INDEX

人混み嫌いの理由や心理は?

人混み嫌いの理由や心理①人間嫌い

人混み嫌いの理由や心理1つめは、人間嫌いである為です。人間嫌いな人は、自分の事はもちろん、他人の事も嫌いな特徴があります。その為、人間嫌いな人たちにとって人混みは、苦痛しかない場所となってしまいます。

人混みが好きだという方はあまりいませんが、そんな中でも人間嫌いな方は特に人混みに対して苦手意識が強くなっています。自分が嫌いなものばかりに囲まれている環境に身を置いた状態だと考えれば、人間嫌いな人が人混み嫌いである心理を理解できるのではないでしょうか。

人混み嫌いの理由や心理②疲れる

人混み嫌いの理由や心理2つめは、疲れるからです。人間嫌いなわけではないけれど、人混みが単純に疲れる事が理由で人混みを避けてしまう方は多いです。人が少ない場所と人混みの場所を比べると、どうしても人混みの場所の方が、人にぶつからないように意識したりするものです。

また、満員電車の様に人混みで閉鎖的な空間だと、一層ストレスを感じやすくなってしまいます。出来るだけ他人にぶつからないように意識しながら行動するのは思っている以上に精神をすり減らし、疲れる原因となってしまいます。こういった経験から、人混みは疲れる場所だから嫌いだと感じる様になる人も少なくありません。

人混み嫌いの理由や心理③パーソナルスペースが気になる

人混み嫌いの理由や心理3つめは、パーソナルスペースが気になる為です。他人に近付かれると不快に感じる空間の事を『パーソナルスペース』と指すのですが、人混みではパーソナルスペースが守られにくくなってしまいます。

恋人や家族・友人などの様に親密な相手であればパーソナルスペースもそれほど狭いわけではありませんが、人混みで周りにいるのは殆ど他人です。全くの赤の他人にパーソナルスペースに侵入されるだけでも不快なのに、それに加えて押されたりぶつかったりなどといった事が起きれば余計人混み嫌いが加速していくでしょう。

以下の記事では、パーソナルスペースについ徹底解説しています。人混みでパーソナルスペースを侵入される事がストレスとなり、人混み嫌いになってしまっている方は是非こちらもチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 275553515
関連記事 パーソナルスペースは女性の方が狭い?広い?男女の違いと好意との関係も

あなたは、自分のパーソナルスペースを把握していますか?この記事では、「

人混み嫌いの理由や心理④人の視線が怖い

人混み嫌いの理由や心理4つめは、人の視線が怖い為です。人混みにはたくさんの視線が飛び交っています。本人が思っているほど、他人は自分に注目していないものだとわかっていてもちょっと視線が怖く感じたり、笑い声が聞こえたら自分の事を笑われているのではないかと不安になってきてしまいます。

視線を合わせたくないので、人混みでは俯いてしまうというタイプの方は視線恐怖症が原因で人混みが嫌いだという事も考えられます。被害妄想だとか気にしすぎだとか、冷たい声をかける人が多いですが、このタイプに当てはまる方は過去に何らかのトラウマがある為、人の視線が怖くなっている事もある事を理解しましょう。

人混み嫌いの理由や心理⑤潔癖症

人混み嫌いの理由や心理5つめは、潔癖症です。潔癖症である方にとって、ぶつかり合うほどの至近距離で他人と隣り合わせにならなくてはいけない状況はかなりのストレスとなってしまいます。

満員電車やバスなどの公共機関では人混みに揉まれる上、だれが触ったかわからない様な吊り革を触らなくてはいけなくなったり、他人の体臭やぶつかる事で触れる肌などに強いストレスを抱いてしまいます。

以下の記事では、潔癖症の特徴や原因・克服方法や性格についてご紹介しています。潔癖症診断もご紹介していますので、「私って潔癖症かも…?」と思い当たる節がある方は、是非診断してみましょう。

Small thumb shutterstock 526322569
関連記事 潔癖症の特徴8つ|原因や克服法は?性格あるあるやチェックも!

