INDEX

懐妊の意味とは?

懐妊の意味とは子供を身ごもること

積み重ねた本

懐妊の意味とは子供を身ごもることです。「ご懐妊」というような言い方をすると敬語表現で非常に改まった響きがあるのですが、一般的に子供を身ごもることを表現する場合に使われる言葉になります。もちろん「懐妊」に「ご」を付けることで丁寧な言い回しになりますが、「懐妊」自体が敬語表現ではありません。

「妊娠する」という動詞と同じように「懐妊する」という言い回しでも使うことができますし、「認識」「懐妊」という形で名詞形でも使うことができます。「妊娠が発覚する」「懐妊が発覚する」どちらでも使えますが、相手に分かりやすく伝えるなら「妊娠」の方が好ましい表現であると言えるかもしれません。

懐妊は妊娠と同じ意味合いで目上の人に使われる言葉

図書館の本棚

懐妊は妊娠と同じ意味合いで目上の人に使われる言葉です。「懐妊」という言葉自体は敬語にあたりませんが「ご懐妊」という形で目上の人に使われることが多い言葉です。「ご妊娠」というような言い回しもできるのですが「ご妊娠」という言い方は一般的に不十分な敬語表現であると認識されることでしょう。

目上の人がお腹に子供を宿した場合には「ご懐妊」という言い回しを使うのが基本です。それはそういう風習であると覚えておくといいでしょう。「懐妊」自体がたとえ敬語表現ではなくても「ご懐妊」という言い回しにして目上の人への敬意を示すのが習わしとなっていますのでよく覚えておくようにしましょう。

ちなみに子供を無事に出産するまで女性は中々安心できないという気持ちが大きいかもしれませんが、下記の関連記事については出産に関する様々な知識が紹介されています。たとえ今、妊娠していなくても読んでおくと役に立つ情報が目白押しです。時間がある時にこちらも是非チェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 556702975
関連記事 安産型の意味とは?安産型の女性の特徴10選!出産に適した体型も

今回は「安産型の女性の特徴10選」と題して、出産に適した体型というのは

懐妊の類語とその意味は?

懐妊の類語とその意味①妊娠

妊娠の検査

懐妊の類語とその意味の1つ目は「妊娠」です。「懐妊」も「妊娠」も、お腹の中に子供を宿すことを示す言葉であり、同義語として使うことが出来る言葉です。ただし、目上の人に使えるのは「懐妊」の方になりますので、その点だけはおさえておきましょう。同じ意味の言葉で使い分けが必要と認識しておきましょう。

ちなみに妊娠をすると、そこまでの生活スタイルとは大きく変えなけれならないことが数多くあります。その一つに夜の営みが挙げられます。下記の関連記事はそんな疑問を解消する手助けになる内容となっています。男女問わず非常に興味深い内容になっていますのでこちらも是非チェックしてみてくださいね!

懐妊の類語とその意味②出産

赤ん坊が寝ている

懐妊の類語とその意味の2つ目は「出産」です。「出産」は子供を産むことを指す言葉になります。そのため「懐妊」した後の行為を指す言葉になります。「懐妊」という言葉よりも「出産」という言葉の方が一般的に使われるシチュエーションは多いかもしれません。また「妊娠出産」という形で「妊娠」とセットで使われます。

「出産」に関しては「妊娠」「懐妊」も含めた一連の流れを総括して表すような状況もあります。明確には子供を宿す段階が「懐妊」で「産む」ことが「出産」ですが、その段階をわざわざ細かく分ける必要がないシチュエーションにおいては「出産」という表現ですべてを表す場合もあります。

懐妊の類語とその意味③おめでた

妊娠を喜ぶ女性

懐妊の類語とその意味の3つ目は「おめでた」です。「おめでた」という言葉は「おめでとう」「おめでたい」という言葉に派生する表現であり、目上の人に対しては使わず、また本人がいる状況よりは懐妊した人の状況を伝えるために使われる表現になります。懐妊したことを少しぼかして伝えるような使い方になります。

「おめでた」という表現は懐妊も表しますが、出産した事実を表すこともあります。そのため「懐妊」「妊娠」「出産」という言葉よりも前後の文脈からどの段階のことを指しているのかを推測する必要があります。また、「おめでた」が「結婚」を意味することもあるので勘違いをしないように注意する必要があります。

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方は?

