INDEX

40代女性必見!NGなアラフォーメイクとは?

40代女性必見!NGなアラフォーメイク①ファンデの厚塗りは絶対NG

40代、肌の悩みも増え、毎日のメイクに悩む方も多いのではないでしょうか。そんなアラフォーメイクのやり方の前に40代の方が絶対やってはいけないNGメイクのポイントをおさえておきましょう。まず、アラフォーメイクの中でも最も重要と言えるベースメイク。特にファンデーションの厚塗りは絶対にNGです。

ファンデーションの厚塗りは、老け顔に見える原因になります。ファンデーションの塗りすぎは、まず見た目が不自然。首の色と顔の色が違い、顔だけ浮いて見えてしまったり、シワに入り込んだファンデーションはよりシワを目立たせてしまいます。また、時間が経つと皮脂と混ざり合いメイク崩れの原因にもなります。

40代女性必見!NGなアラフォーメイク②マットなファンデは老け顔に

アラフォーメイクではファンデーションの選び方も大切です。後ほど詳しくご紹介しますが、ファンデーションには主にツヤ感の出るタイプとマットタイプがあります。ファンデーションをマットなものを選ぶのはNGです。

40代の方がマットなファンデーションを使うと、のっぺりとした仕上がりになってしまうことがあります。アラフォーメイクでは立体感を出すことも大切ですので、立体感を出しにくいマットなファンデーションはできるだけ避けるようにしましょう。

40代女性必見!NGなアラフォーメイク③くっきり角ばった眉毛

アラフォーメイクでのNGメイク3つ目は、角ばった眉毛です。アラフォーメイクではナチュラルな仕上がりを目指しますので、眉毛は比較的はっきり目に描くことで顔にメリハリを出します。しかし、不自然に濃い眉毛や、曲線ではなく角のある山型の眉毛は時代遅れの印象を与え、老け顔に見せてしまいます。

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウの色は?

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ①1つは持っておきたいベージュ

アラフォーメイクはナチュラルに仕上げるのがポイントです。そんなナチュラルメイクに欠かせない40代の方が1つは持っておきたいのがベージュのアイシャドウです。ベージュのアイシャドウは肌馴染みも良く、ナチュラルな目元に仕上げてくれます。

目元にグラデーションを作ることで立体感も出ますが、ベージュをベースにしたグラデーションなら、やり過ぎ感のない自然な立体感が出ますので、アラフォーメイクにもおすすめです。

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ②大人ナチュラル!ブラウン

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ2つ目は、ブラウンのアイシャドウです。ブラウンもベージュ同様派手になり過ぎずアラフォーメイクにはおすすめです。ブラウンのアイシャドウを選ぶ時のポイントは、明るめのブラウンを選ぶということです。

濃いブラウンのアイシャドウですと、グラデーションを作ったときに少しモード感が強い仕上がりになってしまうことがあります。ブラウンを使う時には明るめのブラウンでグラデーションを作っていくことできちんと感のあるナチュラルメイクに仕上げることができるでしょう。

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ③ナチュラル&華やか!ゴールド

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ3つ目は、ゴールドのアイシャドウです。ゴールドは少し目元に華やかさをプラスしたい時におすすめなんです。ゴールドはキラキラ感はありますが、肌馴染みが良い色ですので、派手になり過ぎずナチュラルな華やかさを演出することができます。

ゴールドのアイシャドウを選ぶ時に注意したいポイントは、中のパールやラメが細かいものを選ぶということです。40代のアラフォーメイクでは、目元がキラキラしすぎてしまうと派手な印象になってしまいます。細かいラメやパールであれば、上品な印象を与える仕上がりになりますよ。

アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ④目元のくすみを消す!オレンジ

40代のアラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ4つ目は、オレンジてす。オレンジはみずみぐしく、若々しい印象の色ですよね。そんなオレンジのアイシャドウは目元のくすみをカバーしてくれる効果もあるのをご存知でしょうか。

オレンジのアイシャドウは、目元のくすみを取るだけでなく、ハリ感も与えてくれる色になります。また、細かいパールが入っているアイシャドウであれば、目元をより明るく見せてくれるのでおすすめですよ!

アラフォーメイクにおすすめのアイメイク方法は?

