Large thumb shutterstock 545972260

毛の抜けにくい犬の種類12選!飼いやすい人気の小型〜大型犬を大紹介!

更新:2020.12.18

なるべく抜け毛の少ない犬を飼いたいけれど、どの犬種を選べばいいかわからない…と悩んでいませんか?そこで今回は、毛の抜けにくい犬の種類をご紹介します!小型犬から大型犬まで、様々な犬種を紹介していますよ。是非参考にしてくださいね。

シングルコートとダブルコートの犬の違いとは?

①アンダーコートの多さ

犬

シングルコートとダブルコートの犬は、アンダーコートの多さが異なります。犬には、外からの刺激から体を守る「オーバーコート」と、保温効果の高い「アンダーコート」の2種類の毛が生えています。オーバーコートはあまり抜けない一方で、アンダーコートは季節の変わり目になると抜けていきますよ。

シングルコートの犬は、アンダーコートが少ないのが特徴です。そのため換毛期になっても、毛が抜ける量が少ないと言われています。一方ダブルコートの犬種は、アンダーコートが多く生えています。アンダーコートで体温調節を行うため、季節が変わる頃になると、毛が大量に抜けていきますよ。

②毛が伸びやすいかどうか

毛が長い犬

毛が抜けにくいとされるシングルコートの犬種は、毛が伸びやすいという特徴を持ちます。保温効果のあるアンダーコートが少ない代わりに、毛を伸ばすことで体温調節をしているのです。放っておくと毛が伸び続けるため、定期的なカットが必要になりますよ。

一方ダブルコートの犬種は、アンダーコートで体温調節をするため、毛がほとんど伸びません。ブラッシングは必要ですが、カットの回数は少なくて良い、と言われています。

小型|毛が抜けにくい犬の種類5選!

①マルチーズ

Maltese

毛が抜けにくい小型犬を飼おうと思っている方には、マルチーズがおすすめです。ヨーロッパで生まれた犬種で、世界でも古い歴史を持つことで有名です。おっとりと温厚な性格ですが、勇敢な一面もあり、敵に向かっていくこともありますよ。そのため、番犬として飼われることも多いです。

マルチーズは、クルクルとしたシングルコートを持ちます。抜け毛がほとんどなく、ブラッシングの頻度も3日に1回程度で良い、と言われています。可愛らしい外見なので、どんな世代にも人気の犬種ですよ。是非、マルチーズを候補として考えてみてください。

②シーズー

Shih Tzu

シーズーも、毛が抜けにくいと言われている犬種です。基本的におっとりとした性格で、誰に対してもフレンドリーに接します。家族に噛み付いたり、暴れて言うことを聞かなかったり、という心配がありません。しつけもしやすく、幅広い世代から愛されていますよ。

またシーズーは、ダブルコートの犬種です。しかしシーズーのような長毛種は、毛が生え変わる周期が長いのが特徴です。毛が生え変わるまでに時間がかかるため、他のダブルコートよりも抜け毛が少ないと言われていますよ。

③ミニチュア・ピンシャー

Miniature Pinscher

抜け毛が少ない小型犬として、ミニチュア・ピンシャーも有名です。活発で遊ぶことが大好きな性格で、自分よりも大きい相手にも果敢に立ち向かっていきます。少々人見知りをすることもありますが、慣れれば人に忠誠心を示してくれますよ。学習能力が高いため、しつけもしやすいと言われています。

ミニチュア・ピンシャーはシングルコートの犬種ですし、毛が短いのも特徴です。抜け毛が少ない上に目立ちにくく、掃除やお手入れも簡単に行える、と言われていますよ。更に毛がほつれることもないため、ブラッシングの手間もほとんどかかりません。体が臭わないことも、人気のポイントです。

またこちらに、ミニチュア・ピンシャーの飼い方についての記事を載せておきます。一般的な値段や毛色、詳しい飼い方が解説された本などがまとめられていますよ。ミニチュア・ピンシャーを飼おうと考えている方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

④ヨークシャー・テリア

Yorkshire Terrier

毛が抜けにくいと人気の小型犬に、ヨークシャー・テリアも挙げられます。シングルコートの犬種の中でも、特に抜け毛が少ないと言われていますよ。こまめにブラッシングをしていれば、カーペットや床などに毛が散らばることはありません。ただし、その分毛が伸びやすいため、定期的にカットをする必要はあります。

ヨークシャー・テリアは、非常に賢くてフレンドリーな性格です。人に慣れるのも早く、すぐに懐いてくれるでしょう。ただしわんぱくな一面もあるため、しっかりと躾けないと手がつけられなくなることもあります。ヨークシャー・テリアを飼いたいと考えているのなら、最初の躾に力を入れるようにしましょう。

⑤チワプー

チワプーも、毛が抜けにくいと言われている小型犬です。名前からも分かる通り、チワワとトイプードルから生まれたミックス犬です。「プーチー」と呼ばれることもありますよ。非常に体が小さく、愛らしい姿で人気を集めています。また頭が良く、人の言うことをしっかりと理解してくれます。

チワプーは、シングルコートであるプードルの血を引いているため、抜け毛が少ないと言われています。毛がクルクルとカールしていることも多く、カットの手間がかからない個体も多いですよ。

またこちらに、可愛いと人気のミックス犬がまとめられた記事を載せておきます。人気の犬種だけでなく、ミックス犬を飼うメリットなどもまとめられていますよ。チワプー以外のミックス犬が知りたい!という方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

中型|毛が抜けにくい犬の種類4選!