みなさんの周りに潔癖症と思われる方はいませんか?もしくは自分が潔癖症か

人混み嫌いの理由や心理⑥計画通りのスケジュールがこなせないから

人混み嫌いの理由や心理6つめは、計画通りのスケジュールがこなせないからです。大型連休などに観光スポットに出かけるとかなりの高確率で人混みに遭遇します。人混みの中で歩くのはいつもの歩幅より小さくなりますし、なかなか進む事ができずに時間がかかってしまいます。

そうすると計画していたスケジュールが予定通りにこなせなくなってしまい、イライラする事から人混みが嫌いだという方も少なくありません。

人混み嫌いの理由や心理6つめは、計画通りのスケジュールがこなせないからです。大型連休などに観光スポットに出かけるとかなりの高確率で人混みに遭遇します。人混みの中で歩くのはいつもの歩幅より小さくなりますし、なかなか進む事ができずに時間がかかってしまいます。

人混み嫌いの克服方法は?

人混み嫌いの克服方法①無理して人混みに行かない

人混み嫌いの克服方法1つめは、無理して人混みに行かない事です。人混みが嫌い・苦手なのに無理して人混みに行く必要はありません。どうしても人混み嫌いを克服しなければならない事情があるのなら話は別ですが、そうではないのであれば、辛い思いをしてまで克服する事はないです。

大型連休などの人混みが多くなる時期にはまったりと過ごしたり、通勤や通学で電車やバスなどの公共機関を利用するのであれば、通勤・通学ラッシュを避けて利用する様にしましょう!

人混み嫌いの克服方法②イヤホンをする

人混み嫌いの克服方法2つめは、イヤホンをする事です。人混みではガヤガヤとしていて、周囲がうるさく感じるものです。ただでさえパーソナルスペースに侵入されて不快感を抱いているのに、周囲がうるさい事も加われば余計に人混み嫌いとなるのは当然ですから、イヤホンをして不快に感じる音をシャットアウトしましょう。

イヤホンをするだけでも良いですし、好きな音楽を聴いて気分をリラックスさせてあげる事も人混みのストレスを緩和させてくれるのでおすすめです。

人混み嫌いの克服方法③意識をそらす

人混み嫌いの克服方法3つめは、意識をそらす事です。人混みにいると、「うるさいなぁ」「さっきから誰かの手が当たってるの気持ち悪い…」などと人混みの中にいる事への意識を強くしてしまいがちです。

これは当然な心理なのですが、人混みの中にいる事を強く意識するとかえってストレスを強く感じさせてしまう事になります。そうすると人混み嫌いが克服しづらくなってしまいますので、人混みの中にいる時は意識をそらしてみましょう。

例えば、先ほどご紹介した様に音楽を聴いたり、本を読んだり、今日1日のスケジュールを考えるなどといった事でも良いでしょう。大事なのは今自分が人混みの中にいるという意識を一旦そらしてあげる事です!意識をそらすだけでも人混みへの不快感が和らぐ様になるので是非試してみてください。

人混み嫌いの克服方法④こまめに休む

人混み嫌いの克服方法4つめは、こまめに休む事です。人混み嫌いを改善しようとする時、無理して人混みに慣れようとする方がいらっしゃいますが、人によっては人混みの中に長時間いると気分が悪くなってしまったり、パニックになってしまう事もあります。

人混み嫌いを改善するために我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。そうなってしまわない為にも、体調を崩してしまう前にこまめに休んであげる事で徐々に人混み嫌い克服に近づいていくでしょう。

人混み嫌いの克服方法⑤周囲の流れに合わせる

人混み嫌いの克服方法5つめは、周囲の流れに合わせる事です。人混みでは人にぶつかってしまう事が多いです。これは人混みの中で自分がどちらへ進めば良いのか判断できていない事が原因でアタフタしてしまい、結果として人にぶつかりやすくなってしまいます。

人混みの中で人にぶつかりながら歩くのは非常にストレスを感じやすくなってしまいますので、出来るだけ周囲の流れに合わせて行動するようにしましょう。スピードや歩く方向を前や横の人に合わせるだけで、人にぶつかる確率もぐっと減り、不快感も少しは減るので人混み嫌いを克服しやすいでしょう。

人混みが嫌い・苦手な人の特徴は?

