。冷凍保存袋に空気が入らないよう閉じたら、バットに置いて冷凍すればOKです。

冷凍保存した餃子の美味しい焼き方

冷凍餃子の焼き方

料理する女性

冷凍した餃子の美味しい焼き方は、解凍せずに凍ったままの状態で焼くようにしましょう。焼き方は、まずフライパンにごま油を多めにひいて熱します。冷凍餃子を並べたら、焼き目が付くまで焼いていきましょう。焼き目がついたら、餃子の半分がつかるくらいの水、またはお湯を入れ、フタをして強火で蒸し焼きにします。

水分がなくなったらフタを取り、そのまま焼き色が付くまで焼いて、できあがりです。仕上げにごま油を少し回し入れると、パリッとした餃子になりますよ。

羽根つき餃子にする焼き方

フライパンを持つ男性

お店で出てくる餃子の焼き方は、周りにパリパリの羽がついた「羽根つき餃子」になっていることが多いですよね。実は羽つき餃子は、焼くときにちょっと手間を加えるだけで、家でも手作りすることができるんです。

焼き方は、まず水200mlに大さじ1~2杯の小麦粉か片栗粉を入れて、溶かしておきます。どのような羽を作りたいのか、好みによって量は加減してください。後は焼き餃子を蒸すときに、先ほど作った水溶き小麦粉・片栗粉を入れればOKです。水分がなくなってきたら、焼き色を付けて仕上げます。

餃子のレシピ8選

餃子のレシピ①焼き餃子

餃子のレシピ1つ目は、焼き餃子です。キャベツやニラが入った基本的な餃子です。初めて餃子を作るなら、まずは基本の餃子に挑戦してみましょう。

材料(4人分)
  • キャベツ 200g
  • 塩もみ用の塩 小さじ1/4
  • ニラ 50g
  • 豚ひき肉 120g
  • 餃子の皮 20枚
  • 調味料
  • 塩 小さじ1/4
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 醤油 小さじ2
  • 生姜のすりおろし 1カケ
  • ごま油 小さじ2
焼き餃子の作り方
  1. キャベツをみじん切りにし、塩もみしたあと水気を絞ります。
  2. ニラをみじん切りにします。
  3. 豚ひき肉に調味料を順番に入れていきます。
  4. 豚ひき肉を粘りが出るまで練り、野菜を加えて混ぜます。
  5. できた餡を餃子の皮で包みます。
  6. 「冷凍餃子の焼き方」のように焼いて完成!

餃子のレシピ②野菜たっぷり餃子

餃子のレシピ2つ目は、野菜たっぷり餃子です。豚ひき肉を少なめにして、野菜をたっぷり入れたヘルシーな餃子になっています。カロリーを控えたい人にオススメです。

材料(6人分)
  • キャベツ 120g
  • 小松菜 120g
  • ニラ 30g
  • 生姜 1カケ
  • 豚ひき肉 100g
  • 塩小さじ 1/4
  • 餃子の皮 24枚
  • 調味料
  • 醤油 小さじ1
  • ごま油 大さじ1/2
  • コショウ少々
野菜たっぷり餃子の作り方
  1. キャベツと小松菜を塩少々を入れたお湯で茹で、みじん切りにして水気を絞ります。
  2. ニラをみじん切りにします。生姜はすりおろしておきます。
  3. 豚ひき肉に塩を入れ、粘りが出るまで練ります。調味料を加えさらに練ります。
  4. 豚肉と野菜を混ぜ合わせ、できた餡を皮で包みます。
  5. 「冷凍餃子の焼き方」のように焼いて完成!

餃子のレシピ③海老餃子

餃子のレシピ3つ目は、海老餃子です。海老のぷりっとした食感に、歯ごたえのよい茹でたけのこが絶妙のアクセントになっています。

材料(4人分)
  • キャベツ 30g
  • 茹でたけのこ 30g
  • 長ネギ 1/4本
  • 海老 200g
  • 豚ひき肉 50g
  • 塩コショウ 少々
  • 餃子の皮 24枚
  • 調味料
  • 生姜汁 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2
  • ごま油 大さじ1/2
  • 片栗粉 大さじ3/4
海老餃子の作り方
  1. キャベツを茹でてみじん切りにし、絞って水分を切ります。
  2. 長ネギをみじん切り、茹でたけのこを粗みじん切りにします。
  3. 海老を包丁の腹でつぶし、粗目にたたきます。
  4. 豚ひき肉と海老に塩コショウを入れ、粘りが出るまで練ります。調味料を入れてさらに練ります。
  5. 野菜を加えて混ぜ、できた餡を皮で包みます。
  6. 「冷凍餃子の焼き方」のように焼いて完成!

