INDEX

夜食に食べても太らないコンビニの食べ物の選び方5選

【夜食に食べても太らないコンビニ食べ物①】野菜スティック

夜食に食べても太らないコンビニ食べ物①は、野菜スティックです。野菜スティックなら夜に食べてもそれほど太りません。ただし芋や米など、炭水化物がメインの野菜スティックは太ってしまうので注意が必要です。

また夜食として野菜スティックを食べるときに、ドレッシングをマヨネーズやオイルたっぷりのものにしても太ってしまうので気をつけましょう。野菜スティックを夜食として食べるときは、ノンカロリーのドレッシングがおすすめです。

【夜食に食べても太らないコンビニ食べ物②】はるさめスープ

夜食に食べても太らないコンビニ食べ物②は、はるさめスープです。多少カロリーはありますが、パスタ入りのスープに比べれば大幅にカロリーをおさえることができます。またはるさめがおなかにたまるので、それなりに満足感も得られるでしょう。

ただし塩分が若干高いので、高血圧気味の人や塩分を控える必要がある人はご注意ください。春雨のかわりに糸こんにゃくでスープを作ってもダイエットに効果的です。

【夜食に食べても太らないコンビニ食べ物③】冷奴

夜食に食べても太らないコンビニ食べ物③は、冷奴です。お豆腐であれば、夜食として食べてもそれほど大幅なカロリーオーバーにはなりません。ただし、野菜スティックと同様ドレッシングに油が使われている場合は、太る可能性があるので気をつけましょう。

しょうゆでいただくのが一般的ですが、味の変化が欲しいときはお塩で食べたりノンオイルのドレッシング食べたりしてもおいしくいただけます。納豆やキムチと一緒に食べてもおいしいですよ。

【夜食に食べても太らないコンビニ食べ物④】寒天

夜食に食べても太らないコンビニ食べ物④は、寒天です。寒天を使ったスイーツは低カロリーなので太りません。甘みがついているスイーツ寒天もありますが、ノンファットシュガーを使っていたりと、ダイエットに考慮している商品が多いので探してみてください。

寒天の食感がイマイチ好きになれないという方は、ゼリーもおすすめです。ゼリーはゼラチンが使ってあるので、寒天よりもカロリーはありますが、ゼロカロリーの商品や糖質が低い商品も販売されていますので気になる方はそういった商品を試してみましょう。

【夜食に食べても太らないコンビニ食べ物⑤】海草サラダ

夜食に食べても太らないコンビニ食べ物⑤は、海草サラダです。海草と葉物野菜が混ざっているサラダで、カロリーが低く夜食としておすすめです。ドレッシングが多少カロリーがありますが、気になるようならノンカロリーのドレッシングを使ってカロリーを下げてください。

また、下記の記事はコンビニで買える低カロリー商品について書かれた記事です。コンビにで買える低カロリー商品について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

Small thumb shutterstock 231045031
関連記事 コンビニでダイエット?セブンイレブンの低カロリー商品はとてもヘルシー

コンビニダイエットをご存知ですか?これまでさまざまなダイエットに挑戦し

夜食に食べたら太るコンビニの食べ物5選

【夜食に食べたら太るコンビニ食べ物①】焼き菓子

夜食に食べたら太るコンビニ食べ物①は、クッキーやマフィンなどの焼き菓子です。こちらも生菓子同様、砂糖や小麦粉などの糖質がたっぷり含まれています。糖質は夜中に食べると太りやすくなるので気をつけたい食品です。

焼き菓子をどうしても食べたい!という場合は、小さなクッキーなどをひとつだけにして我慢しておきましょう。空腹が我慢できない場合は、ローカロリーの食品でおなかを満たしてください。

【夜食に食べたら太るコンビニ食べ物②】菓子パン・惣菜パン

またチーズやマヨネーズ、バターなどがたっぷり含まれている惣菜パンも太る原因になるので控えましょう。パンが食べたいときは、翌日まで我慢するなどして夜中にパンを食べないようにしてください。

夜食に食べたら太るコンビニ食べ物③は、菓子パンや惣菜パンです。菓子パンの方がより糖質が含まれているので、太りやすいでしょう。菓子パンや惣菜パンは小麦粉でできているので、糖質がたくさん含まれており太りやすい食品と言えます。

