Large thumb shutterstock 387274861

話しかけるなオーラが出てる男女の特徴9つ|話しかけづらい雰囲気とは?

更新:2020.07.05

とっつきにくい人や近寄りがたい人には、話しかけづらいですよね。でも話しかけるなオーラを出しているように見える人にも、話しかけてもらえないという悩みがある場合もあるんです。話しかけにくい人や話しかけられない人の特徴や雰囲気を知って、話しかけるなオーラを攻略しましょう。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴5つ

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性①無意識にしかめっ面

しかめっ面

まずは話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴から紹介していきます。1つ目の特徴は「無意識にしかめっ面」です。何かに真剣に取り組んでいるときや、特に何も考えていないときでも、無意識に眉間にしわを寄せしかめっ面をしている男性は話しかけるなオーラが出ているので話しかけづらいです。

しかめっ面とは、機嫌が悪いときに表情ですよね。実際に機嫌が悪いわけではなくても、しかめっ面をしている人を周りは”怒っている””機嫌が悪い”と判断してしまいます。怒っている人や機嫌が悪い人に話しかけようとは思えないものです。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性②リアクションが薄い

リアクション

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴2つ目は「リアクションが薄い」です。会話でのリアクションが薄い男性は、周りから”つまらなさそう””機嫌が悪そう”と思われています。リアクションが薄いことで、その場を楽しんでいないという印象を与えているのです。

その場を楽しんでいないからこそ話しかけるなオーラが出てしまっているのです。リアクションが薄い男性から話しかけるなオーラが出ているのは、その場を楽しんで盛り上がっていない証拠とも言えるのです。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性③目が笑っていない

目

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴3つ目は「目が笑っていない」です。話しかけたときに、にこやかに笑顔を見せてくれたとしても、その目が笑っていないという人は、話しかけるなオーラが出てしまいます。目が笑っていないのは、本心では怒っていたり、機嫌が悪いからでしょう。

目が笑っていない人を前にすると、”怒らせてしまった”と縮こまってしまい話しかけづらくなってしまうのです。目が笑っていない男性は、相手に恐怖に近い感情を与えてしまいます。目が笑っていないことに自覚がない男性の場合、感情を顔に出しやすいタイプの可能性が高いでしょう。

目が笑っていない人の特徴や心理については、下の記事で紹介していますのでぜひ読んでみてください。無意識なのに目が笑っていない人にとっては、打開策を見つけるきっかけになるかもしれません。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性④用件しか話さない

無口

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴4つ目は「用件しか話さない」です。例えば会社で、私語は一切なく業務上必要なことしか話さない人は、話しかけるなオーラが出ていて話しかけづらい印象を与えます。仕事中といえど、雑談をしてコミュニケーションを図ったりしますよね。

それなのに業務上の用件しか話さないと言うことは、雑談などに巻き込んでほしくない、話しかけられたくないという思いがあると周りが感じてしまうのです。もちろん仕事中だけではなく、夫婦や恋人の関係でも、用件しか話さない人に話しかけるのは勇気が必要になってきます。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性⑤内輪でのみ盛り上がる

内輪

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい男性の特徴5つ目は「内輪でのみ盛り上がる」です。仲の良い人たちと一緒にいるときは楽しそうに盛り上がっているのに、あまり親しくない人や初対面の人を前にすると一気に盛り下がってしまう人は話しかけるなオーラが出ている男性の特徴です。

「仲の良い人としか話したくないんだ」という印象を与えてしまうので、話しかけづらい状況になってしまいます。単純に人見知りなだけかもしれませんが、人見知りなのか話しかけるなオーラなのかはなかなか見抜けないものです。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性の特徴4つ

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性①顔がキツめ

顔がキツめ

続いて話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性の特徴を紹介していきます。まず1つ目の特徴は「顔がキツめ」です。目鼻立ちが整っていて、例えばつり目のようなキツい印象を与える顔の人は、笑顔のとき以外は話しかけるなオーラが出ていて話しづらい印象を与えます。

顔がキツめな女性は強い魔女のように見えてしまいます。つまり、顔がキツめなだけで強くて恐れ多い感じがするので、話しかけづらくなるのです。アイメイクでつり目に見せている場合も同じようなことが言えます。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性②他人に頼らない

頼らない

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性の特徴2つ目は「他人に頼らない」です。自立していて他人に頼らない女性は、周囲から手を出されることを嫌う習性があるので、「余計なことをしてはいけない」と周りを委縮させています。そのため、作業に没頭しているときなど話しかけるなオーラが出てしまっているのです。

自立しすぎて他人に頼らない女性は、意外と話しかけられないことを悩んでいる場合があります。相手を委縮させていることにも薄々気づいていることもありますが、どうやって解消すればいいのかわからず、結局話しかけるなオーラを身にまとったままになってしまうのです。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性③愛嬌がない

愛嬌がない

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性の特徴3つ目は「愛嬌がない」です。”女は愛嬌”という言葉があるように、女性はニコニコしているほうが親しみがあります。しかしニコリともしない愛嬌がない女性は、怒っているようにも見えますし、機嫌が悪いようにも見えてしまい、話しかけづらい雰囲気を作り出します。

愛嬌がない女性は、人と関わるのがあまり好きではないタイプが多いので、話しかけるなオーラが前面に出てしまっていることもあります。愛嬌がある女性は美人よりモテると言われるほど、”愛嬌”は女性として最強の武器でもあります。愛嬌がある女性については、下の記事で説明してありますのでぜひ参考にしてみてください。

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性④近寄りがたい美人

美人

話しかけるなオーラが出ている話しかけづらい女性の特徴4つ目は「近寄りがたい美人」です。クールビューティ系の美人な女性は、その美貌で近寄りがたい手の届かない女性という印象を与えています。美人過ぎるが故に、話しかけづらい雰囲気をまとっていて、雑魚は話しかけてはいけないと思われているのです。

近寄りがたい美人は、本人はそのつもりがなくても話しかけるなオーラが出てしまっているのものです。仕事に没頭していたり、真剣に何かに打ち込んでいるときはもちろん、一人で休憩しているときでさえも話しかけるなオーラが出てしまっています。

話しかけられたい!話しかけやすい男女の特徴は?

