Large thumb shutterstock 424656067

運気を上げる靴の選び方は?風水で汚い古い靴が運気を下げる理由も

更新:2020.02.07

風水では靴は運気を運んでくるアイテムだと言われています。立っているときに地面と直接接している靴は、エネルギーや新しい出会いなどを連れてきてくれると言われているんです! 今回は靴の選び方から捨てるべき靴、新しい靴を下ろす日はいつがいいのか…など「運気と靴の関係性」について紹介します!

運気と靴の関係は?

靴には持ち主の意識が現れる

昔から「靴を見ればその人が分かる」とよく言われています。所説あるようですが、実際にエグゼクティブや成功者は「靴にこだわる」とか「汚い靴は履かない」とも言われています。ただそれは靴に限ったことではなく、本当に成功している人というのは服も鞄も時計も、立派なものを持っているはずです。

ではどうして靴だけそういわれるようになったのでしょうか。それは恐らく靴は一番自分の目から離れた場所にあるアイテムだからではないでしょうか。自分の目に付きづらいため、ついついおろそかになりがちなのです。

逆にそこまで気を遣うことができる人は、全てのことに関して細かく気づくことができ、結果として仕事でも成果を収め、人間としても重宝されるのでしょう。

靴は運気アップの重要アイテム

風水では、靴は人と大地を結び、大地からエネルギーをもらうためのアイテムという位置づけになっています。もともと風水は「気の流れを調整し、大地の気を活用する」という考え方に基づいているので、大地は重要なエネルギー源だとされています。

エネルギーは質の良い物、エネルギーがたくさんあるところへ引き寄せられていくという習性があるそうです。そのため大地に接している靴が手入れが行き届いていたり、質の良い物だったりするとエネルギーが集まりやすいのです。反対に靴が汚なかったり質の悪かったりすると、エネルギーも寄ってこないと考えられています

健康を損なうと運気も落ちる

足は健康のバロメーターにもなると言われています。例えば足つぼマッサージ。足裏のツボは全身とつながっているというのは、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。またふくらはぎは第二の心臓だと言われています。

それだけ足には健康を判断するための器官が集中しているということです。合わない靴や質の良くない靴を履き続けると、足を痛めたり、必要以上に疲れてしまいます。運気は不健康な人には寄ってきません。価格やデザインも大事ですが、足に悪い靴を履くことは健康も運気も失ってしまいます。

運気がアップする靴の選び方は?

運気アップの靴の選び方①ローヒール

運気アップに効果的な靴1つ目はローヒールの靴です。女性なら是非ヒールの靴を履きたい!と思うところですが、不安定なものにはエネルギーが寄り付きづらいので、あまりに高いピンヒールは避けたほうが無難です。3~5cmのローヒールや、高くてもウェッジソール、チャンキーヒールなど安定感がある靴を選びましょう。

ヒールと言えばハイヒールのイメージですが、実はハイヒール以外に様々な種類のヒール靴があります。それぞれの特徴と選び方について詳しい記事があるので、あわせてご覧ください。

運気アップの靴の選び方②明るい色の靴

運気アップに効果的な靴2つ目は明るい色の靴です。財布やバッグなど、靴に関わらず黄色やゴールドの雑貨は金運を上げると言われています。ただ靴に黄色やゴールドはちょっと派手で使いづらい…という方もいるでしょう。そんなときには白もしくはベージュなども金運アップに有効な色なので、ぜひ取り入れて見てください。

運気アップの靴の選び方③質の高い靴

運気アップに効果的な靴3つ目は質の高い靴です。冒頭で述べた通り、エネルギーは質が良いものに向かって流れていきます。靴も当然質の良いものを履いた方が、受け取れるエネルギーも良いものになるはずです。

生活をワンランク上げたい人は靴をワンランク上げろ、というのは有名な話ですよね。旦那さんや彼氏を出世させたいと思うなら、いい靴をプレゼントするというのも素敵ですね。

ただ注意したいのは、価格が高いこと=質が良い、とは限らないこと。当然価格が高い方が素材も仕立てもよいはずですが、どんなに高くても自分の足に合わなければ意味がありません。履きやすく、なおかつ質がよい靴を選ぶようにしましょう。

運気アップにはおすすめ出来ないデザイン

流行っていたり、おしゃれなデザインでも、風水上はよくないデザインの靴もあります。オープントゥやサンダルなどつま先の空いている靴は、せっかく靴に入ってきた運気が外に流れ出してしまうので、あまりよくないと言われています。

また昨今トレンドの先がとんがっている靴(ポインテッドシューズ)も、実は風水上あまりよくないとされています。靴に関わらずとんがっているものを身に着けることは、人間関係を悪くしてしまうのだとか。サービス業などコミュニケーションが重要な仕事などでは身に着けないほうが無難です。

運気を下げてしまう捨てるべき靴は?