【夜食に食べたら太るコンビニ食べ物③】ポテト・からあげなど揚げ物

夜食に食べたら太るコンビニ食べ物③は、ポテトやからあげなどの揚げ物類です。コンビニには1年中置いてあるポテトやからあげなどの揚げ物類ですが、揚げ物ということで太りやすくなる脂質や糖がたくさん含まれています。

夜中にこれらの揚げ物を食べることで、太りやすくなります。夜中はコンビにの揚げ物は我慢して、ローカロリーの食べ物を買って帰るようにしましょう。

【夜食に食べたら太るコンビニ食べ物④】カップ麺

夜食に食べたら太るコンビニ食べ物④は、カップ麺です。カップ麺のほとんどは麺などの糖質なので、夜中に食べると太りやすくなります。夜食としてカップ麺はとても便利ですが、なるべく夜中に食べないように気をつけましょう。

どうしても麺が食べたい場合は、はるさめスープにするかそばの生麺にすると、夜食で摂取してしまう糖質を抑えることができるでしょう。

また、下記の記事は食べても太らないダイエットの時間帯や食事間隔について書かれた記事です。食べても太らない時間帯や食事間隔について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

【夜食に食べたら太るコンビニ食べ物⑤】ケーキ・シュークリーム

夜食に食べたら太るコンビニ食べ物⑤は、ケーキやシュークリームといった生菓子です。夜中に食べると一気に太ってしまう、糖質がてんこもりなので夜食としてケーキやシュークリームはやめておいたほうがいいでしょう。

どうしても食べたい!という場合は、小さなシュークリームはミニマムなスイーツを1つだけにしておくといいでしょう。空腹が我慢できない場合は、ローカロリーなスイーツで補ってください。

夜食におすすめの太らないダイエットメニューの作り方3選

【太らないダイエットメニューの作り方①】はるさめスープ

太らないダイエットメニューの作り方①は、はるさめスープです。はるさめは低カロリーなので夜食に食べても太りにくくおすすめの食材です。作り方はとてもシンプルなので、仕事で疲れて帰ってきてもすぐに作れます。

はるさめスープの主な材料
  • チキンスープの素:大1
  • はるさめ:20g程度(お好み)
  • 豆苗:一袋
  • ゴマ:一握り
  • 水:250cc
はるさめスープのレシピ
  1. おなべに水を入れ火にかける
  2. チキンスープの素を入れる
  3. 豆苗を切り離して鍋に入れる
  4. はるさめを適当な大きさに切り鍋に入れる
  5. 豆苗がしんなりしてはるさめがやわらかくなったらゴマを振って完成

\ POINT /

卵をプラスしてもおいしい

少しカロリーが増えますが、溶き卵をプラスしてもおいしくいただけます。そのほかふえるワカメなどを入れても良いでしょう。

【太らないダイエットメニューの作り方②】冷奴サラダ

太らないダイエットメニューの作り方②は、冷奴サラダです。豆腐はカロリーが低い食材で、たんぱく質も豊富なのでダイエットには最適な食材です。豆腐を使ったサラダは火も使わず簡単にできるので、小腹対策にも活用できます。

冷奴サラダの主な材料
  • 絹ごし豆腐半丁か1丁
  • サニーレタス
  • ミニトマト
  • お好みのドレッシング
冷奴サラダのレシピ
  1. サニーレタスを洗って水を切り、適当な大きさにちぎる
  2. ミニトマトは半分に割ってもそのままでもOK
  3. サニーレタスとミニトマトを混ぜて上に豆腐を置く
  4. お好みのドレッシングをかけて完成

\ POINT /

納豆やキムチを混ぜてもおいしい

納豆やキムチをレタスのかわりに使ってもおいしいです。きゅうりやオクラなどお好みの素材と組み合わせてサラダをつくってみてください。

【太らないダイエットメニューの作り方③】野菜スープ

太らないダイエットメニューの作り方③は、野菜スープです。野菜スープは煮込むだけで簡単にできる上、冷蔵庫のあまりもの野菜でも使えるのでおすすめのダイエットメニューです。コンソメスープのかわりに粉末のダシ調味料とお味噌を入れてお味噌汁にしてもいいでしょう。

野菜スープの主な材料
  • キャベツ1ブロック
  • ニンジン1本
  • もやし
  • コンソメスープの素
  • ソーセージ2本程度
  • 水250cc
野菜スープのレシピ
  1. キャベツやニンジン、ソーセージを適当な大きさに切る
  2. もやしを洗う
  3. 鍋に水を入れて火にかける
  4. 切った野菜とコンソメスープの素を鍋に入れる
  5. 煮立ってきたら火を弱めて数分煮る
  6. 野菜が柔らかくなったら完成

