INDEX

リブニットとは?

リブニットとは①生地の立体感

リブニットとは、生地に畝(うね)の凹凸の筋が出るように編まれた、伸縮性や保温性に優れたニットのことです。無地だとシンプルすぎてしまうコーデでも、リブニットならリブの凹凸の立体感が細見を叶えてくれる上に、ぐっとおしゃれに格上げしてくれます。

また、立体感があるとプチプラでも上品な高級感が感じられます。今回ご紹介する人気の白とネイビーは、ジーンズなどと合わせてカジュアルダウンしてもだらしなくならず、またちょっとかしこまった服装が必要とされるシーンでも、品よく演出ができておすすめです。

リブニットとは②種類の豊富さ

リブニットは加工がしやすいことも人気の要因のひとつで、様々なファッションアイテムに展開されています。店頭でもよく目にするトップスだけでも、袖の長さやネックのデザインも様々です。もちろんサイズも豊富なので、自分の体型に合ったぴったりのアイテムを見つける事ができます。

トップス以外にも、ワンピースやスカートも目にするようになりました。そのデザインもどんどん増えてきています。最近ではパンツやレギンスにも取り入れられています。トップに、ボトムスに、さらにはセットアップでと、ますます目が離せなくなりそうです。

リブニットとは③伸縮性

リブニット最大の魅力は、その伸縮性にあるのかもしれません。体にフィットするデザインでも、動きやすく、ほどよく体のラインをカバーし、肉感を拾わないので、太って見えないおすすめアイテムです。特に最近は薄手のものがたくさん出てきているので、よりスッキリ感がアップしています。

伸縮性があるので、身体が動かしやすい服装がマストな、子育て中のママさんから、バリバリ働くオフィスワーカーまで、誰にでも取り入れやすいアイテムです。また、白とネイビーは、お子さんの行事やママ友とのランチ会、もちろんオフィスでの好印象も間違いなく、コーデを充実させてくれます。

太って見えない!リブニットを着こなすポイントは?

薄手の生地を選んでスッキリシルエットに

リブニットは太って見えそう、と思っている方は、薄手のものを選んでみてください。今までは確かに生地の分厚い冬のセーターというイメージでしたが、最近は薄手で生地もコットンを多く含んでいてさらっと着られるものがたくさんあります。

ただ、身体にフィットするワンピースを選ぶ場合、あまり生地が薄いと肉感を拾いすぎてしまう場合もあります。試着の際にしっかり確認するのがポイントです。

メリハリをつけて体型カバーを

トップスにジャストサイズを選んだ場合、ボトムにボリュームをもってくるとメリハリがついてほっそり見えます。逆にボリュームのあるリブニットをトップスに選んだ場合、ボトムはぴったりとしたスキニージーンズやレギンスを合わせると、気になるヒップや太ももは目立たず足が細く見えます。

伸縮性のあるリブニットは、種類もサイズもたいへん豊富なので、たくさん試着をして細見えする自分に合うものを選ぶのがポイントです。自分が自信がない部分をカバーしてくれるデザインや、もしくは合わせるボトムスやトップスを想像して、自分らしい、これ素敵!を見つけてみてください。

白のリブニットコーデ4選

ハイネックならブラックでスッキリと

首が隠れてしまうハイネックのリブニットは、コーデを引き締てくれるブラックとの相性が抜群です。流行のジャンパースカートやサロペットを選ぶと、お腹周りをカバーしてくれます。インナーとして着る場合は、ジャストサイズがより細く見せてくれるコツです。

白なら、オーバーサイズを選んでもキュートな印象になります。お尻が隠れるくらいゆるっとしているものがおすすめです。その場合、ボトムスはブラックのスキニーを選べば、トップにボリュームがある分、足が細く見えます。

カーディガンとライトカラーのジーンズで爽やかコーデ

少しタイトなサイズのカーディガンタイプは、フロントにポイントがあるので細く見えるアイテムです。白のリブニットにぴったりのライトカラーのジーンズは、よりカジュアル感を演出して爽やかなコーデになります。

白いリブニットとジーンズには差し色でイエローやグリーンの小物を取り入れると全体の印象が引き締まってまとまります。とはいえ、あくまでもシンプルなアイテムにとどめることが大切です。そうすれば、白いリブニットが引き立ちます。

思い切って流行のオフショルダーも白ならヘルシーに

最近流行しているオフショルダーを取り入れやすいのもリブニットの特徴です。ボトムにダークカラーのジーンズを取り入れれば、セクシーすぎず、爽やかなカジュアル感を出せます。五分袖は二の腕もほっそり見せられます。

