Large thumb shutterstock 549090334

ブラックリボンマークの意味は?アウェアネスリボンの色の種類と意味も

更新:2019.06.21

ブラックリボンは、追悼を意味するマークです。社会的な事件のあとにGoogleのトップページなどに表示され、話題となりました。正式にはアウェアネスリボンと呼ばれ、支援や賛同を表明することに用いられます。赤いリボンや白いリボンなど、種類はさまざまです。色ごとに支援の意味が異なるので、確認してみましょう。



アウェアネスリボンとは?

アウェアネスリボンとは支援と賛同の意思表明

アウェアネス(Awareness)の意味は「気付き・認識」です。アウェアネスリボンを掲げることで、特定の社会的な問題や運動に、支援あるいは賛同を表明することができます。以前は、衣服や持ち物につけることが主流でしたが、インターネットが普及した現代では、サイトやSNSに掲げることも多くなりました。

問題や運動によって色が異なる

アウェアネスリボンは、1種類だけではありません。社会的な問題や、問題を改善しようとする運動によって、さまざまな色のアウェアネスリボンが誕生しました。アウェアネスリボンの持つ色は、それぞれの意味を持ち、活動のシンボルとして使用されています。

アウェアネスリボンの形は、通常のリボン型とは異なり、輪をひとつ作って留めた形となっています。丸い輪の形が、支援や賛同といったイメージにぴったりですね。

ブラックリボンマークの意味とは?

ブラックリボンマークの意味①追悼

ブラックリボンマークの1つ目の意味は、追悼です。世界的にみても、黒は喪を表す色ですね。社会的に痛ましい事件が起こったあとなどに、メディア、団体、個人を問わずに用いられます。日本では、まだ一般的ではありませんが、アメリカなどでは次のようなケースに広く使われています。

ブラックリボンマークが使用されるケース

  • 無差別テロなどで死者がでた場合
  • 大きな災害で犠牲者が出た場合
  • 社会的に影響がある人物が亡くなった場合

例としては、アメリカ同時多発テロ事件やバージニア工科大学銃乱射事件などが挙げられます。東日本大震災の直後には、哀悼の意をしめすためにスポーツ選手たちが、大会で着用していました。また、国家元首が亡くなった場合にも、使用することがあります。

国によっては、テレビの画面脇などに表示されることもあります。朝テレビをつけて、画面脇にブラックリボンマークをみつけると、ドキッとしたものです。いずれのケースにせよ、良くない知らせであることに変わりありません。

POINT

アリアナ・グランデの事件でも使用

2017年に、アメリカのシンガー・ソングライター「アリアナ・グランデ(Ariana Grande)」が関係するブラックリボンマークの使用もありました。イギリスのマンチェスターで行われたアリアナのコンサートで爆発事件が起こり、犠牲者がでたことがきっかけです。アリアナのアルバムをオマージュした、「ウサギ耳」つきのブラックリボンを用いて、ファンが支援を呼びかけました。

ブラックリボンマークの意味②インターネット上の自由

ブラックリボンマークの1つ目の意味は、インターネット上の自由に政府が介入することを「反対する」ことです。SNSやソーシャルメディアにおける言論の自由や、情報の規制、国の検閲などを問題としています。インターネットが無くてはならない現在、ブラックリボンマークが使用される可能性は、ゼロではありません。

追悼が必要なとき、悲しかったり、心がくじけそうになったりしますね。そんなときは、世界の偉人の言葉を読んで、静かにすごしてみませんか。こちらの記事にまとめられてあります。


ブラックリボンマークを掲げているwebサイト5選

ブラックリボンマークを掲げているwebサイト①Google

プラックリボンマークを掲げている1つ目のwebサイトは、Googleです。世界中にサービスを提供している、検索エンジンが有名ですね。Googleが掲げたブラックリボンマークで知られているのは、2015年に起きたフランス同時多発テロ事件の犠牲者に追悼するためのものです。

Googleの検索バーの下に表示されたブラックリボンが、話題を呼びました。ただし、このマークが表示されたのはGoogle日本の検索サイトだけです。他の国のケースでは、2016年に、Googleロシアで表示されたものがあります。ロシア国防省のツポレフ154型機の墜落を受けてのものです。

どの国のGoogleにしても、追悼を意味するリボンは、あまり見たいものではありませんね。表示の変化なら、記念日や著名人の生誕祝いをネタに変化する、Googleのロゴ「Doodle(ドゥードゥル)」が楽しめます。どんなものかは、コチラの記事でチェックしてみてください。

ブラックリボンマークを掲げているwebサイト②Apple

ブラックリボンマークを掲げている2つ目のwebサイトはAppleです。こちらも、2015年のフランス同時多発テロ事件をきっかけに注目が集まりました。日本のApple公式サイトではなく、フランスの公式サイトに表示されたものです。

