INDEX

6月に結婚式は迷惑?6月の天候や気温について!

ジューンブライドは日本では梅雨シーズン

6月は結婚式を連想する人が多いのではないのでしょうか?ジューンブライドという言葉は、ほとんどの人が知っていると思います。元々海外からジューンブライド(6月の花嫁)は幸せになれるという話が伝わり、そこから日本でもジューンブライドに憧れる人が増えてきました

6月に結婚式は全くおかしなことではないので、迷惑と思う人はいないでしょう。けれど、日本では6月は梅雨シーズンということもあり、実は6月の結婚式は一番人気というわけではないようです。梅雨により困った思いをする人がいるかもしれないので、6月に結婚式をする際は梅雨に考慮して計画をしましょう。

暑すぎず寒すぎないので衣装の選択の幅が広がる

6月は気候が不安定ということがありますが、気温は暑すぎず寒すぎず、過ごしやすい温度といえます。そのため室内で開催すれば、気候を気にせずに、さらに気温も気にせずに衣装を自由に選ぶことができます。ドレスの選択の幅が広がるのは、花嫁としては嬉しいですよね。

6月の結婚式のメリットは?

憧れのジューンブライドになれる

6月の結婚式のメリットとしては、なんといっても憧れのジューンブライドになれるという点です。一生に一度の結婚式なので、幸せになれるというジューンブライドになってみたい女性は多いと思います。6月は梅雨シーズンで、実は秋より空いています。ジューンブライドに憧れる人は、ぜひ6月を狙ってみてくださいね!

本格的な日焼け前なので肌がキレイ

ウェディングドレスを着るなら、一番キレイな状態で着たいですよね。エステや脱毛はもちろんですが、気を付けるのが難しいのが日焼けです。日焼け止めを塗っても、上着を羽織っても、どうしても日焼けしてしまうことってありますよね。

秋頃に結婚式を挙げる人が多いですが、日焼けがどうしても気になってしまう人や、がっつり背中を出したドレスを着たいという人は、日焼け前の6月に挙式をするのがおすすめです。

実は費用が安く抑えられる

ジューンブライドといわれますが、日本では梅雨シーズンということもあり、6月に結婚式を挙げる人はそこまで多くはありません。そのため、一番人気の9月~11月のブライダルシーズンと比べると、結婚式の費用が安く抑えられるというメリットがあります。

どうしても高くなってしまう結婚式ですが、やり方次第で安く済ませることができます。こちらの記事でたくさん紹介しているので、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね!

そのまま新婚旅行に行く人はおすすめ

海外などの旅行も、6月は交通費や宿泊費が安くなることが多いですよね。そのため、結婚式のあとそのまま新婚旅行に行くという人には、6月はとてもおすすめです。ジューンブライドになれて、新婚旅行も満喫できたら、一生の中でも最高の思い出になること間違いなしですね。

6月の結婚式のデメリットは?

梅雨を考慮した演出を考えなくてはいけない

6月の結婚式のデメリットは、やはり梅雨と重なることですよね。6月に結婚式をするなら、もし雨になっても大丈夫なように演出を考えなくてはいけません。例えば、屋外でバルーンを飛ばしたり、庭に出てスイーツバイキングなど、最近人気のオシャレな屋外演出は避けた方がいいでしょう。

服装や髪型が崩れやすい

これは新郎新婦も参列者も同じですが、梅雨の時期は湿気などでヘアメイクが崩れてしまったり、ドレスなど衣装が雨で汚れてしまう場合も考えられます。そのため、新郎新婦はもちろん、参列者にも服装や髪型で悩ませてしまう可能性があります。

もちろんそれぞれ工夫して参列すると思いますが、万が一メイクや髪型が崩れてしまった場合に、直せるスペースや道具などを予め考えておくと、参列者にも好印象になります。

新郎新婦編|6月の結婚式におすすめの服装は?

新郎新婦編|6月の結婚式におすすめの服装①水色のカラードレス

6月に結婚式をする新郎新婦におすすめの服装1つ目は、水色のカラードレスです。梅雨のシーズンだから悩むのではく、梅雨の時期だからこそ楽しみたいですよね。海や水を連想させる水色のカラードレスドレスは、涼しげでとってもキレイですよ!水色ならプリンセスラインでも甘くなりすぎません。

新婦が水色のドレスを着るなら、新郎はグレーがおすすめです。黒を選ぶとせっかくの花嫁の爽やかな印象が、一気に重くなってしまい、とてももったいないですよね。グレーはあっさりと、そしてオシャレに見せてくれます。水色のカラードレスには、ぜひグレーと合わせてみてはいかがでしょうか。