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方①目上や年上が身籠った時

お腹を大事に触る女性

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方の1つ目は、目上や年上が身籠った時です。この使い方についてはご懐妊(ごかいにん)の最も一般的な使い方であると言えるでしょう。ご懐妊(ごかいにん)という言い回しには非常にフォーマルな響きがあり、「妊娠」よりも使われるシーンが限定される言い回しであると言えます。

「〇〇さんがご懐妊された」「〇〇さんがご懐妊のようだ」という形で使われます。また、相手が妊娠していることを直接尋ねる場合にも「ご懐妊されたのですか?」というような形で聞くこととなります。年上や上司のような目上の人が身籠った場合にはこのような言い回しが好まれますので使いこなせるようにしておきましょう。

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方②上司等目上の人の配偶者が身籠った時

笑顔の上司

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方の2つ目は、上司等目上の人の配偶者が身籠った時です。ご懐妊(ごかいにん)に関しては本人が目上の場合だけではなく、男性が目上の人の場合にも使う言葉になります。例えば上司の配偶者が自分よりかなり年下であったとしても、その場合にはご懐妊(ごかいにん)を使うことになります。

考え方としては上司の配偶者は上司同様の身分になります。「社長の奥様」「社長夫人」といった言い回しになるかと思われます。そのため「社長の奥様がご懐妊された」というような形でその事実を確認することとなりますし、「奥様がご懐妊されたとのこと、おめでとうございます」と相手に伝えることになります。

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方③皇族等公人が身籠った時

海辺の貴婦人

ご懐妊(ごかいにん)の言葉の使い方の3つ目は、皇族等公人が身籠った時です。もしかしたら「ご懐妊」という表現についてはこのパターンで目にすることが多いかもしれません。報道において「ご懐妊」という言葉が使われる場合にはその対象となる方が公人である場合がほとんどです。これは外国人にも当てはまります。

外国人の公人というのは王族などです。王女や皇太子妃の妊娠などには報道においても「ご懐妊」という言葉が使われます。大統領や首相等、国家要人に関しては「妊娠」「懐妊」どちらも使われる場合があります。また芸能人に関しては基本的には「妊娠」が使われることになります。

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方は?

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方①贈り物をする

プレゼントを渡す

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方の1つ目は、贈り物をすることです。贈り物については、基本的に「出産祝い」として贈るのが基本ですが、身近な間柄であれば気を遣わせないような、懐妊中に訳に立つアイテムを「ご懐妊おめでとうございます」という言葉を添えて渡すと良いでしょう。盛大なお祝いは厳禁です。

何故なら、懐妊したとしても流産等の事故の可能性は常に否定できないため、無事出産を終えるまでは安心できないからです。懐妊した段階で盛大なお祝いをしてしまうと、そういう状況になってしまった時のショックを大きくしてしまうことになります。そのため、ご懐妊のお祝いは最低限の気持ちを表すものに留めましょう。

ちなみに出産祝いに関して迷うようなことがあれば、下記の関連記事を参考にしてみてください。出産祝いの渡し方についてはお金で渡す場合と、品物で渡す場合がありますが、下記の生地ではお金を渡す場合の金額やマナーについて紹介されています。こういうことは毎回迷うものなので是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 447066424
関連記事 出産祝いの包み方は?のし袋の書き方とお金の入れ方や封筒の種類も

この記事では出産祝いの包み方についてご紹介します。ご祝儀袋とひと言で言

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方②おめでとうございますと伝える

喜ぶ女性

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方の2つ目は、おめでとうございますと伝えることです。何も渡さずにただ「おめでとうございます」と伝えるだけでも懐妊の場合は十分かと思われます。それだけでも子供をお腹に宿した当人からするとうれしいものです。逆に変な贈り物をすると相手を恐縮させる場合もあります。

