Large thumb shutterstock 312585260

結婚ラッシュ・ブームは何歳がピーク?周りが結婚して焦る女性の婚活も

更新:2020.07.19

結婚ラッシュやブームは何歳がピークなのかご存知ですか?周りがどんどん結婚して焦る人も多いでしょう。特に女性は年齢が高くなるほどに、婚活で辛い思いをする場合も増えてきます。ここでは、結婚ラッシュのピークとなる年齢や、乗り遅れた女性の婚活事情についてご紹介して参ります。



1回目の結婚ラッシュ・ブームは24歳!出会った年齢・付き合った期間は?

1回目の結婚ラッシュ・ブームのピークは何歳?

1回目の結婚ラッシュやブーム

1回目の結婚ラッシュ・ブームのピーク年齢は何歳でしょうか?それは24歳とされています。女性にとっての24歳という年齢は、学校を卒業して就職をしてから、少し落ち着いた頃になります。仕事にも慣れ、気持ち的にも余裕が出てくる時期なのです。

1回目の結婚ラッシュ・ブームのピーク年齢である24歳に差し掛かると、気持ちに余裕が出てくる上に、周りの人たちの彼氏の話もよく聞くようになります。その会話の流れから、結婚の話が出てくることが増え、自分もこのままで良いのかと、疑問を感じるようになるのです。

1回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢

出会った年齢

1回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢は、学生の頃と言われています。大学時代から付き合っている二人は卒業後、それぞれの道を歩む為に就職します。仕事は別々でも二人の付き合いは続いています。

仕事に就いたばかりの頃は、どちらにも余裕がない為、結婚を考える余裕もありません。ですが、1回目の結婚ラッシュ・ブームのピーク年齢である24歳くらいになると、広い視野で周りを把握することができるようになり、お互いに結婚を意識し始めるのです。

1回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間

付き合った期間

1回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間は、4~5年と言われています。付き合いだして4~5年くらい経つと、お互いのことがよくわかってきます。また、自分自身にも余裕が出てきます。

1回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間が4~5年は、倦怠期を乗り越えた時期でもあります。更に周りも結婚話が持ち上がってきて焦る時期でもあります。自分もそのブームに乗ろうという時期になります。

1回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳?

焦るピークの年齢

1回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳でしょうか?それは25歳です。1回目の結婚ラッシュ・ブームが24歳でやってきているので、その一年後になると、出遅れたと感じる女性が多くいます。もう後がないと感じる女性も多くいるのです。

1回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークの25歳になると、女性は彼氏がいる人は結婚の話を良くするようになります。また、彼氏がいない女性は合コンなどに参加して、相手を必死になって探すようになるのです。


2回目の結婚ラッシュ・ブームは28歳!出会った年齢・付き合った期間は?

2回目の結婚ラッシュ・ブームは何歳?

2回目の結婚ラッシュ

2回目の結婚ラッシュ・ブームは何歳でしょうか?それは28歳です。女性の中では30歳が大きな区切りと考えている人が多くいます。その大きな区切りである30歳の前に、結婚をしておきたい、と焦る気持ちも湧いてきます。

女性は2回目の結婚ラッシュ・ブームの年齢である28歳くらいになると、友人知人の結婚式に呼ばれることがかなり多くなります。周りがどんどん結婚していくので、気持ち的に結婚に対して大変焦る時期でもあるのです。28歳は最後のチャンスと思う人も多くいます。

2回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢

出会った年齢

2回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢は、26~28歳くらいと言われています。1回目の結婚ラッシュやブームに乗り遅れたというショックが癒されるには、だいたい1年くらいかかります。

また、女性は25歳を過ぎると落ち着きが増します。その落ち着いた女性に惹かれる男性が多くなるのが、女性が26歳を過ぎた頃からなのです。女性は26歳を過ぎると、第二のモテキが訪れます。

2回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間

付き合った期間

2回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間は、2年くらいと言われています。これは26歳を過ぎると女性だけでなく、男性もある程度の経済力がついている為、結婚話もスムーズに進むからです。

また、女性の場合は、すでにある程度育った後輩がいますから、寿退社もしやすくなります。男性にとっては落ち着いた雰囲気があって、更に経済観念もしっかりした女性は結婚相手としてぴったりなのです。

2回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳?

焦るピークの年齢2

2回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳でしょうか?それは29歳です。女性にとって大きな節目となる30歳が目前に迫っているからです。それだけ女性の中での30歳とは大きな節目となって、心を占めているのです。

29歳の女性は、ここで結婚を逃したら、もう二度と結婚のチャンスは巡ってこない、という一種の強迫観念のようなものがあります。その為、人によってはなりふり構わずの状態になる女性も多いのです。

3回目の結婚ラッシュ・ブームは33歳!出会った年齢・付き合った期間は?

3回目の結婚ラッシュ・ブームは何歳?

3回目の結婚ラッシュ

3回目の結婚ラッシュ・ブームは何歳でしょうか?それは33歳と言われています。これは、女性にとって最後の結婚ラッシュ・ブームとも言われています。ここで結婚を逃すと、一生独身という噂もあるくらいです。

女性の中では、30歳を過ぎると、もう若くないという思いが強くあります。ですが、それでも35歳までに結婚すれば、ぎりぎりセーフという気持ちも強くあるのです。その為、33歳に大慌てで結婚するのです。

3回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢

3回目の出会った年齢

3回目の結婚ラッシュ・ブームで出会った年齢は、30~32歳くらいと言われています。大きな結婚のチャンスと思われていた30歳を過ぎてしまった為、結婚に対する思いが一瞬薄れるのです。

結婚に対する思いが薄れると、がつがつしたところがなくなり、男性が近寄りやすい状態になります。その為、しっかりアンテナを張っておけば、多くの出会いが周りにあることに気づくでしょう。

3回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間

3回目の付き合った期間

3回目の結婚ラッシュ・ブームで付き合った期間はだいたい1~2年くらいです。30歳を過ぎると、長く付き合う必要はなくなります。お互い、しっかり自立していますし、多くの経験を乗り越えてきているので、見る目も確かです。

また、30歳を過ぎると、相手の自由を尊重するような考えが生まれます。その為、相手の考え方や感じ方がある程度わかれば、そのまま結婚へ発展することは多くなるのです。フィーリングが強くなっているという表現が良いかもしれません。

3回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳?


