Large thumb shutterstock 256912663

美容院に行く際の服装9つ|シャツ/ファッション/フード/スーツ

更新:2019.06.21

「貴方は美容院(美容室)に行く時、どんな服装をしますか?」と聞かれると、美容院や美容師さんの華やさに気後れして、悩んでしまう方が多いです。まずは、襟の付いたシャツや、フードなど、NGファッションを知ることから始めましょう。理想の髪型をリラックスして伝えられるように、お勧めファッションもご紹介します。

美容院(美容室)に行く際にNGな服装・ファッション3つ

美容院(美容室)に行く際にNGな服装・ファッション①フード付きパーカー

美容院(美容室)に行く際にNGな服装やファッション1つ目は「フード付きパーカー」です。フード付きパーカーは美容師にとても嫌われるファッションとなっています。特に寒い時期になるとフード付きにパーカーなど着る方が多くなってきます。

冬になるとフード付きパーカーをアウターとしてでなくインナーとして着るため脱いでもらう訳にもいかず、美容師さんはとても困ってしまいます。フード付きパーカーは防寒性もよく着やすいファッションですが、美容院委行く場合は避けましょう。

また、よく美容師さんを困らすのが、薄手のフード付きパーカーなら良いのではないかと思ってきていく人もいますが、薄手であっても散髪がしにくくなっています。フード付きパーカーは絶対にやめましょう。

美容院(美容室)に行く際にNGな服装・ファッション②タートルネック

美容院(美容室)に行く際にNGな服装やファッション2つ目は「タートルネック」です。タートルネックは冬のインナーとしてよく着られますが、美容師の方が1番来てほしくないファッションとなってます。タートルネックは防寒性もあり暖かいですが美容師さんには嫌われています。

そして、タートルネックはフード付きパーカーよりも嫌われる存在でもあります。フード付きパーカーは最悪フードを服の中に収納することでカットできますが、タートルネックは収納することが難しい服装です。美容師さんに迷惑となりますので、美容院に行く時はタートルネックは絶対にやめましょう。

美容院(美容室)に行く際にNGな服装・ファッション③襟付きのシャツ

美容院(美容室)に行く際にNGな服装やファッション3つ目は「襟付きのシャツ」です。襟付きのシャツはエリが立っている分とてもカットしにくくなっています。また、襟付きのシャツというのは襟を織り込むことでカットしやすくなりますが、襟を折って仕舞い込むというのはとても気が引けてしまいます。

襟付きのシャツはデザインとしてもファッションとしてもとてもおすすめですが、美容院に行くファッションとしてはおすすめできません。襟付きのファッションが着ていきたいという場合は脱ぎ着できるシャツにしましょう。もしくは襟が短いものにしましょう。ですが、襟付きのシャツで行くのは極力避けるようにしましょう。

美容院(美容室)に行く際の服装選びのポイントは?

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント①脱ぎ着しやすい服装

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント1つ目は「脱ぎ着しやすい服装」です。脱ぎ着しやすい服装というのはコートなどのアウターです。冬の時期は美容院に行くファッションというのはとても困ってしまいます。

美容院に着くまでは寒いかもしれませんが、美容院内は暖かくなっております。寒いと思い着こむのは良いですが、着こむのはアウターだけにしましょう。美容院では薄手のファッションが好まれます。アウターで防寒し寒さ対策をしましょう。

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント②スーツ

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント2つ目は「スーツ」です。仕事帰りなどの方なども美容院に直接行かれる方が多いかもしれませんが、実は、スーツというのは意外と脱ぎ着しやすい服装ですので、美容師さんにとって好まれるファッションです。

ただし、スーツで行く時は襟の高くないシャツやジャケットを選びましょう。スーツは好まれると言っても襟が高いスーツは好まれません。襟の短いスーツでできるのであればパンツスタイルがおすすめです。スカートになれば気を使わせてしまいますので注意が必要です。

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント③薄手の服装

美容院(美容室、散髪)に行く際の服装選びのポイント3つ目は「薄手のファッション」です。美容院に行く時はなるべく着こまないのがポイントとなっています。着こむことで美容師さんにとってとてもカットがし辛くなります。

そして、冬場は時にインナーに着込む方がいますが、美容院に行く時はインナーはなるべく薄着にしましょう。薄着であってもニット生地はあまりおすすめできません。夏場は問題ないですが冬場のファッション委は注意が必要です。

美容院(美容室)に行く際におすすめの服装・ファッション3つ

美容院(美容室)に行く際におすすめのコーデ・ファッション①普段の服装

美容院(美容室)に行く際におすすめの服装やファッション1つ目は「普段通りの服装」です。普段通りの服装がなぜおすすめのかといいますと、美容師さんが髪形のイメージが付きやすいからです。美容師さんは要望を聞きますが、ヘアカットをする基準にはファッションも含まれています。

お客さんが今着ているファッションに合わせてヘアカットをしていることも多くありますので、日頃から着ているようなファッションがおすすめです。ただし、上記で上げたNGファッションはやめておきましょう。あなたがもし普段着にNGファッションを着ていても喜ばれることはありません。

もし、日頃からきているファッションがNGファッションの場合はカットしてもらう時に伝えるようにしましょう。伝えることでも美容師さんはイメージがしやすくなりますのでおすすめです。

