Large thumb shutterstock 31392109

手相・ユーモア線とは?小指の下に斜め線がある意味とは?

更新:2020.02.14

小指の下側にある斜めの線をユーモア線といいます。この手相を持つ人は、その名の通りユーモアのセンス抜群!しかし反面、シャイな部分があることも…? 今回はユーモア線の見方と意味合い、この線を持つ人の性格や適職などをご紹介いたします!

【手相占い】ユーモア線とは?

ユーモア線とは小指の下(水星丘)にある斜め線

ユーモア線は、小指の下あたり(水星丘)の部分に現れます。感情線から太陽丘側に向かって斜めに伸びている線です。太陽丘に向かってより長く濃いほど、また本数が多いほどユーモアさを武器に生きていけると言われています。

感情線上下に入った”く”の字の斜め線もユーモア線と呼ばれています。感情線より上に出た線は相手を喜ばせることが好きな人に出る線、下の線は気配りが得意な人に出やすい線です。この2本を合わせ、ユーモア線とする見方もあります。この場合も、線の濃さ・長さ・本数が多いほど意味合いが強くなります。

ユーモア線はお笑いタレントの方が持っていることが多いようです。特に明石家さんまさん、松本人志さんのお二人はなんと6本も線があるそうです。本数が多いほどコミュニケーション能力や言語能力が高いと言われるユーモア線ですが、なんだか納得してしまいますね。

ユーモア線を持っている人の性格①コミュニケーション能力が高い

ユーモア線を持っている人は、コミュニケーション能力が高いです。機知に富み頭の回転が早く、言語能力が高いのでトークも得意です。表現力も柔軟性があり豊かで、相手に自分の気持ちや物事を伝えるのが上手です。そのためスムーズな意思疎通を取ることが出来ます。

また、空気を読みその場に合った盛り上げ方が出来るのも特徴です。場を和ませる能力もあり、愛嬌もあるので好かれやすく、相手の懐にすんなり入り込めます。初対面の人ともすぐに打ち解けることが出来るでしょう。ユーモア線を持つ人をパートナーに選ぶと、日々笑いの絶えない、円満で楽しい家庭になること間違いなしです。

ユーモア線を持っている人の性格②楽しませることが得意

ユーモア線の手相を持つ人は、人を楽しませることが得意です。ユーモア線という名の通り、ユーモアセンス抜群なので、無理に面白おかしく話そうしなくても自然と周りを楽しませる話をすることが出来ます。何でもない出来事もこの線を持つ人は笑い話に変えてしまいます。

場を盛り上げる能力が高いため、飲み会等では重宝されることが多いのではないでしょうか。そのため常に仲間の中心にいるタイプの人気者が多いです。ユーモア線をお笑い線と呼ぶ人もいるように、お笑い芸人に多い手相です。まさに人を楽しませる天才というべきでしょう。

ユーモア線を持っている人の性格③気配り上手

ユーモア線を持っている人は、気配り上手な人が多いです。場の空気を読み、相手の望みを察知し適切な対応を取ることが出来ます。細やかな気配りをし場の空気を和ませてくれるので、ムードメーカーとして欠かせない存在です。この手相を持った人がいるだけで社内が円満になる、なんてことも言われています。

ユーモア線を持っている人の性格④実は真面目でシャイな人が多い

ユーモア線を持つ人は、実は普段は物静かでシャイな性格の人も多いです。真面目で気配り上手が故に、飲み会等の場では「周囲を楽しませよう」「期待を裏切れない」という気持ちが高くなり、盛り上げ役を買って出ることも。繊細な性格な人も多いので、周りに気を使い過ぎて疲れてしまわないように注意してくださいね。

頑張りすぎたかも…という時には、こちらの記事を参考にゆっくりお風呂でリラックスしてみてはいかがでしょうか。アロマキャンドルをぼんやり眺めながらのんびりした時間を過ごせば、疲れも吹っ飛ぶかもしれませんね。

【手相占い】ユーモア線がある人に向いている職業は?