アラフォーメイクにおすすめのアイメイクに必要な道具

アラフォーメイクではナチュラルなアイメイクも重要なポイントです。そこで40代女性のアイメイクのやり方を詳しくご紹介していきます。まずはアイメイクをするための道具を準備しましょう。アラフォーメイクではアイシャドウだけではなく、コンシーラーなどを使いくすみを消してからアイメイクすることが大切です。

アラフォーメイクにおすすめのアイメイク!必要な道具
  • コンシーラー(リキッドタイプがおすすめ)
  • アイシャドウ(パレット)
  • ブラウンのアイライナー
  • ブラックのリキッドアイライナー
  • ハイライト
  • マスカラ(下地・セパレートタイプの2種類)

アラフォーメイクにおすすめのアイメイクの方法

アラフォーメイクにおすすめのアイメイクの方法(オレンジ系)
  1. 上まぶた、下まぶた、目尻にコンシーラーをのせる
  2. 指で優しくぽんぽんと馴染ませる
  3. 上まぶただけに軽くフェイスパウダーをのせる
  4. アイホール全体に明るいベージュ系のアイシャドウを塗る
  5. 二重の幅に明るいオレンジ系のアイシャドウを塗る
  6. ブラウンのアイライナーでアイラインを入れる
  7. 目尻は少し跳ね上げる(2ミリ程度が自然)
  8. ブラウンのアイシャドウでアイラインをぼかす
  9. 下まぶたの目尻に明るいベージュ系のアイシャドウを塗る
  10. 下まぶたの目尻の3分の2にブラックのアイライナーで点を描いていく
  11. 下地、セパレートタイプのマスカラを塗る
  12. 下まぶたの目頭から3分の1程度にハイライトを入れて完成

アイシャドウを塗る前にコンシーラーで目元のくすみを消すのはその後のアイメイクの仕上がりを大きく変えますので、必ずコンシーラーを使いましょう。他の色のアイシャドウを使う場合にも同じような使い方になります。アイメイクの方法については動画もありますので動画も参考にして下さい。

\ POINT /

ブラックのアイライナーで点を描くとより自然な仕上がりに

ブラックのアイライナーを下まぶたに入れる時に線でアイラインを入れると不自然な仕上がりになってしまいますで、点を描くことでナチュラルな仕上がりとなります。

アラフォーメイクにおすすめのチークの色や入れ方は?

アラフォーメイクのチークの役割

アラフォーメイク=ナチュラルメイク。チークは入れないと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、40代だからこそ上手に使いこなしたいアイテム、それがチークです。チークを入れることで様々な効果がありますので、アラフォーメイクでのチークの役割を覚えておきましょう。

アラフォーメイクでのチークの役割
血色をプラス 40代は肌がくすみ、顔色が悪く老け顔に見えてしまうこともあるためチークで血色感をプラスする
顔に立体感をプラス チークの入れ方で顔には奥行き感が出て、メリハリがある立体感のある顔にする
小顔効果アップ チークの入れ方で骨格を変えて見せることができ小顔効果もアップ
顔全体の印象をチェンジ チークの入れ方でクール、キュート、上品となりたいイメージになれる

アラフォーメイクにおすすめのチークの色|血色感をプラス!コーラルピンク

アラフォーメイクにおすすめのチークの色1つ目は、コーラルピンクです。赤やピンクはチークが浮いてしまうことがありますが、コーラルピンクは肌馴染みが良いのでアラフォーメイクでもおすすめです。40代のアラフォーメイクでは肌の透明感や血色感が重要です。

コーラルピンクは派手になり過ぎず、ナチュラルにお肌に血色感をプラスしてくれるだけでなく、肌のくすみもカバーしてくれます。しかし、肌の色によって似合うチークの色が異なる場合がありますので、チークの色の選び方は関連記事も参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 459771967
関連記事 似合うチークの色の選び方10選!チークの入れ方と位置も/イエベ/ブルベ

みなさんはどんな色のチークを使っていますか?イエローベースの方とブルー

アラフォーメイクにおすすめのチークの色|ピンク+オレンジの技ありチーク

アラフォーメイクにおすすめのチークの色2つ目はピンクとオレンジです。ピンクとオレンジを混ぜて使うという技ありカラー!ピンクは単色で使うと浮いてしまうことがあります。くすみをカバーしようとオレンジを単色で使うと逆効果になってしまうことがあります。

そこでおすすめなのがピンクとオレンジのチークを混ぜて使う方法です。ピンクだけだと浮いてしまいますが、肌馴染みが良いとされているオレンジと混ぜることでサーモンピンクなどの色味に近づくため、40代女性の肌にもぴったりのチークの色に変化しますよ!

