Large thumb shutterstock 66136882

男性脳と女性脳の特徴と性格的違い13選|脳タイプ診断・心理テストも

更新:2020.01.28

男性脳と女性脳、聞いたことがありますか?男女で脳タイプの特徴に違いがあり性格に違いが出る、というのは科学的でないという意見もありますが、「男は話を少しも聞いていない!」「どうして女子は地図を読むのが苦手?」など、実生活で悩むことは多いのでは?男性脳と女性脳から性格の違いを考えていきましょう。

男性脳の特徴5選

男性脳の特徴1:地図を読むのが得意

男性脳の第1の特徴は、地図を読む、に代表される空間認知能力です。男性脳は、地図を読み取って立体的に理解したり、複雑な理論を理解する・組み立てるのが得意です。男性脳の人は、一見、ぼんやりしているように見えるとき、脳をフル回転させて空間認知能力を養っています。

反対に、そうして、空間認知能力を働かせるとき、男性脳の人の言語能力は休憩しています。なので、話しかけても聞いていなかったり、うわの空で返事をしてしまうことがあります。

悩みを抱えているなら恋愛相談をしてみよう!

男性脳の特徴2:危険を察知する

男性脳の第2の特徴は、すばやく危険を察知する能力に優れていることです。それは、原始時代、男性が主に狩りや縄張り争いを担当し、危険を察知することが、生き残るための必須条件だったからとも。まず、全体を把握して、それで本当に大丈夫か、どこかに見落としはないか、と検討を始めるのも、男性脳の特徴です。

そうして、弱点の洗い出しをし、さらに他の選択肢を探して比較検討する。これが、男性脳の思考パターンです。すばやい危険の察知が必要なので、相手の話に共感したりすることは、後回しになります。弱点に目が行きやすいので、あら探しをしているようにも見えますが、男性脳の人に悪気はありません。

男性脳の特徴3:ゴール志向型

また、男性脳の特徴として、ゴール志向型があります。最短のプロセスでゴールにたどり着くこと、また、ゴール(=結果)を重視します。そこまでのプロセスがどんなものであっても、結果が出ない、成果が出せないことは、男性脳の人にとってはとてもつらいことです。安易に間違いを指摘されると、深く傷つくことも。

反対に、達成した結果を評価されると、満足感を覚えます。男性脳の特徴として、プロセスよりも、結果を重視しているからです。これは、男性が、かつて、おもに狩りを担当していて、獲物をとる、敵に勝つ、といった、結果が大切な仕事をしていたからともされます。だれの目にもわかりやすい、単純な成果を好むのです。

男性脳の特徴4:気持ちを察することが苦手

男性脳の特徴の4つめは、男性脳は気持ちを察することが苦手だということです。これは、男性と女性の生殖の仕組みに関わっているとされます。男性脳は、そもそも異性の細かい観察をしません。女性の体形に刺激を受けることはありますが、たとえば、女性の髪形やどんな服を着ているか、など、細かいところは見ないのです。

男性脳の特徴5:選択肢を比較検討する

男性脳の特徴の最後は、選択肢を並べて比較検討することです。できるだけ多くの選択肢を用意し、特徴や性能、性質を比較検討し、そのうえで最終的に答えを選びます。

女性脳の特徴4選

女性脳の特徴1:とっさの会話に反応する

女性脳の第1の特徴は、言語機能です。何かに気を取られていても、とっさの会話に反応することができるのは、女性脳の言語機能が常に働いているからです。他のことをしていて、「そういえばさ」とか「今度の休みだけど」と、急に話が始まっても、きちんと音声を認識し、会話を始めることができます。

女性脳の特徴2:「会話しながら」が得意

また、女性脳のもうひとつの大きな特徴は、会話しながら、が得意なことです。女性脳は、現在の会話を処理する脳の領域が男性の20倍以上あるといわれています。おしゃべりしながらドラマを見る、電話で話をしながらカンタンな家事を片付ける、といったことが得意です。

私はたぶん女性脳だけど、マルチタスクはこなせない、という方もいるかもしれません。けれど、ぼんやりテレビを見たり、趣味の雑誌をめくったりしている男性に話しかけて、あとで相手が全然聞いていなかった、ということはありませんか。言語機能自体が休憩していることが男女の大きな違いです。

女性脳の特徴3:共感して知識にする

共感することで知識を蓄える、これは女性脳にとって重要な特徴です。女性脳では、自分が体験した記憶を、情動という心の動きと一緒に保存します。そうすることで、次に同じ心の動きが起こったときに経験をすばやく検索し、そこからどうすればいいか、対策を導き出すことができます。

女性脳の人が、他人の話に共感して、「わかるわかる!」と相づちを打つのは、実はそうして相手の経験をも、心の動きとともに蓄えることで、いざというときに対処するため。共感することで、他人の経験が自分の知識に変わります。なんでもないおしゃべりをしているようでも、共感によって知識を蓄えているのです。