ユーモア線がある人に向いている職業・適職①営業

ユーモア線がある人に向いている職業の一つは、営業です。この線がある人は、頭の回転が早く柔軟な思考を持ちトーク上手です。仕事でもそれを活かし、お客様との距離を縮めることが出来ます。気の利いた言葉を用い相手の懐に入り込むことも得意です。また、愛嬌もあり気配りが上手なので人に好かれやすいのも特徴です。

相手にわかりやすく自分の考えや物事を伝えることが得意なため、この手相を持つ人は話す仕事に向いています。その中でも特に営業は適職と言えるでしょう。気付けば営業先でもムードメーカーになっているかもしれませんね。

ユーモア線がある人に向いている職業・適職②芸能・娯楽関係

ユーモア線がある人に向いている職業の二つ目は、芸能・娯楽関係の職です。この手相を持つ人は、相手を楽しませたり喜ばせることが好きで得意です。柔軟な発想でどんなことでも笑いに変える力を持っているので、お笑い芸人も適職の一つと言えます。持ち前の明るさと愛嬌で視聴者を笑顔に出来るでしょう。

またこの手相の人は、頭の回転が早く機転を利かせ話を展開させることが上手です。どのタイミングで何を伝えるべきか判断し相手に伝える能力も高いため、司会業・アナウンサーも向いています。

ユーモア線がある人に向いている職業③小説家・シナリオライター

ユーモア線がある人に向いている職業の三つ目は、小説家・シナリオライターです。この手相を持つ人の伝達能力・言語能力は、話す仕事だけではなく文字で伝える仕事も適職です。読み手を惹きつける楽しい話を作り出すことが出来るでしょう。

また、表現力にも優れているので、漫画家やイラストレーターも適職だと言えます。発想力とそれを形にする力を活かし、良い作品を生み出すでしょう。

【手相占い】ユーモア線以外であるとラッキーな手相は?

ラッキーな手相①幸運の女神線

幸運の女神線は、別名あげまん線と呼ばれています。感情線の先がフォーク型のように3本に別れている線です。この線がある人は、パートナーの隠された能力や長所に気づき伸ばしてあげることが出来る、まさに幸運の女神のような存在です。

周りの人の運気を高めるので、性別問わず慕われるタイプです。自分自身の運気もどんどん上がっていくので、そのパワーに影響を受けて自然と人が集まるでしょう。女神線という名前ですが、男性にもこの手相を持つ人はいます。パートナーに幸運の女神線がある場合は、一度付き合ったら離さないほうがいいかもしれませんね。

ラッキーな手相②ラッキーM線

ラッキーM線はラッキーという名の通り、幸運を手に入れることが出来る線です。生命線、知能線、中指に向かって入る運命線、感情線の一部から構成された線が”M”字に連なっている手相です。この手相は人柄がよく、様々な面で調和が取れた温厚な人によく現れるそうです。

ラッキーM線がある人は、自分がどんな風になりたいのか、何をしたいのかを具体的に念じることで、引き寄せることが出来ます。今はラッキーM線がなくても、手相は後天的に出来るケースもあるので、気がついた時に手をチェックしてみると発見出来るかもしれません!

ラッキーな手相③スター線

ラッキーな手相三つ目は、スター線です。指の下に”*”のような三本線が現れる手相です。これはどの指の下に出てくるかで意味や幸運度が変わるのですが、中でも薬指の下(太陽丘)に現れたら思いがけない成功や幸運に恵まれる前触れを表すと言われています。

このスター線は常にあるのではなく、幸運が訪れてきている時に浮かびあがるそうです。頻繁に手のひらを確認し線が出てきていないかチェックしたいですね!

注意したいのが、二本線のクロス”✕”と間違えやすいこと。三本でないとスター線とは言いません。二本線の場合、トラブルの前兆と言われているので、気をつけてください。

手相の他にも幸運の訪れを予兆するサインは色々あります。併せてご紹介いたしますので、サインを逃さずラッキーな毎日を送りましょう!

ユーモア線の手相を持つ人は周りを元気にする人気者!

いかがでしたでしょうか?今回はユーモア線についてご紹介しました。手相は後天的なものもあります。柔軟な発想とユーモアを持ち生活を送っていたら、あなたにもある日ユーモア線が現れているかもしれません。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。