INDEX

いとこの子供は何と呼ぶの?

いとこの子供は男の子の場合は従甥(いとこおい)と呼ぶ

いとこの子供は男の子の場合は従甥(いとこおい)と呼ぶ

いとこの子供は男の子の場合は従甥(いとこおい)と呼びます。自分の兄弟姉妹の子供を基本的に「おい」や「めい」と呼びますが「いとこの子供」という続柄の場合は頭に「いとこ」を付けて呼称することになります。呼びなれない呼び方かもしれませんが「いとこの子供」を紹介するシーンでは是非とも使いたい単語です。

ちなみに「いとこの子供」という続柄に関しては呼び方のルールが少し複雑になっていますので、ここでしっかり覚えて行ってください。この続柄の呼び方がきちんとできるようになると、周囲からは「教養のある人」という評価に変わってくることでしょう。また呼び方が分からないとモヤっとすることもあるでしょう。

いとこの子供は女の子の場合従姪(いとこめい)と呼ぶ

いとこの子供は女の子の場合従姪(いとこめい)と呼ぶ

いとこの子供は女の子の場合従姪(いとこめい)と呼びます。「いとこの子供」については男性と女性で呼び方が違います。続柄を呼称する際に、男性と女性をしっかり区別することは珍しくないことです。男性が「甥」に対して女性は「姪」と呼称しますので、兄弟姉妹のパターンを考えれば違和感はないものと思われます。

明確に兄弟姉妹の子供なのか、いとこの子供なのかを区別しなければならないシーンでは「従姪」とするのか「姪」とするのかは重要ですが、そうでない場合は「姪」と一括りにしても問題はないでしょう。むしろ「姪」と一括りにしても問題はないシーンの方が多いかもしれません。

いとこの子供をまとめて呼ぶ呼び名は「いとこちがい」

いとこの子供をまとめて呼ぶ時は特別な呼び名はない

いとこの子供をまとめて呼ぶ呼び名は「いとこちがい」と言います。この呼び方は続柄を呼称する場合は男女を一括りにすることができます。しかしながら漢字表記上は「従兄弟違」「従姉妹違」と、男女が分けられる形になります。読み方は両方とも「いとこちがい」ですので、口頭で男女一括りにすることは可能です。

ただしこの呼称については「従甥」等に比べると、その続柄が何を示すのか事前に明確に認識をしていないと、感覚で伝わりつらい言葉になりますので、「従甥」等を使った方が言葉のニュアンスではその意味が伝わりやすくなるかもしれません。これらの言葉の使い分けが非常に大切です。

住民票などに記載する際の正式な「続柄」は?

いとこの子供の正式な続柄は男の場合は従甥(じゅうせい)

いとこの子供の正式な続柄は男の場合は従甥(じゅうせい)

いとこの子供の正式な続柄は、男の場合は従甥(じゅうせい)と言います。これは従甥(いとこおい)と同じ漢字になるのですが、読み方だけが変わって来ることになるので、どちらでも読めるようにしておけば確実でしょう。「甥」という漢字は「おい」と読むのが一般的ですが「せい」と読むことも覚えておきましょう。

従甥(じゅうせい)という呼び名はピンと来ないことがありますので、従甥(いとこおい)と言った方が相手に伝わる可能性が高いでしょう。また、この従甥(いとこおい)という呼び方自体も決してポピュラーな続柄の読み方ではないので「いとこの子供」と言い直すことが少なくないかもしれませんね。

いとこの子供の正式な続柄は男の場合は従姪(じゅうてつ)

いとこの子供の正式な続柄は男の場合は従姪(じゅうてつ)

いとこの子供の正式な続柄は、女の場合は従姪(じゅうてつ)と言います。これは従姪(いとこめい)と同じ漢字になるのですが読み方が変わって来ることになります。どちらでも読めるようにしておきましょう。「姪」という漢字は「めい」と読むのが一般的ですが「てつ」と読むことがあります。

「姪」という漢字を「めい」とは読んでも中々「てつ」とは読まないですよね。しかしこういった教養があると、周囲から尊敬の眼差しを集めることも少なくはありませんので、覚えておいて損はなさそうです。もしもテレビ番組のクイズで出題されたとしたら、超難関に当たる問題であることは間違いないでしょう。

親族から見た、いとこの子供との関係の家系図は?

