Large thumb shutterstock 302396483

簡単な竹弓の作り方手順は?小学生の工作の宿題にもおすすめ!

更新:2019.06.21

竹で作られる弓を工作してみませんか?難しいと思われがちな竹弓ですが、小学生でも作れる簡単な作り方もあるんです。弓は集中力を養うのにぴったりで古くから教育にも取り入れられていました。是非ご家庭でお子様と一緒に手作りの弓を自作して遊んでみましょう。

簡単な竹弓の作り方|必要な材料は?

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料①竹

一見しなりのある若い竹のほうが弓の工作に向いているようですが、割れやすいため加工に向いていません。成長しても細い竹の種類もありますが、今回は手首ほどの太さの竹を選びましょう。

切り出した竹を使用する場合は、あらかじめ油抜きして3か月以上陰干ししましょう。水分を抜くことは大事ですが、水分を抜きすぎるのもひび割れの原因になってしまいますので、竹が黄色くなったのを目安にして弓の工作に移りましょう。

弓の長さは矢束(弦を引き絞れる腕の長さ)によって変えます。 両腕を真横に伸ばし、片腕を体の内側へ肘から曲げたときの両手の長さを測ってください。矢束に対しての最適な弓の長さは以下のサイトに詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

弓具店suizan雅 弓の選び方

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料②竹挽き鋸

普通の鋸ではなく竹挽き鋸を用意したほうがよいのは、鋸の歯が欠けるのを防いだり、ささくれを少なくしたりするためです。鋸の歯が欠けてしまった場合は「目立て」と言って、鋸の歯を一旦全部削り落として、新しく尖らせる必要があります。

また、ささくれができると使う際に怪我しやすくなるうえに、それを削るためのやすりがけをする時間が増えてしまいますので、時間短縮という面でも購入をご検討してみてください。竹挽き鋸は竹以外の木材を切るうえでも優秀なので、新しく鋸を買うなら竹挽き鋸をオススメします。

竹を切るだけの用途なら長さは必要ありませんが、汎用性を考えるなら260mm程度の長さが必要になります。また、替え刃式だとメンテナンスにお金がかからないので、結果として安価に使い続けることができます。

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料③竹割鉈

竹挽き鋸と竹割鉈の使用方法の違いは、縦に割るか横に切るかということです。竹挽き鋸だけで竹を割るのは至難の業ですので、鉈を用意します。普通の鉈でも機能としては十分なのですが、普通の鉈を用いると竹をまっすぐに割るのが難しいので、より調節のしやすい竹割鉈を用いると綺麗に切ることができます。

鉈には片刃のものと両刃のものがありますが、鋸とは違って歯の構造のことを指します。片刃は初心者には扱いづらいので、両刃の竹割鉈を選ぶようにしましょう。

また、女性には重すぎる竹割鉈は扱いづらいので、600g程度で刃渡りは200mm以内のものがオススメです。今回の作業において竹挽き鋸や竹割鉈は重要な役割を担っていますので、なるべくご用意してください。

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料④金槌

金槌は竹割鉈の背を叩いて、竹割鉈を食い込ませるのに用います。しかし鉈は薄い金属でできているので、金槌で叩くと背の部分が歪んで不格好になってしまう場合があります。もしそれが気になる方は、竹割鉈の背に木槌を当てて木槌を金槌で叩くようにしましょう。そうすると竹割鉈のダメージを軽減することができます。

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料⑤紙やすり

紙ヤスリを用意するのは、ささくれが生じてしまったときに小学生のお子さんの手が怪我をしないようにするためです。「竹ヤスリ」という商品もありますが、これは竹を対象としたヤスリではなく、竹を材料にしたヤスリなので間違えないようにしましょう。

紙ヤスリには数字が書いてありますが、目が粗くざらざらしたものは数字が小さく、目が細かくさらさらしたものになるに従って数字が大きくなります。紙ヤスリはまず目が粗いものから使って大まかに形を整えたあと、目の細かいものを使って手触りを良くしましょう。

小学生でも簡単な手作り竹弓の工作材料⑥ナイフ

ナイフは必ず研いでから使うようにしましょう。包丁と同じで切れ味が悪いと刃が滑り、怪我をしかねないからです。傷口に錆が入ると破傷風の原因にもなります。後ほどご説明しますが、鋸と違って竹の繊維と逆の向きからナイフを入れることになるので、ナイフを使う工程は大人が手を貸してあげましょう。

小学生でも簡単な自作竹弓の工作材料⑦水糸

水糸という言葉にあまり聞き馴染みのない方もいらっしゃると思います。水糸とは、農作業に使う丈夫な糸のことです。たった一回の工作に使うには量が多すぎるので、撚り合わせたタコ糸を代用する作り方もあります。その場合、別途壁に取り付けられるフックをご用意ください。ぜひお好きなほうを選んでください。

簡単な竹弓の作り方手順は?

