INDEX

3Dマツエクの仕組み&通常のまつげエクステとの違いとは?

3Dマツエクはまつげ1本に人工毛を3本も付ける仕組み!

3Dマツエクは、まつげ1本に人工毛を3本まで付ける仕組みになっています。3本も人工毛を付ける事ができるので、今までまつげが少なくて、人工毛をつけてもボリュームアップできなかった場合でも、3Dマツエクであればボリュームアップできる可能性は高いです。

3Dマツエクとエクステの違いは人工毛の多さ!

3Dマツエクと通常のエクステの大きな違いとして、人工毛の多さが挙げられます。3Dマツエクはまつげ1本に人工毛を3本も付けられますが、エクステはまつげ1本に人工毛を1本しか付けられません。

人工毛の少なさはエクステの大きなデメリットなので、まつげをボリュームアップしたい場合には、エクステよりも3Dマツエクのほうが、おすすめです。

3Dマツエクはエクステよりも軽量タイプ

エクステは重くなっているので、1本のまつげに3本もの人工毛をつけられる3Dマツエクでは負担が重くなってしまうと思うでしょう。ところが、エクステの人工毛の太さが0.15mmなのに対して、3Dマツエクは0.05mmしかないのです。

3Dマツエクの人工毛が3本になって、ようやくエクステ1本程度の太さになるので、仮に3Dマツエクを利用したとしても、エクステと同じ程度の負担で3倍以上もまつげをボリュームアップできます。

3Dマツエクのメリットは? 

3Dマツエクはエクステよりナチュラルなまつげ

3Dマツエクとエクステの違いとして、ナチュラルな仕上がりにできるところも挙げられます。エクステを利用したら、ある程度までボリュームアップできても、少し不自然な仕上がりになってしまいます。そのため、エクステの仕上がりでは、不自然に感じる場合には3Dマツエクを利用したほうが良いでしょう。

3Dマツエクのアイライン効果

3Dマツエクを利用したら、まつげをボリュームアップできるので、アイライン効果を得る事ができます。アイライン効果を得られるので、目にアイラインを引く必要がないので、メイクの時間や出費をカットする事もできるのです。

アイライン効果のある3Dマツエクを利用したら、目力をアップする事ができるので、異性にアピールする事も可能です。少しでもパッチリとした目になっているように見せたい場合には、3Dマツエクを試してみる価値があります。

4Dや5Dのマツエクのメリットは?

4Dマツエクのメリットはまつげの根元の太さ

3Dマツエクよりもボリュームアップできるものがあって、それが4Dマツエクや5Dマツエクです。4Dマツエクはまつげ1本に人工毛を4本もつけられて、5Dマツエクは人工毛を5本もつけられます。

4Dマツエクの大きなメリットとして、まつげの根元を太くできる事が挙げられます。エクステや3Dマツエクを利用しても、毛先のボリュームをアップできても根元がスカスカの状態では不自然です。そのような場合には、4Dマツエクを利用すれば、さらに自然な仕上がりにする事が可能です。

5Dマツエクのメリットはボリュームラッシュ

5Dマツエクは、ボリュームラッシュと呼ばれている一種で、部分的にボリュームアップできる事が可能です。そのため、目尻付近のまつげだけをボリュームアップしたい場合には、5Dマツエクを利用すれば、少ない本数でアイライン効果を狙う事もできます。

ボリュームラッシュは少ない本数でもボリュームアップ

ボリュームラッシュは、4Dマツエクよりもボリュームアップできるので、少ない人工毛で目力をアップさせる事が可能です。実際に、多くの人工毛をつけようとしたら、時間をかけてしまうので、忙しい方には、ボリュームラッシュはおすすめです。

ボリュームラッシュはまつげにかかる負担が少ない

ボリュームラッシュは、少ない人工毛でボリュームアップできるので、あまりグルー(人工毛をつけるための接着剤)を利用する必要がありません。そのため、エクステや3Dマツエクでは目にかかる負担が多いと感じた場合には、ボリュームラッシュを試してみて下さい。

3D・4D・5Dマツエクのデメリットは?

3Dマツエクのデメリットはまつげの持ちが悪い

3Dマツエクは、エクステよりもボリュームアップできるとは言え、まつげの持ちがよくありません。実際に、3Dマツエクは密集度が高くなっているので、メイクのクレンジングやスキンケアなどで落ちる事があるので、気を付けて下さい。

3Dマツエクの持ちをよくしたいとは言え、具体的にどのようなクレンジングやスキンケアをしたら良いのか分からない方は多いでしょう。下の関連記事には、まつげの持ちをよくするための方法をいくつも紹介しているので、マツエクがすぐ落ちてしまう方は関連記事をご覧になってみて下さい。

Small thumb shutterstock 585667808
関連記事 マツエクの長持ちする洗顔料10選!根本の手入れ方法やメイクの落とし方も

マツエクの長持ちする洗顔料は?マツエクを付けているときの洗顔方法は?マ

4Dマツエクのデメリットはグルーの多さ

4Dマツエクは、5Dマツエクよりもボリュームアップできないので、多くのグルーを利用する必要があります。そのため、4Dマツエクを利用したら、目に大きな負担をかけてしまうので、まつげを痛めたくない方は気を付けて下さい。

5Dマツエクのデメリットはまつげの短さ

5Dマツエクは、1本のまつげに5本もの人工毛をつけられる事から、ボリュームアップしやすくなっていますが、1本のまつげにかかる負担は大きくなっています。そのため、人工毛があまりにも長いタイプを利用しようとしたら、まつげが折れてしまいます。

まつげが折れないようにするためには、短いタイプを利用するしかないので、まつげを長く見せたい場合には、3Dマツエクや4Dマツエクのほうがおすすめです。

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン13選!