美容院(美容室)に行く際におすすめのコーデ・ファッション②スーツ

美容院(美容室)に行く際におすすめの服装やファッション2つ目は「スーツ」です。スーツは意外と喜ばれるファッションとなっています。スーツはふわっとしたファッションでもなく脱ぎ着しにくい服装でもありません。また、仕事帰りに直接いけるとあって美容師にとってもお客さんにとってもWin-Winです。

スーツを美容院に着ていくのはとても良いことでおすすめですが、注意点があります。上記でもご紹介した通り、襟の高いシャツやジャケットはやめましょう。仕事帰りに直接行かなくてはいけない時でも迷うことなく行きましょう。

美容院(美容室)に行く際におすすめのコーデ・ファッション③ノーカラー

美容院(美容室)に行く際におすすめの服装やファッション3つ目は「ノーカラー」です。美容院に行く時はノーカラーのファッションが1番おすすめです。近年ノーカラージャケットなど流行っていますが、美容師にとってもカットしやすくなっていますのでとても気に入られています。

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリーは?

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー①大きなピアス

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー1つ目は「大きなピアス」です。大きなピアスはカットするだけでもとても邪魔な存在となります。フレンドリーな美容師さんは何気なく外してほしいということができますが、あまりそう言ったことが言えない美容師さんもします。

大きなピアスはカットするだけでも邪魔となりますが、シャンプーしたりするときも邪魔となり、女性なら多くの方がしてもらうカラーやパーマの時もピアスがあってできないということもあります。ピアスはおしゃれアイテムとしてコーデに必要かもしれませんが、カットの邪魔となりますので外しましょう。

大きなピアスとご紹介しましたが、「フープピアス」や「アメリカンピアス」というのは特に嫌がられます。美容院につく前に必ず外しておきましょう。「バーベルピアス」や「スタッドピアス」なら問題はないので付けておいてもいいですが、外せるのなら極力ピアスは外しましょう。

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー②ヘアアクセサリー

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー2つ目は「ヘアアクセサリー」です。ヘアアクセサリーはコーデとしては欠かせない存在となっていますが、美容院ではヘアアクセサリーはとても邪魔な存在となります。大きなシュシュやカチューシャ、ヘアゴムアクセサリーは外しておきましょう。

美容師さんが本気で困ってしまうヘアアクセサリーはヘアピンです。ヘアピンは髪の毛を留めるのにとても重宝しますが、多く使っているとはずのにも時間がかかり意外と外し切れていないということもあります。ヘアピンは外しにくく手間がかかり、無くしてしまいやすい物なので外してきましょう。

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー③マフラー

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー3つ目は「マフラー」です。マフラーは邪魔にならないアクセサリーですが、外した後の保管が難しく面倒となっています。ジャケットを預かってくれるところやバッグを預かってもらえますが、マフラーというのはあまりいい顔をされません。

保管するかごなど渡されるケースもありますが、ない所も多くありますので、寒い季節でもなるべくマフラーは外していきましょう。カットには影響しませんが保管に手間がかかりますので注意しましょう。

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー④ネックレス

美容院(美容室)に行く際に外した方がいいアクセサリー4つ目は「ネックレス」です。ネックレスは網野家を切る時に邪魔とならないと思うアクセサリーですが、実は邪魔となってしまうアクセサリーです。

ネックレスが嫌われる理由はネックレスが意外と外れやすかったり、頭を洗ってもらっている時にネックレスが濡れてしまうことがあるからです。ネックレスを付けていくのは良いのですが、カット前には必ず外しておくようにしましょう。

美容師に喜ばれる事

美容師に喜ばれる事①ファッションは普段着

美容師に喜ばれる事は普段着のファッションで行くことです。少し着飾ったファッションで行きたくなる場所でもありますが、美容師さんはかなりイメージとしてファッションに注目しています。カットの方向性もファッションを重視していますので、普段着を着ていきましょう。

美容師に喜ばれる事②メイクは薄く

美容師さんが喜ぶことはメイクは薄くしていくことです。カットしたり頭を洗っていると顔に毛や水滴がついてしまうこともあります。また頭を洗う時は布を顔にかけてくれますが、その布の影響でメイクが落ちると言うこともあります。メイクは薄くしていきましょう。

美容師に喜ばれる事③フード付きのシャツは着て行かない

美容院にはフード付きのシャツはおすすめしないとご紹介しましたが、フード付きのシャツを着ていく場合は手に持って行くのならおすすめです。カットするとにフード部分が邪魔となるだけなのでフードの付いたシャツを着たい場合は脱いでから美容院に行きましょう。

美容院に行くファッション

美容院に行く時のNGファッションやおすすめコーデ、はずて行った方がいいアクセサリーなどは参考になったでしょうか。美容院に行く時のファッションは何気なく決めていたと思いますが、実はファッショによってカットがしやすいしにくいがあります。美容院に行く時はファッションにも注意しましょう。

美容院に行く時のファッションというのは、時期によってとても悩むものです。夏の場合は薄着でも何も問題はありませんが、冬の時期です。寒くてついつい厚着で着こんでしまいます。着こむことによってカットしずらくなりますので、コーデが分からないという方は下記に記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。