竹弓の簡単な作り方①弓を作りましょう

木元竹末という言葉があります。物事には順序がある、という意味で用いられる言葉です。木を割るには木の根元から、竹を割るには竹の先端から刃を入れるとより簡単に割ることができることから、この言葉が生まれました。竹を割る前に竹の両端の長さを測り、細いほうから割るようにしましょう。

まずは水糸を用いた場合の作り方をご説明します。水糸を用いた場合もタコ糸を用いた場合もおおまかな作り方は同じなので、タコ糸を代用する方は下記の「タコ糸を用いる場合は撚りましょう」を参考にしたうえで、水糸の部分をタコ糸に読み換えてください。

弓の作り方

  1. 竹を「竹を用意しましょう」の末尾にあるリンクを参照に、手頃な長さに切ります。
  2. 竹の細いほうの先端から鉈の刃先(手元側)を入れて鉈を金槌で叩き、割れ目を入れます。
  3. 鉈を左右に揺らしながら、刃をねじ込むようにして割れ目を開いていきます。
  4. 30cmほど開いたら、切込みに木の棒を入れて割れ目を押し広げていきます。このとき、固定しないと竹が動いてしまうので、竹の割れ目が入ってないほうの先端を壁などに押し当てながら押し広げます。
  5. 2~4番の要領で幅3cmに切り出します。このとき、必ず長いほうを手に持って行うようにしてください。
  6. 竹の節を金槌で砕き、綺麗にします。
  7. 竹の断面、節の断面を紙ヤスリで削ってささくれをなくし、形を整えます。
  8. ナイフで長いほうの辺の端から1cm程度離れた場所に切込みを入れます。このとき、竹を横に立てて足で壁などに押さえて切込みを入れるようにしましょう。小学生のお子さんがナイフを扱う際は十分に気を付けてください。

竹弓の簡単な作り方②弦を張りましょう!

本来弓道の弓は先端部分が細くなっており、そこに弦輪と言う輪っかを引っかけるという作り方をします。この作り方では、竹を曲げなる必要があります。しかし竹を曲げるのは難しく、火で炙ったところに木材を当てて曲げる、という工程を何度も繰り返さなければ綺麗な形にはならないため今回は別の作り方をご紹介します。

今回ご紹介する結び方は「ふた結び」と言って、引っ張りの力にとても強い簡単な結び方です。これは荷物をまとめるときなどにも応用することができますので、ぜひ作り方を覚えていってくださいね。

弦の張り方

  1. ナイフで作った溝に水糸の端を一周巻き付けます。
  2. できた輪っかに通した紐の端を、もう片方の紐の端へ向けて揃えます。
  3. 揃えた紐の端と紐を交差させてできた輪っかに、紐の端を通します。
  4. 紐の両端から力を入れて、ぎゅっと緩みを引き締めます。
  5. もう片方も同じようにして、完成です。

番外編:タコ糸を用いる場合は撚りましょう

本来タコ糸はあまり強度が無いので弦に向いておらず、一本貼っただけではすぐに伸びてヨレヨレになったり切れてしまったりします。そんなタコ糸も撚り糸にして強度を高めることで、弦として使うことができるようになります。

タコ糸の撚り方

  1. 撚りたい糸二、三本をまとめて端を結び、一本にまとめます。
  2. 壁にフックを取り付けて結び目をフックに引っかけます。
  3. 引っかけた糸の端を一つにまとめて左手首に置き、右の指先で糸を押さえます。
  4. 手を擦り合わせることによって左手首から指先へ、右の指先から手首へと糸が滑るように撚り合わせていきます。糸の端まで撚り合わせられるまで3~4番を繰り返します。
  5. 端まで撚り合わせたら、解けるのを防ぐために端に結び目を作って完成です。

最近では簡単に撚り糸を作れるストリング-IIという商品もあります。壁に穴を開けられない方や、やってみたけどよく分からなかったという方、竹弓にハマった小学生のお子さんが親御さんの不在時に糸を切ってしまっても良いようにしてあげたいという方にもオススメです。

お友達に作り方を教えて一緒に弓で遊びましょう

自作したものには愛着がわくものです。ぜひ小学生のお友達と手作りして、一緒に遊んでくださいね。しかし、矢が目に入っては一大事ですので、先端部分にクッション材を取り付けると安心です。

今回結構用意するものがたくさんあったので、用意するのが簡単ではないと感じた方もいるかと思います。竹弓の他にも、小学生向きの工作の作り方をご紹介したサイトがありますので、併せてご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。