アラフォーメイクにおすすめのチーク|40代にはクリームチークがベスト

チークにはパウダーチーク、クリームチーク、スティックチークなど様々な種類がありますが、その中で40代女性におすすめなのはクリームチークです。クリームチークの特徴としては、保湿力の高さです。うるおいやツヤ感が重要なアラフォーメイクでは保湿力の高いクリームチークがベストです。

また、クリームチークは密着力が高いため、少量でしっかりと色づきます。クリームチークは最近では100均でも種類が豊富ですので、初めて使うという方はお手頃な価格の100均のクリームチークから始めてみるのもおすすめです。関連記事で100均のクリームチークをご紹介していますので参考にして下さい。

Small thumb shutterstock 603919916
関連記事 キャンメイクのクリームチーク全色をイエベ・ブルベ別に厳選してご紹介!

プチプラで高品質なキャンメイクのコスメ。今回はそんなキャンメイクの商品

アラフォーメイクにおすすめのチークの入れ方|頬骨より高い位置に

40代女性におすすめのアラフォーメイクでのチークの入れ方をご紹介します。チークは入れすぎてしまうとかえって老け顔になってしまったりします。決して付けすぎないよう意識しましょう。40代のチークの入れ方は動画もありますので参考にしてみて下さい。

アラフォーメイクでのチークの入れ方
  1. 笑顔を作り頬骨の1番高い部分を確認する
  2. チークをブラシなどに取る
  3. パウダーの場合は余分な粉を十分に落とす
  4. 頬骨の1番高い部分にブラシをあて、頬骨を囲うようにふんわりとチークを入れる
  5. そのままこめかみの下までふんわりとチークを入れる

アラフォーメイクにおすすめのリップの色や塗り方は?

アラフォーにおすすめのリップ①自分の肌色・唇に馴染む色を探そう

アラフォーメイクでは、ナチュラルメイクを心がけますが、決してリップを使わないということではありません。むしろ、顔に血色感や立体感を出すためにもリップメイクは重要です。リップの色選びに迷われる方もいると思います。リップを選ぶ時のポイントは自分の肌色や唇の色に馴染む色を選ぶことです。

そうです、リップは40代だから、この色ということではないのです。人によって、似合う色、馴染みやすい色が違いますので、自分に合った色を選びましょう。自分ではわからないという場合は買うときに店員さんにアドバイスしてもらうというのも良いでしょう。

アラフォーメイクにおすすめのリップ②マットなリップはNG!ツヤ感を意識

アラフォーメイクでは、ナチュラルに加え、ツヤ感も意識したいところ。リップを選ぶ時にはファンデーション同様、ツヤ感のあるものを選ぶと良いでしょう。リップにはマットな質感のものもありますが、マットなリップは、唇の縦じわが目立ってしまったりすることもあります。

リップは、うるおい感が大切です。グロスを使ってツヤ感やうるおい感を出すこともできますが、グロスではテカテカしすぎてしまうこともあります。そこで、リップ自体ツヤ感のあるものを使うことによって、自然なリップメイクに仕上げることができます。

アラフォーメイクにおすすめのリップ③ヌーディーカラーは避ける

アラフォーメイクはナチュラルに仕上げることが重要です。そのため、リップは無難なヌーディーカラーを選ぶという方もいるかもしれません。しかし、アラフォーメイクではヌーディーカラーはできるだけ避けましょう。

アラフォーメイクはナチュラルが基本ですが、血色感も大切なポイント。アラフォーメイクでのヌーディーカラーは血色感がなく、顔色が悪く見えてしまうこともあります。顔全体を明るく見せるためにもヌーディーカラーは避けて、自分に合った色を選びましょう。

アラフォーメイクにおすすめのリップ④リップの塗り方

アラフォーメイクにおすすめのリップの塗り方
  1. 口角から下唇1cmにハイライトを入れる
  2. 手でぽんぽんと優しく叩き込みなじませる
  3. リップペンシルで上唇の山を描く
  4. 上唇の口角から山をつなぐ
  5. 反対側も口角から山をつなげる
  6. 下唇は口角から真ん中に向かいつなぐ
  7. ペンシルの内側にリップを塗る
  8. 縦じわが目立つ時はリップブラシを縦に当てぽんぽんと塗り込む
  9. ティッシュを唇に当て唇全体をおさえる
  10. もう一度リップを重ね塗りする

下唇にハイライトを入れることで口角が上がって見える効果があり、若々しい仕上がりになります。また、リップが明るいハッキリとした色の場合は、唇の中央に向かい指でぽんぽんとなじませると、より自然にリップの色が馴染みます。40代のリップの塗り方は動画もありますので動画も参考にしてみて下さい。