親族から見たいとこの子供との関係を家系図で表すとこうなる!

親族から見た「いとこの子供」との関係を家系図で表すと上記画像の家系図のような形になります。「いとこの子供」以外でも、親戚の続柄の呼称には様々なものが存在していることが分かります。これらすべてを言えるようにしなくてもいいかもしれませんが、何を指しているのかくらいは覚えておくといいかもしれません。

ちなみにこの家系図は大辞林を参考にしています(下記にリンクを貼っておきます)。この家系図では「従兄弟違」「従姉妹違」とかいて「いとこちがい」と読ませていますが、実際にこういった呼び方もあります。しかし読み方が同じで性別が分からなくなるため、ここぞという時だけに留めた方が良い表現と言えるでしょう。

Q web

家系図

引用元: http://daijirin.dual-d.net/

親族から見たいとこの子供との関係は5親等

親族から見た本人と「いとこの子供」との関係は5親等です。親等の数え方については親に上がって1親等、祖父母に上がって2親等、叔父叔母に下がって3親等、いとこに下がって4親等、いとこの子供に下がって5親等という数え方になります。5回上がり下がりがあるため5親等になります。

親等の数え方は基本的に必ずその親まで上がってから子供に下がります。そのため兄弟は直接1親等で数えるのではなく親まで上がってから一つ下がるので2親等になります。血族だけではなく姻族も同じ数え方をしますので、この数え方は人にも教えられるようにしっかり覚えておくと良いでしょう。

家系図から見たいとこの子供との親戚関係は遠縁ではない

家系図から見た「いとこの子供」との親戚関係は遠縁ではありません。何故なら「いとこの子供」は「親族」に入るからです。遠縁か遠縁でないかはこの親族に入るかどうかという部分で決まってきます。決して「いとこの子供」と親しくしているかどうかという実態で決まるわけではありません。

そのため、例えば10親等離れた親戚とどんなに親密に付き合っていたとしても、その親戚は「遠縁の親戚」ということになるのです。ここも一般的に親等によって線引きがされることになります。しかし婚姻等によってその親等が変わったりすることもありますので、親戚同士で結婚をした場合等には注意が必要です。

「いとこの子供」側から見た私の呼び方は?

「いとこの子供」側から見た私の呼び方は男性の場合は従叔父(いとこおじ)

「いとこの子供」側から見た私の呼び方は男性の場合は従叔父(いとこおじ)

「いとこの子供」側から見た、自分自身の呼び方は男性の場合、従叔父(いとこおじ)と言います。一般的には「いとこおじさん」などとは言わずに「おじさん」と呼ばれることでしょう。またこの従叔父(いとこおじ)については正式な呼び方ではないため、役所での続き柄については別の呼び方があることも覚えておきましょう。

基本的には「いとこの子供」の方が年下であるパターンが多いので「おじさん」と呼ばれることが一般的かもしれませんが、状況によっては年が近い「いとこの子供」がいるかもしれません。その場合は「〇〇くん」というような呼び方でも問題はないでしょう。「いとこの子供」からの呼ばれ方は状況によって様々です。

「いとこの子供」側から見た私の呼び方は女性の場合は従叔母(いとこおば)

「いとこの子供」側から見た私の呼び方は女性の場合は従叔母(いとこおば)

「いとこの子供」側から見た自分自身の呼び方は女性の場合、従叔母(いとこおば)と言います。一般的には「いとこおばさん」などとは言わずに「おばさん」と呼ばれることでしょう。ただしこれらの呼び方は状況によって変わってくることがありますので、ケースバイケースで色々な呼び方をする場合があることでしょう。