伸縮性に優れているので、かしこまった服装が必要な時は、肩をかくして着ることもできる一石二鳥のアイテムも豊富です。オフショルダーにすると女性らしいデコルテで太って見えないだけでなく、ほどよいセクシー感も出せます。特に、白はヘルシーな印象も与えてくれるので、おすすめです。

これからの季節はオフショルダーは取り入れにくいと感じるかもしれませんが、冬でもオフショルを楽しめるコーデを紹介していますので、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

Small thumb shutterstock 587612480
関連記事 オフショルコーデ15選!冬もおしゃれに着こなしたいオフショルトップス

空前のオフショルダーブーム、あなたはどのようにコーデしていますか?1枚

タンクトップもほどよくセクシーでおすすめ

タンクトップもリブニットなら上品でほんのりセクシーな印象になります。ネック周りがつまっているデザインならオフィスカジュアルとしても好印象の服装です。ボトムスにはワイドパンツをもってきて、下半身にボリュームをもってくれば縦のラインが強調されてかっこよくきまります。

敢えてボトムスにも白をもってくると、流行のワントーンコーデになりぐっとおしゃれになります。その場合、小物に濃いめの色を持ってきて、メリハリをつけるとより印象的になります。

ネイビーのリブニットコーデ4選

五分袖のモックネックで清楚な感じに

清楚な印象を与えてくれるネイビーは五分袖とモックネックでより上品になります。二の腕をカバーしてくれるもありがたいところです。ボトムには今年大流行のグレンチェックやガンクラブチェックなどチェック柄を持ってくるとクラシックなコーデになりおすすめです。

リブニットの伸縮性のおかげで身体にフィットしている分、ボトムスに流行のワイドパンツを合わせるとより細く見えます。メリハリを意識して、コーデを作るのがコツです。ネイビーのトップスの場合、春夏なら白やパステルカラーも爽やかに決まりますし、秋冬なら落ち着いた色を合わせることで季節感も出せます。

この秋まだまだ流行しそうでコーデをぐっと大人っぽくしてくれるグレンチェック。ネイビーとも相性抜群なのですが、まだよくわからないという方には、グレンチェックについて分かりやすい記事がありますので、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 124584727
関連記事 秋冬流行のグレンチェックコーデって?レディースの着こなし方を教えます

いよいよ冬本番到来♥冬はオシャレが楽しい季節でもありますね。この秋冬は

デザインスリーブで上品でかわいらしく

流行のデザインスリーブもネイビーだと清楚で可愛らしい印象になります。ボリュームのあるスリーブは二の腕のカバーだけでなく、自分好みの雰囲気を演出することができます。フリルやリボンなら可愛らしく、チュールやバルーンタイプだとモード感も出せます。

トップスが可愛らしいので、ボトムにはジーンズなど、カジュアルなものがおすすめです。それでも、トップスの上品さで、カジュアルになりすぎません。ちょっとしたランチ会やかしこまったシーンにもぴったりの服装です。

オールインワンを合わせても太って見えないボーイッシュコーデ

リブニットはインナーとしても大活躍します。上品なネイビーのリブニットをカーキのオールインワンに合わせてみるのもおすすめです。フィットしたリブニットがほっそり見せてくれます。特に、ゆったりめのオールインワンの場合、ウエスト周りがよりスッキリ見えます。

ネイビーには意外にもどんな色も合うので、カーキをチョイスしてみるのも新鮮です。ぐっと秋っぽさが感じられるコーデになります。

ネイビーにボルドーで一気に秋らしい服装に

デコルテの開いた五分袖のリブニットなら、ボトムにふんわりフレアスカートもおすすめです。ハイウエストならより上半身がほっそり見えます。Vネックに五分袖なら、細見え効果アップの鉄板アイテムです。

デコルテが開いている分、フレアスカートだとフェミニンになりすぎてしまいそうですが、シックなボルドーを思い切って取り入れてみると、ぐっと大人っぽく、ほどよいフェミニンさを演出できます。その分、小物にブラックを持ってきて引き締めるとバランスがとれたコーデになります。

白とネイビーのリブニットで細見えコーデに挑戦してみましょう!

いかがでしたでしょうか。白とネイビーという万能カラーのリブニットで、上品だけでなく、スッキリ細見えコーデを楽しんでみませんか。あらゆるシーンに取り入れられるだけでなく、デザインもアイテムも豊富なので、思い切ったおしゃれを楽しむこともできます。

白とネイビーはどんな色にも合わせられるので、初めての色のコーデにもぜひ挑戦して、おしゃれの幅を広げてみてください。これからのシーズンにぴったりの秋らしいカラーもおすすめです。新しい自分を発見できるかもしれません!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。