Large thumb shutterstock 644396992

トロフィーワイフの意味とは?年収が高いエリートの嫁・妻の特徴7選

更新:2019.09.02

トロフィーワイフの意味を知っていますか?年収が高いエリートの男性は、自分の成功の象徴として、トロフィーのような勲章に見える若くて美しい妻を欲しがります。このような奥さんをトロフィー・ワイフと呼びます。トロフィーワイフとなる嫁は知性や料理の腕前も求められます。

トロフィーワイフの意味とは?

トロフィーワイフの意味は勝者の象徴であるトロフィーのような嫁

トロフィーワイフとは、トロフィーは勝者の象徴であるあのトロフィーで、ワイフは妻の意味になります。そこから自分の成功の証として手に入れた人もうらやむような若くて美しい妻のことをこう呼びます。

トロフィーワイフは、元々アメリカでスタートした概念です。日本では、まだまだその呼び名はメジャーではないですが、日本社会でもトロフィーワイフを奥さんとしてもらっている男性は、芸能界などで割と見かけますよね。

トロフィー・ワイフとは年収の高いエリートの男性の社会的成功の象徴

トロフィー・ワイフを好むのは、主に年収の高いエリートの男性です。20、30代と仕事に集中して地位と富を得た40代の頃、自分の社会的成功の象徴のひとつとして、トロフィーワイフを好むのです。

トロフィーワイフになる人は、自分の若さや美貌を高く評価してもらえる時期に、地位と富を得た年上の男性と結婚します。年上の男性は地位と富により、トロフィーワイフを得て、トロフィーワイフになる人は、優雅な暮らしを手に入れることが出来るので、双方のニーズがマッチしていれば良いことです。

トロフィーワイフの特徴7選

トロフィーワイフの特徴①夫よりも年齢がかなり若いこと

トロフィーワイフの特徴の1つ目は、夫よりも年齢がかなり若いことです。妻は20代で夫は40代や50代もあり得ます。年収が高いエリートで自己顕示欲の高い男性の中には、奥さんの若さを自慢したい人もいます。

なぜなら、男性と言うのはいくつになっても、若い女性が好きだからです。自分に若いトロフィーワイフがいることにより、友人やビジネス上の知人などをうらやましがらせることが出来ると考えています。そして、それを自分の成功の一部としてアピールしたいのです。

トロフィーワイフの特徴②誰もがうらやむほど美しいこと

トロフィーワイフの特徴の2つ目は、誰もがうらやむほど美しいことです。若いだけでなく、誰もがうらやむほど美しい嫁というのは、男性にとって永遠の憧れです。誰もがこのようなトロフィーワイフを手に入れられることはないのを男性陣は承知しています。

トロフィーワイフを手に入れられるのは、社会的成功を収めたエリートで年収の高い男性の証であるため、その中でも嫁の美しさは非常に自慢になります。トロフィーワイフになる女性は、少なくとも若いことと美しいことは外せないポイントになります。

トロフィーワイフの特徴③若くて美しいだけでなく知性を兼ね備えていること

トロフィーワイフの特徴の3つ目は、若くて美しいだけでなく知性を兼ね備えていることです。トロフィーワイフになるためには、ただなりたいと思ってなれるわけではないのです。若さと美しさ、そしてさらに知性が求められます。この知性も重要なポイントになります。

なぜなら、年収の高いエリートの男性とは夫婦同伴でパーティーに出たり、取引先との会食など、妻としての役割を求められることも多いのです。その際に、年収の高いエリートの男性の妻としてふさわしい知性のある会話をすることは、とても重要になります。

トロフィーワイフの特徴④育ってきた家柄が良いこと

トロフィーワイフの特徴の4つ目は、育ってきた家柄が良いことです。トロフィーワイフを持ちたい年収の高いエリートの男性は、お金目当てに寄って来る女性たちに辟易しています。家柄の良い女性は、自分の実家がお金持ちであるので、男性とお近づきになる時にお金目当てオーラは出ません。そこに、男性は魅かれるものです。

育ってきた家柄が良い女性は大抵、家族や親戚、友人関係などもある一定以上のレベルの人とおつきあいしてきています。ですので、トロフィーワイフになっても、ある一定以上のレベルの人とのおつきあいに慣れているため、エリートの男性は育ってきた家柄が良い女性をトロフィーワイフとして、選ぶ傾向にあります。

トロフィーワイフの特徴⑤ファッションセンスが抜群であること

トロフィーワイフの特徴の5つ目は、ファッションセンスが抜群であることです。トロフィーワイフは、若さ、美しさと共に、男性にとって自慢の嫁となるべくより魅力的なファッションに身を包むことを求められます。