年が近いか年が離れているか、また元々親しい間柄なのかそうではないのかによって様々な呼び方があるものと思われます。決して遠縁というわけではないのですが、呼び方が安定しない間柄であることには間違いはないでしょう。そのため、呼び方については続柄に関係なくお互いがしっくり来る呼び方で問題はありません。

従叔父(いとこおじ)従叔母(いとこおば)の正式名称

従叔父(いとこおじ)従叔母(いとこおば)の正式名称

従叔父(いとこおじ)従叔母(いとこおば)の正式名称はそれぞれ「じゅうふくふ」「じゅうふくぼ」です。これは従甥(いとこおい)、従姪(いとこめい)の場合と同じように漢字表記は同じなのですが、正式名称の場合は読み方が変わってくることとなります。呼び慣れないかもしれませんが一般教養として覚えておきましょう。

従叔父(いとこおじ)は「じゅうふくふ」と読むこととなり、従叔母(いとこおば)は「じゅうふくぼ」と読むことになります。従叔父(いとこおじ)、従叔母(いとこおば)と言った方が一般的に通じるでしょうが、役所では「じゅうふくふ」「じゅうふくぼ」と呼称されることが多いようです。

「いとこの子供」は親族にあたるのか?

「いとこの子供」は親族にあたる

「いとこの子供」は親族にあたる

「いとこの子供」は親族にあたります。そのため「近い親戚」と言っても過言ではない関係性になります。結婚式や葬式に一般的に参加する続柄であると言えるでしょう。もちろん関係性が希薄な場合は参加しないこともあり得ますが、基本的に結婚式に招待をすることを検討する親戚には当たるのです。

また、相続等に関しても親族に当てはまるので関係してくることになります。基本的に様々なことで関係性を持つことになる親戚になりますので、良い関係性を保つことを意識する必要があります。ここではその呼び方等も紹介していますが、呼び方がきちんと決められているということは、その関係性が重要だからなのです。

「いとこの子供」が親族にあたる理由

「いとこの子供」は何故親族にあたるのか?

「いとこの子供」が親族にあたる理由は、親族とは一般的には配偶者と6親等以内の血族、そして3親等以内の姻族を指します。広義の親族はそれ以上の家系図に乗っている続柄も含みますがこれは親族というよりも親戚という呼び方になって来るでしょう。いとこの子供に関しては5親等の血族ですのでこの条件に当てはまります。

親族については親しくしているかどうかは関係なく結婚式や葬式、そして法事や相続等様々な事柄で関わりが出て来る可能性があるということです。そのためいとこの子供とほとんど関係を持っていない人もいるかもしれませんが、どこの学校に入っている、今何歳なのかといった基本的な情報は頭に入れておいた方が良いでしょう。

「いとこの子供」の親戚関係上のポジションについて

「いとこの子供」の親戚関係上のポジションについて

「いとこの子供」の親戚関係上のポジションについては、親しく付き合うかどうかは本人達次第という部分ではありますが、否応なしに親戚付合いをしていく中では切り離せない関係性になると言えるでしょう。そのため、できれば普段からいとこ共々仲良くしておき、良好な関係性を保つのがベターと言えるでしょう。

ちなみにここからの話題になりますが、結婚を意識するほど良好な関係性になると、それはそれで考えることが非常に多くなってきます。そのため、ほど良い距離感を意識できる状況がベストであると言えるでしょう。ちなみに下記の関連記事は一般的な男女の関係に発展するかどうかの段階を判断するのに役立つものです。

「いとこの子供」と結婚することは出来るのか?