3回目の焦るピーク

3回目の結婚ラッシュ・ブームで周りに焦るピークは何歳でしょうか?これは34歳です。35歳が最終的な結婚ラッシュやブームと捉えられている為、35歳が目前の34歳になると、焦る気持ちはピークに達します。

ただし、34歳になっても決まった相手がいないという女性は、結婚するよりも他にやりたいことがある場合が多くあります。この為、34歳になって焦る気持ちがピークに達するのは、決まった相手がいる女性のみに限定されます。決まった相手がいる女性は、彼氏に結婚を執拗に迫るようになります。

結婚ラッシュ・ブームに乗り遅れた女性の辛い婚活事情は?

結婚ラッシュに乗り遅れた女性の辛い婚活事情①白い目で見られる

白い目で見られる

結婚ラッシュに乗り遅れた女性の辛い婚活事情1つ目は、周囲の人たちに白い目で見られるという事情です。これは、乗り遅れた女性すべてに当てはまるわけではありません。乗り遅れた女性の中でも、婚活に必死になっている女性限定です。結婚ラッシュに乗り遅れた女性が婚活に必死になっている姿は、良いとは言えません。

結婚ラッシュに乗り遅れた女性で、婚活に必死になっている女性は、極端に若作りをしようと必死になっている女性が多いからです。外見よりも中身で勝負をする方が有利だという考えは浮かんできません。男性は見た目でしか女性を見ていない、という固定観念が強くあるからです。

結婚ラッシュに乗り遅れた女性の辛い婚活事情②理想の男性がいない

理想の男性がいない

結婚ラッシュに乗り遅れた女性の辛い婚活事情2つ目は、自分にとっての理想の男性がいないという事情です。生活力や性格などといった、結婚する上で誰もが抱く理想の男性像は、結婚ラッシュに乗りくれた女性にももちろんあります。ですが、現実ではそのような理想の男性は、すでに身近にはいないのです。

結婚ラッシュに乗り遅れた女性は、すでに自分自身にもかなりの生活力がついています。自分と同じくらいの生活力のある男性を理想とする為、自然とその理想は高くなります。理想が高くなると、当然範囲も狭くなってきます。理想の男性がいない上に、結婚への焦りは強くなるので、空回り状態になります。

世の中には妥協しても結婚すべき人という人がいます。そんな妥協しても結婚するべき相手の条件をご紹介している関連記事がありますので、リンクいたします。

婚活で後悔しないためにしておくべきこと3選

婚活で後悔しないためにしておくべきこと①中身を磨く

中身を磨く

婚活で後悔しないためにしておくべきこと1つ目は、自分自身の中身を磨いておくことです。女性の多くは、男性は女性の外見しか見てないと感じています。確かにそのような男性もいます。ただ、それは彼女として付き合う場合です。結婚を考える際には、男性は見た目よりも中身を大変重視しています。

結婚はおままごとではありません。これから一生添い遂げていく相手を探すのです。その道のりは決して楽しいものばかりではありません。困難を共に乗り越えていく時には、知識や経験が豊富な女性の方が良いと思うのは、当然でしょう。

婚活で後悔しないためにしておくべきこと②見る目を持つ

見る目を持つ

婚活で後悔しないためにしておくべきこと2つ目は、男性の見る目を持つことです。婚活で必死になりすぎると、足元をすくわれます。その必死さが相手にも伝わります。すると、とんでもない男性に捕まってしまう可能性が高くなります。すべての男性がそうというわけではありませんが、中には悪い男性もいるのです。

そのような悪い男性に捕まらない為には、男性の見る目を持つことが大切です。男性の見る目を持つ為には、さまざまな男性と接するようにしましょう。彼氏としてではなく、友達や仕事関係でも男性と接する機会はいくらでもあります。

婚活で後悔しないためにしておくべきこと③自立する

自立する

婚活で後悔しないためにしておくべきこと3つ目は、自立することです。結婚において男性が最も重視するのは生活力です。お料理などの家事はもちろん、経済感覚も、男性が重視する生活力に含まれます。これらがクリアされていなければ、男性の中では結婚しても良い女性から、すぐに外されてしまいます。

女性でしっかり自立できている人は、経済感覚もしっかりしています。自分の生活は自分ですべて賄っていくという気持ちをもって、日々生活するようにしましょう。

精神的に自立する方法や、自立したいと思ったら読むべきガイダンスをご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

結婚で大切なのは年齢より中身

年齢より中身

結婚ラッシュやブームは、特に女性の多くが気にすることです。ですが、結婚ラッシュやブームが過ぎても、結婚できている女性は多くいます。これは、年齢よりも中身で勝負した女性だからです。結婚において最も大切なのは、年齢ではなく、中身なのです。なので、中身を磨くことで結婚のチャンスは訪れます。

本気で結婚したいと思うなら、年齢や見た目よりも、中身を磨きましょう。一般的な経済観念を持ち、結婚生活に必要な知識や経験を身に着け、それらを磨いていきましょう。すると、多くの男性があなたに引き寄せられ、幸せな結婚をすることができるでしょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。