①スタンダード・プードル

Standard Poodle

中型犬の中では、スタンダード・プードルという犬種がおすすめです。カールしたシングルコートが特徴で、他の犬種よりも毛が抜けにくいと言われています。毛がカールしているので、伸ばしても手入れがしやすいですよ。

人懐っこい性格の持ち主で、すぐに打ち解けてくれます。泳ぎが得意な一面があるなど、活発なところもありますよ。体も丈夫で、病気や怪我をしにくいのも特徴です。抜け毛が少ない上に飼いやすい、おすすめの犬種です。是非、スタンダード・プードルを候補として考えてみてくださいね。

②ポーチューギーズ・ウォーター・ドッグ

Portuguese Water Dog

ポーチューギーズ・ウォーター・ドッグも、抜け毛が少ないとされる中型犬です。ポルトガルで生まれた種類で、もともとは漁用犬として育てられていました。明るくフレンドリーな性格で、一度信頼した相手には忠誠を尽くしてくれます。遊ぶことが大好きなので、他の動物や子供との相性も良いですよ。

③バセンジー

抜け毛の少ない中型犬として、バセンジーが挙げられます。毛が短い上にシングルコートなので、ほとんど抜け毛が気になりません。ブラッシングは1週間に1度、シャンプーも月に1回程度で十分だと言われています。またほとんど吠えることがなく、おとなしい性格の持ち主でもありますよ。

頭も良く、飼い主の言うことをしっかりと聞いてくれます。ただし独立心が強い部分があるため、躾には時間がかかることもあります。運動が大好きなので、一緒にスポーツを楽しんであげると喜びますよ。

④アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルも、抜け毛が少ないと言われている犬種です。ふわふわとしたシングルコートを持ち、換毛期でもほとんど抜け毛が気になりません。ただし毛が伸びやすいため、ブラッシングやカットなどのケアは必要になります。

大型|毛が抜けにくい犬の種類3選!

①ジャイアントシュナウザー

ジャイアントシュナウザーは、抜け毛が少ないとされる大型犬の一種です。穏やかで忠誠心が強く、番犬としても活躍してくれますよ。災害救助犬や警察犬として働けるほど、頭の良い犬種でもあります。

ジャイアントシュナウザーは、他の種類の犬よりも剛毛です。しかしその分抜け毛は少なく、換毛期のお手入れは楽だと言われています。ただし毛の量が多いため、日々のブラッシングは欠かせません。

②ブラックロシアンテリア

ブラックロシアンテリアも、毛が抜けにくい大型犬の一種です。非常に長い被毛を持ち、全身が真っ黒な毛で覆われています。ダブルコートの犬種ではありますが、寒い地方に生息していることもあり、ほとんど抜け毛がありません。ブラッシングも週に3回ほどでOKです。

ブラックロシアンテリアは、活発で運動が大好きな性格です。家の中でじっとするよりも、外で駆け回ることを好みます。広い場所を散歩させたり、ドックランに連れて行ったりと、体を動かせる環境を作ってあげましょう。

③グレートデーン

Great dane

大型犬の中では、グレートデーンも抜け毛が少ないと言われていますよ。シングルコートの上に短毛なので、換毛期でも抜け毛に悩まされることがありません。体は大きいですが非常に温和な性格なので、すぐに慣れてくれますよ。他の動物とも仲良く暮らすことができます。

犬の抜け毛におすすめの対策3選!

①服を着せてあげる

服

抜け毛対策として、犬に服を着せてあげる方法が有効だと言われています。洋服で体を押さえることで、床に毛が広がるのを防ぐことができますよ。また、寒さ対策としても効果があります。

②お風呂に入れる

洗う

定期的にお風呂に入れてあげるのも、抜け毛対策として有効ですよ。埋もれてしまっている抜け毛が落ちる前に、洗い流すことができます。ただし毎日のようにお風呂に入れるのは、犬の皮膚にとって良くありません。お風呂には、2週間に1度程度のペースで入れてあげましょう。

③こまめにブラッシングをする

抜け毛対策としておすすめなのが、こまめなブラッシングです。1日に1回ブラシをかけてあげれば、床に落ちる毛の量が大幅に減少します。毛の長さや犬種に合わせて、ブラッシングに使う道具を探してくださいね。

またこちらに、犬の換毛期について解説された記事を載せておきます。ダブルコートの犬は下毛が多いため、季節の変わり目になると毛が抜けていきます。ダブルコートの抜け毛対策が知りたい!という方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

毛が抜けにくい犬の種類を知って飼育に役立てましょう!

毛が抜けにくい犬ならば、ブラッシングや掃除の手間を大幅に省くことができます。今回紹介したおすすめの犬や、抜け毛のお手入れ方法を参考に、どの犬種を迎えるか検討してみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。