「いとこの子供」と結婚することは出来る

「いとこの子供」と結婚することは出来る

「いとこの子供」と結婚することは可能です。基本的にいとこが年齢的に同じ場合が多いかと思いますので、いとこの子供と結婚することを考えた場合、年齢は一回りか二回り違うことが想定されます。親と子供くらい年齢が違うことが想定されますので、法律上は結婚ができても年の差婚による問題は十分に考えられます。

しかしながら必ずしも年の差があるとは限りません。その場合はいとこの子供との結婚は現実味を帯びて来るでしょう。それはどのような場合かというと、いとこが自分の18歳以上年上の場合です。親の兄弟が多く、親の兄弟同士の都市が大きく離れている場合、いとこの年齢が自分よりもかなり年上になる可能性があります。

年齢が同じくらいの男女で、会う機会が多くて気を遣わない関係性が続いていくと、お互いを男女として意識する可能性は十分に出て来るでしょう。いとこの子供との結婚は、一見すると現実味のない話だと思うかもしれませんが、状況によっては十分にあり得る話ですので、身近な問題として認識しておきましょう。

「いとこの子供」と結婚することが出来る理由

「いとこの子供」と何故結婚することが出来るのか?

「いとこの子供」と何故結婚することが出来るのかというと、法律上の要件において、結婚が出来る親戚の範囲に当てはまるからです。民法で定められているのは「4親等以上の親戚は結婚が出来る」とされています。そのため、いとこの子供は自分から見て5親等になりますので、結婚が出来ると法律で定められているのです。

ちなみに4親等以上の親戚と結婚が出来るという法律の裏には「3親等以内の親戚とは結婚ができない」ということになります。これは祖父母、親、兄弟等、自分と近い親戚とは結婚ができないということです。当たり前だと思われるかもしれませんが、これには科学的根拠に基づく正当な理由があるのです。

その科学的根拠とは、血が近すぎると奇形の子供が生まれたり流産する可能性が高くなるのです。また、血が遠ければ遠いほど子供に対して様々な遺伝子の要素を伝えることができるのに対して、血が近すぎると同じような遺伝情報しか伝えられないということもあります。血が過ぎると出産に大きなリスクを伴うことになるのです。

親戚内で結婚をすることについてのメリットとデメリット

親戚の中で結婚できる続柄

親戚の中で結婚できる続柄

親戚の中で結婚できる続柄は主にいとこか、いとこよりも遠縁の親戚です。基本的に直径尊属(親、祖父母、曾祖父母等)等は法律上もそうですが、年齢的にアウトになる場合が多いので、現実的にあり得るのはいとこかいとこの子供、もしくは祖父母の兄弟の子供か孫、といったところになるでしょう。

上記は恋愛関係に発展する想定ですが何か養子縁組や相続の絡みで親戚内での結婚を考えることがあり得るかもしれません。4親等以上離れていれば可能です。そのため、女性は16歳、男性は18歳を迎えて4親等以上離れている親族とであれば、結婚をすることが可能です。4親等が基準になっていることを覚えておきましょう。

また、親戚内で結婚をする場合ですが、いとこの子供と結婚をする場合は家系図上は自分中心とした家系図で考えると、いとこの子供が配偶者となりますので、いとこ夫婦は義父母になります。また、大きな家系図で見ると状況は変わりませんので、自分といとこの関係性はそのままいとこ同士となります。この点はとても複雑です。

親戚内で結婚をすることについてのメリット

親戚内で結婚をすることについてのメリット

親戚内で結婚をすることについてのメリットとしては、お互いの親同士あるいは兄弟同士の付き合いにトラブルが少ないということが挙げられます。通常結婚をすると、カップル同士はラブラブでも相手の親との関係がうまくいかないといった状況が少なからず出て来るリスクがあります。しかし親戚婚はそのリスクが低いです。

基本的に良好な親戚付合いの中で結婚に発展しているはずですので、本人達同士だけではなく家族ぐるみでの付き合いにおいて支障がなく、また昔から知った中で精神的な負担がないことは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。「結婚は本人だけじゃなく親戚とも結婚をする」と言われていますのでこの点は大きいですね!

そういった状況が想定されるため、お互いの親同士が子供が家から出て行って寂しくなるといったことも少ないでしょう。実際に別の家を建てて住んだとしても、両家の親を巻き込んで会うことができますので里帰りも楽になり、里帰りの頻度も普通の夫婦よりは多いはずです。親戚同士気を遣わないのが親戚婚最大のメリットです!