俳優ジョージ・クルーニーの妻のアマル・クルーニーもトロフィーワイフということが出来ます。ご存知の通り、アマル・クルーニーは国際派の弁護士でジョージ・クルーニーよりも16歳若いです。元々ファッションセンスが良かったアマル・クルーニーですが、ジョージ・クルーニーとの結婚の後、注目されるようになりました。

典型的なトロフィーワイフのアマル・クルーニーですが、実は今は、ジョージ・クルーニーよりも注目度が高い時もあります。ジョージ・クルーニーは、ジョークで「アマルの夫です。」と発言することもあるようです!まさにジョージ・クルーニーにとって、理想的な嫁、トロフィーワイフがアマル・クルーニーなのでしょう。

トロフィーワイフの特徴⑥奥さんとして料理もうまいこと

トロフィー・ワイフの特徴の6つ目は、奥さんとして料理もうまいことです。エリートの男性は、健康管理も徹底していることが多いです。なぜなら、食べたもので体と思考は作られて、それが大切なことを知っているからです。

ですので、朝は早起きして瞑想やスポーツなどをして、朝食はバランスの取れたものを自宅で食べることを好む男性も多いです。そこで、健康管理をきちんと出来る料理もうまい奥さんは大事になります。

下の記事では、料理下手を克服する方法を解説しています。結婚する前に料理上手になっておくことは大切なことですよね。そこで料理上手になるコツやレシピも解説していますので、合わせてご覧下さい。

トロフィーワイフの特徴⑦自立していること

年収の高いエリートの男性にトロフィーワイフとして選ばれるには、若くて美しいだけでなく自立していることも大事です。自分の仕事をきっちりこなして自立している女性は、トロフィーワイフとして、年収の高いエリートの男性の目に留まりやすくなります。

なぜなら、エリートの男性は仕事上、プレッシャーやストレスがつきものです。自分の仕事をきっちりこなして自立している女性には、相談やアドバイスを求められることを男性は知っています。そこで、自分の仕事をビジネス用手帳で管理していき、デキる女性を目指していきましょう。

下記の記事では、ほぼ日手帳法ビジネスの活用方法を紹介しています。スケジュール表だけでなく打ち合わせノートの項目がついているものもあり、効果的な使い方を解説しています。合わせてご覧下さい。

トロフィーワイフを欲しがる男性心理3選

トロフィーワイフを欲しがる男性心理①美しい妻をまわりに自慢したい

トロフィーワイフを欲しがる男性心理の1つ目は、美しい妻をまわりに自慢したいと言うことです。美しく若い妻は、いつの時代でも男性の憧れです。しかし、男性ならトロフィーワイフを誰でも手に入れられるわけでないので、まわりに自慢したいと言うのがあります。

自分の自己顕示欲を満たすのに、若くて美しいトロフィー・ワイフがいるということを自慢したいタイプの男性もいます。お互いに納得しての結婚ならいいですが、自己顕示欲を満たすためだけの結婚かどうか、見極めるのも重要です。

トロフィーワイフを欲しがる男性心理②自分の成功の象徴|弁護士などが多い

トロフィーワイフを欲しがる男性心理の2つ目は、自分の成功の象徴として捉えていると言うことです。弁護士などのエリートの男性は、30代から40代になって地位や富がついてきます。

その時、成功の象徴のひとつとして、若くて美しい妻であるトロフィーワイフがいると、自分の価値を高めると考える男性もいます。

トロフィーワイフを欲しがる男性心理③妻を自分のアクセサリーの一部と認識

トロフィー・ワイフを欲しがる男性心理の3つ目は、妻を自分のアクセサリーの一部と認識することです。このように考える男性のトロフィーワイフになった場合、妻は自分を高めていく努力を続けていき、夫に必要だと思わせることが大事です。

なぜなら、このようなエリートの男性の場合、基準が若くて美しいことであるので、年月が経った後、嫁を捨てて若い女性と再婚することもあり得るからです。

トロフィーワイフを目指す女性は美しさ知性と共に自立も大事

トロフィーワイフの意味について、トロフィーワイフの特徴、トロフィーワイフを欲しがる男性心理などをご紹介してきました。トロフィーワイフを欲しがる男性は、医師や弁護士など年収の高いエリートの男性が多いです。20代30代と仕事に懸命に取り組み、地位と富も出来た40代の頃、20代の若い妻と結婚したりします。

この時に、トロフィーワイフ狙いの女性は美しさ、知性を磨くことは重要ですが、自立していることも大事です。なぜなら、やはり自立していないお金目当てと感じる女性のことを、男性は奥さんとして選ばないからです。トロフィー・ワイフが欲しい男性も、なりたい女性も、幸せな結婚生活になりますように願います!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。