INDEX

美人ママの特徴5選

美人ママの特徴①すっぴんでも可愛くて綺麗

ママになってもいくつになっても綺麗で可愛い。そんな美人ママにはある特徴があります。それは、すっぴんでも可愛くて綺麗だということ。すっぴんなのに可愛くて綺麗に見える条件としては、肌に潤いと張りがあり、忘れがちですが髪の艶感も大切なポイントです。

お肌に大切なのは保湿と紫外線対策です。綺麗で可愛い美人ママでいるためには無理のないスキンケアをしっかりと毎日続けましょう。以下の記事にはよくあるインナードライ肌の改善法などが書かれているので参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 250745083
関連記事 インナードライのスキンケア法は?おすすめの化粧水や乳液化粧品も

表面はオイリーだけど、実は内側が乾燥している肌をインナードライといいま

美人ママの特徴②シンプルなファッション

美人ママの着ている服をよく観察してみましょう。シンプルでセンスの良い着こなしができるママが多いのが特徴ですね。好みや個性を取り入れながらも、あまり場違いなファッションでは周りのママから嫌われることもあるので注意しましょう。

今はファストファッションのように安価で素敵な洋服が手に入ります。そこで美人ママは高級品だけに頼らず自分のセンスでファッションを楽しめている様子が見られます。華美なファッションは周りのママから妬みを買う可能性があるので注意しましょう。

美人ママの特徴③いつでもナチュラルメイク

美人ママはスッピンでも綺麗で可愛いと思われるくらいスキンケアに気を使っています。でもメイクをしないというわけではなく、自然体で美しく見えるナチュラルメイクを基本としているのが特徴です。派手なメイクは周りのママからも子どもたちからも嫌われることがあるので注意しましょう。

ベースメイクは気になる部分にコンシーラーなどを使い、目元が自然なブラウン系ならリップは濃いめでも、もし目元にパステルカラーなどでポップにきめたいときはリップは控えめに色はのせないなど、足し算引き算メイクが上手なのが美人ママの特徴ですね。

美人ママの特徴④健康的な生活リズム

美人ママが気を使うのは、美容やファッションはもちろんですが、健康にも気を使います。子供に合わせた早寝早起き、ヘルシーな食事で無理のないダイエットなど。ジムに通ってほどよく体を動かし上手にストレス発散できるのも美人ママの特徴ですね。

大がかりなダイエットはかえってストレスになってしまうことがあります。以下の記事は、無理な食事制限なくダイエットする方法などが書かれています。よければ合わせて参考にしてみてください。

美人ママの特徴⑤嫉妬や妬みから嫌われる

美人で可愛いママは嫉妬されたり妬まれたりする特徴があります。美人ママに罪はありませんよね。でも同じように綺麗で可愛いママでいたいのになれない…そんな思いのママたちからの羨ましいという気持ちが嫉妬や妬みに変わりやすいのです。

どうしても嫉妬や妬みの気持ちが抑えられないママたちと仲良くするのは簡単なことではありません。美人ママ同士のお友達がいれば良いけれど、嫉妬や妬みから嫌われることもあり、孤立して一人ぼっちになってしまうこともあります。

反感を買わない美人ママのファッションの特徴5つは?

反感を買わない美人ママのファッションの特徴①ブランド物には頼らない

美人ママはいつも小ぎれいな恰好をしていますね。さりげなくおしゃれだったりセンスがきらりと光っていたり。それでも必ずしも高級なブランドを身に着けているママは少数派なのが特徴です。ブランドに頼るママは反感を買い、嫉妬や妬みのターゲットなり嫌われてしまうかもしれません。

誰がみても高級ブランドのファッションでまとめてしまうと反感を買いやすくなります。お金の余裕が目に見えてしまいますから、綺麗や可愛い魅力も、「お金かけてるからでしょ?」と反感を買って嫌われることがあるかもしれません。

反感を買わない美人ママのファッションの特徴②露出が多くない

女性の色気や美しさはある程度の肌の露出を必要とすることもあるでしょう。でも、美人ママに過度な露出を好まない特徴が。むしろ、子どもと真夏にお庭でプール遊びや海におでかけの時ですら、紫外線防止のために肌を隠すファッションを選ぶでしょう。

美人ママでいたいからといって、時々男性目線の美しさを追求してしまうママもいます。もちろんパパたちには人気者になれるかもしれませんが、ほかのママたちから見たらそれこそ反感をもたれて嫌われるかもしれないですよね。