新婦のカラードレスと同じ色の小物を身につけることが多い新郎ですが、水色のドレスと合わせて、新郎のシャツも水色にするのも素敵ですね!涼しげで爽やかな印象を与えるので、梅雨のジメジメした空気を爽やかにしてくれます。参列者も晴れやかな気持ちになれそうですね。

新郎新婦編|6月の結婚式におすすめの服装②マーメイドドレス

6月に結婚式をする新郎新婦におすすめの服装2つ目は、マーメイドドレスです。海や水を連想させる衣装として、マーメイドドレスはまさに6月の花嫁にぴったりのドレスです。人魚のように美しいラインで、長いトレーンが揺れる度にうっとりすること間違いなしです。

マーメイドドレスは背が低いと似合わないと遠慮してしまう人もいますが、背が低い人でもキレイに見せることができるので、気になる人はぜひ一度試着してみてはいかがでしょうか。すっきりしたラインで、暑苦しさを感じさせないので、大人な雰囲気にしたい二人にはおすすめですよ!

また、画像のようなレースがたっぷり入ったマーメイドドレスは、高貴な雰囲気も演出でき、ラフなのに品性のあるオシャレな新郎新婦になれます。新郎は王道のブラックスーツに蝶ネクタイで、シンプルながらもこだわりを見せてみてはいかがでしょうか。

新郎新婦編|6月の結婚式におすすめの服装③レインボードレス

6月に結婚式をする新郎新婦におすすめの服装3つ目は、レインボードレスです。名前の通り、何色も使ったレインボーカラーの鮮やかなドレスで、梅雨の重たい空気を吹き飛ばす華やかさがあります。まさに夢の国のプリンセスのような気分になれますよね!

新婦が幻想的なレインボードレスなら、新郎も服装は素材にこだわってみましょう。シンプルな衣装だと現実に引き戻されてしまうので、ここは光沢のあるような生地を選び、一緒におとぎの国に来たような会場を作ってみてくださいね。

淡いパステルカラーのレインボーなら、柔らかく優しい印象を与え、可愛らしい結婚式を演出できます。レインボーは幸運の象徴でもあり、幸せな1日にピッタリのカラーですね。濃さで雰囲気ががらりと変わるので、好みの雰囲気のレインボードレスを探してみてくださいね!他の人気色は、こちらの記事を読んでみてください。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装は?

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装①ネイビー

6月の結婚式に参列する人におすすめの服装1つ目は、ネイビーのワンピースです。ブラックよりもネイビーの方が涼しげな印象になり、梅雨のシーズンにはおすすめのカラーです。また、肌を白くキレイに見せてくれるので、華やかな結婚式やパーティーではぜひ着てみてくださいね。

シックで知的な印象を与えるネイビーのワンピースも、花柄とあわせることによって、可愛らしく可憐な印象に変わります。過度な露出を避けるためにも、画像のように袖やスカートにメッシュ素材を使用すると、暑苦しくなることがなく、品性のある雰囲気をつくれます。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装②シフォン(ワンピース)

6月の結婚式に参列する人におすすめの服装2つ目は、シフォン素材を使ったコーデです。梅雨はどうしても湿気や気圧などで重い空気になりがちですよね。そんな時は、さらっと着こなせるシフォン素材を選びましょう。シフォン素材は風通しが良いので、汗をかきやすい季節にピッタリです。

また、流行りのとろみ感のあるワンピースは、シンプルな形を選び、アクセサリーなど他のポイントアイテムで、女性らしくエレガントに仕上げていきましょう。新婦のドレスと同じ色は避けなければいけませんので、カラーを使う時は慎重に使っていきましょう。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装③シフォン(オールインワン)

6月の結婚式に参列する人におすすめの服装3つ目は、シフォン素材のオールインワンです。シフォン素材なら結婚式でも大活躍します。ラフでマニッシュな雰囲気になりがちなオールインワンですが、柔らかいシフォンで女性らしさを演出できます。結婚式でオールインワンを着るならシフォン素材がマストといえます。

オールインワンは素材を間違えると、カジュアルになりすぎてしまうので、注意が必要です。結婚式や二次会などの場所では、服装のマナーがあります。知っておきたい人は、こちらの記事を読んで、失敗のないコーデを楽しんでくださいね。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装④レース(グレーのワンピース)

6月の結婚式に参列する人におすすめの服装4つ目は、グレーのレースのワンピースです。レースを纏うだけで、一気に上品なレディになり、エレガントなコーデに仕上がります。結婚式やパーティーなどの華やかな場では、レースは最強の味方といえます。