悲しいことに、フランスでは同年に「シャルリー・エブド」という新聞社が襲撃され、12人が犠牲になる事件もありました。こちらの事件でも、Appleのサイトに追悼を示すブラックリボンが掲げられました。

ブラックリボンマークを掲げているwebサイト③Facebook

ブラックリボンマークを掲げている3つ目のwebサイトは、Facebookです。フランス同時多発テロ事件の折は、期間限定でプロフィール画像にフランス国旗のトリコロールを重ねることができました。しかし、自らのプロフィール画像に、ブラックリボンをつけて追悼の意を示すケースもあります。

SNSのプロフィール画像には、自分のイメージだけでなく、メッセージ性も込められています。ブラックリボンは、画像からもメッセージを伝えたいという意志の現れです。SNSのプロフィール画像から何が伝わるのか?こちらの記事で、アイコンに現れる心理を解き明かしてみましょう。

ブラックリボンマークを掲げているwebサイト④Twitter

ブラックリボンマークを掲げている4つ目のwebサイトは、Twitterです。フランス同時多発テロでは、フランス国旗のトリコロールをロゴに重ねていました。しかし、哀悼の意を示すために、ブラックリボンマークを拡散するケースもあります。

そういえば、2016年のタイ国王が崩御では、国民に喪服やブラックリボンの着用が義務付けられたことがありました。Twitterでブラックリボンを確認した覚えがあります。


ブラックリボンマークを掲げているwebサイト⑤Amazon

ブラックリボンマークを掲げている5つ目のwebサイトは、Amazonです。GoogleやAppleのブラックリボンと合わせて紹介されることが多いのですが、実は、こちらはフランス同時多発テロのときは、フランス国旗を表示しての追悼でした。

Amazonでブラックリボンが表示されたケースは、今の所、発見していません。どちらかというと、ブラックリボンを始めとしたアウェアネスリボンの購入がメインになりますね

ブラックリボン以外にもたくさんある!リボンマークの色の種類と意味4選

リボンマークの色の種類と意味①赤いリボン

リボンマークの色の種類と意味の1つ目は、赤いリボンです。「レッドリボン」とも呼ばれ、リボン運動の始まりともなった色です。赤に込められた意味は「エイズに対する啓発」です。12月1日の世界エイズデーで使用されています。

赤いリボンは、1980年代のアメリカで使用され始めました。アーティストを始め、たくさんの人がエイズに感染し、死亡したことがきっかけです。エイズという病気の理解を広め、感染者への差別防止や、援助といった運動を支えます。

POINT

リボン運動とは

リボン運動とは、なんらかの理由で支援や協力が必要な人を、社会的にサポートするための運動です。同様の境遇に陥る人を減らそう!防止しよう!という意味合いも持ちます。市民、企業、行政など、さまざまな団体がリボンの配布や販売などを通して、啓発活動を行っています。

リボンマークの色の種類と意味②白いリボン

リボンマークの色の種類と意味の2つ目は、白いリボンです。「ホワイトリボン」とも呼ばれます。色には、「平和」「妊産婦の命と健康を守る」といった意味が込められています。新しいものでは、「ブラック企業撲滅」の象徴ですね。

POINT

ホワイトリボン運動

ホワイトリボン運動では、途上国の妊娠・出産における死亡率の高さを改善すべく、支援を行っています。日本でも、3月8日の国際女性デー前に、「WHITE RIBBON RUN」というチャリティマラソン大会が実施されています。エントリー費用の半額が、妊産婦支援のための寄付金となります。

リボンマークの色の種類と意味③黄色いリボン

リボンマークの色の種類と意味の3つ目は、黄色いリボンです。「イエローリボン」とも呼ばれます。もとはアメリカで、「兵士の帰還を願う」ために使用されました。日本では、「障害者の社会参加」という意味を持ちます。

POINT

イエローリボン運動

日本障害者フォーラム(JDF)が、障害者の社会支援を推進するために提唱している運動です。講演会やフォーラム、イベントなどの、活動を続けています。グッズの購入などを通して支援活動に参加することができます。

リボンマークの色の種類と意味④ピンクリボン


リボンマークの色の種類と意味の4つ目は、ピンクリボンです。乳がんの予防、早期発見、啓発を意味します。日本女性が乳がんにかかる割合が高いことから、国内でもピンクリボンは有名です。国立がん研究センターのデータによると、死亡率の割合も増加傾向にあるので、検診を意識してみましょう。

POINT

ピンクリボン運動

ピンクリボン運動に関連するものとして、日本対がん協会などが主催する「ピンクフェスティバル」があります。乳がんの予防、早期発見、啓発のほかに、検診率の向上や患者への支援を目指して活動しています。10月1日のピンクリボンデーでも、ライトアップなどのイベントを開催しています