\ POINT /

塩やこしょうで味を調整してもおいしい

コンソメだけで味つけが足りないようなら塩やこしょうで味を調整するといいでしょう。またお好みの野菜や材料でも簡単にできるのでお試しください。

また、下記の記事は飲むヨーグルトを温めて食べるダイエット方法について書かれた記事です。飲むヨーグルトを温めて食べるダイエットについて興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。あたたまるので特に冬におすすめのダイエットです。

Small thumb shutterstock 540453118
関連記事 飲むヨーグルトを温めると効果アップ!冬のおすすめダイエット

最近よく聞く飲むヨーグルトを使ったダイエット、よく聞くことはあってもそ

夜食に食べても太らないヘルシーで低カロリーな食べ物は?

【ヘルシー低カロリーなおすすめ食べ物①】寒天

ヘルシー低カロリーな食べ物①は、寒天です。寒天はテングサという海草から作られている食品で、いろいろな食品をゼリーのように固めることができます。カロリーが低いヘルシーな太らない食材なのでたくさん食べても太りません。

ダイエット中の間食にもピッタリの食材なので、どうしてもおなかが空いたときには寒天を使ったスイーツや食材を食べるようにすると太りにくくなります。

【ヘルシー低カロリーなおすすめ食べ物②】こんにゃく

ヘルシー低カロリーな食べ物②は、こんにゃくです。こんにゃくはこんにゃく芋という植物から作られた食品で、低カロリーなのでたくさん食べても太らないヘルシーな食材です。食物繊維も多いので便通が良くなることも期待できます。

こんにゃくは多くの料理に使うことができ、和食との相性がばっちりなのでいろいろな食材と合わせて食べるようにするとカロリーオフすることができます。レシピを複数覚えておくととっさのときに使いやすいでしょう。

【ヘルシー低カロリーなおすすめ食べ物③】はるさめ

ヘルシー低カロリーな食べ物③は、はるさめです。はるさめは緑豆やじゃがいもなどのでんぷんが原材料となっているので、乾燥した状態ではそれなりにカロリーがあります。ただし水でふやかして食べるとかさが増すので、結果的にカロリーを下げることができる食材です。

スープや料理に使いやすい食材で、和食のほか中華料理にも幅広く活用できます。いろいろな料理に混ぜて食べることで、カロリーオフすることができるでしょう。いくつかレシピを覚えておくと、作りたいときにさっと作れて便利です。

【ヘルシー低カロリーなおすすめ食べ物④】海藻類

ヘルシー低カロリーな食べ物④は、海藻類です。海藻類はカロリーが低いうえに食物繊維が豊富なので、便通がよくなる効果も期待できます。お味噌汁やサラダなど、さまざまな料理に活用できて便利です。

夜食で食べたら太る食べ物とは?

【夜食で食べたら太る食べ物の選び方①】小麦粉

夜食で食べたら太る食べ物①は、小麦粉です。小麦粉は糖質なので、エネルギーから脂肪に変わりやすく、特に夜食に食べるとすぐに太ってしまいます。小麦粉を使ったパンやうどんなどは夜食に食べないように選び方に気をつけましょう。

コンビニなどにはおいしそうな惣菜パンや菓子パンが売られており、疲れて帰るときにはとても食べたくなりますが夜食にすると太るので、どうしても食べたいときは量を食べないようにしましょう。

【夜食で食べたら太る食べ物の選び方②】白米

夜食で食べたら太る食べ物②は、白米です。白米は糖質なので夜間に食べると脂肪に変わりやすくなります。夜食におにぎりを食べたくなることも多いですが、太りやすくなりますので別の太らない食材に変えた方がいいでしょう。

どうしても夜食にお米が食べたい!というときは、雑穀米など雑穀や押し麦などを混ぜたご飯を食べるようにすると、やや太りにくくなります。しかし糖質には変わりないので食べ過ぎないように気をつけてください。

【夜食で食べたら太る食べ物の選び方③】油っぽい食べ物

どうしても油分を摂取したいという場合は、アマニ油など体に良いとされる油を少量使って蒸し鶏などを食べるといいでしょう。揚げ物よりは太りにくい夜食となります。

夜食で食べたら太る食べ物③は、油っぽい食べ物です。コンビニにはフライドポテトやからあげ、コロッケなど揚げ物が多く売られています。疲れて帰宅するときには、とても油っぽい食べ物を食べたくなりますが、ダイエット中なら避けた方が無難です。