グレーは暗くなりすぎず、そして主張しすぎないので、新郎新婦や主賓がいる結婚式やパーティーではおすすめのカラーです。婚活やお見合いとは違い、目立ちすぎるのもマナー違反となりますので、あくまでも主役が引き立つようなコーデを意識しましょう。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装⑤レース(グリーンのワンピース)

6月の結婚式に参列する人におすすめの服装5つ目は、グリーンのレースのワンピースです。グリーンカラーも梅雨のシーズンに人気のカラーです。ナチュラルカラーのグリーンと、エレガントなレースの組み合わせは、悪目立ちせずに周りと差を付けられるオシャレコーデになります。

タイトなものを選べば、さらに大人な女性の魅力が高まります。結婚式やパーティーではワンピースが一般的ですが、そんなワンピースも様々なシルエットがあります。こちらの記事にワンピースのシルエットを種類別に特徴を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 442882522
関連記事 決定版!ワンピースのシルエット種類別の特徴と体型に合う選び方は?

様々な型の種類があるワンピースですが、今回はこのワンピースを種類ごとに

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装⑥ジレ(定番スタイル)

月の結婚式に参列する人におすすめの服装6つ目は、ジレの定番スタイルです。こちらは男性向けになりますが、6月は暑すぎず寒すぎないちょうど良い季節といえますが、やはり夏が近づき、さらには梅雨でジメジメするということもあり、上着を着たままだと辛い時もありますよね。

シャツは肌着と同じような感覚ですので、暑いからといってシャツ1枚になるのはマナー違反です。そんな時は、ジレを着ていれば脱ぐことができるため、上着を脱ぐ可能性が高い6月は、ジレを着ていくようにしましょう。

参列者編|6月の結婚式におすすめの服装⑦ジレ(個派スタイル)

月の結婚式に参列する人におすすめの服装7つ目は、ジレの個性派スタイルです。定番のオーソドックスな礼服でも、画像のようにチェックのジレを着るだけで、一気に華やかに仕上がります。ボウタイやチーフも同じ柄で合わせることで、統一感のあるフォーマルコーデが完成します。

結婚式やパーティーでは、スーツだけではなく、バッグにもこだわりたいですよね。普段バッグを持たない男性は、悩んでしまうのではないでしょうか。そんな時は、こちらの記事を参考にして、スーツの男性に合う、結婚式におすすめのバッグを選んでください。

6月の結婚式で季節に合わせたおすすめのアイテムは?

6月の結婚式で季節に合わせたおすすめのアイテム①紫陽花

6月の結婚式で季節に合わせたおすすめのアイテム1つ目は、紫陽花です。6月の梅雨のシーズンだからこそ、紫陽花がとっても似合いますよね。紫陽花のブーケは最近とても人気で、色々なテイストで利用されています。

参列者のテーブルの飾り花も、紫陽花で統一したら可愛らしいですよね。シェルと組み合わせたり、水に浮かべてみたり、紫陽花で会場を彩れば、梅雨の結婚式がとっても素敵に変身します。6月に結婚式をする時は、ぜひ使ってもらいたいおすすめの花です。

もちろん、統一感を出すために、受付やウェルカムボード、席次表なども紫陽花で揃えたら、とっても可愛いですよね!紫陽花の花言葉は色や本数でも変わります。気になる人は、こちらの記事を読んでみてください。

6月の結婚式で季節に合わせたおすすめのアイテム②傘

6月の結婚式で季節に合わせたおすすめのアイテム2つ目は傘です。傘も梅雨だからこそ使えるアイテムですよね。演出としては、SNSで話題になった傘祭りを取り入れてみると個性的な雰囲気を作れます。会場までの通路の天井を傘でいっぱいにして、それを見た参列者はきっと、写真を撮って楽しんでくれますよ!

他にもお色直しで傘を使って登場したり、テーブルの小物に傘を使ったり、傘の形をしたクッキーを用意したりと、色々な所で登場させても面白いですね。カラフルな傘を使えば、雨も止んで太陽が見えそうなほど明るい雰囲気になりますよ!

6月に合わせた結婚式を楽しもう

憧れのジューンブライドを、梅雨だからと言って諦める必要はありません。梅雨だからこその演出で、会場を美しく飾り、また盛り上げる方法はたくさんあります。一生に一度の結婚式、新郎新婦も参列者も笑顔で過ごせる1日にしましょう!

結婚式に向かっていくと、マリッジブルーというものを感じてしまう花嫁もいます。そんな時は、marry花嫁を活用してみてください。こちらの記事に詳しく紹介していますので、結婚式の準備を始める人はぜひ読んでみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。