バリエーションがたくさんある!リボンマークの色の種類と意味3選

リボンマークの色の種類と意味⑤ブルーリボン

リボンマークの色の種類と意味の5つ目は、ブルーリボンです。日本では、「拉致被害者の問題解決」を意味します。小泉元総理が身につけていました。「大腸がんの啓発」のマークとしても使用されています。

また、2017年の第89回アカデミー賞では、レッドカーペット上でブルーリボンを身につける、セレブたちの姿もみられました。こちらは、「アメリカ自由人権協会(ACLU)」へのサポート表明を意味しています。

リボンマークの色の種類と意味⑥オレンジリボン

リボンマークの色の種類と意味の6つ目は、オレンジリボンです。意味は「子どもの虐待防止」です。2004年に栃木県で、二人の幼い兄弟が虐待され、川に投げられて死亡した痛ましい事件がきっかけとなっています。ネグレクト(育児放棄)や、身体的、心的、性的虐待を予防しようというメッセージが込められています。

リボンマークの色の種類と意味⑦グリーンリボン

リボンマークの色の種類と意味の7つ目は、グリーンリボンです。「臓器移植の普及」を意味し、臓器移植が必要な患者とドナーとの結びつきも表しています。また、緑色が自然をイメージさせることから、「環境保護活動」のマークとしても使用されます。

複数色のリボンもたくさんある!リボンマークの色の種類と意味3選

リボンマークの色の種類と意味⑧ティール&ホワイトリボン

リボンマークの色の種類と意味の8つ目は、ティール&ホワイトリボンです。リボンの色は1色だけでなく、複数組み合わさることもあります。ティール&ホワイトリボンが意味するのは、「子宮頸がんの啓発」です。女性にとって深刻な問題ですね。ちなみに、ティールはコガモの羽の色です。

リボンマークの色の種類と意味⑨レインボーリボン

リボンマークの色の種類と意味の9つ目は、レインボーリボンです。赤・オレンジ・黄色・緑・青・紫の6色で構成されています。多様な色は、LGBTなど性的マイノリティへの理解と賛同を表しています。

POINT

LGBTとは

LGBTとは、レズビアン(Lesbian)・ゲイ(Gay)・バイセクシュアル(Bisexual)・トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとったものです。性的マイノリティを総称する言葉として普及してきています。

リボンマークの色の種類と意味⑩ジグソーリボン

リボンマークの色の種類と意味の10つ目は、ジグソーリボンです。ジグソーパズル模様と無数の配色が特徴的です。「自閉症の子どもや親への理解と支援」を意味します。一人ひとりの個性を大切にしたいという願いの現れですね。

アウェアネスリボンのグッズいろいろ

  • ピンバッジ
  • チャーム&ストラップ
  • リストバンド
  • マグネット
  • ステッカー

アウェアネスリボンには、いろいろなグッズがあります。オーソドックスにリボンをピンでとめるだけでもOKですが、耐久力のあるピンバッジや、持ち物につけられるチャームやストラップなども使いやすいです。チャームを手作りしてみたい方には、こちらの記事の手順が参考になります。

複数の意味を持つリボンマークの色は?

アウェアネスリボンには複数の意味がある

アウェアネスリボンの色が持つ意味は、国によって異なります。そのため同じ色でも、複数の意味を持つことがあります。世界的に意味が一致するものもあれば、特定の国でしか使用されないものもあります。ここで紹介したものは、主に認知度が高いものを中心としています。

アウェアネスリボンで特にたくさんの意味を持つ紫リボン

アウェアネスリボンの中でも、特にたくさんの意味を持つのが、紫色のリボンです。パープルリボンとも呼ばれ、現在確認できるだけでも、32もの意味があります。病気にまつわるものが多いですが、それ以外の意味も一定数あります。一部をご紹介するので、確認してみてください。

病気への支援にまつわる意味

  • アーノルド・キアリ奇形
  • アルツハイマー病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 加齢黄斑変性
  • 甲状腺がん
  • 小児脳梗塞
  • 摂食障害
  • 全身性エリテマトーデス
  • 注意欠陥・多動性障害
  • てんかん

病気以外への支援にまつわる意味

  • 女性への暴力防止・DV根絶
  • 薬物過剰投与
  • 外国人差別
  • ホームレス支援
  • 動物愛護

ブラックリボン以外のアウェアネスリボンも活用しよう

黒は追悼、ピンクは乳がん啓発など、アウェアネスリボンには、たくさんの種類と意味があります。アウェアネスリボンは、身につけたり持ち物につけたりすることで、理解と支援を示すことができます。サイトに表示するだけではないんですね。

団体によっては、気になるリボンを購入するだけでも寄付金として活用されます。イベントなどの直接参加が難しい場合、アウェアネスリボンを使用することでサポートしてみるのはいかがでしょうか。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

趣味は読書で、雑多なことに興味があります。記事を通して、楽しい発見のお手伝いができれば嬉しいです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。