INDEX

よく道を聞かれる人になりなさいと言われている理由は?

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由①褒められている

褒められている

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の1つ目は、道を聞かれることは、褒められていることになるから、という理由です。人は知らない人に道を聞こうとする時、無意識で感じられるその人のオーラを見ています。そのオーラが大変立派な人だと感じられる人に、道を聞くという心理が働いています。

他の人から道を聞かれることが多い人は、その人が持っているオーラが大変立派な雰囲気を醸し出しているということになります。言い換えるならこれは、道を聞かれるという行為そのもので、「あなたのオーラは大変立派です。だからあなたもきっと立派な人なのですね」と、褒めてもらっていることになるのです。

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由②平和主義者

平和主義者

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の2つ目は、平和主義者である、という理由です。まったく知らない人に道を聞こうとする時、何となくけんか腰な人には聞こうと思いません。穏やかで揉め事が嫌いそうな人を無意識で探し出し、そのような人を見つけ、道を聞きます。これも無意識で行われています。

平和主義者であることは、多くの人たちを穏やかな気持ちにさせてくれます。ぴりぴりした気持ちであっても、その人がそばにいるだけで心が穏やかになり、落ち着いた気持ちになります。揉め事を好きな人にはあまり良い人はいません。よく道を聞かれる人は、平和主義者として、多くの人たちから愛される存在なのです。

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由③優しいオーラ

優しいオーラ

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の3つ目は、優しいオーラの持ち主である、という理由です。知らない人に道を聞こうと思ったら、誰でも、何となく優しい雰囲気を醸し出している人に聞きます。これは、優しいオーラを感じ取っている証拠です。誰も怖い雰囲気の人に道を聞こうとは思いません。

よく道を聞かれる人は、それだけ普段から優しいオーラを発している、という証拠なのです。優しいオーラを周囲に発している人は、周囲の人たちをそのオーラで優しく包み込んでくれます。そのオーラに触れた人たちは、自分も優しい気持ちになることでしょう。優しいオーラの人は自分も優しくしてもらえる人なのです。

本当に優しい人の特徴をご紹介している関連記事と、優しい人になる為の方法をご紹介している関連記事があります。どちらもリンクいたしますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 442485430
関連記事 本当に優しい人の特徴18選!性格のいい人・人の痛みがわかる人になるには?

世の中にはさまざまな人がいますが、本当に優しい人って意外と少ないんです

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由④立派な社会人

立派な社会人

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の4つ目は、立派な社会人として認められている、という理由です。知らない人に道を聞こうとする時、人間は無意識で、しっかり独り立ちができている人を見つけて、その人に道を聞いています。正しい道を教えてもらえると、無意識で感じ取っているからです。

立派な社会人とは、自分の責任が自分で取れる人のことです。誰かに責任を擦り付けたりすることはありません。また、大変信頼の厚い人でもあります。このような人は、会社でも大変重宝され、上司からは認められ、同僚や後輩からは大変頼りにされる存在です。多くの人たちの信頼を得る立派な人ということです。

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由⑤身だしなみ

身だしなみ

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の5つ目は、身だしなみがきちんとしている人、という理由です。第一印象はやはり身だしなみです。身だしなみがだらしない人は、道を聞いてもきちんと答えてくれないかも、という不安があります。身だしなみがきちんとしている人には、安心感を覚えるのです。

よく道を聞かれるということは、それだけその人の身だしなみがきちんとしている、ということです。これは周囲の人たちに、大変真面目で誠実な人である、という印象を与えています。このような印象を与える人は、人生において大変良い人間関係築き、順風満帆な道を歩み続けることができる人なのです。

「よく道を聞かれる人になりなさい」の理由⑥頼れる雰囲気

頼れる雰囲気

「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われている理由の6つ目は、頼れる雰囲気がある、という理由です。道を聞こうとしている人は、大きな不安を抱えています。当然、頼りになる人に道を聞こうとするでしょう。ただし、本当に頼りになるかどうかは、本来なら、実際に会って話してみなければ分からないことです。

よく道を聞かれる人は、大変頼れる雰囲気を醸し出している、ということなのです。直接話をしなくても、一目見ただけで、「この人は間違いなく頼れる人だ」と判断できるような人なのです。このような人は人生においても多くの人たちから頼りにされ、よい人間関係を築いていける人です。

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ5つ

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ①優しい顔をしている

道聞かれ顔

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラの1つ目は、大変穏やかで、優しそうな印象を与える顔をしていることです。本人は普通の顔をしているつもりでも、周囲の人が見ると、何故かいつも笑っているように見える、という特徴がある顔です。

