自分のIQはどれくらいなのか、IQの平均値が気になった人はいるかと思います。IQとはなんなのか、平均値はどれくらいなのか、平均と言われている基準値は、そして知能指数がIQ70だった場合どう診断されるのかを紹介していきます。無料でできるIQテストも紹介しますのでぜひやってみて下さい。

INDEX

  • IQとは?
  • IQの平均値とは?
  • IQの判断基準4選
  • 平均を上回る高IQの人の特徴10選
  • 平均を下回る低IQの人の特徴10選
  • すぐにできる簡単なIQテスト10選
  • IQの平均を上回る方法・IQを高める方法10選
  • IQはあくまで目安なので平均を上回っても下回っても余り気にしないように

IQとは?

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要①知能指数という意味を指す言葉

IQ

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要の1つ目はIQは知能指数であるというものです。その人がどれくらいの知能の持ち主なのかを調べる知能検査によって、IQが判明します。

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要②他人と比較されるものがIQ!

IQ

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要の2つ目はIQは他人と比較されることが前提であるというものです。同じ年齢の人たちと比べて知能指数が低いか高いかを表したものがIQなのです。

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要③あくまでIQは目安の知能数値

IQ

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要の3つ目はあくまでIQは目安の知能数値であると言えるということです。IQが低い、高いからといって頭が良い悪いを一概には決められません。

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要④IQ算出方法は現在2種類ある

IQ

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要の4つ目はIQの算出方法は2種類あります。1つ目は「精神年齢÷生活年齢×100」というものですが、近年あまり使われていません。使用されている算出方法は「(個人の得点-同年齢集団の平均)÷([15分の1または16分の1]×同年齢集団の標準の差)+100」です。

日常で耳にするIQの意味や概要⑤IQと偏差値は似ているようで異なるもの

IQ

日常で耳にすることがあるIQの意味や概要の5つ目はIQと偏差値は似ているようで異なるものだということです。IQ、つまり知能指数は「物事を知って考える判断能力」を示すのに対し、偏差値は「学校などで学んだことがどれだけ頭に入っているのか」を示しています。

関連記事として、精神年齢が低いとIQも低いのかを調査した記事を紹介します。精神年齢とIQは比例するのか知りたい人はぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 444308245
関連記事 精神年齢が低いとIQ(知能指数)も低い?幼い人の特徴9選!

女性よりも男性のほうが精神年齢が低いとよく言われていますが、本当に男性

IQの平均値とは?

平均的なIQの値と言われているIQ平均値①IQの平均値は一般的に100

平均的なIQの値と言われているIQ平均値の1つ目はIQの平均値は一般的に100だということです。100を基準にして100から下は知能が低く、100から上は知能が高いと一般的に言われるのです。

平均的なIQ値と言われているIQ平均値②95%はIQ70からIQ130

IQ