女性脳の特徴4:プロセス志向型

また、女性脳の特徴として、プロセス志向型が言われます。結果そのものよりも、そこに至る過程、プロセスを楽しむのが、女性脳の人の特徴です。何があったかよりも、その途中にあったできごとの方をはっきりと覚えています。食事に行っても、途中で見た虹がきれいだった、など、プロセスの方を思い出すこともあります。

話をするときも、逐一起こったことを説明するので、男性脳の人からは、ただの愚痴のに聞こえたり、意味のないおしゃべりを延々と聞かされている気分になりますが、女性脳の特徴として、そうして起こったことをひとつひとつ確認しているのです。それは女性脳がプロセスに何か意味があると思っているからです。

女性脳の人は、悩みごとを人に相談していても、話しながら途中で、自分で答えを見つけてしまうことさえあります。おしゃべりすること自体に意味を見出しているので、男性脳の人から見れば、話にオチがない話をしたり、話に結論や答えがない、と思えてしまうこともあります。

男性脳と女性脳の性格的な違い4選

男性脳と女性脳の性格的な違い1:男女は会話がかみ合わない

会話

まず、男性脳と女性脳の性格的な違いとして、男女で会話がかみ合わないことがあげられます。言語機能がいつも働いている女性脳に対して、ぼんやりしているときは、言語機能を休ませている男性脳は、とっさに話しかけられると、会話に反応ができません。

男性脳と女性脳で話がかみ合わず、男性脳は、話しているように見えても、うなずいているだけだった、結局、話を何も聞いていなかったし、約束したはずなのに覚えていなかった、という事態が起こります。

男性脳と女性脳の性格的な違い2:男女は買い物の仕方が違う

買い物

男性脳と女性脳の性格的な違いは、買い物の仕方にも表れます。女性脳は一見、関係のないものをあれこれ見ながら、ショッピングを楽しみます。買おうと言っていたものの売り場から離れた売り場からスタートしたり、他のものに気を取られたり。

男性脳は、欲しいもののところにまっすぐ向かうのを好むので、女性脳のこの買い物の仕方に参ってしまいます。けれど、こうして関係のないものを見ながら、女性脳は直感力を養います。最後に商品を買うときには迷いなく、これにする、と決断し、その判断は誤ることがありません。女性脳の直感のなせるわざです。

一方、男性脳は、直感が働きにくく、男性脳の人の性格は、直感に頼りません。欲しいものの売り場にまっすぐ行き、選択肢を並べて比較検討するのが、男性脳の買い物です。女性脳の性格である、直感による買い物が理解できないので、女性脳の人の買い物の仕方を信用できず、けなしてしまうこともあります。

男性脳と女性脳の性格的な違い3:男女は悩みを話したいとは限らない

男性脳と女性脳の性格的な違いとして、女性脳の人は、悩み事があるとき、だれかに話すことでストレスを発散しようとします。友だちどうしで、悩みを打ち明けあったり、同僚の愚痴を言い合ったりすることで、何も解決はしていないけど、すっきりした、明日からまたがんばろう!と思えることも多いのでは。

逆に、男性脳では、ことばからいったん離れることがストレス解消につながります。男性脳は、ことばから離れてぼんやりすることを通して考えを整理するからです。座禅を組んだり、瞑想やマインドフルネスにいそしんだり、というのは、このぼんやりして考える行動です。それによって悩みを解決したり、軽くしようとします。

男性脳と女性脳の性格的な違い4:男女間では気持ちを察してくれない

男性脳と女性脳の性格的な違いとして、男性脳と女性脳がケンカになったとき、女性脳の人は、そもそも気づいてくれないことに腹が立つ、とよく言います。けれど、男性脳には、少なくとも女性脳ほどには、相手の気持ちを察することができません。

いそがしい家事を手伝ってくれない、目の前で相手はのんびりテレビを見ている。女性脳には、相手のやさしさや愛情すら疑ってしまいそうな状況ですが、男性脳には悪気はありません。女性脳のイライラがピークに達して、男性脳を責めると、じゃあなんでそう言わないの、とにべもない返事が返ってきます。

また、髪を切ったのに気づいてくれない、新しいアクセサリーをつけてきたのに何も言ってくれない、というのも、男性脳があまり観察をせず、相手の気持ちを察する能力が低いからです。もちろん、脳が重視するものが違うだけで、男性脳がデリカシーに欠ける、というわけではありません。

男性脳・女性脳のどちらの特徴を持ってる?脳タイプ診断・心理テスト4選

脳タイプ診断・心理テスト1:男性脳か女性脳かを確かめることができる

まずは、ベストセラー本『話を聞かない男、地図が読めない女』に掲載の脳タイプ診断、心理テストです。イギリスの遺伝学者の研究をもとにしています。クリックで10問ほどの質問に答えると、脳タイプが男女どちらに近いかを判定できます。