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方としては、口頭で「おめでとうございます」と伝えるだけでも十分ですが、その気持ちをもっとしっかり伝えたいということであれば敢えて手紙で送るのも一考です。メールだと一般的な連絡ツールになってしまっているので改まった感じがないですが、手紙は改まった感がありおすすめです。

ちなみに手紙を書く状況は最近だと減ってきていると感じる人が多いかと思います。昔はメールやSNSがなかったので、気軽にメッセージのやり取りがなかったために手紙も多かったかもしれませんが最近ではその機会が限られているかと思います。どんな封筒や便箋がいいか迷う場合は下記関連記事を参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 598274390
関連記事 100均のレターセット20選!ダイソー・セリア別!手紙・便箋に!

今回はダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均のレターセットをご紹介

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方③落ち着いたら訪問する

受付での笑顔

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方の3つ目は、落ち着いたら訪問することです。懐妊が発覚した段階では通院があったり、あるいは体調が不安定で落ち着かないような状況も想定されます。そんな状況を乗り切って落ち着いた時に、気心が知れた仲であれば改めて訪問をしてお祝いを伝えると喜ばれることでしょう。

ご懐妊(ごかいにん)のお祝いの仕方において、訪問するという方法は、強いお祝いの気持ちを伝える際にはおすすめしたい方法です。相手方も普段から訪問してくるような仲の人であれば、訪問されたからといって恐縮するようなこともないですし、訪問自体を喜ぶことでしょう。可能であれば訪問も考えてみましょう。

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮は?

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮①ポジティブな言葉をかける

驚く女性

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮の1つ目はポジティブな言葉をかけることです。懐妊している状態では、精神的に不安定になる場合も少なくありません。そのため、友人知人親戚からかけられるポジティブな言葉に救われる人は少なくありません。そのため、懐妊をした人に対してはポジティブな言葉を心がけましょう。

逆にネガティブな言葉に敏感になっているという側面も意識する必要があります。そして懐妊している状態では、普段は気にならないようなちょっとしたネガティブな言葉が心に突き刺さり、体調に影響するようなこともあるかもしれません。懐妊している状態では、かける言葉に細心の注意を払うようにしましょう。

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮②体に負担がないよう手伝う

手を重ねるカップル

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮の2つ目は、体に負担がないよう手伝うことです。懐妊している状態では普段は重いと感じないような荷物でも身体に負担がかかります。普段よりも重いと感じるでしょうし、荷物を持った後も普段は感じないような疲れが残るようなこともあります。

そのため、このような状況においては荷物を持ってあげたり、外出のシーンでは座れる場面では極力座ってもらったり、あるいは移動ではエレベーターを探して極力階段を使わなくてもいいような状況を作ってあげるなどの気配りを忘れないようにしましょう。一つ一つが懐妊している状態ではありがたいことと言えるでしょう。

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮③お祝いや喜びの言葉を繰り返す

ハートのリボン

ご懐妊(ごかいにん)した方への適切な配慮の3つ目はお祝いや喜びの言葉を繰り返すことです。「おめでとうございます」などのお祝いの言葉は何回かけられてもうれしいものです。ただし何回も「おめでとうございます」と伝えるよりは、言葉を変えて「おめでたい」「うれしい」「楽しみ」と伝えるとより気持ちが伝わります。

懐妊という事実を相手と一緒に喜ぶ言葉を度々かけてあげることで、懐妊している状況においては精神が安定し、それにより体調も安定してくることでしょう。お祝いや喜びの言葉を意識してかけるようにしましょう。

ご懐妊(ごかいにん)の意味を学びその配慮を意識しよう!

ここでは「ご懐妊」という言葉の使い方とともに、懐妊した人に対する気遣いやお祝いの方法まで幅広く説明してきました。ご懐妊(ごかいにん)の意味を学びその配慮を意識することで、身近な人が懐妊した時に一緒に喜び、その人の助けになることができるでしょう。ここで紹介したことがどこかで役立てばうれしいです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。