3D・4D・5Dマツエクのデザイン①ナチュラル

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン1番目があって、それが『ナチュラル』です。ナチュラルは、名前の通りで自然な仕上がりに見せる事ができるタイプなので、ナチュラルメイクとの相性もよくなっています。厚化粧やマットな仕上がりのメイクをしたくない方には、おすすめのデザインです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン②セクシー

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン2番目は『セクシー』です。大人の女性をアピールできるようなデザインになっているので、30代の女性から、幼く見られがちな女性まで、満足しやすいマツエクです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン③キュート

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン3番目は『キュート』になります。セクシーとは違って、キュートなデザインであれば、まつげをボリュームアップできる上に、少し若く見せる事が可能です。そのため、実年齢よりも少し年齢が高く見られがちな方には、キュートなデザインのマツエクはおすすめです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン④ゴージャス

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン4番目は『ゴージャス』です。ナチュラルやキュートは、人工毛の数を少なくしているのに対して、ゴージャスは多めのタイプになります。そのため、ボリューミーな目元にしたい場合には、ゴージャスなデザインのマツエクを試してみましょう。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑤Jカール

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン5番目は『Jカール』になります。Jカールとは、まつげの毛先だけがカールになっているタイプです。自然な仕上がりになる事から、ナチュラルなデザインで使われています。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑥Cカール

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン6番目は『Cカール』です。Cカールは、Jカールよりも根元に近いところからカールされています。そのため、Cカールは、目がパッチリとしているように見せる事ができます。

まつげだけに気を取られていたら、顔全体の仕上がりに悪影響を及ぼす可能性があります。顔全体の仕上がりをよくしたい場合には、まつげとアイシャドウのバランスも重要です。下の関連記事では、アイシャドウとマツエクをバランスよくメイクしている記事が掲載されているので良かったら参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 572508496
関連記事 逆さまつげとは?マツエク(まつげエクステ)デザインや付け方は?

逆さまつげとはどのような状態のことをいうのか、マツエク(まつげエクステ

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑦60本タイプ

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン7番目は『60本タイプ』です。マツエクは、本数を変えるだけでも、デザインが大きく違って見えます。60本は少なめのほうなので、二重まぶたで、少しだけパッチリとした目をしている方に合うデザインです。

マツエクの数が60本タイプでは、一部分で少しボリュームが少なく感じる場合もあります。そのような場合には、ボリュームラッシュを利用してカバーするようにしましょう。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑧100本タイプ

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン8番目は『100本タイプ』です。60本のマツエクが、一重まぶたや奥二重の方では目元がパッチリと見えないのに対して、100本であれば一重まぶたや奥二重でも目力をアップさせる事ができます。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑨150本タイプ

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン9番目は『150本タイプ』です。マツエクが150本もあれば、まつげの数が少なめの方でも、十分にボリュームアップできます。150本ものマツエクをつけていれば、瞬きをした時にインパクトがあるので、異性にアピールする事もできます。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑩ブラウン

3D・4D・5Dマツエクのおすすめの10番目は『ブラウン』です。黒いまつげでは、物足りなく感じている方でも、ブラウンであれば満足しやすいでしょう。さらに、ブラウンはブラックに近いカラーなので、まつげをあまり派手にしたくない方にも、おすすめです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑪ブルー

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン11番目は『ブルー』です。ブラウンに対して、ブルーにもなれば、ブラックと大きく違うカラーになります。そのため、少しでも華やかなデザインのまつげにして、パーティーなどに参加したい方におすすめのデザインです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑫レッド

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン12番目は『レッド』です。レッドもブルーと同じように華やかなマツエクになっています。しかし、ブルーだけでは服の色味と合わない場合があります。レッドや、レッドの近似色に近いファッションを好む場合には、レッドのマツエクのほうが服と合わせやすいです。

3D・4D・5Dマツエクのデザイン⑬グリーン

3D・4D・5Dマツエクのおすすめのデザイン13番目は『グリーン』です。グリーンは、ブラックやブラウンのマツエクと合わせやすカラーになっています。そのため、ブラックとグリーンのマツエクを併用したり、ブラウンとグリーンを併用したりする事も容易です。

3Dマツエクに挑戦してオシャレなまつげ

3D・4D・5Dなどのマツエクを利用すれば、エクステよりも目力をアップさせる事ができます。それぞれ一長一短ありますが、それほど目に負担をかけないで、まつげのボリュームをアップさせる事ができます。エクステでは、物足りなく感じてきた方は、マツエクに挑戦して、オシャレなまつげに挑戦してみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。