運気を下げてしまう靴①古い靴・何年も履いていない靴

何年も履いていない靴

運気を下げてしまう靴1つ目は、古くて何年も履いていない靴です。気に入っているからといって、ガタがきている古い靴を何年も履いていることはよくありません。靴の寿命はせいぜい3~5年くらいです。

また靴箱の中に何年も履いていない靴が眠っていませんか?1年以上履いていない靴は、思い切って処分しましょう。靴箱がある玄関は、家の中でも運気の大事な通り道です。履いていなかったとしても、古い靴を入れっぱなしにしていることは、風水上良くありません。

運気を下げてしまう靴②汚い靴

ハイヒール

運気を下げてしまう靴2つ目は、汚い・手入れをしていない靴です。玄関は家の入口ですので、汚れた靴をそのまま置いておくと悪い気が充満してしまい、良い気が遠ざかってしまいます。帰宅したらブラシや乾いた布で軽く磨く習慣をつけるのがおすすめです。

また1日履いた靴はすぐにしまわず、湿気をとるために一晩は出しておきましょう。ただ何日も放置したり、何足も玄関に出しておくことはNGです。基本的に玄関に出しておく靴は1足まで、それ以外は大事に靴箱にしまいましょう。

靴磨きというときちんとした道具をそろえないといけないイメージがありますが、実は100均などでも道具が手に入ります。手軽にできる靴のお手入れ方法についてはこちらの記事に書いてありますので、あわせてご覧ください。

運気を下げてしまう靴③気に入っていない・履きづらい靴

悲しい顔をした女性

運気を下げてしまう靴3つ目は、気に入っていない・履きづらい靴です。どんなに高い靴でも質のいい靴でも、履きづらさを感じながら履いている靴にはエネルギーは寄ってきません。まずは自分が履いていて心地よい靴を選び、それを大事に履くようにしてください。

靴で運気をアップさせるために気を付けることは?

靴を下ろす日には午前中に履き始めるのがおすすめ

新しい靴を下ろす日は、午前中に履き始めたほうがいいと言われています。せっかくいい靴を選んだなら、靴を履き下ろす日も縁起良くスタートしたいですよね。

これは江戸時代以前からの言い伝えで、亡くなった人を火葬場まで連れていく「野辺送り」という儀式が新しい草履を下ろす日だったことに由来しています。現在のお葬式と同じく野辺送りも午後に行われていたため、靴を下ろす日には午前中に履き始めたほうがいいと言われています。

また靴を下ろす日には、履く前に両靴の裏を合わせて3回叩くと、その靴が金運を連れてくるともいわれています。その時には「いい運気を運んできてくれますように」と願いを込めて叩きましょう。

風水上よくないデザインでも気に入っている靴は捨てなくてOK

風水的に良くない靴でも、気に入っている靴を無理に捨てる必要はありません。ただ風水面ではよくない、と理解し大事な場面は避け、普段の生活の中で大切に履けばOKです。家に帰ったらきちんと汚れを落とし、手入れをして大事にしまっておきましょう。

実は日常生活でも風水上よくないことはたくさんあります。全てを避けるのは難しいことなので、頭では理解しつつも他の行動で運気を補っていけば、全体の運気を大きく落とすことはありません。

靴を捨てる時には感謝の気持ちを込めて!

靴を捨てる時には、今までお世話になったことを感謝してから捨てるようにしましょう。捨てる前には軽く拭いて綺麗にし、他のゴミと分けて出したほうが良いです。

また靴の素材や住んでいる自治体によって、可燃ごみになるか不燃ごみになるか出し方も変わるようです。靴を捨てる前には、各自治体のごみの出し方を一度調べることをおすすめします。

靴を見直して運気をアップさせよう!

以上、靴を通して運気を上げる方法をご紹介しました。「最近運気が下がっているなあ…」「悪いことが重なるなあ…」なんて人は、一度自分の靴箱の中を見返してみましょう。普段何気なく履いている靴を少し変えるだけで、運気の流れを変えることができます。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。