人混みが嫌い・苦手な人の特徴①物欲があまりない

人混みが嫌い・苦手な人の特徴1つめは、物欲があまりない事です。物欲が強くてショッピングが好きな人は、人混みは嫌いだけど楽しみの為に何とか耐えられるという事が多いですが、物欲があまりない方はわざわざ人混みの中でショッピングをしようと思う事がありません。

バーゲンの時や街中へ行くとどこもかしこも人混みが発生しているものですから、物欲があまりない方はネットショッピングで必要なものや欲しいものを揃える事が多い様です。

人混みが嫌い・苦手な人の特徴②アウトドアよりインドア派

人混みが嫌い・苦手な人の特徴2つめは、アウトドアよりインドア派である事です。アウトドア派の方は外にいる事が好きですし、大人数でワイワイと楽しむ事が好きです。それに対して、インドア派は大人数より一人で過ごす時間が好きですし、外出するより自分の家にいる事の方が楽しいと思っています。

この様に、インドア派の方の特徴は人混みに耐えられる要素がほぼありません。その為、人混みがいる場所へ行く事を嫌がったり買い出自体が面倒臭く感じている方も少なくありません。

人混みが嫌い・苦手な人の特徴③面倒臭がり

人混みが嫌い・苦手な人の特徴3つめは、面倒臭がりな人です。人混みでは通常よりも時間がかかってしまう事もありますし、お店やスポットによっては長時間並ぶ事も避けられません。

そんな時間さえも外出の醍醐味だと言うのであれば別ですが、面倒臭がりな人は時間がかかる事がとにかく大嫌いです。その為、面倒臭がりな人は最初から人混みスポットへ近づく事をしようとせず、できるだけ人が少ない場所を探して外出するか、自宅でゴロゴロしている事が多い様です。

人混みが嫌い・苦手な人の特徴④仕事や学校で疲れる事が多い

人混みが嫌い・苦手な人の特徴4つめは、仕事や学校で疲れる事が多い事です。人混みスポットへ行く事は、それだけで疲れてしまうので体力が非常に奪われやすくなります。

その為、仕事や学校がハードで疲れが溜まっている方にとっては、せっかくゆっくり休める休日にまで疲れる人混みスポットへ行きたくないという気持ちが強くなってしまいます。

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポットは?

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット①美術館や博物館

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット1つめは、美術館や博物館です。美術館や博物館の様な芸術に触れる空間は、とても静かなので人混みのようなガヤガヤとしたうるささもありません。

美術館や博物館ではゆったりと芸術に触れる事を楽しむ方が多く、来場者の年齢層も比較的大人なので、マナーを守られた環境が保たれています。その為、人混みが発生しにくい穴場お出かけスポットとなっています。

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット②自然公園

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット2つめは、自然公園です。自然公園であれば広いので、一部のスポットに人混みが集中する事も少ないです。また、自然と触れ合う事で疲れがストレスを癒す事もできるので、人混み嫌いの方たちにとっては一石二鳥なお出かけスポットと言えるでしょう。

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット③カラオケ

人混み嫌い・苦手な人におすすめのお出かけスポット3つめは、カラオケです。カラオケは完全個室なので、人混みの心配が一切ありません。完全なる個室空間で思いっきり叫んだり歌ったりできるので、人混み嫌いな方もストレスなく遊びを満喫する事ができるでしょう。

人混み嫌いを克服しよう!

人混みが嫌いな・苦手な人の理由や心理・克服方法のご紹介はどうでしたか?人混みが苦手だと思っている方は非常に多いものです。人混みにいるといつも以上に体力を消耗しますし、人によっては体調を崩してしまったり、パニック状態になってしまう事もあるようです。

その為、人混み嫌いを克服する方法はいくつかありますが、無理をしてまで絶対に克服しなくてはいけない事でもありません。誰だって一つや二つ嫌いな事や苦手な事はありますし、人混み嫌いな人が楽しめるお出かけスポットもたくさんありますのでご自分の事を責めすぎないでくださいね。

とはいえ体調が悪くなったりするほどではないのなら、克服できるのであれば克服しておくに越した事はないです。「人混み嫌いを克服したい!」と言う方は是非、今回ご紹介した克服方法を実践して、人混み嫌いを克服できるように頑張ってください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。