INDEX

失礼な人の特徴は?

失礼な人の特徴①挨拶をしない無礼な態度

失礼な人の特徴

失礼な人の特徴1つ目は挨拶をしない無礼な態度です。挨拶はすべてのコミュニケーションの始まりとなるので、挨拶が出来ないと最初の印象が悪いです。挨拶をするタイミングで目に見えない情報を受け取っている人もいます。その後のコミュニケーションにも影響しタイミングを掴みにくかったりうまくいかないことが多いです。

失礼な人の特徴②返事をしない無礼な態度

返事をしない無礼な態度

失礼な人の特徴2つ目は返事をしない無礼な態度です。話しかけても無視されてしまうとコミュニケーションが成り立たず会話もうまく出来ません。会話をするにはお互いの意思疎通が必要です。円滑に会話のキャッチボールをしようとお互いに配慮してうまくいくものなので、返事が無いと困ってしまいます。

失礼な人の特徴③話を聞かない無礼な態度

話を聞かない無礼な態度

失礼な人の特徴3つ目は話を聞かない無礼な態度です。たとえ挨拶が出来ていてちゃんと返事があっても、まったく別の方向を向いていたりスマートフォンを触っていると失礼です。相手が話しかけて来た際に、ちゃんと相手の方へ身体が向いてないと無視されていると感じやすいです。

手元で何か作業をしていても相手の方をちゃんと向いて話を聞くか、もし忙しいなどの理由があれば先にそれを言って欲しいと感じる人は多いです。

失礼な人の特徴④敬語を使わない

敬語を使わない

失礼な人の特徴4つ目は敬語を使わない場合です。たとえば敬語を上手に使えない場合や敬語を知らない場合などもありますが、敬語を使えるにも関わらず特定の人物へ向けてだけ敬語を使わない場合などは最悪です。同級生や友人関係ならまだ良いですが、上下関係が発生する場合は敬語を使う人が多いです。

最近は相手が年下であっても敬語を使う風潮があります。たとえ部下だとしても他人だからと敬語を使う人も増えています。世間の流れを知らずにタメ口や頻繁に命令口調を使っていると、陰で失礼な人だと言われている可能性があります。

失礼な人の特徴⑤見下した態度をする

見下した態度をする

失礼な人の特徴5つ目は見下した態度をする場合です。見下す態度というのは相手からするとすぐに解ります。コミュニケーションはとても難しいもので、たとえ敬語を使っていたとしても見下した態度かどうかは意外と相手に伝わるものです。本人は態度に出してないつもりでも、周りから見るとバレバレという場合もあります。

見下した態度をする人は相手のことを内心馬鹿にしている場合があります。また不平不満があっても口に出さない弱い人っだと思っている事もあります。時にはしっかりと自分の意見や感情を表に出し、相手に伝える必要があります。

失礼な人の特徴⑥自分勝手すぎる

自分勝手すぎる

失礼な人の特徴6つ目は自分勝手すぎる場合です。自分の希望や用事があるのは仕方が無いですが、相手にも強要したり強引に進めようとする場合は失礼だと思われやすいです。相手を自分に付き合わせる事を失礼だと思ってない場合は、自分勝手な事をしていてもそのことに気が付きません。

自分勝手な事をしているという意識が無い人に注意しても、伝わらない場合もあります。人は無意識のうちに自分がされたら嫌なことを基準にしているので、自分がされて嫌だと感じないことは気にならないのです。そんな場合は相手と自分の感覚が合わないのでしょう。

失礼な人の特徴⑦発言が適当すぎる

発言が適当すぎる

失礼な人の特徴7つ目は発言が適当すぎる場合です。一見相手に合わせているようでいても、適当な返答が続くと失礼だと感じやすいです。筋の通っていない発言が続いたり支離滅裂な事を言われると、聞いているほうは混乱します。

結局のところ発言がメチャクチャな場合は話をきちんと聞いていなかったり飽きてしまっている場合が多いので、相手には失礼だと捉えられてしまいます。

失礼な人への対処法は?