アラフォー女性におすすめの化粧品6選|ベースメイク編

アラフォーにおすすめの化粧品①レブロン:カラーステイメイクアップ

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品1つ目はレブロンのファンデーション「カラーステイメイクアップ」です。リキッドファンデーションですが、軽い付け心地で、落ちにくい、崩れにくいのはもちろんですが潤い感が続くというのがおすすめのポイントです。

ヒアルロン酸Na、ゼニアオイエキスなどのうるおい成分がたっぷりと配合されており、オイルコントロールもしてくれるため付けたてのキレイを長時間キープすることができます。うるおい感を大切にしたい40代女性のアラフォーメイクにおすすめです。

アラフォーにおすすめの化粧品②マキアレイベル:薬用クリアエステヴェール

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品2つ目はマキアレイベルのファンデーション「薬用クリアエステヴェール」です。こちらのファンデーションの最大の魅力はファンデーションの約62%が美容成分でできているということです。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分、保水成分がたっぷり配合されています。

3種類のパウダーも配合されており毛穴やシミ、シワなどを自然にカバーしてくれます。アラフォーメイクで重要なツヤや透明感を自然に演出してくれるおすすめのファンデーションです。

アラフォー女性におすすめの化粧品6選|ポイントメイク編

アラフォーにおすすめの化粧品③エクセル:スキニーリッチシャドウ

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品3つ目はエクセルのアイシャドウパレット「スキニーリッチシャドウ」です。スキニーリッチシャドウは4色が1つのパレットにのっており、順番に塗っていくだけで自然なグラデーションを作り上げることができます。

目元に自然な立体感を出すことができますので、40代のアイメイクにもおすすめです。細かいパールと金のパールが入っていますので上品に目元に華やかさもプラスしてくれます。大人ナチュラルな目元に仕上げてくれるアイシャドウです。

アラフォーにおすすめの化粧品④マキアージュ:スタイリングアイズ

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品の4つ目はマキアージュのアイシャドウパレット「ドラマティックスタイリングアイズ」です。こちらのアイシャドウは目元ファンデからアクセントになる絶妙なカラーが1つのパレットにのったアイシャドウで順番に塗っていくことで目元を明るく見せ、自然なグラデーションを作ることができます。

また、肌に馴染みやすいカラーが揃っていますので塗る順番を変えても使うことができます。塗る順番を変えれば、いつもとは違った印象に仕上げることもできます。1つのパレットでアラフォーメイクでのアイメイクはもちろんいくつもの楽しみ方ができるアイシャドウです。

アラフォーにおすすめの化粧品⑤ゲラン:クレヨンユー

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品5つ目はゲランのアイライナー「クレヨンユー」です。クレヨンユーはペンシルタイプのアイライナーになりますが、スルスルと描きやすく初心者の方でもキレイなアイラインを入れることができます。

また、ペンシルの反対側にはチップも付いているため、チップでぼかせばアイシャドウのようにして使うこともできるという優れものです。40代のアラフォーメイクには使いやすいアイライナーになります。

アラフォーにおすすめの化粧品⑥シャネル:ルージュココシャイン

Amazonで商品の詳細を見る

40代女性におすすめの化粧品6つ目はシャネルのリップ「ルージュココシャイン」です。ルージュココシャインの特徴はなんといってもツヤ感です。アラフォーメイクでは重要なツヤ感のある唇を演出することができますのでおすすめです。

グロスを使わなくても濡れたようなみずみずしさのある自然な輝きの仕上がりになります。グロスをあまり使いたくないアラフォーメイクですが、このリップなら自然に潤い感のある唇に仕上げることができますよ!

40代だからこそ!正しい色選びでアラフォーメイクを楽しもう

20代、30代とは違ったお肌の悩みが出てくる40代。20代、30代と同じメイクをしていると、かえって老け顔に見えてしまったり、やりすぎ感が出てしまうこともあります。40代のアラフォーメイクで大切なのは、ナチュラルなメイクを心がけることです。

まずはアラフォーメイクでやってはいけないNGメイクを覚えておきましょう。中でも1番注意したいのは、ファンデーションの厚塗り!肌の悩みをカバーしたいとファンデーションがついつい厚塗りになってしまうことも。しかし、それは老け顔の原因となり、さらにはメイク崩れの原因ともなります。ツヤ感を意識しましょう。

アイメイクやリップなどポイントメイクは40代の年相応のメイクが大切です。色は肌馴染みの良い色を選び、ナチュラルに仕上げましょう。ナチュラルメイクはやり方によっては手抜きメイクに見えてしまうこともありますので、丁寧にメイクしていきましょう。自分に似合う色を見つけ、アラフォーメイクを楽しみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。