以下のテストすべてに共通することですが、これらのテストは、もちろん、正解・不正解はありませんし、どちらが良い・悪いもありません。けれど、あなたのふだんの行動や考え方のパターンに気づくきっかけになるかもしれません。身近な人とチャレンジしても楽しいでしょう。ぜひリラックスして試してみましょう。

男脳・女脳テスト(『話を聞かない男、地図が読めない女』新装版サイト)

脳タイプ診断・心理テスト2:男性脳と女性脳をもっと詳しく知る

さらに詳しく、男性脳・女性脳の脳タイプ診断、心理テストをやってみたい人には、こちら。テスト1と同じものがベースになっていますが、30問の質問があります。「さんざんな目に遭った日はどうする?」「友だちどうしの不倫に気づく?」など、ちょっとおもしろい質問もあります。

心理テスト 男脳・女脳度テスト

脳タイプ診断・心理テスト3:占いでわかる男性脳と女性脳の診断

次に、無料の占いサイトから脳タイプ診断、心理テストです。あなたの脳タイプが男性脳か、女性脳か、10問の質問でセルチェックできます。こちらもカンタンにできるので、ぜひ試してみましょう。

男性脳?女性脳?

脳タイプ診断・心理テスト4:カラー診断でわかる男性脳と女性脳

最後に、カラー診断での脳タイプ診断、心理テストをご紹介します。質問に沿って、ピンとくる色を選んでください。あなたは男性脳?それとも女性脳?カラー診断でわかります。

男性脳、女性脳、カラー診断

男性脳の人と女性脳の人の付き合い方

男性脳女性脳の違いを理解する

男性脳と女性脳、または男女で、脳にどちらがよい・悪いがあるわけではありません。ただし、男性脳・女性脳や男女で、脳の仕組みの違いによる考え方のクセのようなものは存在します。脳の仕組みの違いを理解すれば、ストレスのないコミュニケーションがはかれます。

ゆっくり話しかける・結論を先に言う

男性脳の人に話しかけるときは、ゆっくり話しかけましょう。相手が会話のスイッチをオンにするために、「今ちょっといい?」など前置きをするのも有効です。ただし、メールや手紙などで、長い前置きを書いてしまうのは厳禁です。男性脳の人の頭に、用件が残りにくくなります。

会話でも、メールでも、まず始めに結論を伝えて、用件を明確にしましょう。例えば、「明日、映画見に行かない?」、「次の日曜日、空いてる?」など。結論を言う前に、長々と映画の口コミや前評判を語ったり、以前用事をすっぽかされた話をしてしまうと、男性脳の人には内容がわかりにくくなってしまいます。

買い物は一緒に行かない

男性脳と女性脳の人では、買い物の仕方が違います。休日のショッピングセンターでパートナーの買い物に付き合わされてぐったりしている男性、見たことがありませんか。男性脳と女性脳の人で買い物に行くと、おたがいに自分のペースで買い物ができず、ストレスがたまってしまいます。

男性脳と女性脳の人で、買い物に行くのは避けた方がいいでしょう。一緒に行くときも、いつも一緒に見て回るというのではなく、集合時間を決めて各自で買い物する時間を設けるなど、柔軟なプランを作りましょう。

悩みは話さない・聞き出さない

男性脳、女性脳に関係なく、話すことが有効な場合ももちろんありますが、女性脳の人は男性脳の人に「なんでも話して」と言い過ぎないこと。相手が落ち込んでいたら、そっと見守ってあげるだけでじゅうぶんです。

また、女性脳の人が落ち込んでいるときも、話をゆっくり聞いてほしいなら、男性脳の人に悩みを打ち明けるのはあまりおすすめできません。男性脳の人は、ただ話を聞くよりも、アドバイスに走りがちだからです。女性脳の人は女性脳の人どうしで、悩みを打ち明け合うのが有効です。

男性脳・女性脳の違いを知って快適に

これまで見てきたように、男性脳、女性脳といった脳タイプによる特徴の違いや性格の違いは確かに存在します。しかし、ひとくちに「女性は地図が読めない」「男性は話を聞かない」というのは誤解です。男女の脳について、脳科学の専門家は次のように語っています。

QUOTE

男女は脳のつくりがちがうため、それぞれにあった「やり方」があります。それなのに、男女脳に関する多くの本では、「女にはこれができない」「男にはこれができない」といったように「脳の欠点」として数え上げていますがそれはちがいます。私たちの脳は、作法がちがうだけ。そのことを知って、互いの作法を尊重し合えたら、どちらも能力を最大限に使えるし、傷つけあうこともないのです。 引用元:マイナビウーマン、男女脳の違い

男女でも、男性脳と女性脳でも、性格に違いのない相手など、もともと存在しません。脳タイプによる男女の特徴の違いを知って、おたがいに相手のことを思いやることができれば、自分も相手も、もっと快適に過ごすことができるでしょう。

男女の心理の特徴、行動や考え方の違いについては、以下の記事でも詳しく説明しています。違いを知って、付き合いのヒントにしてみてください。

悩みを抱えているなら恋愛相談をしてみよう!
●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。