鏡を見てみましょう。あなたはどんな表情をしているでしょうか。特に口角に注目して見てみて下さい。口角はどうなっていますか?上がっていますか?それとも、下がっていますか?もし下がっていると感じたら、意識して口角を上げてみましょう。すると、笑っているように見えます。これだけで道聞かれ顔になります。

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ②外国人が話しかける

外国人に話しかけられる

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラの2つ目は、よく外国人が話しかけるです。これは見た目が外国人ぽいからという理由もあるかもしれませんが、外国人の多くはその人のオーラを見ている可能性が高いです。言葉が通じない分、周囲の人たちが放っている雰囲気やオーラに大変敏感なのです。

これは言い換えるなら、その人が放っている雰囲気やオーラが、大変優しく、話しかけやすい雰囲気をしている、ということです。このような人は日常生活においても、誰に対しても優しく、大変誠実な人です。多くの人たちからの信頼も厚く、良い人間関係に恵まれた人と言えるでしょう。

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ③人生の道案内人

人生の道案内人

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラの3つ目は、人生の道案内人である、という特徴です。人生で行き詰まっていたり、自分のやりたいことで迷いが生じた際に相談しやすく、多くの人たちから人生における相談をされやすい人、ということになります。

また、話を聞いてくれやすそうな雰囲気をしている、ということでもあります。このような人は職場や友人関係でも、唐突に自分の悩みを打ち明けられたり、相談を持ちかけられたりすることが多いでしょう。特別なアドバイスを必要としなくても、心に寄り添ってくれる人、という雰囲気がある人なのです。

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ④男性より女性

微笑む女性

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラの4つ目は、男性よりは女性であることです。女性は男性と比較すると歩くペースがゆっくりな方が多いです。ゆっくり歩いている方の方が、話しかけるタイミングを伺いやすいですよね。

また、女性の中でも年代で言うと30代から50代の方がよく道を聞かれる傾向にあります。これは、10代や20代の若者に比べ、より一層包容感や安心感をオーラとして纏っているからと言われています。もちろん男性でも道を聞かれやすい方もいらっしゃいますので、絶対に女性だけが聞かれるという訳ではありませんよ。

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラ⑤地域に詳しそう

犬の散歩をする男女

心理学的に見た「よく道を聞かれる人」の特徴・オーラの5つ目は、地域に詳しそうという点です。例えば、スマホを見ながら周りをキョロキョロしている人などは道に迷っているように見えるため声を掛けるのを避けるかと思います。

地域に詳しそうな人とは、犬の散歩をしている人であったり、近くの学校の制服を着ている人だったり、その地域付近で働いていそうな人のことを指します。

道を聞かれやすい人になりたい!オーラの磨き方は?

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方①スピリチュアルな本を読む

スピリチュアルな本を読む

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方の1つ目は、スピリチュアルに関する本を多く読む、という磨き方です。「本を読むだけで道を聞かれやすい人のオーラになれるの?」と思った人が多くいるかもしれません。なれるのです。スピリチュアルに関する本は、読むだけでオーラが自然と磨かれます。ぜひ、お試しください。

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方②悲しい映画やドラマを見る

悲しい映画やドラマを見る

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方の2つ目は、悲しい映画やドラマを見る、という磨き方です。これは「涙を流す」ということです。涙を流すことで心が洗われ、同時にオーラも磨き上げられて、優しいオーラにすることができます。涙には癒しの効果もありますから、それがあなたの優しさに磨きをかけてくれるのです。

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方③笑顔を意識する

笑顔を意識する

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方の3つ目は、笑顔を意識する、という磨き方です。これは常に楽しいことを考えなくても大丈夫です。口角を上げることを意識しましょう。たったこれだけです。あとは周囲の人たちがあなたに楽しいことや嬉しいことをもたらし手くれます。その楽しさや嬉しさがオーラを磨きます。

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方④自分と向き合う

自分と向き合う

道を聞かれやすい人なるオーラの磨き方の4つ目は、自分と向き合う、という磨き方です。自分と向き合う方法は様々です。良いこと日記を毎日つける方法もあります。また、毎晩瞑想の時間を作るという方法も大変効果的です。自分自身の感情と向き合うことで、あなたのオーラが磨かれ、道を聞かれやすい人になります。

よく道を聞かれる人や道を聞かれやすい人は優しいオーラを放っている

優しいオーラを放っている

よく道を聞かれる人や、道を聞かれやすい人は、いつも優しいオーラを放っています。一緒にいて心が穏やかになる人や、優しい気持ちにさせてくれる人ということです。よく道を聞かれる人や道を聞かれやすい人になりたい場合には、優しいオーラを意識すると良いでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。