餃子のレシピ④棒餃子

餃子のレシピ4つ目は、棒餃子です。手作り餃子に慣れないうちは、きちんと餡を包めなかったり、皮を破いてしまう失敗をしがちです。棒餃子なら、皮を巻くだけなので簡単に餃子が作れますよ。

材料(4人分)
  • 豚ひき肉 250g
  • 生姜 15g
  • ニラ 1/2束
  • 長ネギ 1本
  • 餃子の皮(大きめのもの) 16枚
  • 調味料
  • 塩ひとつまみ
  • 砂糖 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 醤油 小さじ2
  • ごま油 小さじ1
棒餃子の作り方
  1. ニラと長ネギをみじん切りにします。生姜はすりおろしておきます。
  2. 豚ひき肉に調味料を入れて混ぜ、野菜を加えてさらに混ぜます。
  3. できた餡を棒状にして皮に乗せます。
  4. 両端から折りたたむように巻きます。
  5. フライパンに油を入れて熱し、棒餃子を並べます。弱火で薄く焦げ目がつくまで焼きます。
  6. お湯を入れてフタをし、蒸し焼きにします。
  7. 水気がなくなったらフタを取り、水分を完全に飛ばして完成!

餃子のレシピ⑤水餃子

餃子のレシピ5つ目は、水餃子です。焼き餃子に飽きたら、水餃子にしてみましょう。ツルッともちもちした食感の皮がたまらない一品です。水餃子の皮はお店で買うこともできますよ。

材料(4人分)
  • 豚ひき肉 150g
  • キャベツ 100g
  • ニラ 20g
  • しいたけ 2枚
  • 水餃子の皮 24枚
  • 調味料
  • 生姜 1カケ
  • 醤油 大さじ1/2
  • 酒 大さじ1/2
  • ごま油 小さじ1/2
  • 塩コショウ 少々
水餃子の作り方
  1. キャベツをみじん切りにして、塩をふり10分ほど置きます。
  2. ニラとしいたけをみじん切りにし、生姜はすりおろします。
  3. 豚ひき肉に調味料を加え、粘りが出るまで練ったら、ニラとしいたけを加えて混ぜます。
  4. 絞ったキャベツを加え、混ぜ合わせたら皮で包みます。
  5. 大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したら餃子を入れます。
  6. 餃子が浮き上がってきたら、さらに1分ほど茹でて完成!

餃子のレシピ⑥アボカドの揚げ餃子

餃子のレシピ6つ目は、アボカドの揚げ餃子です。チーズとアボカドが入った餃子は、女性が大好きな味でしょう。使うチーズはプロセスチーズがオススメです。

材料(2人分)
  • アボカド 1個
  • レモン汁 小さじ1/2
  • プロセスチーズ 60g
  • 塩コショウ 少々
  • 餃子の皮 15枚
アボカドの揚げ餃子の作り方
  1. アボカドの身を取り出し、レモン汁をいれてフォークでつぶします。
  2. プロセスチーズを1cm角に切ります。
  3. すべての材料を混ぜ合わせ、皮で包みます。
  4. 170°の油で揚げて完成!

餃子のレシピ⑦餃子のスープ

餃子のレシピ7つ目は、餃子のスープです。冷凍餃子とめんつゆで、簡単にスープを作ることができます。生姜が体を温めてくれますから、寒い日にぴったりのスープです。

材料(2人分)
  • 冷凍餃子 6個
  • 長ネギ 1/2本
  • 生姜 1/2かけ
  • 赤唐辛子 1/2本
  • めんつゆ 大さじ3
  • 水 カップ2と1/2
餃子のスープの作り方
  1. 長ネギを斜め薄切りにします。生姜は千切り、赤唐辛子は輪切りにします。
  2. 鍋に水とめんつゆを入れ、煮立ったら冷凍餃子、唐辛子、長ネギ、生姜を加えます。
  3. 中火で5分ほど茹でて完成!

餃子のレシピ⑧みぞれ餃子鍋

餃子のレシピ8つ目は、みぞれ餃子鍋です。大根おろしを入れたみぞれ鍋は、あっさりとしたスープですが、ピリッと効いたラー油が良いアクセントになっています。

材料(1人分)
  • 冷凍餃子 6個
  • 大根 100g
  • しいたけ 2枚
  • 水 カップ1と1/5
  • めんつゆ 大さじ4
  • ラー油 小さじ1/2
みぞれ餃子鍋の作り方
  1. 大根の皮を剥いてすりおろします。しいたけは薄切りにします。
  2. 鍋に水とめんつゆを入れて、煮立ったら冷凍餃子としいたけを加えます。
  3. 材料に火が通ったら、大根おろしを加えます。
  4. 火を止め、最後にラー油をたらして完成!

作り置きの餃子を冷凍保存して毎日の料理を楽にしよう!

いかがでしたでしょうか。餃子は種類も豊富で、様々な料理にアレンジできる便利な食材です。冷凍の仕方や美味しい焼き方を参考にして、毎日の料理に活用してくださいね。

手作りをする時間がない場合は、市販の冷凍餃子を使ってしまいましょう。市販の餃子にも様々な種類がありますので、下の記事で美味しい餃子や焼き方を見てみてくださいね。

Small thumb shutterstock 323107886
関連記事 市販でおすすめの冷凍餃子ランキングTOP11|美味しい焼き方のコツも

餃子は子供から大人まで幅広い層に人気があります。冷凍餃子は餃子を手作り

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。