親戚内で結婚をすることについてのデメリット

親戚内で結婚をすることについてのデメリット

親戚内で結婚をすることについてのデメリットとしては、普通の結婚よりも出産や育児にリスクを生じる点です。法律上は問題ないとはいえ、親戚内で結婚をすることはその一族の血が子供に濃く受け継がれることになります。そのため、5~7親等の親族であっても奇形出産や流産の危険性は普通の出産よりも上がります。

また、普通に生まれたとしてもその後に病気をしやすかったり成長が遅かったりといったリスクも普通の結婚よりは高くなっています。ただし、このデメリットはあくまでも血縁関係にある親戚「血族」の場合のリスクであり、家系図には載っているものの血縁関係にない「姻族」であればこの問題は発生しません。

外国人とのハーフに美男美女が多かったり才能豊かな人が多い傾向にあるのは血が遠いからという部分は大きく影響をしています。血縁が近い人との子供には健康上のリスクが多く逆に血が遠い人との子供は何らかの才能や身体的特徴においてアドバンテージを持っていることが多い事実は認識をしておいた方がいいかもしれません。

「いとこの子供」と結婚することの賛否

「いとこの子供」と結婚することの賛否

「いとこの子供」と結婚することの賛否は、いつの時代も意見が真っ二つに分かれるところでしょう。血縁関係にあってもなくても、同じ家系図に入る人の中で婚姻関係になることに抵抗を持つ人は少なくありません。「親戚同士だから結婚は認めない」という親の感覚は、現在では世間に受け入れられるものではあるでしょう。

一方で法律上では問題がなく、お互いが愛し合っていればいいという意見もあります。出産のことも含めてリスクを覚悟した上で結婚をし、お互いが、そしてその親戚が幸せであれば問題がないという物の見方は正論であると言えるでしょう。また愛には障害が付き物で、こういう愛の形があってもいいのではないかと思われます。

大切なのは世間の賛否に影響されず本人達にとって何が一番いいのかを慎重に考えて決断し行動に移すことです。ただし決断する上で無知は絶対に良くありませんので必要最低限の知識は持って、お互いを尊重し合いながら決断をしていくことが大切です。そうして出した結論であれば世間の賛否とは関係なく幸せになれるでしょう。

「いとこの子供」との良好な関係性

「いとこの子供」との良好な関係性

「いとこの子供」との良好な関係性はその本人との関係性が最も大切ですが、それと同時に周りの親戚との関係性も非常に大切になってきます。その当事者同士が幸せで、その周りも幸せな状態がベストなので、親戚同士の結婚で周りが反対するから駆け落ちをする、というようなことは絶対に避けるべきことでしょう。

いとこの子供との結婚をはじめとして、親戚同士の結婚について何かを間違うと、親戚全体を不幸の渦に巻き込んでしまう結果になります。そのような悲劇を避けるためにも自分たちと親戚の幸せ、両方を考えて動くことを絶対に忘れないようにしましょう。親戚同士の結婚はうまくやればみんなが幸せになれるのです。

ちなみにここまで、いとこの子供との結婚をはじめとして親戚同士の結婚や恋愛についてメリットやデメリットを説明してきましたが、親戚同士の結婚についてまとめた関連記事もありますので、こちらも併せて読んでみてください。親戚同士の結婚に限らず周りの全員がハッピーになれる結婚を心掛けましょう!

いとこの子供についての理解を深めよう!

いとこの子供については、身近な存在でありながら広く知られていないことが多いかもしれません。そんないとこの子供についての知識を付けて、よりいとこの子供との関係性を深めていけたらいいですよね。基本的には20歳以上年下になる場合が多いので、大人の見本として接することができる状況が一番かと思います。

もしもいとこやその子供と恋愛関係に発展するようなことがある場合は、普通の恋愛とどう違うかという部分も理解をしておいた方がいいでしょうし自分自身がそういう状況になくても身近な人がその状況になった場合のことを考えて知識は付けておいた方がいいかもしれません。とにかくいとこの子供とはいい関係を築きましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。