【夜食で食べたら太る食べ物の選び方④】芋類

夜食で食べたら太る食べ物④は、芋類です。さつまいもやじゃがいもなどは、でんぷんなどの糖類が含まれています。夜間に食べると脂肪になり太りやすくなるので気をつけましょう。ダイエット中は芋類はなるべく控えるようにしてください。

ポテトチップスを食べながらテレビを観る時間は至福ですが、あまりやりすぎると太りますので気をつけましょう。どうしてもポテチが食べたいときは、少量でカロリーを低くしてあるポテトチップスを選んでください。

また、下記の記事はこんにゃくゼリーやゼラチンゼリーのダイエット効果について書かれた記事です。ゼリーのダイエット効果について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

夜食に食べても太らない低カロリースイーツの作り方3選

【夜食にいい低カロリースイーツの作り方①】牛乳みかん寒天

低カロリースイーツの作り方①は、牛乳みかん寒天です。混ぜて固めるだけという簡単なレシピなので、作るときに頑張らなくてもいいのがうれしい一品です。みかんのかわりに違うフルーツを使ってもおいしくできます。

牛乳みかん寒天の主な材料
  • 牛乳250cc
  • みかんの缶詰小さいの1缶
  • 寒天の粉
  • お砂糖大さじ1/2杯
牛乳みかん寒天のレシピ
  1. 牛乳を鍋に入れ火にかける
  2. 沸騰する前に火を止めて砂糖を溶かす
  3. 寒天の粉も溶かす
  4. バットなどの容器に缶詰のみかんを並べる
  5. 鍋の牛乳を容器に注いで冷蔵庫で冷やす
  6. 固まれば完成

\ POINT /

みかん以外のフルーツを使ってもおいしい

みかんの缶詰以外にもさくらんぼなどのフルーツを使ってもおいしくできます。

【夜食にいい低カロリースイーツの作り方②】リンゴのコンポート

低カロリースイーツの作り方②は、リンゴのコンポートです。リンゴをレモン汁とお砂糖で煮るだけという簡単レシピなので、疲れている日でもがんばらずに作ることができます。まとめて作っておくと2~3日は食べられます。

リンゴのコンポートの主な材料
  • リンゴ1/4個
  • レモン汁小さじ1
  • 砂糖大さじ1/2
  • 水100cc
リンゴのコンポートのレシピ
  1. リンゴの皮をむいて芯を取り適当な大きさに切る
  2. 鍋に水を入れてレモン汁、砂糖を入れて火にかける
  3. 沸騰したらリンゴを入れる
  4. 15分ほど煮てリンゴがやわらかくなったら完成

\ POINT /

むいた皮を一緒に煮込むとピンクになる

リンゴをむいた皮を一緒に煮込むとピンク色になったかわいい感じになります。

【夜食にいい低カロリースイーツの作り方③】豆乳プリン

低カロリースイーツの作り方③は、豆乳プリンです。豆乳と砂糖、ゼラチンというシンプルな材料でできるので、たくさんの材料を集める必要がありません。作り方も簡単なので思い立ったときに作ることができて便利です。

豆乳プリンの主な材料
  • 豆乳80ml
  • きび砂糖大さじ1/2
  • ゼラチン小さじ1/2
  • 水小さじ1
豆乳プリンのレシピ
  1. ゼラチンを水にとかしてふやかす
  2. 鍋に豆乳ときび砂糖を入れて火にかける
  3. 沸騰しないよう注意しながら砂糖を混ぜる
  4. プリン型やココットに流しいれて冷蔵庫で固まるまで冷やす

\ POINT /

ゼラチンや砂糖の量を調整してお好みの味に

ゼラチンや砂糖の量を調整することで、お好みのやわらかさや甘さに調整することができます。

低カロリーでヘルシーな太らない夜食を食べてダイエットしよう

夜食は本来の食事の時間よりも遅い時間に食べるので、太りやすい食事です。夜食を食べるのであれば、低カロリーかつヘルシーな太らない食材や食品を選んだ方が良いでしょう。太らない夜食でダイエットを成功させてください。

また、下記の記事は無理しないダイエット方法について10個紹介した記事です。無理しないダイエット方法について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。