失礼な人への対処法①指摘してみる

指摘してみる

失礼な人への対処法1つ目は指摘してみるです。失礼な人は自分がしていることが失礼だと思っていない場合があります。相手からすると失礼だと解らない場合があるので、まずはやんわりと指摘して知ってもらいましょう。指摘すると事で相手も失礼な事だったのだと気づき、対応してくれる場合もあります。

失礼な人への対処法②オウム返しで対応

オウム返しで対応

失礼な人への対処法2つ目はオウム返しで対応するです。指摘しても変わらない場合は相手に直す気が無いか、努力しても直せない場合があります。出来れば失礼だと感じた事を真似して相手へと対応してみましょう。うまくいけば相手が自分から気づく場合があります。

失礼な人への対処法③怒っている態度を示す

怒っている態度を示す

失礼な人への対処法3つ目は怒っている態度を示すです。失礼な態度をする人はそもそも相手の事を見下している場合があるので、そうなると指摘されても本人に直す気はありません。見下している場合は、何をしても怒らない優しい人だと思っている可能性があります。

実際に怒っている姿を見せると相手は驚いて態度を見直す場合があります。相手も無駄に怒られるのは嫌なので、怒るポイントなどが解れば相手も多少は態度を改めるでしょう。相手を驚かせるためにも、怒るときはしっかりと怒るほうが効果は強いです。効果的な怒り方についての関連記事も是非読んでみて下さい。

Small thumb shutterstock 427071115
関連記事 普段は優しいけど実は怒ると怖い人の特徴5選|怒り方とその対処法も

普段は全くと言って良いほど怒らないけど怒ると怖い人は周りに居ませんか。

失礼な人への対処法④相手の事を思って叱る

相手の事を思って叱る

失礼な人への対処法4つ目は相手の事を思って叱るです。失礼な人は自分の態度が失礼だと解っている場合もあります。失礼だと解っているのに態度を改めないのは、失礼な事をしているとどんな事になるか知らない可能性が高いです。

誰かひとりに対して失礼な態度をしていても、噂が回って思いもよらない人にまで届く可能性があります。無礼な態度を繰り返していると、いずれ自分に返ってくる事を教えてあげましょう。

失礼な人への対処法⑤失礼な態度で対応する

失礼な態度で対応する

失礼な人への対処法5つ目は失礼な態度で対応するです。失礼な人に指摘したり怒ってみたりしても態度を改めない場合は、本当に失礼な人なのだと受け止めてこちらも失礼な態度で対応しましょう。本人が失礼だと思っていない出来事の場合は相手も怒らないでしょう。

もし相手が失礼だと怒っても相手にしない事が大切です。一生懸命相手に解ってもらおうとしても、精神をすり減らして疲れてしまう可能性が高いので諦めましょう。相手に失礼な態度で良いんだと思えれば、スルースキルが付いてそのぶん成長することが出来るでしょう。

失礼な人の発言や態度は無視して受け流そう!

失礼な人の発言や態度は無視して受け流そう!

失礼な人の発言や態度は無視して受け流しましょう!年齢が若かったり社会経験が少ないと失礼になりやすいです。単純に経験が少ないと言うのが原因かもしれません。失礼だなぁと感じたとしても、まずは相手にそれを指摘してみましょう!相手にとっては思いも寄らない場合もあります。

もし指摘しても直らないようであれば、相手に直す気が無いのかもしれません。自分の発言や無礼な態度を改める気が無い人は、今後も失礼な人を止められないでしょう。気が付かない場合やそれでも治らない場合は、自分と相手の失礼だと感じるラインが異なる場合があります。

自分と相手の考え方が異なるのは仕方が無いことです。自分では正しいと思っていても、相手からするとこちらが失礼な可能性もあります!相手と自分の感覚が違うと割り切って、失礼な人には失礼な態度で受け流しましょう!

失礼な人だと言われるのは嫌なものです。もしかすると自分も知らないうちに誰かの失礼な人になっているかもしれません。デリカシーのない男女の特徴をまとめた関連記事もあるのでそちらもご覧ください。

Small thumb shutterstock 154084142
関連記事 デリカシーのない男女の特徴15選!悪気なく失礼な彼氏・夫の心理とは?

「デリカシーがない」という言葉はよく耳にされる言葉です。デリカシーがな

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。