【話しかけてもらえない・話しかけられない人向け】話しかけやすい男の特徴

話しかけやすい

続いて、話しかけてもらえない・話しかけられない人必見の話しかけやすい人の特徴を見て行きましょう。まず話しかけやすい男性の特徴は「目を見て話す表情豊かな人」です。人と話をするときは相手の目を見ることは大切です。話を聞いていると印象付けることができます。

そして表情豊かに振る舞うことで、相手に安心感を与えることができます。安心して話せる人だからこそ、話しかけやすいのです。強張った表情では、相手に安心感は与えられませんよね。もちろん好印象を与えるために、基本的に笑顔でいることができるのも、話しかけやすい男性の特徴です。

安心感を与えることができる男性はモテる人が多いので、話しかけやすい男性であることがよくわかります。話しかけてもらえない・話しかけれないと悩む男性は、下の記事では安心感を与える男性の特徴をチェックしてみましょう。

【話しかけてもらえない・話しかけられない人向け】話しかけやすい女の特徴

女

続いて話しかけてもらえない・話しかけられない人向けの話しかけやすい女性の特徴を紹介します。話しかけやすい女性の特徴は「愛嬌があって人懐っこい」です。やはり女性に愛嬌は必須です。愛嬌があるのとないのでは、相手に180度違う印象を与えます。そして人懐っこさも大切です。

強そうに見える女性に人懐っこさがあれば、委縮して話しかけることができない周囲の人たちも話しかけやすくなります。相手が委縮していて話しかけにくそうなら、自分から話しかけるくらいの人懐っこさが必要です。だからこそ、愛嬌と人懐っこさを兼ね備えている女性は、話しかけやすいのです。

話しかけてもらえない・話しかけられないと悩む人は下の記事で愛嬌がある女性の特徴をチェックしてみると良いでしょう。愛嬌が手に入れば、話しかけてもらえない・話しかけられないという悩みから解放されるかもしれませんよ。

話しかけるなオーラが出てるとっつきにくい人に話しかける方法・コツ4つ

とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ①

話しかける

最後に話しかけるなオーラが出ているとっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツを紹介します。まず1つ目の方法は「簡単な質問と笑顔で距離を縮める」です。例えば、連日の残業で疲れている人に「今日も残業ですか?」と簡単な質問をし、相手からの返事に対して「お疲れ様です」と笑顔で返します。

とっつきにくい人や話しかけにくい人に何回も質問し続けたり、わかりきった質問をするのは避けたほうが無難です。なるべく簡単な質問をして、答えに笑顔で返すことを続けていくことで徐々に距離が縮まり、いつの間にか話しかけやすい人に変わっていくでしょう。

とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ②

話

話しかけるなオーラが出ているとっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ2つ目は「相手の話を引き出す」です。例えば、相手の服装や髪型などわかりやすいところを話題にあげると相手の話を引き出すことができます。「今日の服装かわいいですね」や「髪型変えました?似合ってますね」などです。

どうでもいい人の話を聞かされるのは苦痛ですが、自分のことを聞かれた分には答えやすいですよね。とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人には、相手の話で話を広げていくことが大切です。相手が話しかけてもらえない、話しかけられないことで悩んでいる人なら、思ったより話が盛り上がるでしょう。

とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ③

話しかける

話しかけるなオーラが出ているとっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ3つ目は「共通の話題を探す」です。例えば、同世代で盛り上がるアイドルやミュージシャンの話を切り出したり、好きなブランドや趣味など共通の話題を見つけて話しかけると、相手も話を広げやすくなるのでおすすめです。

そのため共通の話題となるようなものを事前にリサーチしておくと良いでしょう。相手が興味のない話をしても話は盛り上がりません。まずは相手の好みをリサーチして、休憩中などのちょっとした合間に、話題を振ってみるのがコツです。

話のネタの自信がない人は、下の記事から話のネタを見つけてみるのも良いかもしれません。雑談ネタが手に入れば、とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人にも話しかけやすくなりますよ。

とっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ④

話しかける

話しかけるなオーラが出ているとっつきにくい人・話しかけにくい雰囲気の人に話しかける方法とコツ4つ目は「休憩しているタイミングで声をかけて褒める」です。相手が何かに没頭しているときに話しかけるのは空気が読めないと判断され、話を盛り上げることができません。まずは、相手が休憩しているタイミングを狙います。

そしてなるべく相手の気分が良くなるように褒めるような話題を選ぶと良いでしょう。褒められて気分が悪くなる人はあまりいません。「ずっと気になってたんですけど、いつもオシャレですよね。休みの日はよく買い物に行くんですか?」のように話を切り出すのがおすすめです。

ただ人見知りなだけで話しかけるなオーラが出ている人は、話しかけてもらえない、話しかけられないと悩んでいる人も多いです。そういった話しかけらない人には、相手を褒めるような話題で話かけると、お互いが話を広げやすくなるでしょう。

話しかけるなオーラは対応次第で話しかけやすくなる

話しかけるなオーラは、本当に話しかけてほしくないか、ただ単に周囲が話しかけてほしくないと思い込んでいる場合のどちらかです。まずは相手の迷惑にならなさそうなタイミングで、思い切って話しかけてみましょう。意外と話が盛り上がって、話しかけにくい人が話しかけやすくなるかもしれませんよ!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。