反感を買わない美人ママのファッションの特徴③お母さんらしさも忘れない

子どもの予測不能な動きに素早く対応できることも、ママたちにとっては基本的に意識している特徴があります。これは美人ママに限りませんから、いくらオシャレなママでも動きにくいファッションでは、ママとしての意識を疑われてしまいます。

ではどんなファッションならいいのでしょうか。女性らしい体の線を意識しつつも、ゆるっとした余裕のあるファッションですね。お子さんを抱っこしても美人ママでいられる、動きに合わせてくれる余裕のある服を選びましょう。

反感を買わない美人ママのファッションの特徴④シンプルなおしゃれ

シンプルな服は誰が着ても同じように見えるとはかぎりません。デザインがシンプルな服をおしゃれに見せるのは、ほかでもない美人ママ自身です。シンプルな服が映える体形の維持、そのときのファッションにあった髪型などを意識することが大切です。

反感を買わない美人ママのファッションの特徴⑤TPOをわきまえる

お子さんの運動会や親子遠足などの行事のときはパンツスタイルで動きやすくクールな美人ママ、発表会や授業参観などはスカートやスーツでフェミニンな美人ママ、など場面や状況にあったおしゃれを楽しめるといいですね。

いつでもおしゃれでいたくても、その場にそぐわないファッションでは反感を買って周りのママから嫌われることがあります。状況に応じてその場に適した美人ママのおしゃれなファッションのパターンを考えておきましょう。

美人ママが嫉妬を買わないためにできることは?

誰とでも気さくにつきあう

美人ママは近寄りがたい空気があるけれど、そんな美人ママに憧れて仲良くなりたいママたちもたくさんいます。どんなママでも仲良くなれるチャンスがあったら気さくにお付き合いすることで嫌われることがなくなります。

美人ママは努力を隠さない

美人ママがどうして美人なのか…それはママたちにとってとても興味を持つところです。もし、仲良くなったママから美人ママでいるためのスキンケア方法や体形維持のために努力していることを聞かれたら隠さず教えてあげましょう。

私が美人ママと思っているママにその秘訣を聞いた時は、スキンケアから睡眠時間、食べ物にも気をつけていることを教えてくれましたが、その隠さない余裕が内面までも美人だなと思わせられましたよ。一緒に綺麗になって美人ママ仲間を増やしましょう。

可愛いママでも社会人としての常識は身に着けておく

美人ママが専業主婦の場合、旦那さんの経済的サポートや時間の余裕に嫉妬されてしまうことがありますね。それに加えて専業主婦として家庭での生活がメインになってしまうとつい社会的な常識を忘れてしまったり、社会人経験がない人は知らないことも多かったりします。

働きながらの美人ママも多いのですが、専業主婦の方は少し注意して社会の動きや経済的なことにも意識をむけて「専業主婦だから」と妬まれたり嫌われる材料を作られないように気を付けましょう。働いているママたちと温度差を感じないようにしたいですね。

美人ママになることを諦めない!

美人ママの特徴、いかがでしたでしょうか。美人ママの特徴のひとつでもあるスキンケアは、いまさらということはありません。スキンケア用品は高価なものでなくても構わないのですが、大事なのは綺麗になるために美しさを育てている自分の時間を意識することです。

また、美人ママは嫌われる要素も多いですが、裏をかえせば嫉妬されるほど美人ママへの憧れが強いということですよね。できることならみんな美人ママになりたいのです。

ではまず何から始めたらいいでしょうか。美人ママを見て憧れても、私にはああはなれないと諦めてしまう人もいるかと思います。でも綺麗は一日では手に入りません。スキンケアでもストレッチでも諦めずにまずは一歩を踏み出しましょう。

お母さんになることで、なぜか「女であること」を前面に出すことがいけないことのような気になる人も多いでしょう。でも美人ママはお子さんにも喜ばれます。そして「うちのママが一番綺麗」なんて言ってくれた日にはもっともっと綺麗で可愛いママでいたいと思うでしょう。

でも美人ママの特徴はなんといってもいつでも笑顔を忘れないこと。どんなママも最高の笑顔は綺麗で可愛いのですから、それだけで美人ママの仲間入りです。いつも笑顔で嫉妬も妬みも吹き飛ばす素敵なママでいたいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。